昭和の鉄道員ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【756】 平成29年酉年 謹賀新年:日本酒ラベル編

<<   作成日時 : 2017/01/02 07:00   >>

かわいい ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 8

新年をいかがお過ごしでしょうか。
ふだん日本酒を飲まない皆さんも、正月くらいは好き嫌いに関係なく飲まれる機会があろうかと思います。そこで今回は酉年ということで、鳥に関係する日本酒ラベルを特集です。
画像
最初は、正月用ラベルの月桂冠でありますが、これは一回り前、2004年のものです。今年もこういう企画があったのかどうか存じませんが、メーカーサイドでも正月過ぎまで売れ残ったらお困りになるだろうこのラベル。実は12年前の1月も終わりになったころ、店頭で残っていたのを在庫処分価格で入手したお酒のラベルです。

こういうラベルは期間限定商品ですが、そうではなくて、いつでも入手できる日本酒の商標名そのものに入った鳥の名前の代表格といえば、「鶴」があります。お酒に縁が薄い方でも「白鶴」「沢の鶴」「賀茂鶴」などは聞いたことがおありかと思います。このように「〇〇鶴」という名の日本酒は全国にありますので、それは別の機会にご披露するとして、今回は「鶴」以外の鳥類の名前が入った日本酒ラベルをご覧いただきましょう。

◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆
画像

「鷹」はこれだけ集まりました。
鷹勇(たかいさみ)……鳥取県東伯郡琴浦町 大谷酒造鰍ウん
能鷹(のうたか)……新潟県上越市 田中酒造鰍ウん
白鷹(はくたか)……兵庫県西宮市 白鷹鰍ウん
鷹正宗(たかまさむね)…福岡県久留米市 鷹正宗鰍ウん
ほかにも、いろんな鳥があります。

◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆
画像

睦鳥(むつみどり)…岐阜県加茂郡富加町 居シ井屋酒造場さん
初鶯(はつうぐいす)…長野県佐久市 木内醸造(株)さん
鳩正宗(はとまさむね)…青森県十和田市 鳩正宗鰍ウん
八咫烏(やたがらす)… 奈良県吉野郡吉野町 竃k岡本店さん
◆睦鳥は、仲睦まじい夫婦=おしどりのイメージ
◆八咫烏は、神話に登場する三本足のカラスとのことです。

◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆
画像

加賀鳶(かがとび)…石川県金沢市 兜沍屋さん
トッキ―…新潟県長岡市 朝日酒造鰍ウん
越乃白雁(こしのはくがん)…新潟県長岡市 中川酒造鰍ウん
雷鳥(らいちょう)…富山県富山市 桝田酒造店さん
越の白鳥(こしのはくちょう)…新潟県上越市 新潟第一酒造鰍ウん

ツル以外に、タカ、オシドリ、ウグイス、ハト、カラス、トビ、トキ、ガン(カリ)、ライチョウ、ハクチョウが見つかりました。鉄分の高い方ですと、国鉄特急の愛称名に通じる名称が続出なのにもお気付きでしょう。
※現在販売されていないものも含まれますのでご注意ください。

◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆

と、いうことで、昨年の年頭に予告したとおりに、昨年中は国鉄在職中のことを扱った記事を中断して、私のコレクションである日本酒ラベルの話、北恵那鉄道のお話、昭和時代の鉄道模型の話を連載できました。しかし雑談的な記事を挟んだりしているうちに、国鉄在職中のことを扱った記事は昨年中に完結どころか掲載もできませんでした。昨年は、ブログ以外の趣味活動においても、小型レイアウト建設を始めたいと思いながら、ベースとなる合板を建設予定地であるスチール棚に運び込んだだけで本格着工には至りませんでした。旧国鉄の駅や施設、遺跡、鉄道碑などの訪問もできず、国鉄があったころに自身が写真撮影に赴いた地を再訪する旅もできずじまいで、事が進まないことばかりでした。毎年同じようなことを言っていますが、せめて国鉄在職中のことを扱った記事は、国鉄分割民営化から30年の節目の年になる今年中に完結させて、拙ブログの定期運行を卒業したいと思っています。
今年のブログ記事更新は従来どおりの頻度で更新する予定にしていますが、その内容については、明日の正月臨時記事更新でお伝えすることにします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
しなの7号様、こんばんは。
元旦、2日ともに自宅でぼ〜っと過ごしております(σ*´∀`)

おっと、いきなり月桂冠のラベルが。私の自宅は、月桂冠さんの昭和蔵工場の近くにあるので『ドキッ!』としました(笑)

『鷹』の力強さのイメージは、ガツン!とくるお酒を連想させます。すなわち辛口なお酒の銘柄として用いられるのでしょうか?『烏』は害鳥扱いされておりますが、『八咫烏』ともなれば一転、縁起のいい鳥に、銘柄としてうってつけですね。

人間は鳥の如く大空を羽ばたく事が不可能な生物です。だからこそ鳥への憧れが生じ、お酒の銘柄、特急の名称として多用されている、そんな印象を受けます。

はやたま速玉早玉
2017/01/02 17:26
はやたま速玉早玉様 こんばんは。
昨年夏の青春18きっぷで伏見あたりに行ったのですが、キザクラカッパカントリーと月桂冠大倉記念館あたりに出没したものの、月桂冠昭和蔵工場のほうまでは行きませんでした。
鶴は亀とともに長寿の象徴なので酒の銘柄になりやすいわけですが、鷹と鳩では酒のイメージは大きく違いますね。味のほうは味覚音痴なのでわかりません。
昨日の特急特集で「はくたか」がありませんでしたので、今回は酒のほうで「白鷹」が出ています。
しなの7号
2017/01/02 20:03
ご紹介の「越の白鳥」は以前申し上げた、御徒町の大型鮮魚店直営の立ち飲み屋で供されているのでなじみがあります。一合入りの瓶徳利は緑色で、羽ばたかせる美しい白鳥があしらわれていて、好きなお酒です。

上野、御徒町界隈は、東北、上信越とゆかりのある店が多く、かつては「北の玄関口」であったことが感じられます。
なはっ子
2017/01/02 21:32
なはっ子様
東京へ行く機会がないので、御徒町の〇池さんには、その後も行けていません。すでに新店舗で営業されているのですね。また立ち寄ってみたいですが、健康上の理由から節酒していますのが情けないところです。
この「越の白鳥」は、平成10年まで銀座にあった日本酒造組合中央会のアンテナショップ「日本酒センター」で入手した生原酒300ml瓶のものです。帰りの新幹線の中で呑みました。
瓶牛乳とともに、なかなか見られなくなったのが、一合入りの瓶徳利ですね。田舎の古い造り酒屋さんの陳列棚に置かれているのを見るくらいです。
しなの7号
2017/01/03 08:33
こんばんは。
そうか、日本酒には鳥の名前も多いわけですね。大概漢字で書きますからピンときませんでした(ピンも日本酒ですが)。
長距離列車がどんどん削減され、日本酒名で語り継がれてゆけばいいのでは思います。
米なら日本酒に「いなほ」「みすほ」が命名されてもいいようにも思えます。実在していたらすみません。「鼠ヶ関かっば」は地域が違いますか。
NAO
2017/01/03 20:07
NAO様 こんばんは。
ちょっとググってみたら、「いなほ」「みずほ」を名乗る酒はあるみたいです。ちなみに旧国名とかも地酒に共通していて「信濃〇」「飛騨〇」を名乗る酒が複数あります。日本的な伝統のある名称というのは、列車にも酒にも使われるのでしょうか。
しなの7号
2017/01/03 21:30
しなの7号様おはようございます
吉野のお酒八咫烏 振り仮名がないと通常読めないですよね
戦国時代、紀州雑賀(さいか)の鉄砲集団雑賀衆の頭領鈴木家の家紋が三本足の八咫烏です
また日本サッカーのシンボルマークも八咫烏
日本のサッカーの創始者の出身がこの地方だったからだそうです
ヒデヨシ
2017/01/05 11:07
ヒデヨシ様 こんにちは。
八咫烏の解説ありがとうございます。自分が知る八咫烏は、宮脇俊三著「最長片道切符の旅」で書かれた有耶無耶の関の伝説に出てくるくらいですね。手長足長という怪物が出るか出ないかを3本足のカラスが鳴き声で旅人に教えてくれたとのこと。
しなの7号
2017/01/05 14:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
【756】 平成29年酉年 謹賀新年:日本酒ラベル編 昭和の鉄道員ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる