昭和の鉄道員ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【792】 撮り鉄12か月…1985年5月「白糸川橋梁・玉川橋梁・伊豆多賀」

<<   作成日時 : 2017/05/01 21:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 76 / トラックバック 0 / コメント 8

毎月1回第1月曜日に、その月に行った撮り鉄の話を、そしてその週の木曜日には、その月に行った乗り鉄の話をアップしています。 今回は、今から32年前の1985年5月17日〜18日に東海道本線と伊東線に行ったときのことを振り返ってみます。

********************

このころはまだ国鉄時代で、私は専務車掌になってからちょうど1年経った頃でした。
根府川駅付近にある白糸川橋梁で、EF66牽引の下り「さくら」
画像

この年3月に行われたダイヤ改正で九州ブルトレ「はやぶさ」へロビーカーが連結されるようになって、それに伴って東海道・山陽本線内の九州ブルトレの牽引機がEF65PFからEF66形に変更されました。今でこそ九州ブルトレの主たる牽引機EF66はあったことに違和感を持つことなどありませんが、それまでEF66は高速貨物用であって定期旅客列車を牽くことになろうとは思っていませんでした。でも同時にブルートレインを牽かせてみたいと誰もが思っていた機関車で、それが現実になったことにはかなりのインパクトがあって、車掌区に何人かいた鉄分多めの人たちの間でも話題になりました。

続いて、EF62牽引の下り荷物列車(荷35)です。
画像

このEF62にしても、この前年に信越本線から東海道・山陽本線の荷物列車用に転用され、これも想定外のできごとでした。このころが荷物列車の最終末期で、編成はマニ44などのパレット輸送が主流になって、貨物列車のようにも見えます。そしてこの翌年11月に荷物列車自体が廃止されました。
ところで、この撮影行は一泊で、所属していた車掌区の鉄分が濃いメンバーで出かけています。この夜の宿泊先は、熱海にあった国鉄共済組合の宿泊施設でした。
画像

上は、その宿泊施設のマッチ箱です。

翌日は、上りのブルートレインを撮影するために、また白糸川橋梁へ出かけました。
 EF66牽引の上り「富士」
画像

そのあと、根府川〜早川間の玉川橋梁へ場所を移動。
EF66牽引の上り「はやぶさ」(再掲画像)
画像


EF66牽引の上り「さくら」
画像

ブルートレインの撮影後は、伊東線の伊豆多賀付近に移動。
185系踊り子
画像

伊豆らしい風景のなかを走る列車は種類も豊富でした。
普通列車は伊豆急乗入れ車と特急から転用のサロが入った113系で、臨時急行は湘南色167系がやってきました。
特急は、ストライプ塗装の185系ばかりではなく、やはり3月のダイヤ改正で東北・上越新幹線の上野〜大宮間が延長開業してことで不要になった新幹線リレー号用の185系200番代車が転入して、そのままの塗装で走っていました。
画像

EF65PF牽引の14系座席車による踊り子号もありました。(再掲画像)
画像

このときは、熱海で宿泊した者全員が同一行動をしたわけではなく、私ども撮り鉄組とは別に乗り鉄組は首都圏に行きましたし、夜の宴だけ参加する者もありました。夜だけの参加者も含めると鉄分が多い者ばかり十数人も集まりました。このころ、国鉄の現場での人間関係はまだ良好だったのです。このとき新しく変わりゆく鉄道の姿をカメラに収めた者たちは、それから2年後、それぞれ別の進路に進んでいくこととなりました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 76
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
子供の頃、チョコレートを詰めたプラスチック製EF66車体のお菓子を売っていて、よく買ってもらったものでした。でもなかなか現車を見ることはなくて、写真のなかの世界でしたが、ブルトレを牽引することになったときは夢がかなった感じでした。「さくら」で京都-下関、「あさかぜ」で大阪-東京間を引っ張ってもらったときは感無量でした。
185系がデビューしたときは関西ネット局のニュース番組でも採り上げられたのを覚えています。女性レポーターは背ずりを軽く転換出来、インテリアは喫茶店感覚の明るさと、えらい誉めちぎってましたねえ。実際のところ、同感ですが。
私も熱海は慰安旅行で行きましたが、そのときのメンバーの半数以上は別の道を進まれるようになりました。
伊東に行くなら・・・・・4126のCMで覚えているのは、家がカラーテレビになって間もなかったので印象に残っているのですが、トンネルから出てくる電車のシーンはスカ色113系で、伊東線=スカ色のイメージがこびりついてしいまいました。なんで157系や153系なんかが映らなかったのか不思議です。
NAO
2017/05/02 00:33
NAO様 こんにちは。
私の小学生時代はEF65P+20系が正しいブルートレインの姿でしたが、乗る機会などありませんでした。

185系と117系には共通点が多くて、185系は快速みたいな特急で、117系は特急みたいな快速という印象でした。185系の外装塗分けとブラウン系の内装は国鉄車両のイメージを一新したものだと思いました。

このころの国鉄に慰安旅行などは当然なかったのですが、毎月の給料から積立金を徴収して開催する親睦会の旅行は毎年行っていました。それもたぶんこの年が最後だったと記憶します。

157系や153系でも行ける熱海・湯河原などを意識し、伊東線そのものを強調するならば、スカ色113系は妥当な選択かもしれません。
しなの7号
2017/05/02 08:00
しなの7号様、こんにちは。
川崎在住の友人宅に行く時ですが、湯河原〜根府川、この辺は相模湾の眺めが美しいので敢えて熱海以遠は在来線利用します。時間の都合がつかない場合は新幹線利用ですが、高速で美しい眺めを無視して通過するのは非常にもったいない区間です。
子供の頃は『なんでEF66がブルートレイン牽引せえへんのやろ?EF65より似合うのに』なんておもってましたが、高速貨物用だったので担当してなかったのですね。画像を拝見させて頂きEF66のブルートレインはカッコいいなぁと改めて実感しました(決してEF65が嫌いなのではありません)。
伊東線は全線未乗区間です。沿線は温泉がたくさんあるもんで、いずれは乗らないと…
はやたま速玉早玉
2017/05/02 12:23
はやたま速玉早玉様 こんにちは。
移動手段として利便性の高い新幹線を利用しつつ、在来線の見どころは外さない、模範的な交通機関の利用方法ですね。在来線区間は普通列車のグリーン車を使ってもいいですね。
EF66はJRですっかりブルトレ牽引機として定着していましたが、従来のブルートレイン用としてはパワーがありすぎだったんですね。
私は伊東まで旧国鉄線乗りつぶしだけのために往復しました。伊豆急行線は未だ未乗です。
しなの7号
2017/05/02 14:57
 こんにちわ

 根府川の鉄橋、白糸川橋梁と言うのですね、写真や映像でよく見ていましたが正式名は知りませんでした。
青春18きっぷで、関西から東京へ行った時、熱海を過ぎて小田原までの海岸線から海を見渡す景色が好きでした。
高台から望むと、遠くは三浦半島、湘南海岸が見え隠れして
いかにも、東海道を遥々と東京へと実感が沸いてきた思い出があります。

 ブルトレと言えば、20系を15両従えたEF65P型を思い浮かべます。EF66が牽引し始めた頃はもう陰りが出始め各職場では、民営化でゴタゴタした時期でもありました。その為個人的には、高速貨物を100km/hで疾走する姿が好きです。

 ロビーカーが「はやぶさ」連結され、速度が保てない理由から抜擢されたEF66ですが、EF62同様、貨物合理化で仕業がなくなり余剰機関車として走り始めた感があります。
山男、EF62は、EF58を廃車するため、東海道で慣れもしない高速運転で無理をしたため荷物列車全廃で廃車となりましたね。
 あの頃、職員だけでなく車両たちも合理化の餌食となったと思いました。

 
クハ381-111 
2017/05/03 18:07
クハ381-111様 こんばんは。
相模灘を見下ろすこの区間、国鉄就職後の約3年、週に1度くらいの割合で通りました。上下どちらも比較的仕事が落ち着いた区間でしたので、車窓を眺めることも可能でした。

確かに私の中でも正しいブルートレインはEF65P形に20系です。14系や24系の時代になって客車の青色が明るくなり白線も1本減って、機関車との一体感が薄れてきたところへロビーカーとともにブルトレ牽引に加わったEF66牽引のブルトレは、EF65P形+20系が見られなくなった時期にあっては、撮影したい列車でありました。

運転職場では、私どもの職場と違って動労がいち早く労使協調宣言を出しましたから、職場の雰囲気が変わっていった時期に微妙なズレがあるのかもしれませんね。おっしゃるように、国鉄末期の車両の魔改造や意外な転用例はいたるところで見られ、それらは鉄道ファンに知られるところですが、職員もまた同じだったと改めて思います。
しなの7号
2017/05/03 19:49
つい先日、Katoから、EF66の再生産品とJR九州仕様の24系25形はやぶさの新製品が発売されました。お写真の時期から、数年、あとの編成で、はやぶさ号と富士号の車列に、B個室ソロが加わった時代のものです。私は、はやぶさ号と富士号に乗って、東京まで来ておられた、JR九州の車掌さんに、車内で沢山お話を伺いました。そのときの思い出は今も大事なので、今回のKatoの製品は、前々から予約しておりました。

一方で、民営化を挟んだ数年の時期とはどういう時期だったのか。漫画「カレチ」の最終巻では、EF66にけん引された、富士が出てきます。その部分を読み返しました。また、しなの7号様をはじめ、元国鉄の方と思しき方々の書き込みを拝見しながら、考えております。
くろよん・ちくま82号
2017/05/09 21:03
くろよん・ちくま82号様
多くの列車に乗られ、貴重な体験をされておられますね。乗客として長距離乗務の車掌氏と話ができるような列車も、すっかり影をひそめました。漫画カレチ5巻の世界を知る現役JR社員がいなくなるのも時間の問題でしょう。

私の所属区にはブルートレインはありませんでしたが、国鉄が隆盛だったころの夜行列車で鍛え上げられた先輩車掌長の皆さんは、落ち着きと安心感のある車内放送をされていました。そういう放送を聞くことは、近年ほんとうに少なくなったと思います。放送は、常にあらゆる出来事に対して最善の結果が得られるよう研鑽を積み上げた職人仕事のほんの一部であったと思っています。
しなの7号
2017/05/09 21:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
【792】 撮り鉄12か月…1985年5月「白糸川橋梁・玉川橋梁・伊豆多賀」 昭和の鉄道員ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる