昭和の鉄道員ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【815】 あいうえき(4)

<<   作成日時 : 2017/07/20 06:40   >>

面白い ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 14

駅名を五十音順に「あ」から「わ」まで1駅ずつ、その駅の思い出や、そこに写っている車両などについてのコメントもひと言付け加えてアップしています。すでに廃止された駅名や改称された旧駅名も含み、表題部分は「駅名・ひらがな・社名と線名・県名」の順となっています。
今回は「た」〜「と」までです。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

「た」…田丸 たまる JR東海 参宮線 三重県
画像

上下とも2000.1.8撮影
このころは、保存車両巡りをしていました。この日は柘植・亀山・津と蒸機の保存車を訪問して、最後にこの田丸駅に降り、このC58 414を撮影してします。
デフレクタの形状からわかるように、終始北海道の苗穂機関区に配置されていた機関車であったらしく、除籍されたあとの第二の人生は、意外な見知らぬ伊勢の地でご奉公することになった機関車です。
駅の画像には正月の注連縄飾りが見え、撮影日はたまたま1月なのですが、伊勢志摩地方では、一年を通して注連縄飾りをかけたままで過ごす風習があります。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

「ち」…中部天竜 ちゅうぶてんりゅう JR東海 飯田線 静岡県
画像

119系電車:2003.6.7撮影
サエ9320:1971.5.5撮影
天竜川に沿った飯田線。この駅の対岸には浜松市天竜区佐久間町「中部」(なかべ)という地名があるのだそうです。119系の画像は中部天竜機関区跡地に開設されていた佐久間レールパークに来たときに撮影したものです。このときはシーズンオフで静かでしたが、佐久間レールパークは2009年に閉鎖され、展示車両の多くは名古屋のリニア・鉄道館に移転しました。
モノクロ画像のほうは、その佐久間レールパークが開設される20年も前の画像で、写っているのは中部天竜区に配置された木造救援車サエ9320です。誠文堂新光社刊「電車ガイドブック」で、この車両を知っていたので、現物を見て、いたく感激したものです。カメラを買ってもらい、どこかに行こうということになって、父と2人で初めて乗った飯田線でした。父と2人だけで列車に乗って出かけることは稀なことだったのに加え、家族旅行や外食などめったにしない家庭でしたから、駅前の食堂で醤油味のラーメンを食べたことは、はっきり記憶に残っています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

「つ」…津 つ JR東海 紀勢本線 三重県
画像

駅名標:2009.3.20撮影
DF50:1977.4.16撮影
駅名標は近年の撮影ですが、DF50の画像のほうは40年ほど前、津駅の紀勢本線下りホーム上から撮影したもので、お判りのように機関車前頭部にお召列車の装飾をしているところです。和歌山県で開催された第28回全国植樹祭にあたって、この日は名古屋から関西〜伊勢線〜紀勢本線にお召列車が運転されました。稲沢第一機関区のDD51820牽引で津まで運転されてくるお召列車を受けて、亀山機関区の本務機DF5057と次位機DF5059のコンビが、紀勢本線内の牽引を務めました。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

「て」…天王洲アイル てんのうずあいる 東京モノレール 羽田空港線 東京都
画像

上下とも:2008.8.2撮影
家内が東京都内に出かける用事があるというので、そのナビ役をしたあと、一人で東京モノレールに初乗りしてきました。浜松町から羽田空港第2ビルまで乗った後、「モノレールSuica」と「りんかいSuica」を買いたいと思っていたので、帰路は、この天王洲アイルで下車し、東京臨海高速鉄道りんかい線に乗り換えました。羽田空港で航空機を利用することなどあり得ない私としては、二度と利用することがない駅だと思います。
「て」には「天王寺」駅あたりを出しておくべきだったかもしれませんが、何回か利用したはずの天王寺駅の駅舎・駅名標とも画像が見当たりませんでした。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

「と」…豊橋 とよはし JR東海 東海道本線 愛知県
画像

上下とも:2015.12.17撮影
けっして台湾の駅ではありません。JR東海の豊橋駅で、駅名標のほかにも豊橋鉄道渥美線の電車も写っています。電車は日本車両豊川製作所で新製された台湾鉄路管理局「普悠瑪(プユマ)号」用TEMU2000型電車です。甲種輸送中の様子で、豊橋で進行方向が逆になるために停車しています。豊川から笠寺までJR線内をJR貨物愛知機関区のDE10 1165が牽引しました。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

今回はここまでです。
次週は「な」〜「の」までをアップします。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。私は中部天竜と豊橋は行ったことがあります。前者は、もちろんサエ9320を見るためです。静態保存されている車輌に近いようなものではありますが、事故での出動以外では全般検査などのために回送される姿でも見たかったものです。この駅名の中部は「なかべ」から来ているのですか。近ごろ多いひらがな表記の駅名よりも、ずっと粋な駅名だと思っておりますが。
北恵那デ2
2017/07/21 20:20
北恵那デ2様 こんにちは。
やはりサエ9320を見に行かれましたか。電車ガイドブックに「自動連結器装備で機関車に牽かれて出動」ということが書かれており、その特異性と、木造車であること、飯田線国有化前からの生え抜きであることで、あの電車にはほんとうにそそられました。

この手の救援車では、旧鶴見臨港の北恵那デ8の仲間で、当時明石電車区に配置されていたクエ9401がありましたが、こちらは見に行ってなく、非常に心残りです。

ウィキペディアによると、「なかべ」はかつて「なかっぺ」という地名で、駅名は「佐久間」→「中部天竜(なかっぺてんりゅう)」を経て「ちゅうぶてんりゅう」となったとされています。
「なかっぺてんりゅう」の読みは相当にインパクトがありますね。部内では「中天(ちゅうてん)」と呼んでいたと思います。
しなの7号
2017/07/22 11:19
しなの7号様こんにちは
田丸
伊勢の戦国武将田丸氏の本拠地です
25歳の頃付き合っていた子がこの名字で三重出身でしたので末裔だろうなと思っていました。

中部天竜
コメントのお話しでおっしゃられているように地名としの中部なんですね
てっきり中国勝山と言う駅がありますが
越前勝山に対抗、美作だけでなく中国地方一になることを願って命名
これと同じようなものかと思いました。


これは何で津になったのでしょうか?
古来は安濃津と言う地名
もちろん津は港というような意味ですが
短縮しすぎでしょ
三重は三重や阿漕の由来にあるようにネーミングが素晴らしいです
このお召し、私が国鉄入社の頃でした。

天王洲
確かになんで天王寺じゃないの?
ですね。天王洲・・・行ったことがありません 。

豊橋
愛知には国鉄では豊橋、豊川、豊田市と三つの豊で始まる駅がありますね。
だからなんだと言われそう
豊橋は江戸時代は吉田と呼ばれていました
豊川に架けられた橋、豊橋が由来だそうです。
ヒデヨシ
2017/07/22 20:09
こんばんは。自動連結器装備で機関車に牽かれてならば、「サエ」ではなくて「ナエ」あたりでも良さそうなものだけれども。そもそも牽かれて運用するならば、重量の記号の方が何かと都合も良いだろうに。飯田線の旧国末期に現れたクモハユニ64も大糸線時代は、「自動連結器装備で貨車牽引に使用したこともあった。」とのことですが、こちらは電車の範疇としか分類しようがありません。それよりも、サエがあった時代にクモハユニが来ていたら、それの牽引ということもあり得た気がしますが。また、旧鶴見臨港の仲間は各所に散逸してましたからクエ9401というのもありましたねえ。もちろん貴方が行ったこともないような所には私も行ってはいませんが。
北恵那デ2
2017/07/22 20:52
物知りヒデヨシ様 こんにちは。
田丸氏なる戦国武将は存じませんでした。お金が「貯まる」ので入場券が売れたらしいとかいう次元のことしか知らないようではなんとも… 
以前中部天竜は、天竜川の中流域なんで、そういう由来なのかなとも思ってました。ここが浜松市内というのも、なんとも解せません。
三重・阿漕・津駅について、朝から勉強させていただきました。やっぱり津は安濃津とすべきだったかとも思ってしまいますね。津を出ると紀勢本線は安濃川を渡り阿漕に着きますが、阿漕の地名が安濃に由来しているとすれば、区別する意味で単に津としたものでしょうか? 阿漕の地名は地元ラジオでいつもCM(阿漕平治の伝説にちなんだ津の銘菓〜)が流れていたので、子供のころから人名由来なのだろうと思っていました。
天王寺の画像がないんで天王洲アイルになりましたが、意外に大駅の写真を撮っていないのが悔やまれます。国鉄本社ビルも地元国鉄名古屋駅舎兼名古屋鉄道管理局庁舎も撮影していません。これからナ行以降は苦しくなってきます(?_?)
豊橋に吉田城があるのは何で?ということから豊橋が以前吉田と呼ばれていたのを知った記憶です。以下、前にも書いたことがありますが、豊橋は静岡鉄道管理局だったことから、ずいぶん長い間、豊橋市は静岡県だと思っていました。愛知県三河地方には豊橋信用金庫、豊川信用金庫、豊田信用金庫と三つの豊で始まる信用金庫がありますね。 だからなんだと言われそうですが、豊橋と営業エリアが重なる豊川だけは略称「かわしん」で、豊橋と豊田は「とよしん」
しなの7号
2017/07/23 10:57
北恵那デ2様 こんにちは。
国鉄末期〜JRで特急電車サシやサロから24系客車に改造編入される例が出てきましたから、国鉄で電車から客車への編入はないともいえませんですね。
サエ9320、自分で撮影した画像では重量や換算両数の標記が読み取れなかったので、ネット上にアップされた画像で確認したら積空とも2.5両、自重25.0トンの標記が確認できました。とすれば、おっしゃるように客車に編入すれば「ホエ」…ずいぶん軽量なのですね。
大糸線時代のクモハユニ64もガイドブックで知った車両でした。自連装備で貨車を牽く写真がすごく印象に残りましたが、まさか飯田線にきて客扱に復帰するとは思わず、飯田線時代には何度か撮影に行きました。そのわりにまともな写真が少ないです。
しなの7号
2017/07/23 10:59
しなの7号様、こんばんは。
今回は中部地方色が濃い選出ですねぇ〜

田丸の駅舎は国鉄時代そのまま感があります。今現在、安っぽく建て替えされてなければ良いのですが。伊勢地方の注連縄飾りの件、仕事で一時期鈴鹿にいたときにお客さんから教えて頂きビックリしました。狭い日本ですが所変われば文化もまるっきり違うのか❗と。

地図を見れば、中部天竜駅の対岸、確かに佐久間町中部(さくまちょうなかべ)ですね。てっきり『中部地方』から来てるものと認識してました。

オオー❗私の大好きなDF50が登場。しかも重連ってのがいいですねぇ〜♥決してパワフルではありません、外観がスタイリッシュでもないですが、憎めない、愛らしい顔なんですね♥上手く表現できませんが、好きなんです。私の中ではナンバー1の機関車です。

天王寺、と思わせて、意表を突いた選出。これが『あいうえき』シリーズの面白さ、観客(?)へのサプライズ演出ですね。C58、木造救援車サエ9320、DF50と続いて何故かモノレール、これまた意外性がありました。

豊橋は乗り換えでよく利用します。構内で『知立の大あんまき』が販売されており、超甘党の私は利用する度必ず購入します。
はやたま速玉早玉
2017/07/24 00:47
はやたま速玉早玉様 こんにちは。
田丸駅の現状は知らないのですが、昨年通った時には変化がなかったような? 変化に気付いたのは津の隣の阿漕駅で、大きな木造駅舎がきれいさっぱり解体されていました( ノД`)シクシク…

中部天竜は、ナカベが由来のようですが、近くの「天竜川」には佐久間ダムがあって、中部天竜駅はその建設時に基地だったとのこと。「中部電力」の発電所もありますしチュウブに無関係でもないと言えば言えるかな?

DF50は音も独特でした。ナハ10系を従えた「はやたま」921・924編成が似合いました。あれもDF50が非力ゆえに牽引定数を抑えるためにナ級の軽量客車を使用していたのでしょう。

天王洲アイル駅は意外性を加えたつもりではなくで、ほかに適当な画像がなかっただけですが、モノレールもあっていいかということで…

『知立の大あんまき』は家の近くのスーパーにも時々出店しています。甘いのはイケますが、食事制限があるので久しく食べていません(´・ω・)
しなの7号
2017/07/24 10:13
 しなの7号様おはようございます。
保存蒸気の中にはどうしてここに?というのもありますね。
私は昭和52年の年明けに三重県松阪市に引っ越しましたが、正月のしめ縄をいつまでも飾っているのに驚いたものです。
DF50のお召列車はこの年でしたよね、あの独特のエンジン音が忘れられません。
門鉄局
2017/07/27 01:04
門鉄局様 こんにちは。
保存場所とは縁もゆかりもない保存蒸機は全国に多いですが、そこで保存会などきちんと保守する組織ができて大切にされているのを見るとうれしく思うものです。
街道歩きをしていると、その地方の家々の造りや風習が自ずと目に入るものです。もっとそちらの方面の知識がないので、今のところDF50の写真を見ただけで紀勢線か、とわかるように、家の画像を見ただけでどの地方の家かわかるようにはなれていません。
しなの7号
2017/07/27 16:48
こんにちは。
九大本線に乗ったとき、田主丸という駅を通ったのですが、田丸駅と何か因果関係があるのかと思ってしまいました。
天王洲アイルは得意先もありましたし、泊まったこともあるのですが、タクシーかバス利用ばかりで.....。
最近は各鉄道会社でさまざまな車両デザインがありますから、私だったら社紋エンブレムのペイントを見なければ、国内どこかの鉄道会社甲種回送と認識したと思われます。
NAO
2017/07/30 10:57
NAO様 こんにちは。
 久大本線田主丸は、九州で「原」を「はる」と発音する地名が多いのと関係あるのでしょうか?
普悠瑪の甲種輸送は、普悠瑪デザインの東武特急「りょうもう」と思われる方もおられるかも。

しなの7号
2017/07/30 13:36
こんばんは、再コメ失礼致します。
本当ですね、普悠瑪デザイン「りょうもう」が存在していたのですね。家内はもともとその鉄道会社グループ企業に勤務していた時代もあったのですが、本体鉄道のことはさっぱりで。(私も関東私鉄のことはチョー疎いです)
NAO
2017/07/31 02:39
NAO様
普悠瑪デザイン「りょうもう」、きかんしゃトーマスに化けた大井川のC11みたいに、そこそこ本家の車両に「なりきって」いますね。
しなの7号
2017/07/31 13:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
【815】 あいうえき(4) 昭和の鉄道員ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる