昭和の鉄道員ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【819】 あいうえき(6)

<<   作成日時 : 2017/08/03 06:40   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 20

駅名を五十音順に「あ」から「わ」まで1駅ずつ、その駅の思い出や、そこに写っている車両などについてのコメントもひと言付け加えてアップしています。すでに廃止された駅名や改称された旧駅名も含み、表題部分は「駅名・ひらがな・社名と線名・県名」の順となっています。
今回は「は」〜「ほ」までです。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

「は」…はがつかな 国鉄中央本線 岐阜県
画像

あ! まちがへたこれは「な」でした

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


「は」…白馬 はくば JR東日本 大糸線 長野県
画像

上下とも:2006.5.5撮影
JR東海の381系が風前の灯となっていた2006年、5月の大型連休に臨時で運転されていた大糸線白馬直通の「しなの号」に一往復乗りに行った時の画像です。
この2年後の2008年5月の連休中、この白馬1往復の運用を最後にJR東海の381系は引退しました。国鉄時代は白馬行「しなの号」が定期で1往復運転されており、私も乗務したことがありましたが、松本で他車掌区に乗り継ぐ行路になっていましたので、大糸線内を381系に乗車したことはこのときが初めてでした。

《2017.8.4画像追加》
「白馬」駅は1968年10月に「信濃四ツ谷」から改称されました。

画像

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

「ひ」…東室蘭 ひがしむろらん JR北海道 室蘭本線 北海道
画像

キハ150:2004.9.22撮影
駅名標:2004.9.23撮影
今から10年以上前、東北新幹線は八戸までしか開通していませんでした。名古屋を朝6時52分の東海道新幹線でスタートし、新幹線〜特急の乗継でしたが、東室蘭にたどり着けたのは夕方の17時35分でした。薄暗いなか、家路を急ぐ乗客を乗せたJR形気動車の普通列車が発車していきました。市内で一泊した翌朝、大阪を前日のお昼に発ったトワイライトエクスプレスの到着と発車を見送りました。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

「ふ」…仏生山 ぶっしょうざん 高松琴平電気鉄道 琴平線 香川県 
画像

上下とも:2003.12.28撮影
「こ」で出てきた「琴平」からの続きで、高松琴平電気鉄道琴平線で高松築港まで行く途中に、この仏生山で途中下車しました。画像では読み取れないかもしれませんが、ホーム上屋の柱に青地に白文字の表示板があり。「途中下車指定駅」と書かれています。高松琴平電気鉄道では指定された駅で途中下車ができるのです。ここには車両基地機能もある仏生山工場があります。下側は元名古屋鉄道の車両(左)と元京浜急行(右)の車両で、どちらも私と同年代の生まれで、各車生まれも育ちも違う者たちが第二の職場で仲良く働いていました。旧名鉄車のほうは、この翌年に引退したとのことです。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

「へ」…弁天島 べんてんじま JR東海 東海道本線 静岡県
画像
 
上下とも:2015.12.9撮影
弁天島は浜名湖の河口部分にある島ですが、東海道本線と東海道新幹線が横切っています。リゾート地と言えるかどうかわかりませんが、弁天島駅前にはホテルもあって、そこから東海道新幹線と東海道本線とが見下ろせます。
画像は、そのホテルのバルコニーから見た東海道本線の列車です。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

「ほ」…本揖斐 ほんいび 名古屋鉄道 揖斐線 岐阜県 
画像

2000.12.29撮影
在りし日の名鉄揖斐線終端駅です。この日は名鉄のローカル線ばかりを一日中乗り歩いた日でした。パノラマカーをはじめとする名車を誕生させ、中京地区を広く営業エリアとしてきた名鉄ですが、末端部のローカル線では遅くまで戦前製の古めかしい電車を走らせてきたのでした。2005年4月1日に揖斐線全線が廃止され、駅は撤去されたそうです。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

今回はここまでです。
次週は「ま」〜「も」までをアップします。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
’NAKATSUGAWA’ も反対から読みそうになりました。
アワグスタカン。。。モンゴルかウイグル自治区の地名みたいになりました。
やくも3号
2017/08/03 16:39
やくも3号様 こんにちは。
「はがつかな」の駅名画像は先週の「【817】あいうえき(5)」の使いまわしでして、自分も同じことを思いコメントに書きました(*´▽`*)
中津川は内陸部奥地?です。そういえば隣の恵那市には「モンゴル村」があります。(←キャンプ場みたいなところ)
しなの7号
2017/08/03 18:01
しなの7号様こんばんは
逆さまビックリ!
どこに保管してある駅名標ですかw

白馬
駅名由来の白馬岳は
しろうまだけなんですね
スキー場も白馬(はくば)だし
最近まで知りませんでした
急行つがいけだったと思いますが
スキーやキャンプで良く利用しました

仏生山
なんともありがたい駅名ですね

本揖斐
この駅で降りて当時近鉄だった揖斐まで歩いていった思い出があります。
嫁を騙して名古屋〜多治見〜美濃太田〜美濃市〜美濃町〜新岐阜〜本揖斐〜揖斐〜大垣〜名古屋のコースでした。
ヒデヨシ
2017/08/03 21:46
しなの7号様、こんばんは。
大糸線は381系と、その番号をひっくり返した183系が乗り入れていたのですね。曲線通過時の乗り心地もひっくり返したぐらいに違ったのでしょう。
トワイライト電源車のJRロゴの大きいこと。
宮脇氏が著書のなかで、宇高航路で通学する女子高生に、(連絡船で通えて)「いいなあ」と言われたところ、連絡船だけでも1時間かかるので、頬がプッと膨らんだというのがありましたが、私が宇高航路に乗ったときも女子高生が先生と思しき方からどこから通っているのか訊かれ、「仏生山!!」 連絡船通学は楽しそうでした。
弁天島は私は慰安旅行でそのホテルそばの大型洋館旅館に泊まったのですが、朝まで飲み更けるという強行強制スケジュールで、そばの線路を意識出来る状況ではありませんでした。
NAO
2017/08/03 23:30
しなの7号様おはようございます
弁天島書き忘れていました

東京行き夜行に乗っているとき
この駅で大阪から来ているとおぼしきグループが「弁天島?弁天町や、弁天町や」と騒いでおりました
その後も騒いでいてとうとう他の乗客に怒られていました
刈谷駅で勤務中弁天島は往復乗車券で乗られる方が多かったので印象深いです
答えは浜名湖競艇ね
ヒデヨシ
2017/08/04 06:18
ヒデヨシ様 こんにちは。
「はがつかな」の駅名板は中津川市内のD51266保存場所で撮影しました。
白馬駅より先に村名が合併により「はくば」を名乗っているんですね。駅は村名に倣って「はくば」でしょうか。もとの駅名は信濃四ツ谷。先ほど切符画像を追加アップしました。
駅名ではないですが、仏生山ならぬ金生山もありがたい!(^^)!山ですが、生まれるのは金でなく石灰岩です。でもJRや西濃鉄道にとっては貨物収入源ですから、カネの生まれる山。
本揖斐では私も近鉄乗継を考え、地図で近鉄駅までの道順を調べたりしていたものですが、このときは未乗だった岐阜市内線の岐阜駅前〜新岐阜駅前間のわずか300mに乗車するために引き返しました。

自分が東京行夜行に乗務した国鉄末期には、豊橋以東が快速運転で、弁天島は通過でした。競艇は一つ手前の新居町…(共和からだと運賃同じ)特に休日の開催日には蒲郡往復or新居町往復を車内で発売しまくりでした。
しなの7号
2017/08/04 15:23
NAO様 こんにちは。
大糸線では振子は使いませんので、183系も381系ものろいですが山々の風景を愛でるにはちょうど良いです。

私の場合は通勤通学経路も楽しみに変えてしまい、以前は不便だった愛知環状鉄道での通勤では、約40分ほぼ着席通勤で、それなりに旅の気分を味わいました。でも通勤通学に関しては便利なほうがいいですね。
弁天島のホテルで、朝まで東海道本線の列車を眺めるという強行強制スケジュールならできそうだと思いましたが、今は夜行特急急行がないので、ちょっと辛いかも。
しなの7号
2017/08/04 15:23
しなの7号様こんにちは
新居町でした・・・すみません
自分もよく競艇で利用したのに

東京行きは確かに豊橋以東は快速運転でした
弁天島弁天町の話題で騒いでいたのは良く覚えているので
通過駅で気になったのでしょうか?
ヒデヨシ
2017/08/04 15:36
ヒデヨシ様 こんにちは。
夜行東京行が豊橋以東快速運転になったのは61.11ダイヤ改正からで、それ以前、東京車掌区が乗務していたころには静岡まで各駅停車でしたから、乗られたときには弁天島には停車したのではないでしょうか。
しなの7号
2017/08/04 15:52
こんばんは。前の記事にまだ書きたいことがあったのですが、次の記事を読んでいるうちに何を書こうとしたか忘れてしまいました。「はがつかな」以外は行ったことの無い駅名ばかりでした。修行が足らずすみませんです。「じやうかうじ」や「かうざうじ」が出てくるとなお面白いのですが、そんな駅名標は撮影しているわけないですね。
北恵那デ2
2017/08/04 20:15
北恵那デ2様 こんばんは。
くだらない企画にもお付き合いいただきありがとうございます。
そういえば、その昔、なにかで「定光寺」「高蔵寺」の歴史的仮名遣いで書かれた駅名標が写りこんだ写真を見て、なんじゃこりゃ!と言ってたことがありましたねえ。
表記は右から読んで、「じうわくうやじ」「じうざうか」
「つまゐりと」(鳥居松←現春日井)も味わい深いものがありますね。国鉄時代に発行された多治見〜中津川間開通80周年記念乗車券には「ゐほお」の駅名標も写っていますよ。これは大井(現恵那)駅です。
しなの7号
2017/08/04 20:40
北恵那デ2様 続きです。
どこで、その駅名標の画像を見たのか非常に気になったので、手元のRF誌を手あたり次第めくっていたら、1973年9月号42ページに高蔵寺の駅名標の写真が載っていました。ちょうど高校生のころです。

    じ う ざ う か
       寺蔵高
       KOZOJI
 ←――――――――――――→
じうわくうやぢ | つまゐりと

となっていました。
しなの7号
2017/08/04 21:34
おはようございます。わざわざの発掘作業お疲れ様でした。確かに大井も有りましたが、鳥居松は縁起も良さそうで風流だと思います。高蔵寺駅の近辺に話題性のある?歴史的仮名遣いになる駅名が集中しているということですね。別の場所でも面白い仮名遣いが集中する地域があるのかどうか分かりませんが。しかし、美濃加茂市であっても美濃太田駅なのですから、春日井市であっても鳥居松駅でも良かったのではないのかと思います。また、木曽福島駅も木曽駅にならないでと思っております。
北恵那デ2
2017/08/05 08:58
北恵那デ2様 こんにちは。
こういう駅名標を見ると、中央本線は開通したのが古く歴史がきざまれているのだなあと思います。市町村合併で「木曽福島」のように市町村名と駅名が違う市町村代表駅が全国にありますので、これから駅名の歴史は塗り替えられていくのでしょう。とりあえずリニア開業で美乃坂本駅はどうなるのかな? 歯が浮くような駅名になりそうでコワイです。
ところで山口線に行くと、「乃わつ」「うゃきん毛うゃち」などなど漢字と仮名の中間みたいな字体の復刻版?駅名標がありますが、あいにく写真は撮っていません。
しなの7号
2017/08/05 09:23
しなの7号様、こんばんは。諸事情ありましてコメントが遅くなってしまいました。

はがつかな駅は訪問した事が…
って『なかつがわ』やんか〜(*≧∇≦)ノ

大糸線直通のしなの、ありましたね〜。メインの路線から離れて支線に乗り入れる(綾部で山陰線から離れて舞鶴、宮津線に直通していた『あさしお』みたいな)、こういったアウトロー的な運転経路、好きです。軒並み廃止され、画一的な運用に突き進んだのはファンとしては残念です。合理化の名の元、地方切り捨ての匂いも漂い良い気分もしません。
今年4月の温泉旅で、入浴中見知らぬおっちゃんに『白馬の温泉も良かったよ』と教えて頂きました。行かねば!

残念と言えば、東室蘭駅のトワイライトエクスプレスの廃止も例外ではありません。長距離を走行する貴重な寝台列車でしたが、北海道新幹線開通に伴う廃止でしたので、仕方ないと言えばそうなのかもしれませんが…

何ですって❗仏生山駅をはじめ一部の駅で途中下車ができる。観光への利便性が向上、嬉しいですね〜(*´∀`*)
異なる鉄道会社出身の車両同士が仲良く活躍する姿も良いです。

弁天町駅そばのホテルはいわゆる『トレインビュー・ホテル』ですね。行き交う列車を眺めながらの宿泊も面白そうです。ちなみに私の職場の駐車場からはJR線を眺める事ができます。しかし休憩室の窓は線路側に無く180度反対側しか設置されていません。私に言わせれば完全に設計ミスです。

本揖斐駅停車中の戦前製の車両、良いですね。撮影された2000年と言えば、7月〜年末までの間、仕事で岐阜県(笠松競馬場そば)に住んでいました。身近にこのような貴重な車両があったのとは…なのに乗れず、見れず、でした。



はやたま速玉早玉
2017/08/10 01:01
はやたま速玉早玉様 こんにちは。
はがつかな 騙してゴメンナサイ<(_ _)>

白馬しなの号のルーツはDC急行つがいけで、松本までは長野行に併結されていました。大糸線筋の温泉では小谷温泉に立ち寄ったことがありますが、山奥ですので自動車がないと無理で、どこに行くにも駅からの交通事情を考えると、選択肢から鉄道が除かれてしまいます。そういえば大糸線の平岩駅近くの姫川温泉は大糸線の列車が見えるトレインビュー温泉旅館ではなかったかな。そこなら列車でも行けるかと。

長距離列車はなくなる一方ですが、福岡貨物ターミナル〜札幌貨物ターミナル間を走る貨物列車があるそうです。貨物になりたい…?

琴電のような途中下車指定駅という制度は広まるといいですね。ICカード乗車券化で、下車して一定時間内にまた乗れば最終目的地の駅で始発駅にさかのぼって差額精算してくれるとかはできそう。

10年ほど前にいた会社の会議室は名鉄沿線でトレインビューでした。
名鉄は末端路線を一気に廃止してしまいまして、近年は路線バスもめっきり減って、自家用車がないととても住めないところが増えました。自動車は便利だけれど維持費がかかるし、最近は運転がコワイ(*_*;
しなの7号
2017/08/10 14:35
しなの7号様、こんばんは。再コメント失礼致します。

大糸線の両端、松本、糸魚川の両駅は通った事ありますが、大糸線自体は100%未乗区画です。小谷、姫川温泉が気になって検索してみました。派手さは皆無ですが、それが逆に良いですね。素朴なイメージ、雄大な美しい景色に加え、お湯の質も良さそう。年内は無理っぼいので、来年以降泊まりで訪れたいです。

維持費が嵩む事、前の会社が車通勤禁止だった事、および当時抱えていた借金の返済を楽にする事が理由で、マイカーは13年前に手離しました。会社のオッサンと温泉巡りする際はオッサンの車に頼っています。個人的にどうしても必要な時はタクシー利用、場合によってはレンタカー利用となります。レンタカーの場合、返却時間を気にしながらの運転となってしまい精神衛生上良くありません( ノД`)…
はやたま速玉早玉
2017/08/11 00:50
はやたま速玉早玉様 こんにちは。
姫川温泉、大糸線に国鉄形キハ52やキハ58が走っていたころには、車窓から見て一度は泊まってみたいと思っていましたが、キハ120になってからは大糸(南)線には乗ったこともなくすっかり忘れていて、未だ泊まったことはないです。雪見旅に最適?
あまり自家用車を使わない我が家では、マイカーを廃止も検討したのですが、中京圏は公共交通機関は高いし不便。そこでカーシェアリングを検討しましたがステーションは徒歩圏内に複数あるのですが距離が問題で踏み切れず。おっしゃるように時間を気にしなければならないのもネックです。しかし自分で運転できるのも後10年くらいだと思いますので、今乗っている軽自動車が最後の自家用車になる可能性が高いです。
しなの7号
2017/08/11 06:32
こんばんは、しなの7号様。
私は弱点だらけでお恥ずかしい限りです。(笑)
爬虫類.高所と来て女性にも弱いです。駅員時代先輩にお前はもてないけど、お年寄りと子供には人気あるなと冷やかされてました。
白馬と言えば中学の同級生で鉄道友達だった子の家が別荘を持っていて、生活レベルの違いに唖然としたこと。うちは九州にあるじゃないか(単に親の実家)とごまかされました。琴電の仏生山駅、車両工場もあってかなり高度な工事もこなしています。
この写真の車両、元京急600形を貫通形に改造していますが丁寧な作業で好感が持てます。最近のJR某社のやっつけ仕事とは大違いです。
弁天島。大昔の鉄道ファン誌の撮影地ガイドで紹介され憧れの場所でしたが、被写体に魅力を感じなくなった今訪れることはないでしょう。
本揖斐。ここも気になりながら訪問できなかった線区です。戦前製の車両や施設、沿線の佇まいが魅力的でしたが機会を逸してしまい残念です。
門鉄局
2017/08/31 23:25
門鉄局様 こんにちは。
女性に弱いのは私も同じで、あとは犬にも弱いです。犬は乗務の仕事に影響しませんのでいいですが、特に酔っ払いの女性客相手の鉄道員はさらに弱い立場?ですね(´・ω・)

私は実家を「別荘」と呼んでいましたが、空き家になると管理が大変でしたし、たとえ裕福な暮らしができたとしても、別荘はいらないなあ。鉄道模型レイアウトなんかも作って…などと思わないこともなかったですが、小さくてもいいので、いつでも見て走らせることができる自宅のほうがいいやと思いました。

あちこちの中古車両を走らせてきた琴電では、1両ずつ違う車両の改造や補修を手作業で行わざるをえないのでしょうけれど、それを手抜きせずに自社の力で造り上げる職人仕事が残っているのですかね。最近の日本の電車は切妻のステンレス車ばかりで、コストダウン機能優先軽薄短小魅力半減。

弁天島、早朝の上りブルトレの撮影地でしたね。ここで今、自分が撮ってもいいと思うのは貨物列車くらい。それも国鉄機の…という注文を付けるとほとんど被写体がないですね。

本揖斐に対する、もう一方の終点谷汲のほうへは観光・撮影・乗車を目的として複数回行っていますが、本揖斐にはこの時が最初で最後の訪問でした。岐阜市内とその近郊の名鉄軌道線は、工夫すれば交通機関として今後も十分に活用できると思いましたが、中京地区の自動車偏重の文化と行政では救えなかったということなのでしょうか。
しなの7号
2017/09/01 09:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
【819】 あいうえき(6) 昭和の鉄道員ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる