昭和の鉄道員ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【823】 あいうえき(7)

<<   作成日時 : 2017/08/14 07:00   >>

面白い ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 8

駅名を五十音順に「あ」から「わ」まで1駅ずつ、その駅の思い出や、そこに写っている車両などについてのコメントもひと言付け加えてアップしています。すでに廃止された駅名や改称された旧駅名も含み、表題部分は「駅名・ひらがな・社名と線名・県名」の順となっています。
今回は「ま」〜「も」までです。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

「ま」…丸森 まるもり 阿武隈急行 宮城県
画像

2004.6.4撮影
東北地方の未乗ローカル線の乗り鉄に行ったときの1枚です。もと国鉄丸森線の終点駅でしたが、阿武隈急行転換後に福島までの日本鉄道建設公団建設線部分を延長開業して中間駅になりました。そのとき交流電化され、導入されたのは国鉄っぽい交流電車で、その歴史や雰囲気は、私の地元にある愛知環状鉄道に似た印象を持ちました。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

「み」…南大嶺 みなみおおみね JR西日本 美祢線 山口県
画像

上下とも1997.3.5撮影
ここから分岐していた大嶺支線に乗り換えるために下車したときの撮影です。大嶺支線廃止間際の時期の駆け込み乗り鉄となり不本意なことですが、前月にも東北地方へ乗り鉄に行っており、仕事の都合もあってきわどい時期になってしまいました。美祢線の本線はすでにキハ120の時代になっていましたが、大嶺支線では旧国鉄車キハ23だったのと、とにかく混雑がきらいなので平日に出かけることができて、混雑を避けられたのはありがたいことでした。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 「む」…室蘭 むろらん JR北海道 室蘭本線 北海道
画像

上下とも:2004.9.23撮影
「ひ」のところで出てきた東室蘭の続きになりますが、早朝の東室蘭で大阪を前日のお昼に発ったトワイライトエクスプレスの到着と発車を見送ったあと、711系電車で室蘭支線に初乗りしました。着いた室蘭駅は国鉄時代の室蘭駅ではなく、路線短縮され旧駅舎とは別の場所にありました。昔の室蘭をご存知の方に、こんな室蘭は別の駅だよと言われても、頷かざるを得ません。国鉄形711系電車だったのが救いでした。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 「め」…女満別 めまんべつ JR北海道 石北本線 北海道
画像

1998.7.20撮影
上り特急オホーツクの車窓から、停車中に撮影した画像ですので、この駅では乗降していません。国鉄時代の車掌車が何両も留置してあったので撮影したのですが、宿泊施設として利用されたらしいです。今でも宿泊できるものなら泊まってみたいものです。ネット上にアップされている近年の画像を見ると、紫っぽい薄ピンク色に塗られて、ヨ8000が1両とヨ3500が3両連結されているみたいですが営業しているかどうかは「?」です。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 「も」…森宮野原 もりみやのはら JR東日本 飯山線 長野県
画像

上下とも2005.3.6撮影
前日から、大糸線・北越急行ほくほく線・飯山線と、3月と言ってもまだ春遠い豪雪地帯の乗り鉄をしてきて、行き違い停車中に列車から降りて撮影した画像です。下の画像にJR日本最高積雪地点を示す標柱が写っています。1945年に7.85mの積雪を記録したとのことです。長野県最北端の駅で、駅周辺の「森」という地名と信濃川(千曲川)を渡った対岸の新潟県側の「宮野原」という地名に由来していて「森+宮野原=森宮野原駅」となりました。以前にもコメント欄で書いたことがありますが、在来線時代の特急あさまに乗った時に長野駅到着時に「飯山線 もりみや、のはら行は…」という車掌氏の乗換案内放送を聞いたことがあります。どうでもいいことですが、切って発音するのなら由来から考えて「もり、みやのはら行は…」とするのが正しいのだろうと思うのです。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

今回はここまでです。このシリーズも後半にはいると、画像が撮ってある駅はかなり限られてきます(;^ω^)
次回(木曜日)は「や〜り」をアップします。
●先月から画面右カラム内で告知しておりますように、8月下旬〜11月いっぱいまでは第1月曜日に、毎月連載している「撮り鉄12か月」を、そしてその週の木曜日には、「乗り鉄12か月」をアップしますが、それ以外に新規記事はアップしません。これによって木曜日に連載しておりましたシリーズ記事「あいうえき」が中途半端に途切れてしまうことになってしまわないよう、このあと連続して2回、木・月曜日に「あいうえき」をアップすることにして、「わ」まで到達した時点(8/21予定)で、これまでの定期更新パターンを中断させていただくことにします。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
しなの7号様こんにちは

丸森は丸森線時代に終点丸森まで行き折り返し乗車しています
まさか総延長をはるかに越える新線区間を開業するとは想像すらできませんでした
しかも電化です
経営はどうなんでしょうか?

南大嶺
大嶺支線を国鉄時代に踏破したとき寄りました
大嶺はカメラで数多く写真を撮りましたので鮮明ですが
南大嶺・・・申し訳ありません

室蘭、女満別
国鉄時代に訪れていますがほぼ記憶0です

森宮野原
まったく存在すら知りませんでした
私的には東海道本線守山駅か大阪の森ノ宮駅でしょうか
ヒデヨシ
2017/08/15 14:04
ヒデヨシ様 こんにちは。
阿武隈急行線は、本文に愛知環状鉄道に似た印象と書きましたが、国鉄時代に新線部分が開業していれば、四国の内子線のような境遇になっていたのでしょうかね。
南大嶺ではDD51がまだ健在でしたし、すでにキハ23が珍しい時代でしたので写真を撮っただけで、別に印象に残るところではなかったです。
室蘭、女満別については、ヒデヨシ様が行かれたころとは別物のようになっていたはずですね。
中山道歩きで守山宿にも行っていますので、守山駅の画像もありますが、ゴメンナサイ。そのときは、わざわざ「新守山▶守山」の乗車券を買って乗車しました。
しなの7号
2017/08/15 17:20
こんばんは。 
阿武隈急行にお乗りでしたか。私は社会人になってから駆け足でJRに乗りつぶすのが精一杯だったエリアなので、東北地方は第三セクターを含む私鉄に乗ったことがありません。
南大嶺は日が暮れてから大嶺まで往復したときに乗降しましたが、その頃は山陰仙崎支線ともどもキハ30単行運用の美祢線で、踏破旅行と言うより乗りつぶしの作業をしているように感じでしまいました。大嶺と厚狭に石灰石運搬貨車が連なって停車していたのは新鮮でしたが。
室蘭駅が引っ越したのは忘れていました。私が訪れたのは国鉄時代ですが、駅待合室の乗客はまばらで、東室蘭からは特急ライラックくずれの781系普通列車、ガラガラでした。711系は急行かむいで二度乗りましたが、どちらも乗車率が良くて車箸ロングシート部分にしか座れませんでした。
長野県には積雪も標高も最高駅が有るのですね。かつては勾配も最高てしたが。
NAO
2017/08/15 20:27
NAO様 こんばんは。
皆さん、乗られた時期によって、また乗り方によって、同じ線区でも違った様相ですね。
今乗ると、と言っても廃止されて乗れない駅もありますが、乗れる車両も違っていたりして、また違った印象を持つのでしょう。
室蘭は路線が1.1qも短縮されていますね。駅に降りた後、観光案内所となって保存されている旧駅まで廃線跡地に並行する道路を歩きました。

森宮野原・野辺山・軽井沢、いずれも他県との境界駅ですね。さすが山国信州ですが、自分のいちばん好きなのが信州ですから、どこへ行っても最高駅になり得ます。
しなの7号
2017/08/15 21:21
お疲れ様です。お写真のUPありがとうございます。美祢線は中国地方在住の私には馴染みがありますし1997年1月26日に本線に乗っています。萩へ行った帰りの事です。時間の都合で支線の事は計算に入れていませんでしたがキハ23いいですね。楓{線で乗ったのはキハ120の0番台でオールロングシート。食事がしたかったのにできなかった事が記録に綴られていました。
鉄子おばさん
2017/08/17 06:56
鉄子おばさん様 こんにちは。
私が美祢線に乗車したわずか1か月ちょっと前に乗られたのですね。
キハ120に乗車することなったときは、開き直って最後部運転室わきに立つのも選択肢に入れていますが、その場所も高校生に占領されていたりします( ˘•ω•˘ )
しなの7号
2017/08/17 09:28
しなの7号様、こんばんは。
丸森:第三セクター化後に延長、しかも電化とは稀なケースかと。JR線の相互乗り入れを前提条件として交流電化されたのでしょうか?また、電化されていませんが樽見鉄道の神海以北も延長区間ですね。

南大嶺:コチラに『南』が付いているという事は、街の中心部は大嶺周辺と思われます。キハ23の隣に停車中のDD51は美祢線貨物列車(石炭、石灰石)の牽引担当ですね。

室蘭:駅が引っ越ししたのですか?あ、山陰線の保津峡も新線切り替え時に引っ越ししていたか。

女満別:これは泊まってみたい!

森宮野原:てっきり『森宮・野原』かと解釈していました。クアラルンプールは『クアラ・ルンプール』、ドンキホーテは『ドン・キホーテ』、切る所が難しいです。最高積雪記録保持駅は、てっきり北海道もしくは東北にあるものだとおもってました。
ちなみに小学生の頃『飯山線』と『飯田線』を混同してました(笑)
はやたま速玉早玉
2017/08/19 00:18
はやたま速玉早玉様 こんにちは。
阿武隈急行は交流電化で、東北本線に乗り入れて仙台直通を可能にしていますが、現状では直通するのは朝夕だけのようです。樽見鉄道の神海以北は別線のように乗り心地が変わります。

炭鉱があったころの大嶺はそれなりの規模の炭鉱町だったのでしょうけれど、閉山後は一小集落というところでしょうか。貨物列車の代替がトラックというのはよくあることですが、美祢線では専用道路というのがすごいところ。

室蘭と同じ北海道では、夕張駅が2度も移転し、その都度営業キロが
短縮されました。

20系寝台車を連結した某SLホテルを予約して出かけたところ、寝台車は学生の合宿用とかいう説明で、管理棟にあるありきたりの寝室に泊まるはめになりがっかりしたことがあります。

むかしのDr.スランプで、「ヨウ・チエン」と「ホイ・クエン」というの登場人物がいました…。

しなの7号
2017/08/19 13:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
【823】 あいうえき(7) 昭和の鉄道員ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる