昭和の鉄道員ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【829】 乗り鉄12か月…2002年10月 広島・山口県下の旧国鉄線

<<   作成日時 : 2017/10/05 06:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 10

今回は、中国地方で広島・山口県下に乗り残した旧国鉄線に乗るための旅で、行程は1泊2日の1人旅である。
このころ毎年10月には、青春18きっぷが発売されない代わりに、「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」が発売されていたので、この2日間で使用し、残る1日分は後日、久留里線・いすみ鉄道・小湊鉄道に行く時に使用して使い切った。
(「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」は、現在発売されている「秋の乗り放題パス」に似ているが、その内容は異なり、3日間飛び飛びの日に利用することができ、また1枚を複数人数で使用することもできた)
画像
青春18きっぷより割高なので、これ以後に買ったことはなかった。
画像
(往路の特急券は回収されたので手元に残っていない。)
名古屋から現地までの往復は新幹線を使うので、そこは「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」が使用できず、別途乗車券と特急券を購入する必要があるので、価格的なメリットはないかもしれないが、乗りつぶしの旅では乗るルートが複雑なので、経路が複雑な乗車券や、枝線区間で別途往復の乗車券をいちいち買う手間が省ける。駅員氏や車掌氏の手を煩わすことがないのが最大のメリットとも言える。
画像


高蔵寺5:57―(3102M)―6:23名古屋
名古屋6:50―(ひかり177号)―8:53岡山
岡山8:58―(こだま607号)―9:46三原

岡山までの「ひかり」は300系で、ここから三原までの「こだま」は0系であった。このあとに0系に乗った覚えがないので、たぶんこの時が私の0系最終乗車になったのではないかと思う。
画像


三原10:00―(127M)―11:17広
広11:45―(5629M)―12:21広島

三原から未乗の呉線広行に乗るが、車両は103系改造の105系2両編成で、もとよりのんびりと車窓を味わおうという気はなかった。
画像

広では乗り換えなければならないが、1時間に1本ずつ「安芸路ライナー」という快速がある。当時は呉から広島まで25分間ノンストップ(現在は停車駅が増加)という気持ちよさそうな列車に見えたので、各駅停車を2本やりすごし「安芸路ライナー」に乗った。車両は103系で4両編成なのだが、なんとワンマン列車。115系の各駅停車のほうがよかった。このあとは可部線に乗る。

広島12:27―(759M)―13:00可部
可部13:05―(237D)―14:38三段峡

広島から可部行普通列車に乗り換えるが、これも105系の2両。非電化になる可部から先はキハ40で、やっとクロスシート車に乗れた。それでも1両だけで、この区間の乗客が少ないことが知れるが、可部から先は、この翌年に廃線になった。中間駅に「乗って残そう」の類の標語を書いたポスターなどが貼られ、終点の三段峡駅前に保存してあるC11蒸気機関車にもこのような横断幕が括りつけてあった。
画像

三段峡15:05―(246D)―15:30加計
加計15:51―(248D)―16:48可部
可部16:58―(784M)―17:32横川
横川***―(***M)―***岩国△(乗車列車不明)

同じ車両による折り返し列車で戻ってきたが、これが途中の加計止まりであった。加計から乗り換えた可部行の列車はキハ40の2両編成であったから、夕方の通学時間帯に備えての運用なのだろうか。
画像

そのあと可部から乗り換えた広島行は103系4両編成であった。
画像

この列車を横川で降りて、山陽本線の快速列車で宿泊地の岩国へ向かった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

翌日は国鉄旧岩日線である「錦川鉄道」に乗って終点の錦町まで1往復してから、山陽本線を宮島口まで戻る。
画像

岩国6:57―(521D)―7:56錦町
錦町8:01―(528D)―9:01岩国
「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」は錦川鉄道では使えないので、JR岩徳線から分岐する川西から錦町までの往復は別払いになる。
途中の新幹線新岩国駅最寄りの「御庄」(後に清流新岩国に改称)駅のホーム待合室はコキフの車掌室ユニット2つを背中合わせにくっつけたもの。
画像


岩国9:09―(5340M)―9:25宮島口
宮島口9:30〜〜〜9:40宮島
宮島9:55〜〜〜10:05宮島口

JRの宮島航路は鉄道ではないが、使っている切符が乗り放題だし、旧国鉄から引き継がれた航路であるから乗っておくことにした。交互に運航される広電グループの便をやり過ごしてJR便に乗って宮島着。厳島神社の参道を歩き始めるも神社まで行かずに鹿だけを見て、宮島滞在15分で、またJR便で宮島口へ引き返した。
画像
みやじま丸(3代)。国鉄形であるが、このあと2006年に引退した。現在就航しているみやじま丸は4代目のJR世代の船である。

宮島口10:14―(1638M)―10:40広島
広島11:26―(3834D)―11:49下深川

山陽本線で広島へ行って、芸備線のうち初乗り区間となる広島〜三次間に乗るが、芸備線の三次行は5分前に出たばかりで、1時間以上待たねばならない。その前に途中の下深川行があったので、広島のような大都市の人込みの中に長い時間いたくないし、知らない駅に用もなく降りてみるほうが性に合っているので、キハ47の2両編成の列車で下深川(しもふかわ)まで行った。知らない町の知らない駅では、特別なものがなくても1時間くらいなら退屈せずに遊べる。このときは、少し田んぼ沿いの道を歩いて、古い民家の外壁に琺瑯看板などを発見して撮影したり、広島行の列車を撮影して三十数分を過ごした。

下深川12:27―(1858D)―13:47三次

そのあと三次行に乗ったが、これもキハ47の2両編成であった。三次に来たのは10年ぶりで、そのときは芸備線を今回とは逆のほうから乗ってきて三江線に抜けているので、これで芸備線全線がつながって完乗になった。
三次に着いて20分もすると、私が広島を出た2時間後に発車した急行みよし4号が追いついた。単に効率よく乗りつくすだけなら急行や特急に積極的に乗るべきで、それが有効な「輸送手段」となるが、キハ40のような車両であれば普通列車のほうが乗っている時間が多く、停車駅も多く楽しめる。もっとも持っている「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」では急行には乗車できないから負け惜しみでそんなことを言っているだけだろうと言われれば、否定はしない。キハ58による急行はこのころには貴重品になっていたのだから。
画像


三次14:39―(1730D)―16:20府中
府中16:23―(562M)―17:01福山

三次では、塩町から福塩線に直通する府中行に乗り換えたが、すでに国鉄型の車両ではなくJR世代のキハ120が運用されていた。
画像

私からすればキハ40のほうが好みだが、存続していくためのコスト削減でありやむを得ない。廃止されずに残っていてくれることに感謝をしなければならない。府中からは電化区間で、この旅で初めての国鉄色の車両に乗ることができた。湘南色の115系。
画像

これで福山に出るとこの旅で乗るべき旧国鉄の未乗線区は乗りつくしたことになる。

福山17:03―(5362M)―18:02岡山
岡山18:28―(ひかり172号)―20:29名古屋
名古屋20:34―(3177M)―21:01高蔵寺

この日で、中国地方の旧国鉄線の未乗線区が完乗になり、JR西日本の未乗区間は、和歌山線の王寺〜高田間と、博多南線の博多〜博多南間を残すだけになった。(博多南線は国鉄時代に駅はなかったが、線路はあったので乗るべき線区に算入した。)

この2日間で初乗りした区間
呉線 三原〜海田市 87.0km
可部線 横川〜三段峡 60.2km
錦川鉄道錦川清流線(旧国鉄 岩日線)川西〜錦町 32.7km
(宮島航路 宮島口〜宮島)
芸備線 三次〜広島 68.8km
福塩線 福山〜塩町 78.0km




それでは、また来月更新(11月6日を予定)します。それまでごきげんよう(^.^)/~~~

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
しなの7号様こんばんは
可部線は国鉄時代に踏破しました
路線的には可部までが楽しく非電化の三段峡までは開業が近年で路盤も立体交差のもので味気なかったです
樽見線の当時の終点の美濃神海や高千穂線の日之影以遠など同じようなものも乗っても面白くなかったです
宮島航路は自分的にはフェリー専用の宮島駅の入場券が存在したことですか
フェリーどころか当時は全国乗車券も発売されていて鉄路の一体感が感じられました
今はどうなのでしょうか?
ヒデヨシ
2017/10/06 03:23
ヒデヨシ様 こんにちは。
なにぶんにも、可部線部分廃止の1年前という状況下で乗っていますから、乗っている者の心持が国鉄時代とは違うということも影響すると思いますが、可部から奥も、高千穂鉄道や樽見鉄道のように長大トンネルが連続するわけでもなくて、私としては楽しめる線でした。元私鉄買収区間が旧国だったら、また違った感想を持ったことでしょう。
宮島駅には「JRきっぷ売場(定期券・指定席券)」「JR連絡船のりば」の文字があったことには鉄道との一体感が感じ取れましたが、18きっぷでしたから窓口も覗かず券売機にも触れていません。その後宮島連絡船はJR西の子会社化されたようですので、一体感は薄れているのでしょうか。
しなの7号
2017/10/06 10:13
しなの7号様こんにちは
連投失礼いたします
可部線乗車当時、電化区間は緑色の車体色にオレンジの前面警戒色の72系でした
非電化区間はキハ23か53だったと思います
気動車で線内全線とおしの運用もあったはず
可部駅の広い構内に数両の気動車と貨車が留置されていた記憶があります
可部以遠は当初から貨物営業はなかったようです

御庄駅のコキフx2
ヨ8000製作時に車掌車の乗務人員がヨ6000と同じ2名でしたらこの形に狭いコキフ同様デッキで登場したかもしれませんねえ
ヒデヨシ
2017/10/06 13:47
ヒデヨシ様 こんにちは。
先月「瀬野八」の記事を書きましたが、そのとき瀬野八で緑色にオレンジの前面警戒色のクモハ73を先頭にした3両編成が来ました。

私が可部線に乗ったときは、電化区間には車両の送り込み運用と思われる気動車列車が1往復設定されていただけでしたが、三段峡までの直通ではなかったと思います。さきほど可部線の機関車について1967年ごろの書籍を紐解いてみましたら、C11が非電化区間の加計まで入り、客・貨で使用されていたみたいでした。ついでにそのころの時刻表を見ますと、可部〜加計間にはDC列車に混じってPC列車が1往復あったことがわかりました。混合列車かどうか不明ですが、加計駅までの貨物扱いはあった可能性が高いです。その時刻表では加計が終点になっていて???…と思ったら、まだ三段峡までは未開通でしたw 

ヨ8000のデッキは無駄に広々としてましたから、コキフの乗務員室を背合わせでフレームに取り付けると違和感がないかもしれませんね。
しなの7号
2017/10/06 14:28
しなの7号様 こんばんは。
旅行気分で出かけたときにやってくる105系は、自分の中では相当ながっかり車両だったりします。
伯備線も民営化以降、ワンマン化のためか岡山⇔新見の通しの列車が備中高梁乗り換えになり、そこから新見までは105系やキハ120単行になったことがあります。都会を抜け出してローカル線に乗りに来ているのに、ここでもロングシートであることに脱力し、これならやくもに乗ればよかったと何度思ったことでしょう。

いま、向日町に大阪環状線色の103系が留置されているのが見えています。前面が高窓型のまだじゅうぶんきれいな車両ですが、これからどうなるのでしょうか。
やくも3号
2017/10/06 20:57
しなの7号様、こんばんは。
中国地方には芸備、姫新線という陰陽連絡というより東西方向中骨のような線により、一筆書きの一筋縄では乗りつぶせないエリアですね。宮島航路は広電グループ便と交互運航なのですか。
私が三段峡まで踏破したとき、広島までの帰路は高速道路経由のバスでしたが、中乗り車体で吃驚しました。
出張で新岩国から新幹線に乗ったとき、接続時間帯の錦川鉄道の列車がなくてJRバスで移動したのですが、新岩国は出改札一人体制なのも吃驚、宮脇氏が時刻表2万キロで岩徳線御庄駅から乗り換えらるか心配されていましたがすぐ横で、最初からわかれば問題ない位置関係にも思えました。
NAO
2017/10/07 00:52
やくも3号様 こんにちは。
伯備線にも105系やキハ120単行がありますか… 急いでなくても特急に乗れと強要されているみたいですね。先日下呂へ行きましたが、もとより特急を利用する気がないものですから、ロングシートだったらいやだなとの思いもありまして高山本線でなく自家用車で。。。
大阪環状線の103系引退のニュースは意外にもTVの全国ニュースで報じられましたね。来月、期間限定で京都鉄道博物館での展示があるそうですから、それまで留置なのでしょうが、その後は如何に? 
しなの7号
2017/10/07 13:52
NAO様
芸備線、姫新線、可部線といったキハ40が単行で走る線区に、付かず離れず大動脈ともいえる中国自動車道があることに、乗っていて鉄道との落差を感じました。都市直結の高速バスもあるのなら、鉄道の存在意義に疑問符が出てきますね。
新岩国駅と錦川鉄道乗り換えルートも当たってみましたが、接続その他の点で成案が得られませんでした。25000分の1の地図くらいしか情報がない時代、宮脇氏も現地の様子がわからず不安があったのでしょうけれど、今では情報がありすぎで(怪しい情報もありますが)安心でもあり、反対に旅の醍醐味が薄れるということもありますね。
しなの7号
2017/10/07 13:53
お疲れ様です。新人教育もありご無沙汰いたしました。懐かしい0系新幹線のお写真のUPありがとうございます。私の中で新幹線と言えばやはり0系なんです。修学旅行も0系でしたからでした。私は呉線、可部線が未乗なのでいつか乗りたいです。福塩線は完乗しています。非電化区間はキハ120に1回乗っただけですが電化区間は3回ほど乗ったものの115系ではなくて105系でした。
鉄子おばさん
2017/10/11 09:48
鉄子おばさん様 こんにちは。
自分も新幹線は0系世代で、車内放送のオルゴールも国鉄時代のが一番のお気に入りです。
乗りに行った線区で乗車した車両(EC115系か105系・DCキハ40かキハ120か)によって、その線区のイメージそのものが大きく変わってしまいますね。
こんど広島に行ったら可部線の復活区間とアストラムラインに乗車したいです。
しなの7号
2017/10/11 13:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
【829】 乗り鉄12か月…2002年10月 広島・山口県下の旧国鉄線 昭和の鉄道員ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる