昭和の鉄道員ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【842】 切符を失くしたとき

<<   作成日時 : 2018/01/08 06:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 14

【806】車内の遺失物」そして「【808】変な忘れ物」と、昨年2週続けて忘れ物の話をしてきましたが、旅行中大切な切符をなくしてしまうことも、ときにはありますね。私は、東京都内のどこかで、名古屋市内着の乗車券を落としたのが最高額の切符紛失事例で、このときは結局発見に至りませんでした。
切符を紛失したときには、どうしたらよいかということは、時刻表の営業案内のページに書いてあります。要するに紛失したのと同じ切符を買い直し「紛失再」の表示がある切符を発行してもらいます。下車駅ではその切符は改札で渡してしまわずに、その切符に「再収受証明」を受けて持ち帰れと言う意味のことが書かれています。1年以内に紛失した切符が発見されたら、再収受証明がされた切符と一緒に駅に持っていけば、手数料を差し引いて払い戻しを受けられるという取り扱いです。これは定期券や回数券のほか多くの割引切符では適用されません。私の場合は、長距離に乗車する場合、金券ショップの切符や企画切符を買って乗ることが多く、まともな運賃で乗ることが少ないので、あまり関係がないのですが、それでも高額な切符や、変わった切符を購入したら、撮影しておき券面事項が特定(確認)できるようにしています。もっとも主目的は、自分が使った切符の収集に代わるもので、画像で保存しようというだけのことです。
画像


当然ですが、車内で紛失されたお客さんに新たな乗車券を発行するケースも稀にあるので、車内補充券で発行する場合は事由欄「紛失」として発売することになっていました。下の例は、木曽福島までの切符を紛失した乗客が、塩尻まで乗り越したいとの申告した場合を想定した記入方です。
画像
上の画像は、国鉄時代に車内補充券で発行された状態を再現したもので、実物ではありませんが、駅の出札(改札)補充券で発券された本物が手元に残っています。
画像

本来ならお客さんの手に渡るべきもので、車掌の手元に残るべきものではないのですが、私の手元にあるわけを説明します。
このお客さんは、名古屋で購入した武豊線の石浜まで290円区間の金額式乗車券を東海道本線の電車内で紛失され、武豊線乗換駅の大府駅で申し出てこの乗車券を買ってから、私が乗務する列車に乗りました。石浜駅は無人駅ですから、車掌が乗車券を回収します。そのお客さんがこの切符を私に差し出して、そのまま立ち去ろうとされましたから、呼び止めて
「お客さん、この切符は再発行のですから、このままお持ちになって…」
と言いかけたところ、
「大府まで乗っとった電車で窓開けとったら、風で吹いて行っちゃっもんだで大府の駅でそう言ったら、この切符を作ってくれて、払い戻しの説明も聞いたけど、どう考えても絶対見つかるわけがないわなあ。もういらん!」と言ってそのまま行ってしまわれたのでした。
回収した乗車券類は車掌区へ帰ったら所定の回収箱に入れて、局の審査課に送られることになっていたのですが、こういう切符を回収箱に入れたら、
「誰だ?紛失の切符を回収した奴は! これはお客さんに持たせんといかんだろう。そんなことも知らんのか!」と言われることは明らかで、まだ1年にも満たない車掌経験の私が、お客さんがいらないと言ったと説明しても信用されない可能性が高く、車掌区で見つけられなかったとしても、その切符を見た局の審査課では「この車掌区では、紛失の取扱も指導徹底していないのか!」となるでしょう。
「もういらん」とはっきりそのお客さんから意思確認したので、万が一の事態に備えて、払い戻し可能な1年間は自分で保管しておいて、その後は破棄してしまおうと思ったのですが、当然何事も起きるはずもなく、退職後に自分が仕事で使った書類の中から出てきたものです。
なお、当時の払い戻し手数料は200円でしたから、払い戻しの請求があったとしても、90円しかお客さんの手には戻りません。それにしても、固定窓の車両が大多数になった今、乗車券が風で吹いていってしまうことなど、そうあるものではないでしょう。実際に走行中の列車の開いていて窓から切符が飛んでいってしまったのに、発見されたケースを知っています。どういうことかというと、その乗車券は同じ車両の後方の開放された窓から、また車内に戻ったのでした。
紛失のケースとしては、座席など車内のスキマに切符を落っことしてしまい、気が付かないことがありますし、紛失とはちょっと違いますが、スキマに落としてしまったことはわかっているが取れなくて困ることは、時には起こります。4人ボックスのクロスシートならフトンを取れば拾えますが、2人掛けの転換クロスシート肘掛の下部など狭いところに入ってしまうと厄介です。
こういうことを書いていて、思い出してしまったのは、かなり前にある方からのコメントで、駅員時代に若いきれいな女性が下車駅で丁重な態度で切符をなくしてしまったとの申告があり、「その場合はもう運賃を一度いただかなくてはいけないのですが・・・」と伝え、これから気を付けてくださいと言おうとした瞬間、鬼のような形相になり「そんならええわ!」と小銭を投げつけたという事例です。(投稿者様、勝手に引用させていただきましたがご容赦ください。)
切符は下車駅まで紛失しないように気を付け、そういうことで乗務員氏や駅員氏の手を煩わせることがないようにしたいものです。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
最近出張に行かなくなったので中部地方ではどうなのか不明ですが、関西と関東では輸送事情、金銭感覚の違いからかICカードの普及率が違うようですね。私は通勤以外では乗車券購入派で、関西の場合、自動改札に切符を入れようとしてIC専用改札機に当たるとババを引いたみたいな感覚になるのですが、関東だとIC専用改札機が幅を利かせ過ぎていて、切符投入可能な改札機を探すことがよくありました。首都圏では切符紛失の事例が少なくなったのではないでしょうか。
事由欄「紛失」、原券欄種別「不明」記入は初めて見ました。今まで何度切符を買ったかわかりませんが、券のサイズによって切符を身に着ける場所を決めているからかもしれません。よって再収受証明の手続きを踏んだことがありません。もっとも最近は私も定価購入は少なくなっていて、JR西日本では昼間割引回数券を無くす予定と発表があり、これは痛いところです。
私が改札氏でそんな美人が来られたら、「どうぞ、どうぞ」と素通りさせて、あとで部内で叱られるというオチになったかもしれません(笑)。冒頭、「本来なら」と付け加えておけば落ち着いて聞いて下さったかも。
NAO
2018/01/08 11:50
NAO様 こんにちは。
紙乗車券だと回収されてしまいますので、私はなるべくICカードを使うほうで、あとで履歴印字して、いつどこに行ったかわかるようにしています。通勤定期はたいてい6ヵ月購入していましたが、会社には紛失を考慮して、割高でも必ず1ヵ月ずつ買っている人もおられました。私は必ず胸ポケットに入れましたから、高校生時代からこれまで定期券を紛失したことは一度もありませんが、ほかの切符はおっしゃるように大きさが違うことがあって、しまうところが定まらず、時には着駅で降りる直前に焦ることが今でもあります。

今、全国の鉄道事業者が共同で『見逃しません!その暴力、犯罪です!』のポスターを車内や駅に掲出していますが、力の暴力でなくても無理難題を押し付けたり、クレーマーの存在、暴言などは日常的にあるでしょうから、接客仕事では悩みの種だと思います。鉄道事業に限ることではないですし、こういう風潮はなんとかならないものでしょうかね。
しなの7号
2018/01/08 14:23
しなの7号様こんばんは
先日JR西で大津から乗車、京都で降りましたが
なんと切符をなくしてしまいました。
確か170円でしたがお金を払い
その時、たとえ紛失した切符が出てきても返金はいたしませんと言われました。
3年位前、名古屋市地下鉄でも200円区間の切符を無くした事がありますが
改札氏が証明書を書いてくれ
たしか東実であれば返金しますとの扱いだったようです。
もちろん切符は出てきませんでその後は判りません。
あっ!土日エコも無くしてまた買ったことがあるなあ。
ヒデヨシ
2018/01/09 01:23
しなの7号様、こんばんは。
きっぷの紛失経験は一度もありません。

しかし…
前もって購入しておいたきっぷ、旅行当日に持って出るのを忘れてしまい、駅に着いて『しまった!忘れたぁ!』慌てて自宅に猛ダッシュで取りに帰った事はあります。

きっぷがポケットに入っていない。『うわ、どこ行ったぁ!』確かポケットに入れたのに…実は思い違いでカバンの中に入れていた、なんて事も経験あります。

今年の仕事初めは悲惨です。
初日(6日土曜):仕事で使用する防寒具を車内に忘れる。
2日目(7日日曜):ダイヤが乱れタクシー通勤を余儀なくされる。
3日目(8日月曜成人の日):平日ダイヤと勘違い、会社到着が予定より15分遅れる。
1日たりとも、きちんと出勤できていません。はぁ
はやたま速玉早玉
2018/01/09 01:32
ヒデヨシ様 こんにちは。
大津〜京都くらいの短距離の乗車だと、手に切符を持ったまま乗車されているケースも多かろうと思います。たまたま空席があり窓側に座ったりすると窓枠のところについ置きっぱなしとかありそうですね。私は空席がないときで座りたいときは、手に切符を持って座っている人のそばの通路で待機します。あと、中央西線下り列車では東濃弁でしゃべっている人のそばは避け、名古屋弁でしゃべっている人のそばで待機するなどしていましたが、最近の車内では方言を使う方が減り、それ以前に声高にしゃべる方自体が減り、さらにICカード乗車券の普及で紙乗車券を持つ人も減りましたので、そういう方法も全部役に立たなくなりました。

私の友達で親切な人がいて、名古屋市内を土日エコで利用した後には、地下鉄下車駅で、券売機で切符を買おうとしている人に「これもういらんで、あげるから使って!」と差し上げています。若い女性優先だそうです。
しなの7号
2018/01/09 11:33
はやたま速玉早玉様
定期券を家に置きっぱなしで出勤し、駅でそれに気が付くことは以前よくありました。そういうこともあるという前提で、いつも早めに家を出て、気が付いてUターンしても出勤時刻に間に合うようにしていました。そのため出勤時刻まではいつもは時間的余裕がありましたから、あえて会社の最寄り駅で列車から降りずに、一つ手前や一つ先の駅で降りて会社まで毎日のように経路を変えてウォーキングをしていました。(定期券はいつも一駅先まで購入していました。)
車内に物を忘れたことは、以前に書いたように小学生のときに母の買物袋を忘れたときに懲りたので、以後ほとんどなく、傘を1本忘れたことがあるくらいだと思います。基本的に鞄以外は持たないようにして、傘は折畳みにして、余分なものはすべて鞄に詰め込むように心がけて、不注意で忘れっぽい性分をカバーしています。
しなの7号
2018/01/09 11:41
しなの7号様 本年もよろしくお願いいたします。
自営になってからは徒歩通勤になりましたし、JRや私鉄・地下鉄に乗るときでもSUICAアプリのおかげでそのままスマホを改札機にかざして乗るようになりましたから、大変便利で、切符を買うことがほとんどなくなってしまいました。
でも、子供のころから
ノートを取りなさい→ノート忘れました
カバンに入れておきなさい→カバンを間違えました
な自分ですから、いざスマホ自体が見つからず焦ることが多いです。(たいてい車の座席下にころがってたりしますが)

そういえば、中学生のとき、ポケットに入れたはずの切符が無く、探しましたら履いている靴の中から出てきたことがありました。ポケットが破れてそのままズボンの中を通り、靴の中に落ちていたのでした。駅員さんに『手品師か?』といって笑われました。
やくも3号
2018/01/10 12:17
手品師やくも3号様 こんにちは。
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。
モバイルSuicaは未導入です。と、いうのも記念ICカードをこれまでかなり買い込んでしまい、10年で失効する前に使ってしまおうと、近年はそれをせっせと使っています。つい先月も未使用の2008年3月発行のカードが出てきて初使用したところですが、なにぶんにもこの数年は鉄道利用も少なくなりましたので、まだ残額があります。10年は案外早いですが、今年中に日常的に使うカード以外は残高0にできる予定です(*_*; 
スマホも自分のクルマの中なら、忘れてもまあいいのでしょうが、よそで失くしたり壊したりすると、日常生活に支障が出まくるので、リスク分散も必要ですね。
クルマに関係する忘れ物で思い当たるのは、40年くらい前、買ったばかりのクルマを土足禁止にして裸足で運転していたことがありまして、乗るときに駐車場で靴を脱いで駐車場にそのまま置きっぱなしにしたことがありました。クルマから降りるときになって気が付いて戻ったら、田舎のことゆえ広い駐車場にポツンと靴が脱いだままの状態で残っていました。
しなの7号
2018/01/10 19:32
こんにちは。過去何度かお邪魔させていただいている、石橋そーけんと申します。
「切符をなくす人なんておらんがなー」と、大木こだま風にツッコんで読ませていただいていたところ、定期をなくしたことのある自分を思い出しました。
今は電車・定期と無縁の生活をしていますが、東京勤務のころは定期券で通勤しておりました。ある日の帰りだったと思いますが、定期がない・ナイ・無いー!机周りを探したが見つからず、オフィス内、はては行った先々まで聞いて周りましたが、「届いてないですねー」の返事。初日は切符を買っていましたが、長丁場になりそうなので回数券を購入して通勤していました。
そんな中、立ち寄り先の一つ、親会社の本社には聞いていないのを思い出しました。ただ、資料提出に短時間滞在しただけなので、ある訳ないよなという気持ちもありました。そしてどこに問い合わせればよいかわからなかったので、先輩の紹介で知り合っていました、親会社の本社に勤める女性にメールをして関係所に問い合わせてもらいましたところ、あっけなく「あるそうですよ」の返事が。メールの最後には「(自分の名前)さんて意外にXXXですね(笑)」的なコメントが…。こうして私の回数券生活は4日で終了し、定期も無事手許に戻ったのですが、こんなことがあったからかなかったからか、本社の女性とはだんだんご縁がなくなり、「お友達」以上には発展することはできなかったですね。
これは切符のうちに入るかわかりませんが、某夢の王国の「パスポート」をパーク内で失くしたことがあります。今は全員がパスポートを持っているのでチェックはなく、乗り物に乗れないことはないのですが、ファストパスが取れなくなるので、今の嫁さんにむっちゃ怒られたことを、今思い出しました・・・。
石橋そーけん
2018/01/12 10:00
石橋そーけん様 こんにちは。
完璧な人なんていませんよ。
忘れ物とか失敗をしたことから、新たな出会いのきっかけが生まれることだってあるし、長い人生、何が吉と出るかわかりません。

自分の亡父は80歳を過ぎたころから、落し物がふえました。実家に帰ると、「〇〇から電話があって落し物を預かってもらっているから、取りに行ってくれ」ということが幾度もありました。自分もそうなりそうなので心配です。
しなの7号
2018/01/12 16:58
お疲れ様です。年末年始にかけては検査結果も異常なくもうよくなったのですが母が体調を崩したりと公私にわたってバタバタしており今ようやく落ち着きました。今年もよろしくお願いいたします。主要駅では右向いても左向いても切符が落ちています。何回届けたかわかりません。レジをしている時フレンドリーなお客様に「有価証券落としたらダメですよ」と言った事もあります。自分のした失敗に関しては再発防止策を考えるのですが折り畳みではない傘は雨がやむと持たずに帰ってしまいます。その癖がいまだになおりませ。小学校の時何日も学校へ置きっぱなしにしていて土曜日の一斉下校のに時前に取りに出さされて担任の先生に怒られました。
鉄子おばさん
2018/01/20 08:34
鉄子おばさん様 こんにちは。
とりあえず、落ち着いたようでよかったですね。娘は親に頼られる存在なので、大変でしょうがよくしてあげてください。なかなか嫁には頼みにくいようなので…

駅によく落ちている少額の乗車券は、不正乗車で捨てていったものの割合がけっこう高いような? 

けっして偉そうには言えませんが、忘れ物の防止策は、持ち歩くものを減らしたうえで、常時持ち歩くものは収納する場所を決め、鞄はショルダーバッグやリュックを用いて手ぶらが一番だと思います。そして指差確認の励行。
しなの7号
2018/01/20 11:39
しなの7号様こんばんは。
早いもので今年ももう20日ですね。遅ればせながら今年もよろしくお願いいたします。
美女が鬼に…はてどこかで聞いたお話ですね(笑)25年以上前なので白状すると、当時の私は紛失の申告があると「よく探してみてください」と言って相手の様子を見て「気をつけてください」とほとんど頂きませんでした。「何で2回も払わんといかんのや」とか「お前んとこ高すぎる」などと逆ギレされたときは「規則ですので」で頂いていましたが…。当時は担当係員の裁量が暗黙の了解で認められていましたが、現在は個人カードによりどの時間誰が担当したしたかわかるので昔のようにはいかないと思います。
私の大失敗は北海道ワイド周遊券を洗濯してしまったことです。ポケットに入れたままだったのを思い出し取り出しましたが、時すでに遅しボロボロになっていました。テープでつなぎ合わせ駅の窓口で再発行を申請しましたが、もちろんダメで予定ルートの片道切符を購入した苦い思い出があります。
門鉄局
2018/01/20 19:19
門鉄局様 こんばんは。
こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。
まずは、無断の引用についてお詫び申し上げるとともに、黙認していただいた?と勝手に解釈させていただき、併せてお礼申し上げます。

お客さんは十人十色。起こる事例も似ているようで違っていたり。乗車券の紛失に限りませんが、それぞれの状況に応じてある程度の裁量をもって解決することも大切だと思います。マニュアルに忠実すぎても「屁理屈こねて!」と暴力に発展したりしますし厄介ですね。
北海道からの再購入はつらいですね。旅先の失敗と言えば、前にもどこかで書いたのですが、四国の海辺で滑って下半身海中にハマって水浸し。ポケットに入っていたMDプレーヤーと買ったばかりのデジカメがパーになったことがあり、損害額はたぶん往復の旅費分くらいだったと思います。そのときは周遊券を財布に入れていてびしょぬれでしたが、紙幣と一緒にホテルのドライヤーで乾かしました。
しなの7号
2018/01/20 21:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
【842】 切符を失くしたとき 昭和の鉄道員ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる