昭和の鉄道員ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【32】 鉄道あちこち訪問記2:国鉄越美南線(現長良川鉄道)後篇

<<   作成日時 : 2010/07/06 06:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 2 / コメント 4

前回の越美南線乗り鉄後3年、分割民営化も現実味が出てきたころのことです。
国鉄は赤字解消のため、貨物営業などの縮小が相次ぎ、遊休車両や余剰人員と言われた過員が出てきました。

そういう車両や人員を活用して各地で様々なイベントや臨時列車が運転された時期、この越美南線では、名古屋鉄道管理局では初めての試みとして美濃太田から美濃白鳥の間でトロッコ列車が運転されました。

機関車は明知線(現明知鉄道)の貨物列車廃止で職を失ったDD16
トロッコ車両は、貨物縮減で職を失ったチップ輸送用のトラ90000
客車は関西本線の電化で職を失ったオハフ46

いずれも本来の職を失った車両たちの第二の舞台となったのでした。

このときは撮り鉄で、自動車で美濃白鳥へ向かいました。
画像

美濃白鳥駅到着後のトロッコ列車です。トロッコ列車というより、DD16が旧型客車を牽くことと、ふだんはディーゼルカーしか運行されない越美南線に機関車牽引の列車が走ることに惹かれました。
画像

入場券も手に入れました。

走行中の姿はこんな感じです。
画像

美濃相生(現相生)〜深戸の撮影です。現在は通称トリプルトンネルのあるあたりです。
その後第三セクター化でこのトロッコ編成は飯田線に転用されてしまいましたが、のちに長良川鉄道が新編成で復活させました。除雪・保線用動車と旧国鉄のヨ6000、ヨ8000、トキ25000の組み合わせで美濃市〜美濃白鳥間の運転でした。
画像

画像

これは美濃市駅での撮影です。当日はまだ幼稚園に通っていた子供2人を連れて家族4人での乗り鉄で、美濃市までは自動車で来ました。
トロッコ列車は人気があって、あいにく当日券は下り列車は完売で、上り列車しか指定券が取れませんでしたので郡上八幡までは普通列車のディーゼルカーで行き、帰路のみトロッコ列車という行程になりました。
画像

画像

特筆されるのは自分が乗務した緩急車「ヨ」が原形をよくとどめていたことです。特に車内の形式番号表記はヨ8XXXと国鉄時代のままで、椅子や事務机もそのまま残されていました。とても懐かしかったのですが、車内の写真が見当たりませんのでアップできません。
ビデオテープからのキャプチャー画像ですが、元ヨ6000です。
画像

最後尾のヨ8000のデッキに立ち、長良川の鉄橋を渡るときの川風の気持ちよかったことは今でも忘れられません。
画像

一般の乗客が乗れる車掌車ということでは貴重なものでしたが、後年脱線事故を機に長良川鉄道のトロッコ列車は廃止されてしまいました。

JR北海道のSL列車には今でもヨ3500が連結されているものもあるので、乗客として車掌車に乗車することは不可能ではありません。

※このあとは列車掛の話に戻る予定です

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【185】 乗務した車両:ヨ6000・ヨ8000車掌車
ヨ6000はヨ5000の後継車で、1962年(昭和37年)から1969年(昭和44年)までに新製されています。 ...続きを見る
昭和の鉄道員ブログ
2011/07/18 05:50
【219】 鉄分補給2011.11.13:美濃太田車両区
昨日11月13日、JR東海の美濃太田車両区へ行ってきました。 JR東海のウォーキングイベントである「さわやかウォーキング」で、この日は「美濃太田駅開業90周年記念 みのかも文化の森と美濃太田車両区見学」というコースが設定されたのでした。 ...続きを見る
昭和の鉄道員ブログ
2011/11/14 07:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは^^

国鉄時代から運行されていたのですね^^
旧客とトロッコ車両の組み合わせが、今見るとなんて贅沢な〜 w( ̄o ̄)w
乗るなら両方楽しめる、撮り鉄も面白い感じですね。
第三セクター後のトロッコ列車も個性ありすぎです(笑)
でも、こちらも妙にそそる編成で屋根の凸凹具合がいいです。
JRから車両を借りてでも、トロッコ列車を復活して欲しいですね^^
貴重な当時のきっぷも見ることが出来、ありがとうございます。
hmd
2010/07/06 19:26
いつもコメントをいただきありがとうございます。

長良川鉄道にはトロッコ列車が似合います。速いだけの列車や高速道路の自動車とも違ったトロッコ列車。ここも含めて東海地方で復活しないかなあと思っています。

ここで紹介した国鉄当時のトロッコ列車が飯田線に活躍の場を移したあと、やはり家族そろって乗りに行きましたが、このときも指定席は完売でしたので、当時自由席として乗車できた旧型客車に乗車しました。私は旧客に乗れれば、まあ満足でしたが子供達には大不評でした(当たり前!)
しなの7号
2010/07/06 21:11
しなの7号さん、こんばんは!

越美南線のトロッコ列車は、全然知りませんでした。
一般の方は、元貨車のトロッコ列車の方に興味を持たれるのかもしれませんが、DD16が旧型客車を引いているのも鉄道好きには、たまりませんよねー。


長良川鉄道のトロッコ列車の、ヨはかわいくペイントされていたんですね〜。

一般のお客さんでも、ヨに乗る事が出来たなんて、うらやましいです〜。
(^O^)


先程、僕のブログにコメントをいただいて、本当にありがとうございました。
アルヌー
2010/07/06 21:26
アルヌー様 いつもコメントいただきありがとうございます。
あの時期(昭和60年)でも旧型客車は珍しかったです。翌年の運転では客車の車体にいろんな絵がペイントされたはずで、外見はこのときの写真よりかわいくなったはずです。
長良川鉄道になってからのトロッコの機関車は、転車台なしで自分でジャッキアップして方向転換できるものでした。機関車というよりはモーターカーというほうが、似合ってるかも。

しなの7号
2010/07/06 21:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
【32】 鉄道あちこち訪問記2:国鉄越美南線(現長良川鉄道)後篇 昭和の鉄道員ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる