昭和の鉄道員ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【71】 乗務した車両:103系電車(1)

<<   作成日時 : 2010/09/22 05:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 8

国鉄時代の中京地区では、首都圏や関西圏での使い古した中古車両が多く運用されていました。中央西線を例に挙げれば、電化されたときは中央西線電化完成置換え用として113系が発注されますが、その新車は横須賀線に投入され、横須賀線の新性能化がはかられます。実際に中央西線に投入されるのは、横須賀線で不要になった70形電車であるわけです。

中京地区の103系も同様で、それまで走っていた72形(これも中古でした)の取替用として、昭和52年に首都圏でATC化に対応した新車の103系が投入され、そこで不要になった103系初期車が転属してきたのでした。

画像

首都圏に新製配置されたATC対応車は上の写真のように高運転台でした。
(この写真はすでに山手線や京浜東北線での役目を終えて、川越線に転用されたあとの撮影です。川越線初乗りのときに行き違い待ちのホーム上で撮影したものです。)

以上のような経緯で中京地区の103系は低運転台なので,このATC車とは顔がちがいます。
画像

上の写真が中央西線 新守山〜勝川間の103系電車です。

国鉄時代の中央西線では当初6両または10両編成で運用されていました。元の線区の色のまま、黄緑色と水色の車両が混じっていましたが、私が乗務するころには水色に統一されていました。
画像

写真は転属から間もない頃の混色編成です。名古屋駅での撮影です。

中京地区での103系使用線区は、国鉄当時に限って言えば、並行する私鉄がなく朝夕の混雑が激しい中央本線だけで、トイレがないことから名古屋〜釜戸間に限定されていました。使用に際して前面窓にデフロスタ、助士席側にワイパーが設置され、乗務員室も客室も暖房が強化されました。今、気が付きましたが上の写真のクハは、まだ助士席のワイパーが取り付けられていないようです。色も黄緑色のままですから、これらの改造は徐々にされていったのではないかと推察します。
中京地区の103系のもうひとつの特徴は、先頭車のみ行先サボ受けがドア付近に取り付けられたことです。そのため正面の字幕は使用されず、白表示のままでしたが、のちに「中央線」の文字が書かれたステッカーが字幕窓ガラス上に貼られました。字幕が使用され始めたのは民営化が間近に迫った61年11月ダイヤ改正時からでした。

<<次回に続きます>>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
しなの7号さん、おはようございます!
川越線の103系懐かしいです〜(^O^)
電化後にも乗りに来られたんですね。
低運転台の103系には乗った事が無いですが、秩父鉄道で101系に乗りました。顔は同じ感じですよね。
川越線の写真は、武蔵高萩駅ですか?違うかな〜?(^_^;)
103系にサボがあった事は知りませんでした。
色違いの103系が繋がっているのも面白いですね。
中央西線に横須賀線の中古車が使われていたなんてビックリです。しかも70系なんて!
アルヌー
2010/09/23 06:09
アルヌー様 こんばんは。
いつもありがとうございます。

103系のATC車の写真探してましたら川越線のがありましたので、UPしてみたんです^^

同じ103系なのに新車が中古車を追い出すことになったわけです。
川越線の写真、あいにく撮影した駅はわかりません。川越〜高麗川間であることは確かですが…
サボを使用したのは神領車だけではないかと思います。どういう意図なのかわかりませんが、クハとクモハだけにサボ受けが付けられていたんです。

しなの7号
2010/09/23 20:08
しなの7号さん、こんばんは!
川越線の写真ですが、川越−高麗川で確かならば、写真の駅は武蔵高萩駅で間違いないと思います。
川越−高麗川間で列車交換が出来る駅は的場駅と武蔵高萩駅の2駅だけなんですが、的場駅は島式ホームで線路の両脇は住宅が隣接して建っているので、写真の様に視界が広がっていません。
線路の砂利や枕木が綺麗で新しそうなので、電化直後の頃でしょうか?
僕は川越線の103系の写真を持っていないので、懐かしく拝見させて頂きました。\(^o^)/
アルヌー
2010/09/23 23:24
アルヌー様 おはようございます。
ご教示ありがとうございました。まったく駅名がわからなかったので助かりました。

先頭車に乗っていて、行き違い待ち中に103系が見えたので、とっさにホームに降りての1枚でした^^;

そのため駅のことは覚えていません。1996年11月9日の撮影です。このあと八高線を抜けて青梅線に移動しました。
しなの7号
2010/09/24 07:16
しなの7号さんこんにちは。
写真に写っている103系は昔の
山手線ですよ。懐かしいなぁ!
首都圏で現役引退して
中央西線で活躍していたのですね。
全く知りませんでしたよ。
たこすけ
2010/09/24 10:26
たこすけ様
こんばんは〜
いつもありがとうございます。

名古屋駅の黄緑色の103系、正面をよく見ると正面窓下の部分が長方形に塗装が少し濃くて、この部分だけ日焼けしていないんです。この長方形は[横浜線]と書いてあったプレートの跡ではないかと私は想像しています。横浜線に流され、さらに流れ流れて中央西線でしょうか?
しなの7号
2010/09/24 21:36
おはようございます^^

小学生の頃、中央(東)線快速の103系が高運転台になり「格好いい!」と感じた思い出があります^^

横浜線は地元なのですが、当時72系などのチョコ電に混じって103系低運転台が走っていた様な気がします。
その後、新型が投入された山手線などから大量に転属車が運転されるようになり一時期は4色混合というカラフル電車(赤・青・黄・黄緑)が走り見事?でした。
横浜線も専用の205系が投入されてからはすっかり見なくなりましたが、関西・中京方面に行ったのですね^^
103系のサボ受け改造も驚きました^^
hmd
2010/09/25 07:57
hmd様 こんばんは。
いつもありがとうございます。

横浜線、4色揃った編成があったのですか。
すごいです。中京地区同様、やはり山手線とかの中古車のたまり場の様相ですね。
しなの7号
2010/09/25 20:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
【71】 乗務した車両:103系電車(1) 昭和の鉄道員ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる