【180】 北恵那鉄道13:その廃線跡(11)中津町へ

この鉄道に関する直前の記事は 【178】 北恵那鉄道12:その廃線跡(10)木曽川鉄橋 です。


木曽川を渡り、続いて支流の中津川を渡った北恵那鉄道はその中津川に沿って谷間を走りますが、中津川市の中心市街地は目前です。
画像

上の写真の画面奥が下付知側で、沿う川は中津川。赤線部分が線路跡です。
線路はカーブして画面左端からは、そのまま鉄橋で中津川を渡ります。
この写真を撮った場所は廃線後にその鉄橋の直上に交差するように架けられた道路橋上です。写真左下にその道路橋の影が少し写っていますので、交差している位置関係がおわかりいただけますでしょうか。

上の写真の左上斜面に耕地と民家が見えますが、その辺りから現役時代の鉄橋を撮ったのが次の写真です。
画像

鉄橋はカーブしています。この直上に新たに道路橋が架けられているのです。同じ位置から撮るといいのですが、私有地のようでしたのでやめて、下のほうから撮ってみました。
画像

次の写真は道路橋の下(左岸上流側)から見た鉄橋です。
画像

道路橋の上から見下ろすとこんな具合です。
画像

この鉄橋を過ぎると製紙工場敷地の縁を回るようにして起点の中津町駅へ線路跡が続きます。
最終日に中津町駅のはずれから、進入してくる電車を撮ったのが次の写真です。
画像

下の写真が現況です。左には製紙工場の塀があります。線路跡は右に曲がっていき、お寺の下のほうにある雑草のなかへ入っていきます。
画像

この写真を撮った場所が中津町駅構内のはずれですが、のどかな雰囲気でした。電車は市街地を通らず、すぐに険しい谷に入っていったのがおわかりでしょうか。それは中津町駅が市街地のはずれの不便な位置にあったからです。

北恵那鉄道廃線跡の記事はあと1回、中津町駅構内を訪問(【182】北恵那鉄道14:その廃線跡(12)中津町駅)して終わりとなります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 京阪快急3000

    こんばんは。
    「北恵那鉄道」というローカル鉄道が、美しい景観をバックに走っていた情景が、何となく思い浮かぶような感じでした。
    最終回も期待しています。
    2011年06月30日 20:15
  • しなの7号

    京阪快急3000様 こんばんは。
    北恵那鉄道も起点駅中津町が目前です。
    いつもありがとうございました。
    あと1回でこのシリーズも終了です。
    2011年06月30日 20:29
  • くろしお1号

     こんばんは。
     ここも鉄橋の跡が残っているのですね。直交する道路橋の橋脚が、この貴重な廃線跡に気を遣っているように見えます。先日の木曽川橋梁と言い、鮮明な亡骸に心打たれるばかりです。
     さて、次回はいよいよ最終回とのことですが、なぜ北恵那鉄道は中津町という市街地の外れが起点だったのか、非常に興味が湧いてきました。単純に考えれば、国鉄中津川駅に接続していれば、更に多くの需要があったと思われますが…もし、このシリーズで既に解説いただいておられましたら、勉強不足で申し訳ありません。
     私たちの居住地から中津川と言うと、とても遠く思えてしまうのですが、名古屋を基準に考えるとそんな事はなく、近いうちにこれらの鉄橋跡を訪ねてみたいと思います。
    2011年07月01日 21:34
  • しなの7号

    くろしお1号様 おはようございます。
    実はこの鉄橋、中央西線中津川駅近くの中津川鉄橋上の列車内から、遠いながらも見ることが可能です。
    下流方面(下り塩尻方面行列車だと進行左側)に赤い道路橋が目立ちますので、その直下に交差している様子が「その気になって見れば」わかります。
    北恵那鉄道の建設目的がもともと大井ダムの建設によって川を利用した木材輸送の代替であったため、旅客輸送は二の次であったことから国鉄との連絡が徒歩連絡になっていたのでしょうか?
    貨物についてはちゃんと連絡線で国鉄とはつながっています。その様子は来週ということでお願いします(^O^)/
    2011年07月02日 08:11
  • hmd

    しなの7号さん、こんばんは。
    連続コメントですみませんです。

    川を渡り町の入口と言う所でしょうか。
    鉄橋も残り、その上に道路橋があるのは、急いで取り壊す必要が無かった事情を感じます。
    こうして残っているのも、鉄道趣味的には面白いですね (^_^)
    次回がこのシリーズ最終回とのことで、期待しております。
    2011年07月04日 22:01
  • しなの7号

    hmd様 おはようございます。

    この鉄橋からは一瞬中津川の市街地が見えたはずですが、そのあとは工場の塀と林の間を、潜むように進むと起点の中津町という感じでした。
    鉄橋は遊歩道整備のために残されていたんではないかと思いますが、整備もされず放置されたままです。
    2011年07月05日 05:58

この記事へのトラックバック