【968】 国鉄時代の観光案内車内放送:「しなの」(4-2)

画像

先週に引き続いて、国鉄時代に録音した「しなの号」の車内放送について解説や補足を書いておくことにします。音声は、車内放送部分だけを編集してアップしていますので、車内録音ノーカット版ではありません。収録した日と列車は前回と同じで、その続編となっています。


・録音日:1986年10月26日

・列車:中央西線・篠ノ井線「しなの7号」

・運転区間:名古屋・長野

・今回の収録区間:倉本~宮ノ越付近(4-2)

・収録時間:約13分00秒


◆乗鞍岳(0分05秒付近~)

深い谷が続く木曽谷の底から乗鞍岳が見えることは意外に知られていません。もっとも雲がなく空気が澄んだ快晴の日でないと見られないのですが、コンディションさえよければ、倉本駅を出てすぐ、左側の車窓から列車と並行しながら左へカーブしていく木曽川の上流方面に見えます。
画像



◆小野の滝(案内放送0分18秒付近~1分25秒)

      (現地を通過するのは2分44秒付近)

放送で「滝の上のほうだけ見えます」と言っているように、列車の車窓から滝の全容を見るのは不可能です。下を走る国道19号線には駐車スペースもあり、そこからは全容が見られますが、滝の正面を横切る中央西線の鉄橋がたいへん目障りです。江戸時代に安藤広重による浮世絵「木曽海道六拾九次之内『上ヶ松』」にも描かれた名瀑ですが、明治時代に造られた鉄道によって景観が台無しになったわけで、今なら景観の保護が優先されたのではないかと思います。
画像



◆寝覚ノ床(1分25秒付近~3分30秒) 

中央西線の列車から見る一番の展望スポットです。特急に乗って中央西線でご旅行された方で、ここの車窓案内放送をお聴きになった方は多いと思います。JR東海の383系になってからは自動音声放送も用意されました。国鉄時代にはもちろん車掌長による肉声でしたが、それに加えて、景観を楽しんでもらおうと速度を落としてくれる運転士もありました。減速は決められたことではないので、ダイヤより少し早めに走って時間稼ぎをしたということでしたが、それだけダイヤにゆとりがあったと言えばそれまでながらも、仕事に込められた思いは、列車に手を振る子供たちに応える汽笛一声と同じで、機械的でない「人の仕事」を感じさせます。車窓案内放送で言うなら、自動音声では伝わらないテイストが肉声放送にはあると思うのですが、いかがでしょうか。
画像
寝覚ノ床は下り列車の左側に見えますので、上り列車の右窓からも見えるのですが、その場合は下り線がやや視界を遮りますから、眺めるのなら断然下り列車からのほうがお勧めです。それに下り列車だと手前にある短いトンネルがあるので、そのトンネルから出たらすぐのタイミングで左側、と記憶しておけば、見落とすことがありません。このような山の中に浦島太郎伝説があることはちょっと意外ですが、竜宮から帰った浦島太郎はここで玉手箱を開けておじいさんになったとのことです。
画像



◆上松と赤沢自然休養林(3分45秒付近~4分50秒)

大相撲2018年7月場所で幕内優勝した御嶽海の出身地として知られるようになった上松町ですが、昔から木材の街でした。国鉄時代の上松駅裏には土場と呼ばれる木曽木材の集積場があり、ここから森林鉄道が出ていましたが、私が国鉄に入社する前年1975年に森林鉄道はトラック輸送に切り替えられ廃止されました。今では赤沢自然休養林に、その森林鉄道の線路が一部復元されて、観光シーズンには乗客を乗せて運転されるようになりました。
画像



◆御嶽山(4分50秒付近~7分35秒)

御嶽山は2014年に突然噴火して多くの犠牲者が出たことは記憶に新しいことと思います。車内放送にもあるように、1979年(昭和54年)に有史以来初めての噴火がありましたが、当時は一般に活火山であるという認識がされていませんでした。この山麓を震源とする長野県西部地震があったのは、まさに私の国鉄専務車掌時代の1984年(昭和59年)で、この「しなの7号」に乗務するはずの日でした。当日のことは【153】長野県西部地震があった日「しなの7号 春日井行」で書いていますが、運休になりました。

この御嶽山は濃尾平野からでも天気さえよければよく見え、中央西線の車窓では名古屋市街地から勝川あたりにかけて、そして恵那~美乃坂本付近でも見え隠れしますが、乗鞍岳同様に深く狭い木曽谷に入ると中央西線の車窓から山頂を眺められる場所は、この放送をする場所だけで、しかも、山体の南側半分の上のほうだけしか見えません。こんな感じで一瞬だけ見えます。
画像



◆木曽福島・木曽駒ケ岳・徳音寺・巴ヶ淵(7分35秒付近~)

中央西線の線路に沿って、史跡や景勝地はいくつもありますが、なにぶんにも列車は高速ですので、乗客はそれと言われなければ何も知らないまま通り過ぎてしまうことになります。

この車内放送でも放送されませんが、鉄道に興味がある方に知っていただきたいところをひとつ加えたいと思います。線路沿いにありながら、草木に隠れ、しかも高速で走る列車からは非常に確認しにくいのですが、原野駅~宮ノ越駅間、名古屋から塩尻方面に向かって右側に、「中央東西線鉄路接続点」記念碑があります。ほんの一瞬で通過してしまいますから、確認は容易ではありませんし、車窓から碑文を読むことは不可能です。中央本線の敷設工事は東京からと名古屋からそれぞれ進められ、明治43年(1910年)に接続したのがこの碑がある地点だということです。
画像


~J.N.R.~~J.N.R.~~J.N.R.~~J.N.R.~~J.N.R.~


引き続いて毎週日曜日Youtubeに音声を、その解説を翌月曜日ブログにそれぞれアップします。終点長野まで、しなの号の車内放送をあと2回で完結させる予定です。







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック