【990】 変なコレクション11:交通違反はやめよう!…;;

「変なコレクション」シリーズの続編で、今回はキップです。キップと言っても乗車券類ではありません……
79s-DSCF9079.jpg

青地の用紙なので通称は青キップと言われているモノですが、わざわざ公開するものでもないでしょうから、画像は小さくして、加工もしてありますです(*^^)v

反則金6000円という金額が読み取れるかと思います。40年以上も前のものですから経年で褪色しているのに加え、ホワイトバランスをオート設定のまま撮影したら青キップが白く写ってしまいました。

このときの違反場所は岐阜県中津川市内でしたので、岐阜の交通反則通告センターへの出頭日時が書かれています。ご経験がおありの方はご承知のように反則金を仮納付すれば出頭の必要はないことも書かれており、そのとき渡された納付書を使って地元の郵便局で3日後に仮納付しています。
80s-DSCF9078.jpg

青キップの正式名は「交通反則告知書・免許証保管証」という名称のようで、この場合は免許証保管「無」となっていますので、「交通反則告知書」ということになります。
81s-DSCF9074.jpg

ということで、この画像はこの記事の一番上にアップした青キップとは別の青キップです。つまり複数回キップを切られているわけで、このキップの職業欄には「公社員」と書かれています。

「職業は?」

「公社の職員!」

「公社ァ? 電電公社か?」

「電電公社のほかにも国の公社は2つある。そのうちのひとつ!」

「…」

「三公社五現業の三公社知らんのか?」

これは3回目で、もう反省するでもなく、警察官に当たってしまいます。こういう性分では、やさしい運転でキャッシュバックなんて無理ですね。

青キップをコレクションするためにわざわざ違反してきたわけではないので、コレクション枚数はこれ以上増えていません。
82s-s-DSCF92.jpg

上の画像は、その3枚のコレクション?の反則日時と場所が書かれた部分のアップ画像です。

昭和56年に2枚もコレクションできているんですね。。。

そしてこの3枚はすべてレーダーによる取り締まりで、授業料は3枚合計で22,000円でした。

ところで現在は、この3つの現場すべてで規制が緩められており、最高速度40㎞/hの現場は50㎞/hに、50㎞/hの現場が60㎞/hに、それぞれ最高速度が10㎞/h上げられています。3か所とも、別に拡幅されたとか歩道が新たに付いたというわけでもありませんから、走行する車両の実態に合わせた変更だと思われます。つまり今なら10㎞/h未満の速度超過になりますので、誤差の範囲?で見逃されたかもしれません。

私はこれに懲りて気を付けるようになったのか、運がよかっただけなのか、理由はわかりませんが、以後今日まで37年半ほど無事故無違反…という表現は誤りで、正しくは無事故無検挙なので、幸いにしてコレクションは集まりませんし、ずっとゴールド免許です。ちなみに昭和の時代にはゴールド免許の制度そのものがありませんでした。

無事故無検挙には間違いがないのですが、その文言にちょっと傷がつく領収書が出てまいりました。
s-DSCF9141.jpg

自転車の駐輪禁止区域に自転車を置いていたら撤去されてしまったことがありました。仮保管場所に引き取りに行ったら、保管手数料を取られたのです。

名古屋市内の勤務先から中心部の栄まで自転車で出かけ、ほかにもたしか十数台の自転車が置いてあった広い歩道上に自転車を停めて2~3時間で用を済ませて戻ったところが、そこに並んでいた自転車は一台残らずなくなっており、歩道上に貼られた大きな紙に、ここは駐輪禁止区域内なので、この付近に放置してあった自転車は撤去した旨と、仮保管場所と返還期限が書いてありました。翌日、名鉄神宮前駅付近にあるその仮保管場所に行って、1500円を払って自転車を引き取ってきたのでした。

そこで応対してくださった方は、交通違反で検挙されたときの私のように虫の居所が悪い者ばかりに接しておられるからなのか、初めからえらく丁寧で腰の低い応対であると同時に、自分は保管しているだけだから、お願いだから文句言わないで…みたいな言い方でした。

以上、どぶに捨てたも同然のお金に関係するコレクションであり、ふつうの人なら破いてどぶに捨ててしまうだろうと思われる「紙切れコレクション」でした。今後はこの手のコレクションが増えないことを念じております。。。。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 3RT生

    こんにちは、ご無沙汰しております。
    あはは、やはりお持ちでしたね(もちろんウチにもかつてはありました)。発行した警察官の名前が書いてあるのを興味深くみたものです。国鉄の乗車券と違って、赤切符の方は収集?対象としておりません・・・
    当方のはいずれも同じ年のもので、一旦停止と信号無視(先行の大型車についていったんですが)なんでここでパトカーが現れたのか??言われるまでわからないものでした。2度あることは3度あるもので、家人を送るため某新幹線駅前にクルマを置いて3分後に戻りますと125cc?の小型白バイが止まっており、まさしく書類ボックスを開けるところ。「すいませぇん〜」見逃してもらいました(大汗)。追尾面パトがいたので車線変更して逃れたのもこの頃で、いずれも10年以上前のことです。ただ、先月は鹿に衝撃!して軽四の全部修理に十万某出費でした・・・
    2019年07月25日 10:22
  • しなの7号

    3RT生様 こんにちは。
    幸い赤切符は鉄道のしかありません。不思議とこういう違反は連続するものですね。仕事では外回りで駐車禁止の路上に駐車せざるを得ないことが多かったので、間一髪でセーフということを幾度か経験しています。そのうち一度は、戻ったら直前に停めてあった自動車のレッカー移動作業中で、次は私のクルマ(正しくいうと会社のクルマ)の番だったようで、タイヤと路面には白チョークのマーキングがありました。
    軽自動車ですと鹿のような大きい動物に衝撃するとダメージが大きいですね。幸いにも猫の直前横断で肝を冷やしたくらいしか経験していませんが、それでもびっくりして急ブレーキで事なきをえました。横断中のヘビをひき逃げしたことが2度あります。
    2019年07月25日 14:38
  • 111TC-112MC-113TMC

    ご無沙汰してます。したくないコレクションですね。私も青いのが数枚、白いのと赤いのが各1枚有りますよ。あと召喚状です。今から14年位前の愛地球博開催中の年度末の集金に東奔西走、南船北馬している時、茶畑の保護色オービスに31㎞オーバーで掛かってしまい、素直に認め免許証と引き換えに赤いのを貰いました。その後、簡易裁判所へ出頭し昔の田舎駅の待合室位の部屋で机が10台位並んだ中で同時に検事から罪状認否の面談をし、そのあと20人位が並んで一人一人判決を言い渡され、その場で罰金を納めて行きました。私ともう一人、茶髪のヒロシみたいな若い衆が納められず残されました。再度、裁判官から何時なら納められるかと聴かれ、私は月末ならと言ったら待ちましょう。と言われましたが、若い衆は働いていないし払えないと開き直っていました。暫く裁判官が説得していましたが、交点が見いだされずに私は解放となりました。貴重な体験でしたが二度としたくは有りませんね。実際は数年前に息子の自転車事故の過失傷害で家裁へ行きましたけど、ああいうところは人生の縮図が詰まっています。ところで自動取り締まりの画ですがバッチリ映ってました。隣の机が丸見えで置いてあったので見たくなくても見てしまいました。ナンバーから運転者、日時や速度も記録されていましたよ。恐ろしいですから気を付けましょうね。
    2019年07月26日 19:27
  • しなの7号

    111TC-112MC-113TMC様 こんばんは。
    お互いに誇れないコレクションですが、オービスで赤キップとは辛いですね。最近は急速に移動式オービスが運用されているようで、十数㎞/hの速度超過でも光るらしいと聞いていますので気を付けています。
    裁判所に出頭するようなことはそんなにあることではないので、ほんと貴重な体験ですね。

    オービスに掛かったのが集金中だったということですが、自分も似たような仕事を担当していた時期があり、そこで集金できず不良債権になってしまうと裁判所のお世話になることも時にはあって、裁判所に出向いたことが幾度かあります。立場は債権者ですから気分的に臆する立場ではないのですが、裁判所には独特の雰囲気があることは感じ取れました。
    2019年07月26日 21:13
  • 中央西線

    自分は98年5月の一時停止違反以来切符を見てません。
    知らん間にパトカーが追っかけてきたので何事かと思ったら
    一時停止違反でした。影でこっそりと見張っていたのでした。最近は横断停止違反に見張が多いので横断しようとすると止まる車が増えましたね。
    2019年07月27日 08:12
  • しなの7号

    中央西線様
    一時停止違反の取り締まりにはよく出くわしますが、一時停止すべきところで一時停止しない車のほうが多いですね。
    徒歩で出歩くことが多い自分から見ると、見通しの悪い交差点で歩道上の歩行者や自転車の存在をまったく気に留めず、左右からくる車両だけを気にしているドライバーが多く、ヒヤリとすることがあります。ですからクルマのときは一時停止するよう努めていますが、後続車に追突されそうでちょっと怖いです。
    2019年07月27日 11:40
  • NAO

    しなの7号様、こんばんは。
    若いときはドライブであちこち運転していましたが、幸いなことに今までキップを「発行」してもらったことはありません。ミラーの死角に入った白バイの追尾を受けたときはたまたま気付き、減速したらUターンして行って放免になりましたし、対向車のパッシングでネズミ捕りで助かったことも何度か。取り締まりレーダー感知器を車内に付けたこともなく、今のようなネットが普及する前は毎年発刊される取り締まりガイドブックをダッシュボードに積んでおき、オービス設置箇所や、各県警に配置された面パト車種の情報を事前に読んでから運転していました。すごくアナログな情報収集でした。
    失礼なことを書いて申し訳ありませんが、手書きのキップは補充券を思い出してしまいます。高速隊のキップとなると新幹線車掌所乗務員発行の車補に相当?するのでしょうか。
    ヘンな連想、本当にお赦し下さい。
    2019年07月28日 02:10
  • しなの7号

    NAO様 こんにちは
    交通取締りで「運悪く捕まった」と思わせるだけでは交通事故抑止効果は期待できないし、不公平感もありますね。これは鉄道利用の場合も同じで、運賃逋脱のないようにしていただくべきですが、実態は…です。
    最後に検挙されたのは車掌時代でしたので、そのとき手書きの告知書を書いている警察官には車内補充券を発行する自分に重なるものはありました。
    交付されたものがレシートみたいなものでなく、手書きの様式というのは、鑑賞?するには乗車券類同様に味があるように思います。また、乗車券類では調製された印刷場によって活字や配置などが微妙に違うのが楽しめるのと同様に、ここにアップした交通反則告知書3枚とってみても、県警によって、また年代によっても印刷に違いがあることがわかり、コレクションのやり甲斐があるというものです??? 3枚のキップのうち、1枚だけ交付者が愛知県警機動隊員で、あとの2枚は岐阜県警の警察署員でした。

    高速道路交通警察隊が発行するキップが新幹線の車補相当?とするなら、田舎道の交差点で張っている駐在所の警官が発行するキップはローカル線の○○駅車掌室発行の車内片道乗車券相当といえましょうか。そして交通機動隊による取り締まりからは、JRの機動改札を連想します。
    2019年07月28日 15:16
  • みうら

    チッキもきえましたね。
    2019年07月28日 15:50
  • しなの7号

    チッキは手荷物と引き換えるとき必要ですから、回収されずに手元に残ることもある乗車券類なんかよりコレクションするには困難なアイテムですね。
    2019年07月28日 17:42
  • ヒデヨシ

    しなの7号様こんばんは
    青キップだったと思いますが
    大昔に切られたやつ
    警察官が6~7箇所字を間違えて書いてました
    すべてボールペンで真っ黒に黒だ玉にしたあと横に書き直し
    書き直した字を更に間違えたり
    酷い書類を作成されました
    母音を押したけど
    友人からこんなもん公文書にならんぞと言われました
    あのペースなら書き直しても再びおんなじだろうねえ
    2019年08月01日 23:07
  • しなの7号

    ヒデヨシ様 こんにちは。
    私は「汚くて醜いけど申し訳ありません」の一言なくして渡せないような、文字の訂正と訂正印だらけにした車内補充券を幾度も発行しています。領収額欄の訂正は禁じられていましたから廃札にして新たに書き直しますが、逆に訂正して済むものを廃札にすることは許されませんでした。停車駅が迫っていたり、他にすべきことがあって焦っているときに限って間違えるものです。
    2019年08月02日 14:12
  • ヒデヨシ

    しなの7号様こんばんは
    時間に追われているのに現金授受を伴う車内補充券発行は大変ですね

    当時のその警察官は当然時間に追われておりませんし
    訂正印ひとつ捺しません
    不満をいう前に書き間違えてもこれで大丈夫だからねと言い訳しつつ書いてました
    2019年08月02日 21:26
  • しなの7号

    ヒデヨシ様 こんにちは。
    幹線国道では、次々に掛かってくるので、キップを切るほうも複数人対応で大変そうでした。そのときは機動隊員で、私が取締り方法の不公平性について文句を垂れていたところ、なかなか進まず支障があると見たのか責任者らしき者が横からいきなり「言いたいことがあるなら出るとこへ出て言えばいいだろう!」と一喝。そのとき先にキップを切られて帰るオバチャンが機動隊員に「どうもすみませんでした。ほんとうに申し訳ありませんでした」と平身低頭な態度で帰っていったのを記憶しています。法令違反をしたのは確かなのでお手を煩わせたことに対しては申し訳ないわけですが、機動隊員に違反したことを謝ってどうする?
    2019年08月03日 09:07
  • やくも3号(安全運転中)

    しなの7号様 こんばんは。
    京都は暑すぎて鼻血が出そうですが、そちらはいかがでしょうか。

    国道を走っていましたら、山崎付近のトラック検問所で警察に止められました。制限速度近くで走っていたので不思議に思っていましたら、排気ガス測定のセンサーをマフラーに差し込まれ、「排ガス規制ぎりぎりなのできちんと整備してもってくるように」という警告書を頂戴いたしました。その備考欄にかかれた手書きの警告文ですが、助詞や接続詞の使用法などかなりおかしかったので、その場で口頭にて添削して差し上げましたが、残念ながらその若いおまわりさんは文法を理解してくださいませんでした。挙句の果てにどっかの車検場の係員と同じく「こういうのはあんまり乗らんといてください」と言われました。

    スピード違反については、いろいろあって大きな顔はできません。。
    だいぶ前、免停(ぬゆわ)日になり聴聞会に呼ばれましたが、周囲の方々はパイプ椅子にまたがって座るなどあまりにも態度がひどく、自分だけスーツネクタイで平身低頭しながら丁寧に状況説明しましたところ、どういうわけか自分だけ最後にもう一度呼ばれ、「短縮(ぬやよ)日にしますので明日から乗ってよろしい」となりました。(ただし罰金(ぬやわわわわ)円は変わりませんでしたが。)
    それ以来私は、公道では安全運転につとめ?、ゴールド免許になりました。

    追伸:
    先日、免許更新に行く途中(といっても自宅から20秒くらいのところでちょうどベルトをはめようとしている最中)、シートベルト検問にかかり切符を切られました。しかし、すぐには免許センターに連絡が届かなかったらしく、更新された免許はゴールドのままでした。
    2019年08月03日 23:19
  • しなの7号(あゆぬ系)

    やくも3号様 こんにちは。
    こちらも連日の猛暑です。先日名古屋に出たとき往路に乗った列車は、前2両「あぬあ系」後4両「ふぬぬ系」の6両編成の電車で、
    「後4両は外気温が高いためエアコンの効きが悪くなっており、ご迷惑をおかけしております」とのこと。
    その帰路に乗った「ふぬぬ系」8両編成の列車でも、
    「前から4両目車両の前寄エアコンが故障中でご迷惑をおかけしております」
    異常な暑さでエアコンの効き自体が悪かったり過負荷で故障したりと、鉄道会社も猛暑の対応は大変そうです。

    そういう自動車に乗るとなかなか大変なことがあるのですね。そして偉そうには言えませんが、日本語文法や表現が怪しい人が増えたように思います。聴聞会では態度とともに表現力の有無が停止期間短縮適用に左右するでしょう。少なくとも現場で警官と言い合うのと同じ感覚ではアカンですね。

    ゴールド免許で更新直前に一時停止違反で検挙された人を知っていますが、誕生日前40日?以後に検挙されても更新後ぼ免許証はゴールドで交付され、その次の更新でブルーになるようなことを言ってました。
    2019年08月04日 14:46