【1000】 1000にまつわるコレクション

ブログ開設から約9年半で、1000回目の記事をアップできることとなりました。途中でウェブリブログのシステムリニューアルがあり、それに伴ってアクセス数など累積的なデータがリセットされただけでなく、集計方法も変更されたので、これまで何人の方々にどの記事をどれだけご覧いただいたか不明ですが、ブログ開設から戴いたコメントはそのまま残っており、その数は10950件に達しました。お返しコメントが約半数ですから少なくとも5000件以上ものコメントを頂戴したことになるわけで、改めまして読者の皆様には感謝します。ありがとうございました。
01s-R0047444.jpg

上の画像はJR東海名古屋車両区公開時に、千回 旋回しているキハ85の画像です。SLが転車台に乗っている画像にしようと思いましたが、方向転換するために半回転するだけでは旋回不足?なので、ギャラリーの前で見世物になって何回もぐるぐる回っている画像にしました。
という調子で、今回は1000回にふさわしく?、家にあるコレクション(と言えるかどうかは別にして)の中から「1000」に関係するモノをひっかき集めてみるというくだらない企画にいたしました。

初めに、「千」の字が入る駅のキップがないかと思い、コレクションを漁りました。身近なところで、中央西線の千種駅の硬券が出てきました。
02s-R0055217.jpg

画像の上は昭和48年8月2日発行の入場券で、高校生のころ九州にSL撮影に出かける途中に立ち寄って買い求めました。千種で途中下車した理由は、同行者が名古屋市内発の九州周遊券を買うため、それから帰路に乗車する「しおじ54号」の特急券を買うためでした。
その下は昭和49年3月30日発行の矢印式片道乗車券ですが、その日にこのキップを買った覚えはありません。しかし、その翌日31日は名古屋市電が廃止され全列車の無料運転が行われたので、大曽根まで出かけています。そういえば、いつだったか、中央西線の車内の座席の隙間に落ちていた前日の乗車券を拾った記憶があるので、その3月31日の帰路にこの乗車券を拾ったのではないか???そういう気がしてまいりました。
一番下の入場券は平成1年2月3日発行の小児券で、1.-2.-3日付の入場券が欲しかったので買ったまでのことです。当時は毎日千種駅を通勤で利用していました。

次に1000円のきっぷを探してみました。
下は平成21年10月10日近江鉄道米原駅発行のびわこ京阪奈フリーきっぷで、信楽まで往復してきたときに買いました。
03千切符1.jpg
上は平成20年1月26日愛知環状鉄道瀬戸市駅発行の開業20周年記念一日フリー乗車券です。特別な用もないのにこのキップが発売されたことが動機になって、その前年まで通勤で使っていた愛知環状鉄道に久しぶりに乗ってきました。

1000円ポッキリのフリー乗車券はほかにも出てきました。
下は平成21年9月19日北陸鉄道野町駅発行の鉄道線全線1日フリー乗車券です。
04千切符2.jpg
上は平成12年2月12日秋田内陸縦貫鉄道鷹巣駅発行の秋田内陸線全線開業10周年ホリデーフリーきっぷです。どちらも当日全線に初乗車するために買ったものです。
◆以上の乗車券類は、その後に値上げされ、または発売されなくなって、現在では1000円で買えません。

もうひとつ、乗車券のようなものを…
05s-R0055229.jpg
愛岐トンネル群の見学に出かけ、保存活動へ寄付をしたときにいただいたものです。寄付額は額面どおりで、ほかの金額のものは用意されていなかったと記憶します。
愛岐トンネル群は、中央西線の電化に伴って愛知・岐阜県境前後が新線に切り替えられるまでに使用されていた旧線跡にある廃トンネル群のことです。それを保存再生されているのが「NPO法人 愛岐トンネル群保存再生委員会」です。下のURLはそのサイトです。興味がおありの方は、先頭の「h」を半角にして検索してみてください。
http://aigi-tunnel.org/index.html

そのほか、鉄道関係の見学にまつわるものとして、リニア鉄道館の入場券1000円
06s-R0055232.jpg


鉄道博物館の入館登録・領収書
07s-R0055230.jpg

どちらも味気ないものではありますが、レシートでも集めてしまうような私ですから、自分がいつ入場したかが判ればそれなりに存在価値はあるのです。なお、鉄道博物館の入館料金は現在1330円になっています。

映画鑑賞などほとんど縁がないのに1000円の古い映画観賞券が2枚あります。
08千切符3.jpg
いずれも国鉄在職中に労組で共同購入したチケットですが、「謀殺下山事件」のほうは上映期間中に出かけることができず観ていません。

1000円チケットの類はほかにも…
下は昭和52年1月30日 中津川文化会館「とんぼちゃん」コンサートチケットで、ゲストの山名敏晴さんは中部地方でラジオによく出演されていました。
PM13:00って…
09千切符4.jpg
上は、上諏訪駅レンタサイクルの借受書(平成21年7月31日 2時間)


下は、まったく縁がないと思っていた輸入車の相場や基礎知識が、急に仕事で必要となったので、上司と2人で上司のポケットマネーで入館した名古屋輸入車ショウ入場券
10千切符5.jpg
上は平成17年 花フェスタ2005ぎふ入場券
1000円チケットコレクション?は以上です。
くだらない企画で、「いいかげんにせんかい!と言われそうですので、今回はこれまで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

  • ヒデヨシ

    しなの7号様こんばんは
    1000回おめでとうございます

    1000に因む車両かと思ったらまったく違う切り口
    車両の形式1000は私鉄電車か貨車くらいしかないから番台か!

    軽く「千」の付く駅の硬券から各種1000円に関連するもの
    良いですね
    記事の中で愛知環状鉄道の一日券
    片道と少し乗れば元がとれるわけですが
    棒線のてるだろ乗り放題としては高い気がします
    沿線で観るものそんなになさそうだし
    バスも地下鉄も乗れる名古屋市交通局のドニチエコでは620円
    大阪のバス地下鉄土日一日券もそれくらいです
    2019年11月06日 19:20
  • しなの7号

    ヒデヨシ様 こんばんは。
    ありがとうございます。手抜き企画で手許にあるもので間に合わせたので、こういうことになっています。たしかに国鉄で1000というと形式では貨車になりますし、番台区分も考えましたが、画像もいいのがなくてやめました(*´Д`)
    通勤通学需要が多い愛知環状鉄道では、沿線企業や学校が一斉に連休になる時期に一日フリー乗車券が発売されることがあり、4年前のお盆の時期にも使ったことがありますが、その時は1500円になっていました。往復するより少し安い程度でしたので、名市交のドニチエコのような需要はなかったように思えました。私の場合も乗ること以外には用事はなかったですが、高架が続き、見晴らしがよい愛環にあてもなく乗っているのは結構好きです。
    2019年11月06日 21:35
  • やくも3号

    しなの7号様 こんばんは。
    1000回おめでとうございます。
    まさに、ローマは一日にして成らず、ですね。

    1000という数字にまつわるものでは、1000がつく車両は数えきれないほどありそうですが、それらは私鉄ばかりですので、おそらくいつもとはちがう変化球を投げてこられるだろうと思いました。
    ・乗務1000km
    機関士さんの書かれている本を読みますと、『乗務100,000kmはこの日○○駅~△△駅間で達成しました』というのを目にしますので、貴兄の乗務1,000km達成のお話かな?と思いましたが、クイチで汐留~大阪を乗ればわずか一日にして済んでしまうのでこれは違うなぁ、と。

    ・乗務1000回目
    達成には4年の月日がかかると思いますので、これかな?と思いましたがはずれました。
    実際1000回目はどの行路だったのでしょうね。
    2019年11月07日 17:30
  • しなの7号

    やくも3号様 こんばんは。
    ありがとうございます。期待外れの手抜き企画で申し訳ありませんです。
    せっかく乗務員をしていたのだから、おっしゃるような内容でアップできればよかったですが、初期の荷扱時代の乗務記録が一部抜けていたりするので、就職からの乗務列車の本数や距離積算はあいにく不可能です。旅客列車の車掌になってからの乗務距離や乗務列車数であれば可能かもしれませんので、いずれ機会があればということで記事作成の参考にさせていただきます。ちなみに旅客列車の車掌になってから退職まで約5年間の乗務距離は約25万キロでした。
    2019年11月07日 20:06
  • NAO

    しなの7号様、おはようございます。
    ブログ記事1000回アップおめでとうございます。500回アップからあっと言う間だったような気がいたします。
    国鉄、JR千種駅は乗降したことはありませんが、ちょうど1年前、名古屋市内の営業に行き、今池、千種の得意先を訪問した際、今池から歩いたのですが、駅至近の企業さんだったので、駅も覗いた次第です。戻りは地下鉄 orz.....。
    日本の熱い日々 謀殺・下山事件はテレビ上映で視ました。冒頭から新聞記者がホームから突き落とされるシーンの恐ろしさ、モノクロで戦後の光景を上手く表現された内容として印象に残っています。
    レンタサイクルは営業で一度だけ借りたのですが、私も保証金1000円を支払った記憶が。私鉄沿線で車窓からも見える得意先だったのですが、長い駅間距離のほぼ中間地点、ちょうど駅前レンタサイクルを見付け、渡りに船とばかりに下調べもせずに借りたところ、道路の起伏が激しい地域でアタッシュケース片手の運転は難儀しました。
    旅客車掌乗務25万キロですか。宮脇氏の国鉄最長片道切符25回分相当ですね。
    臨時ダイヤブログ掲載、当分の間運転を期待しております(予定臨?)。
    2019年11月13日 05:37
  • しなの7号

    NAO様 こんにちは。
    ありがとうございます。
    JR千種駅は国鉄退職直後の約7年半、ほぼ毎日通勤で利用しました。駅の様子は今もそのころとあまり変わり映えしていません。専務車掌になった直後(59.2)には、ほとんどの特急が通過していました。駅の名古屋方には実習施設があって、列車掛の養成期間中に実習線での入換訓練に何度も行きました。

    実生活では怖い思いばかりして肝を冷やしてきた(と思っている)小心者の自分には、怖い映画とかお化け屋敷、絶叫マシンの類が好きでわざわざお金まで払ってそこへ出かける人のお気持ちが理解できませんので、そういう映画やテレビドラマには縁遠いです。

    レンタサイクルは観光地で何度か利用したことがありますが、勾配でいちばん大変だったのは軽井沢でした。

    来年のブログ記事更新は短編成定期運転にする予定で検討中です。
    2019年11月13日 14:05
  • おき2号

    しなの7号様、お久しぶりです。
    遅くなってしまいましたが、1000回目の記事おめでとうございます。このブログが始まったときの私はまだ小学生でした。九年半という長さを感じ、このブログに出会えたことを感謝する次第です。
    1000円のきっぷというのは結構あるのですね。私も何かないかと探してみると、先日の消費増税以降、「やまぐち号」のグリーン券が値上がりし、1000円になっていました。桁が一つ上がってしまうことで、なんだか本来の値上がり額以上に高く感じてしまいます。
    2019年12月02日 23:06
  • しなの7号

    おき2号様
    どうもありがとうございます。
    消費税が導入された直後、巷ではキリのよい値段設定がなくなり1000円のものはほとんど1030円になりました。それでも1000円ポッキリというキリのよさを売り物にしたいからか税込1000円という商品がまた増えてきたように思います。
    一桁増えると高くなった印象は強くなりますね。自分が小学生のころ国鉄最低運賃10円だったのが、車掌になった20代前半には一桁増えて10倍の100円になっていました。インフレの時代だったこともありますが、ここまでの運賃アップは国鉄離れにつながりました。
    2019年12月03日 10:48