【1001】 「千」がつく日本酒ラベルコレクション / 1001回なのでD51 1001について

1000にまつわるコレクションの続編で、今回は商標に「千」の文字が入った日本酒ラベルを集合させてみました。
千酒1.jpg

千瓢: 愛知県 水谷酒造(株)
千両: 兵庫県 灘誉酒造(株)
千福: 広島県 (株)三宅本店

+++++++++++++++++++++

日本酒では「千代〇」というパターンがよく見られます。
千酒2.jpg

千代龍: 愛知県 千代田酒造(株)
千代泉: 愛知県 磯貝醸造場
千代菊: 岐阜県 千代菊(株)
千代むすび:鳥取県 千代むすび酒造(株)

+++++++++++++++++++++

「千代」の後に「乃(の)」が入り「千代乃(の)〇」を名乗る日本酒もけっこうあります。
千酒3.jpg

千代乃契: 愛知県 福井酒造(株)
千代の光: 新潟県 千代の光酒造(株)
千代乃花: 岐阜県 杉原酒造(株)
千代乃峯: 静岡県 富士正酒造(資)

このほか「千代乃春」…下の画像の2枚のラベル、製造元の蔵元さんはまったく別です。
千酒4.jpg
左はよくご覧いただくと「櫻」の文字があることにお気付きでしょうか。これで商標権をクリアしたのでしょうか? 販路はまったく重ならないと思われます。
櫻千代乃春: 岐阜県 所酒造(資)
千代乃春: 広島県 千代乃春酒造(株)

+++++++++++++++++++++

また同じようなネーミングですが、まったく別物です。
千酒5.jpg

千代鶴: 広島県 太平洋酒造(株)
千歳鶴: 北海道 日本清酒(株)

「千歳鶴」は地名由来のネーミングだと思われますが、次に地名・名所などのローカルネームの酒を
千酒6.jpg

千曲錦: 長野県 千曲錦酒造(株)
奥千曲: 長野県 芙蓉酒造(株)
千古乃岩: 岐阜県 千古乃岩酒造(株)
朱鷺の里千里浜: 石川県 見砂酒造(株)
このうち「千曲錦」「奥千曲」は千曲川が由来でしょう。先月の台風による被害は甚大でしたが、蔵元さんには被害はなかったのでしょうか。気になるところです。

ところで、今回は1000回の続きで1001回目なのですが、1001で思い出すのは、かつて千曲川にほど近い旧更埴体育館に保存してあったD511001です。
97-5457.BMP
この機関車はまことに残念なことに2017年に旧体育館建物とともに解体されたそうですが、その跡地付近では先月の台風による浸水被害がかなりあったようです。
D511001の最終配置区は中央西線の木曽福島機関区でした。その転入時期は中央西線の全線電化完成前年で、木曽福島在籍期間はきわめて短かったわけですが、一度も木曽路を走っていないのかもしれません。というのは、私は1001号機の稼働状態の姿を見たことが一度もなく、休車状態で、木曽福島機関区の扇形庫に尻を向けて留置されている姿しか私は知らないからです。
19-6616.JPG
D51 1001号機は戦時形で、船底テンダーとカマボコドームが目立つ機関車でした。この1001号機が木曽福島に転属してきたころの中央西線には他の戦時形D51は在籍しませんでしたから、たとえナンバーが読めないような不鮮明な画像や映像であっても、それと特定できそうな走行中の記録が出てきそうなものですが、雑誌やネットでも中央西線を走行している1001号機の記録にお目にかかったことがないのです。

と、いうことで、酒のラベルの話を戻しますが……
このブログは3000回までは続くとは思えませんので、この機会に「三千」がつくラベルを二種類と、商標と言ってよいかわからない表記で「千」の字が入ったラベルを二種類。
千酒7.jpg

三千櫻: 岐阜県 三千桜酒造(株)
三千盛: 岐阜県 尾張屋(資) 
どちらも「さんぜん」ではなく「みち」と読みます。
真澄 千客万来: 長野県 宮坂醸造(株)
これは真澄の業務用ラベルでしょうか?
久保田 千壽: 新潟県 朝日酒造(株)
久保田は全国区なので、ご存じの方は多かろうと思います。百壽・千壽・紅壽・万壽・碧壽・翠壽などの種類があり、千壽は吟醸酒ということのようです。

◆今回アップした酒ラベルは、そのほとんどが古いもので、現在発売されていないものを含みます。また、表記した蔵元名は商号変更や合併・移転・統廃合などの理由で現在と異なる表示になっていることがあります。

◆年賀はがきの発売がすでに始まり、今年も残すところあと50日余りとなりました。ここで年内の新記事アップについての予告です。
年内にはあと数本の新記事アップを予定しておりますが、すべて鉄分ゼロの記事が続きます。新年はまた古い鉄道写真などを引っ張り出して鉄分豊富な内容にしたいと考えていますので、鉄道オタクの方々、少し早いですが、よいお年をお迎えください。そして来たる新年にまたのお越しをお待ち申し上げております。

◆最後になりましたが、皆様への新年のご挨拶は、例年どおりこちらのブログ記事を通して行うこととして、年賀状によるご挨拶、並びにブロガー様のコメント欄へ訪問してのご挨拶はご遠慮させていただいておりますので、何卒お気遣いございませぬようお願い申し上げます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

  • なはっこ

    おさけのラベルいいですねぇ。額縁に入れて毎日眺めたいです。お酒の会社の宣伝も好きです。センプクイッパイいかがです♫もいいですね。以前この歌を年配の上司の前で口ずさんだら、あの酒まだあんの?と聞かれたことがあります(千福さんごめんなさい)。
    2019年11月11日 21:05
  • しなの7号

    なはっこ様
    酒のラベルが芸術品に思えて、ほんとうに額に入れたいと思ったことはありました。ラベルのデザインや文字は今ではかなり様変わりして、昭和のころ多く使われていた酒文字と呼ばれる独特の力強い書体は、今ではあまり見かけなくなりました。

    昔のCMソングは懐かしいですね。一昨日から大相撲九州場所が始まりましたが、なんとNHKテレビで、先場所優勝した御嶽海が副賞で贈られた清酒大関を部屋で飲む場面が映し出され、バックに「酒は大関 心意気~」とCMソングが流されたのには、NHKもやるわいと思ったことです。
    2019年11月12日 09:35
  • ヒデヨシ

    しなの7号様こんばんは
    お酒のラベルでこれだけの「千」のものを所持されてるのが驚きです
    縁起が良いので多いのかも知れませんね
    軍艦マニアの私は
    水上機母艦から空母になったら
    千歳、千代田しか思いつきません

    D51 1001
    戦時型ですね
    船底テンダーがD51らしくない
    カマボコドームもちゃんと残ってるんですね
    KATOD51のバージョンで出てくれないかな?
    いつ頃なのか不明ですが
    保存状態のD51 1001
    写真で見る限り非常に状態が良さそうで解体されたのが信じられません
    驚きました
    2019年11月15日 03:13
  • しなの7号

    ヒデヨシ様 こんにちは。
    勝手な想像ですが、「君が代」の歌詞にも「千代に八千代に」があり、永遠を表しているように、日本酒の商標が生まれたころや軍艦が造られていたころも、「千」は日常で使う単位では最上位で、それだからこそ縁起もよいものとなっていたのではないでしょうか。「鶴は千年 亀は万年」と言いますが、酒の商標では「万」より圧倒的に「千」が多いようで、「万」は大きすぎてつかみどころがなく現実感が薄い単位だったように思えます。今だと「兆」から上だと現実感がないみたいに。ちなみに昭和のころに出版された日本酒の参考書?の索引には「千代」から始まる日本酒の商標は全国で36もあることになっていました。

    D511001の保存後の画像は1997年の撮影です。当時は子連れで中部地方に保存された国鉄車両を見るために、あちこち出かけていました。それからかなり経っていますが、以後再訪することはありませんでした。NゲージでもD51のバリエーションとして戦時形が欲しいところですね。
    走行している舟底テンダーのD51を見た記憶と言えば直方の1064号機くらいですが、見慣れないので違和感が漂い印象に残りました。
    2019年11月15日 14:39
  • やくも3号

    しなの7号様 こんばんは。
    英語でも、『千』をあらわす´thousand´を【許多(あまた)】と訳したり、´thousands of years´が【八千代、万代、万世】の意だったりしますので、もしかしたら『千』という語は、日本だけでなく万国共通で、多くて永いものを表すには感覚的にちょうどよい言葉なのかもしれませんね。

    百歳祖母が他界しましたので、しなの7号様および皆さまへの新年のご挨拶は失礼させていただきます。
    平素のご芳情を深謝いたしますとともに皆様には良い年が訪れますようお祈りいたします。
    (頑張って『百』までは生きられても、『千』までは無理なんですね。めでたい席での話ではありませんね。申し訳ございません)
    2019年11月16日 23:19
  • しなの7号

    やくも3号様 こんにちは。
    『千』という語についてフォローありがとうございました。『千』の感覚は、なぜかお金に関してだけは、あまり大きい単位に思えないのは不思議です。それ以外での『千』は日常生活ではあまり使うことがないし、おそらく昔の人は両手両足の指の数(20)まで数えられれば問題なく生活できたものと思います。(男性は21まで数えられる???)

    身内にご不幸があった皆さんはじめ、災害その他で、新年のご挨拶をご遠慮すべき方々がおられることは承知していますが、個別にご挨拶できませんのでご容赦ください。百歳は大往生。それまで恙なく生き延びることはむずかしいと、自分や周囲を見てそう思うことが増えました。
    2019年11月17日 09:56
  • やくも3号

    しなの7号様
    『千両箱』のように江戸時代は貨幣価値が大きかったでしょうが、現代においてはデノミでもしない限り、『千円』は子供のお駄賃レベルでしかありませんね。
    父がブラジルに赴任していたことがありますが、インフレがひどく路線バスに乗ると何十万クルゼイロという金額の札束を料金箱にねじ込むので、日本に帰ってくると物価が異様に安く感じてしまうと言っていました。

    >21まで数えられる
    そろばんのように5をあらわす玉がございますので、30まで数えることが可能かと存じます。
    (>_<)☆\ポカッ
    2019年11月17日 14:13
  • しなの7号

    やくも3号様
    昭和の時代には毎年のように国鉄運賃は上がりましたし、仕事をしていて500円紙幣が減り500円硬貨が増えていく過程で貨幣価値が小さくなっていくことを実感していました。子供のころには100円札も健在で、10,000円札など子供には縁遠い存在でした。
    「5をあらわす玉」のお話が出ますと、つボイノリオさんの例の歌を連想しますが、「万」のつく歌もあることは、ご承知かと思います。
    2019年11月17日 17:23
  • 111TC-112MC-113TMC

    ご無沙汰です✨お酒の一升瓶ラベルは様々なデザインで楽しませてくれましたが、私は同じラベルでも等級ラベルが気になり、子供ながら剥がそうとして何度と無く失敗しました❗️今となっては日本酒の等級は全くの死語となりましたけど、宜しければ画が有ればアップ頂けると有り難いです☺️
    今の30代以下の方は知らないと思われます❗️ギリギリ40代後半が知っていると思われます。お願いになってしまいましたが、等級で選ばれた方も沢山居たと思いますが、しなの7号様はどの基準で選ばれていたのかも教えて下さい😄
    生憎、私は日本酒呑めないので興味深いです😅画からすれば特級酒ばかりだと思いますけど、中には一級いや二級でも隠れた銘酒があったのかもですね?
    是非よろしくお願いいたします。
    2019年11月21日 15:24
  • しなの7号

    111TC-112MC-113TMC様
    酒ラベルの話にお付き合いいただき、ありがとうございます。
    酒の等級が廃止されるまでは、一升瓶には3枚のラベルが貼られていることが多く、その真ん中1枚が楕円形の小さい証紙でしたね。今ではラベル1枚だけという瓶も珍しくなくなり酒の「表情」は昔と変わったなあと思います。

    日本酒ラベル関係の記事はまったく不人気ですが、収集は長く続けていたので、今回「千」に着目したように、級別を表していた証紙に着目する記事も作っていこうと思います。ただし、今後の予定もございまして、記事化できるのはかなり先になってしまいますのでご了承ください。

    私が旅先で買ってくる酒は、その地元中心に流通する二級酒が中心でした。地酒は特級酒需要がきわめて少ないことと、個人的には飲食全般に関して私が無頓着であるからです。また、制度としては、一級や特級の鑑査を受けない酒は全部二級になりましたから、二級酒でも鑑査を受けていない特級並みのおいしい地酒に出会える楽しみがありました。酒屋さんが「これは二級だけど中身は特級」と教えてくれることがあり、そういう酒のラベルは通常の二級酒とは違っていて、証紙には「デラックス」などと書かれ、価格設定は一級と二級の中間あたりに設定されていたようでした。特級酒との差額は酒税ということになりましょうか。
    私はもともと多量の酒は飲めませんでしたが、齢を取るにつけて一層飲めなくなりました。最近は自宅には日本酒は常備がなく、泡盛の湯割りを少しずつ常飲しています。
    2019年11月21日 17:45
  • TC111-MC112-TMC113

    早速のお返事ありがとうございました✨
    そうでしたよね😃昔は等級で選んでましからね😃もてなす酒は特級で自家用は二級と分けてましたよね✨
    2019年11月21日 21:24
  • しなの7号

    TC111-MC112-TMC113様
    同じ銘柄でも級別で証紙が異なるだけでなく、上下ラベルの色やデザインが違っていることが多いです。特級酒や一級酒は他所からいただくことがあるので、買わずともラベルが集まることがあるのですが、二級酒をいただくことはまずないので、二級酒のラベルは自分で積極的に買わないと集まりませんでした。
    2019年11月21日 22:24