【1047】あの年の2月8日《1997年》

1997年2月8日、このころは保存車両巡りをやっていたので、自動車で長野県下の飯田線・中央西線沿線に保存してある旧国鉄車両を巡ってきました。

《この日の行程》
D51402(飯田市飯田市扇町児童公園)→D51837(駒ケ根市北の原公園共楽園)→D51209(伊那市伊那公園)
この日、雪は降らなかったので、移動には支障がありませんでしたが、伊那市伊那公園に保存してあるD51209は降雪に備えてこんな状態になっていたので、撮影できませんでした。
s-208-97 (1).jpg


→ED191(箕輪町郷土博物館)この日訪問した唯一のEL保存車
s-208-97 (2).jpg


→D5159(辰野町荒神山スポーツ公園)→D51349(岡谷市諏訪湖ハイツ)→D51155(塩尻市塩尻市役所)→C12199(塩尻市[当時楢川村]奈良井宿観光駐車場)
C12199の保存場所は線路沿いでしたので、そのそばにある踏切を渡ったところでEF64が牽く貨物列車が撮影できました。
s-208-97.jpg


→D51238(木祖村村民センター)→D51775(木曽町[当時木曽福島町]木曽福島駅前)
という順で巡りました。
木曽福島駅には311系による木曽スキー号が留置されていました。
s-208-97 (3).jpg


◆今回は保存蒸機の画像はあえて省略しました。別に機会があればアップしたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • やくも3号

    しなの7号様 こんにちは。
    D51 837号機は有名な新見の838号の僚機でしたが、後藤式の集煙装置を外されて、まったくゆかりのない駒ケ根に行ったのですか。完全防備で保存され、今にも走れそうな838号機に比べ、837は部品盗難など保存状態が悪いようですね。
    2020年02月08日 13:30
  • しなの7号

    やくも3号様 こんばんは。
    D51837というと、個人的には高校生の夏休みに山陰本線で一度出会ったことがある長門の機関車という印象が先に立ってしまいますが、そういえば、その前には新見にいた機関車でしたね。その山陰本線時代に撮影した画像を見返してみたところ、確かに伯備線時代の集煙装置がそのまま取り付けられていました。中津川からもD51が長門へ複数転属していますが、それらは集煙装置が取り外されて運用されていたのとは対照的です。
    この日の保存車巡りから20年以上経ちますが。その後D51837を訪問する機会はありませんでした。まったく縁のない地に保存され、現役時代より長いリタイア時代を過ごしているD51837。鉄の塊であっても、これだけの長期間を屋根がなく定期的なメンテナンスがされない状態で保存されているとすれば、劣化は避けられないものと思います。他の機関車も含め、その現況を確認してきたいと思っています。
    2020年02月08日 21:02
  • ヒデヨシ

    しなの7号様こんにちは
    シート掛けの保存機
    よく見ないとD51と判りませんね
    装甲列車みたいにも見えます
    保存蒸機と言えば諏訪湖近くの
    D51 349を見たことがありますが
    ギースルーエジェクターと切り詰めデフで一見して北海道の機関車と判りますが
    全国に数多くいたD51ですから離れた場所ではなく近くから運べばと思いますが
    自治体が欲しいなと思ったときには北海道くらいしか走ってなかったのでしょうか?

    電機ED19
    とっても好ましい機関車で好きです
    現車は見たことがありませんが
    KATOの製品を買いました
    二軸貨車が似合い可愛いです
    2020年02月11日 15:51
  • しなの7号

    ヒデヨシ様 こんばんは。
    また再訪する機会があったら、この日撮影した保存蒸機の画像を比較画像としてアップしたいと思っています。シート掛けされていると何なのか言われないとわかりませんね。このD51209は、この年の6月と昨年2019年にも再訪して、装甲列車ではないことを確認していますw。

    地元にSLがなくなってからSLの貸与を申し出た自治体は大変多いと思います。しかしD51 349に関しては、私もこの日現地に行くまで信州には縁のない機関車なんだろうと思っていたのですが、そうではありませんでした。現場の説明板によれば、日本で初めてギースルエジェクタを取り付け改造された機関車だそうで、改造後に上諏訪機関区で7年間中央東線で使われたということでした。そのあとはデフで判るように北海道追分へ転出したという経歴で、ちょっと意外に思いました。
    Wikipediaにも、「1963年3月に長野工場で上諏訪機関区所属の349号機に試験的に取り付け、中央本線で試運転を実施した。」と書かれています。

    ED19は、KATOで製品化される前にワールドのを持っていましたが、終活の一環で今は手放し、KATOのは買いませんでした。手持ちのN車両はかなり厳選縮小してきましたが、最小限の車両更新は継続中です。(今日はEF62後期形下関とリニューアルされるヨ8000を予約し、在来の旧製品や他社製品と入れ替えとなります。)
    2020年02月11日 20:59