【1197】あの年の7月7日《1989年・1996年・2007年》

1989年7月7日 この日は仕事で同僚と2人で名古屋市内を回っていました。途中、相方が愛知県体育館内で仕事をしている人に会う用事があるとのことでしたが、私にはまったく関係がなかったので、その間、 たまたま開催中だった大相撲本場所6日目の取組を観て待たせてもらうことになりました。 その日にもらった前日までの星取表彼の用事はほどなく終わりましたが、そのあとも予定があり観ることができた取組は、幕下のほんの一部だけでした。 そういうわけで、この幕内の取組は観ていないのですが、今になって星取表を眺めてみると、このとき東の横綱は北勝海と千代の富士、西の横綱は大乃国となっています。千代の富士は故人となりましたが、北勝海は公益財団法人日本相撲協会の現八角理事長であり、ちょっと調べてみると現在の理事を勤めておられる10人のうち8人までが、この場所の幕内で現役力士として名前がありました。 星取表で、横綱大乃国は前日5日目が不戦敗となっており、これも調べてみるとこの日から休場となっています。大乃国の引退は1991年7月場所で、その引退までの2年間をケガと病気と闘い始めたのが、この1989年7月場所になっています。 下は幕下の星取表幕下に貴花田・若花田の名前があることにも時代を感じます。この日は若花田の取組はありませんでした。前述のようなわけで、早々と愛知県体育館を後にすることになりましたが、貴花田の取組くらいは観ていこうと2人で言っていたことは記憶していますが、勝ったのか負けたのか記憶がありません。し…

続きを読む