【244】 乗務した車両:165系電車(2)

中京地区には、大垣電車区のほかにもう1か所、神領電車区に165系が配置されていました。

私が車掌として乗務するようになった昭和56年の神領電車区では、主に中央西線用の電車を中心に受け持っていました。
ここの165系は、主に急行の「きそ」「つがいけ」用で、篠ノ井線から中央東線や飯田線北部に入る急行「天竜」にも運用されていました。
画像

上の写真は昭和54年、まだ私が車掌になる前、列車掛の養成期間中に撮影したものです。まだサロ165にはグリーンの帯が健在です。
車掌になったとき、神領電車区の165系には、名古屋までの入出庫回送列車に乗務していました。

昭和57年9月11日
中央西線 回802M
運転区間 名古屋~春日井
乗務区間 名古屋12:30~春日井13:07

1 クモハ165- 52 名シン 
2 モ ハ164-511 名シン 
3 サ ロ165-109 名シン
4 サ ハ153-115 名シン
5 ク ハ165-109 名シン
6 モ ハ165-  1 名シン
7 モ ハ164-801 名シン
8 ク ハ165-176 名シン
(神664)

神領電車区の165系8両編成は急行用なので、グリーン車「サロ165」が連結されていました。この回802Mは上りの急行「きそ2号」が終点名古屋に到着後、折り返し神領電車区へ入区するための回送列車でした。
上に掲げた編成では、4号車に153系のサハが混入しています。これは神領では当たり前のようになっていて、165系のサハが足らなかったものと思われます。所定の編成では5号車もサハが入るところですが、代わりにクハ165が使用されています。
2号車のモハ164は簡易運転台付きの500番台。6号車のモハ165はトップナンバー。ペアになっている7号車モハ164は低屋根車800番台のトップナンバー。なかなか役者が揃っていますね。
画像


昭和56年9月24日
中央西線 回880M
運転区間 春日井~名古屋
乗務区間 春日井20:11~名古屋20:30

8 ク ハ165-110 名シン
7 モ ハ164-804 名シン
6 モ ハ165-  4 名シン
5 ク ハ165-113 名シン
4 サ ハ153-101 名シン
3 サ ロ165-106 名シン
2 モ ハ164-510 名シン
1 クモハ165- 51 名シン
(神661)

こちらは夜、神領を出区して名古屋へ向かう上りの回送列車で、翌朝、名古屋から中央西線経由で大糸線に直通する急行「つがいけ」になる車両です。前日夜に名古屋まで回送し、急行運用の前に名古屋から前夜の普通列車で米原まで行って留置。翌朝名古屋まで普通列車で戻ってから本番の急行運用になるのです。この当時間合運用の普通列車ではグリーン車が「ハ代用」と言われ普通車として開放されていました。

この編成も、前述の編成と似たものですが、この編成中のサロ165-106にご着目ください。
この車両は、その後昭和57年秋、中央本線の急行列車のほとんどが特急化されたことによって不要となり、大垣電車区に転属し、急行東海や大垣夜行に活躍します。分割民営化後に静岡へ転属し、最後の急行東海に組み込まれてグリーン車の緑色帯を復活させました。Nゲージでも「165系さようなら急行東海」限定セットで模型化されました。
画像
実車はその活躍後も他車が解体される中で1両のみ生き残り、現在は名古屋の「リニア・鉄道館」に展示保存されている幸運な車両です。
画像

"【244】 乗務した車両:165系電車(2)" へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。