【991】 スチール棚の企画展16: 気動車

この画像の上半分が企画展全景です。
画像

所有する鉄道模型車両はこの数年でかなり減らしましたが、気動車は国鉄形国鉄色を中心に、かなり生き残りました。それだけ国鉄形気動車は特急用を除けば編成を組むのに制限が少なく、かつバラエティに富んでいて趣味的に面白い対象だということです。系列の違う形式の混結こそが気動車お面白さだと私は思ってはいますが、今回は所有する車種の許す範囲で、できるだけ整った編成に組んでみました。また、気動車はもともと短編成で運転できる形式が多いので、棚部分を左・中央・右と3つに分けて展示しました。


左側にはレールバスと短編成用の気動車を配置しました
画像
いすみ鉄道 いすみ200’・わたらせ渓谷鐵道 わ89-100

真岡鐵道 モオカ63・名古屋鉄道 キハ20

長良川鉄道 ナガラ1・伊勢鉄道 イセ1

甘木鉄道 AR100・天竜浜名湖鉄道 TH1

樽見鉄道ハイモ180・ハイモ230-300・明知鉄道 アケチ1

有田鉄道ハイモ180・南部縦貫鉄道キハ10・国鉄キハ02・国鉄キハ01

国鉄キハ04・国鉄キハ07+キハ07

北陸鉄道キハ5201・JR東海キハ11+キハ11

JR東海キハ48-1500+キハ48-500


画像
上の方はレールバスです。主に国鉄特定地方交通線転換第三セクター鉄道各社で見られましたが、今では、そのほとんどが次の世代の新型車種に主役の座を譲り渡しています。


その下はさらに前世代の顔ぶれが・・・
画像
画像
ここまで時代を遡ると、国鉄の2軸レールバスのように現役時代を私が知らない車両が出てきますが、キハ07は国鉄明知線(現在の明知鉄道)分岐駅恵那で見たことがありますし、キハ04ともども多くの私鉄に譲渡されていますので、譲渡先の私鉄に写真を撮りに行ったことはあります。北陸鉄道能登線のキハ5201の実車も見たことはないのですが、荷台が付いた気動車は特に好きなので、高校時代に紀州鉄道にいた荷台付きキハニ40801を見に出かけたことがあります。


次に中央部の様子。

国鉄特急形、急行形、準急形(急行色)、近郊形と通勤形(首都圏色)を配置しました。
画像
中央部最上段から下へ

80系特急形(81・80・80+82・80・80・キシ80・キロ80・82)

181系特急形(181・180・180・キサシ180・キロ180・180・181・181)

91系急行形(91-9・91・91・91・91・キサロ90・91・91)

急行後期形(65・キロ28-2500・58+58・28)

急行形冷改(57・キロ28-2300・58・28)

急行形非冷+郵便荷物車(58・57・58-1500・キユニ26)

準急形一段窓(26・キロ25+55・55)

準急形バス窓(キロハ25・55+26・55)

近郊形首都圏色(45・45)

通勤形首都圏色(30+35・35)


画像

画像
名古屋ゆかりの特急形と急行形です。「くろしお」にキハ81が転用されたと聞いて、名古屋駅に出かけたのは47年前で、キハ91やキハ181を初めて見たのは50年以上前のことですから、自分も老体になって当然なわけです。


画像
折戸が採用された系列が並びます。キハ919の3枚折戸の塗分けの違いが際立ちます。

キハ65と同じ雨樋高さになり、トイレ位置が変更されたキロ25-2500ですが、窓周りの塗分位置は在来車と変わっていません。


画像
キハ58系冷改車と非冷房車・キハ55系新旧急行色


画像
キハ55系郵便荷物改造車(雨樋塗分けなし)・旧急行色一段窓車・新急行色バス窓車


最後に右側。

国鉄一般色と首都圏色の気動車を配置しました。

画像
通勤形+近郊形一般色(35・36+23)

20系二段窓一般色(キハユニ26・25+20+20)

10系一般色-1(キハユニ16・11+16・17)

10系一般色-2(キユニ17・17・10)

40系寒地(48-1500・48-500+40-500)

首都圏色混成編成(キニ28・40-2000・20・52-100)



画像
普通列車用気動車のプロフィール。1両ずつの微妙な違いが気動車の最大の魅力。


画像
正面のバラエティ。合造車が多いのも気動車の特色。


画像
一般色気動車の20系一次形バス窓シリーズが今のところプラ製品で未発売なのが、やや物足らない。。。


ところで私がNゲージを始めたころ、気動車の模型は、K社のキハ20にキハ25・キハユニ26が加わった直後だったと記憶します。ほかには気動車は製品化されていませんでした。45年以上前のことですが、今では企画展ができるほど製品が充実しました。ほんとうにありがたいことです。


画像
最後は正面、一般的には一番の不人気車キハ35系(乗務の記事は「【104】乗務した車両:キハ35系気動車」)と影の薄いキハ45系(乗務の記事は「【109】乗務した車両:キハ45形気動車」)の首都圏色で締めくくります。

複数の線区で乗務した首都圏色のキハ35系は、ダントツに乗務回数が多かったので、最前列になっています。

それは決して楽しい乗務ではなく、いい思い出などありませんが仕事とはそういうものでしょう。そういうことのほうが、時が経てばかえって印象深いもので、実際に見て乗って、一時は乗務員を職業としてきた自分の歩いてきた道を模型から振り返ることが、自分の鉄道模型の楽しみの大きなウエイトを占めているのだなと思います。





"【991】 スチール棚の企画展16: 気動車" へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。