【1290】あの年の10月8日《1972年・2006年・2015年》

1972年10月8日
この年は日本に鉄道が開業して100年めでした。各地で鉄道100年記念行事が行われ、記念グッズもたくさん出た年でした。
その年10月7・8日に神領電車区の公開があり、私は8日に出かけました。そのときの画像は、【828】撮り鉄12か月…1972年10月「鉄道100年 神領電車区」でアップしていますので、今日は省略とします。

゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・

2006年10月8日
「中山道徒歩の旅」で、この日は下諏訪に来ていました。
s-1008-6-p.jpg
その日のことは、【241】中山道宿場巡りで見た鉄道風景(9):徒歩で再訪 塩尻宿~芦田宿で書きましたが、下諏訪駅から最大級の難所である和田峠の途中にある樋橋バス停まで歩いた日でした。
和田峠へ向かう国道142号線は急坂路で、あちらこちらに緊急避難所が見られます。
s-1008-06.jpg
長い下り勾配でブレーキを踏み続けることによって、ベーパーロック現象が起こってブレーキが効かなくなった場合に突っ込む場所だと思われます。鉄道ですと、用途的には車両逸走対策に通じますし、設備的な見かたをすれば安全側線のようでもあります。いずれにしても突っ込みたくない場所ですが、鉄道の場合は分岐器によって否応なしにそこに誘導されてしまうのに対し、自動車の場合は能動的にステアリング操作をして突っ込むことになりますから、それなりの覚悟が要りそうです。

゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・

2015年10月8日 稲沢に行きました。
構内にはヨ8000形式が停まっていました。
s-1008-15 (1).jpg
使用される機会はめっきり少なくなり、稼働車は少数になっていきますが、このヨ8634は東武鉄道で2017年から運転を開始した「SL大樹」用として生き延びたようです。
さて、当日は稲沢のヤード跡地の一部に建設されたショッピングモールへ行ったので、そこに展示保存されている2両のヨ8000形式のほうも観てきました。これらは東海道本線の列車からもよく見えるので、ご存じの方は多いと思います。
s-1008-15b.jpg
そのうちの1両の車体表記の画像です。書体は、見る人が見ればやや不自然ですが、一般の人からは忠実に手書きされていると思われることでしょう。プロの塗装業者さんの仕事に間違いないと思いますが、プロであっても鉄道に関してはまったくの素人さんであることが明白です。ここに来られる方は、国鉄書体の不自然さ以外にも間違いがあることがお判りかもしれません。

おそらく塗装直前の時点で、すでに消えてしまった表記の状態をそのまま忠実に再現された結果なのでしょうから塗装業者さんを責めるわけにはいきません。

"【1290】あの年の10月8日《1972年・2006年・2015年》" へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。