【612】 北恵那鉄道15:北恵那鉄道の想い出

北恵那鉄道のシリーズ記事は、廃線跡の記事から4年も中断してしまいましたが、再開します。しばらく木曜日に続けていきたいと思っていますが、ご覧の方の大多数が、この鉄道に対して馴染みはなく、想い出をお持ちの方は数少ないと思います。この鉄道が廃止になったのは1978年ですから、それも当然で、私が国鉄に入って2年目の年でした。できれば、ご自身の鉄道趣味の取り組みと重ねていただいたり、今時の中小私鉄の実態とは違うことを感じていただいたり、あるいは、昭和の私鉄を模型鉄道で再現するときの参考として、ご覧いただけたらうれしく思います。 なお、言い訳になりますが、私は北恵那鉄道とは関係がない者ですので思い違いもありましょうし、記憶が不確かなところもございますので、ご指摘等ございましたらご教示ください。また、記載内容についての問い合わせなどで、現在も路線バス事業者として存続している北恵那交通株式会社様にご迷惑になるような行為は、固く慎んでいただきますようお願いいたします。 以前の北恵那鉄道関係の記事(1~14)は、パソコン画面ですと右カラムの「ブログテーマ」の「北恵那鉄道」をクリックして記事を抽出できますが、記事を書いてから年月を経ておりますので、廃線跡の状況には変化があると思われますので、ご承知おきください。 *************************** 私が中学生のとき、鉄道ファン誌1971年(昭和46年)12月号のREPORT記事に地元北恵那鉄道のことが「北恵那鉄道廃止決定」というタイ…

続きを読む

【182】 北恵那鉄道14:その廃線跡(12)中津町駅

北恵那鉄道廃線跡の続きで、今回が最終回になります。 この鉄道に関する直前の記事は「【180】北恵那鉄道13:その廃線跡(11)中津町へ 」です。 中津町駅は北恵那鉄道の起点駅でした。 時刻表には連絡駅として「中津川」と表示されていましたが、実際には国鉄の中津川駅とは離れていて、国鉄から乗換の乗客は直接乗換ができませんでした。 それも国鉄の中津川駅から、駅前広場を横切って市街地を左に曲がり右に曲がりといったことを繰り返し、ついには中央西線のガード下をくぐって駅裏にのほうへ出るとこの中津町駅にたどり着くという、たいへん乗換には不便な駅で、6~7分くらいは歩かねばなりませんでした。 この駅にはまるで学校か役場のような木造2階建ての駅舎があって2階は北恵那鉄道の本社でした。 現在は駐車場として使用されていて、面影は残っていません。 駅からはこの地方のシンボル恵那山が見えました。 現在も駅裏には製紙工場がありますが、北恵那鉄道ではこの製紙工場の専用線的な役割も担っていて、貨物専用ホームがありました。旅客用ホームは駅舎前の1本だけでした。 国鉄の貨車が乗り入れて、専用ホームで積込作業が行われていました。 乗客は前述のように国鉄との乗換には歩かねばならないのですが、貨物は専用の連絡線が設けられていて、機関車または電車が国鉄中津川駅まで乗り入れて貨車の授受をしていました。 下はその連絡線を中津町駅側から撮ったものです。途中1か所に手動の踏切がありました。自動車…

続きを読む

【180】 北恵那鉄道13:その廃線跡(11)中津町へ

この鉄道に関する直前の記事は 【178】 北恵那鉄道12:その廃線跡(10)木曽川鉄橋 です。 木曽川を渡り、続いて支流の中津川を渡った北恵那鉄道はその中津川に沿って谷間を走りますが、中津川市の中心市街地は目前です。 上の写真の画面奥が下付知側で、沿う川は中津川。赤線部分が線路跡です。 線路はカーブして画面左端からは、そのまま鉄橋で中津川を渡ります。 この写真を撮った場所は廃線後にその鉄橋の直上に交差するように架けられた道路橋上です。写真左下にその道路橋の影が少し写っていますので、交差している位置関係がおわかりいただけますでしょうか。 上の写真の左上斜面に耕地と民家が見えますが、その辺りから現役時代の鉄橋を撮ったのが次の写真です。 鉄橋はカーブしています。この直上に新たに道路橋が架けられているのです。同じ位置から撮るといいのですが、私有地のようでしたのでやめて、下のほうから撮ってみました。 次の写真は道路橋の下(左岸上流側)から見た鉄橋です。 道路橋の上から見下ろすとこんな具合です。 この鉄橋を過ぎると製紙工場敷地の縁を回るようにして起点の中津町駅へ線路跡が続きます。 最終日に中津町駅のはずれから、進入してくる電車を撮ったのが次の写真です。 下の写真が現況です。左には製紙工場の塀があります。線路跡は右に曲がっていき、お寺の下のほうにある雑草のなかへ入っていきます。 この写真を撮った場所が中津町駅構内のはずれですが、のどかな雰囲気でした。…

続きを読む

【178】 北恵那鉄道12:その廃線跡(10)木曽川鉄橋

この鉄道に関する直前の記事は 【176】 北恵那鉄道11:その廃線跡(9)恵那峡口です。 さて、恵那峡口駅を出ると電車はいよいよ大河木曽川を長い鉄橋で渡ります。 航空写真でもわかりますが、東西に流れる木曽川本流に南側から「中津川」という支流が流れ込む場所に鉄橋が架けられ、その中津川から流出した土砂で出来た河原を利用して建設されているようです。この鉄道最大の構築物で、最高の見せ場ともいうべき場所とも言えましょう。 そういう場所というのは保守管理も大変なもので、昭和38年(1963年)には木曽川の河床上昇による冠水の恐れが出たことから橋脚の嵩上げ工事をしています。その間はバスで代行運転をしたというのですが、私はそのことは後で知りました。河床が上がった原因は、北恵那鉄道誕生の理由となった大井ダムの影響によるのですから皮肉なものですが、廃止後も、この嵩上げ工事によって冠水して流失することなく現在まで北恵那鉄道最大の遺構が残されているとも思えます。 ここはほんとうに景色のいい場所で、中津川市街地からも近く、ここで北恵那鉄道の有名撮影地として当時の写真も多く紹介されています。 それでは、現役時代と現況の写真をご覧ください。 並行する道路橋の玉蔵橋の歩道からの撮影です。下流に向かってカメラを構えていますので画面右側背後の山は城山で、その右下あたりの集落に恵那峡口駅がありました。左側が中津町方向です。 この木曽川に架かるトラス橋はたいへん古いタイプで、もともと転用されたものら…

続きを読む

【176】 北恵那鉄道11:その廃線跡(9)恵那峡口

北恵那鉄道廃線跡の続きになります。 この鉄道に関する直前の記事は 【173】 北恵那鉄道10:その廃線跡(8)苗木・山之田川 です。 中津町行の電車は山之田川駅を出ると目の前の山を避けて右へカーブします。 下の写真は山之田川駅構内中津町方のはずれで、中津町方向から駅へ進入してくる電車を撮ったものです。 その後、田んぼを横切り、細い川沿いにうす暗い谷間へと分け入っていきます。険しい地形で、こうした地形を利用して、近くには苗木藩遠山氏の居城であった苗木城址があります。線路はその苗木城があった城山のすぐ下の谷間を走ります。そして谷間を出る直前に、高いところに架けられた鉄橋を渡りました。 この鉄橋は当時のまま残っていました。 この鉄橋を過ぎて少し行くと進行右側の景色が明るく開けてきます。木曽川のほとりに出たのです。そしてここに恵那峡口駅がありました。 背後の山が、「苗木城」があった城山です。 電車が駅を発車して降車客が歩いて行くところを撮影したものです。 下の写真は、ほぼ同じ位置の、線路だったところをはさんだ反対側から駅跡を写しています。 ここは無人の小駅でしたが、木曽川の「奥恵那峡下り」遊覧船への乗換駅でした。 中津町寄りに少し歩くと遊覧船の乗り場がありました。 現況はこんな具合で、もう遊覧船はありません。 この遊覧船は意外なことに今でもJTB時刻表にも掲載されています。もちろん時刻が載っているわけではなく「休航中」となっていますが、…

続きを読む

【173】 北恵那鉄道10:その廃線跡(8)苗木・山之田川

北恵那鉄道廃線跡の続きになります。 この鉄道に関する直前の記事は 【170】 北恵那鉄道9:その廃線跡(7)上苗木 です。 上苗木駅の先も、ずっと田んぼの中に線路が敷かれていたのですが、廃線跡がわからなくなっています。圃場整備事業で田んぼの一部分になってしまったのでしょう。 次の駅は苗木です。 少し離れた道路には同名のバス停があります。画面奥の家が建てこんでいる付近に駅がありました。 苗木駅の跡地は、以前はゴミ捨て場のような様相になっていた時期があったのですが、昨年末に行ってみると何軒もの住宅が建っていました。以下の写真に赤い線を入れてみましたが、正確な駅の敷地範囲をを示すものではありません。線路の敷かれていた方向がわかりやすいようにしただけですのでご承知願います。 上の写真は苗木駅跡地の中津町寄りから撮ったものです。その反対側を撮ったのが下の写真です。 横切る道路のところが踏切跡で、その手前までが駅跡です。 中津町寄りの線路跡が道路となって続いています。 この苗木という街は、現在中津川市の一部にすぎませんが、江戸時代には遠山氏が治める苗木藩の中心で近くの木曽川畔に城もあった城下町なのです。 次に進みましょう。次の駅は山之田川です。 ここは国道と並行する位置にあって、駅跡のすぐ目の前に同名のバス停があります。 バス停の後ろの草地は駅敷地跡です。更地となって、駐車場として利用されているようでした。 上の写真は廃止直後の様子です。…

続きを読む

【170】 北恵那鉄道9:その廃線跡(7)上苗木

北恵那鉄道廃線跡の続きになります。 この鉄道に関する直前の記事は「【167】 北恵那鉄道8:その廃線跡(6)関戸・並松」です。 並松を出ると電車は上り勾配で丘陵地帯を越えます。ここで下付知から連れ添ってきた付知川水系の谷と別れを告げるのです。現役当時の北恵那鉄道は、この勾配区間の頂上付近が切り通し区間となっていました。ここには旧街道の橋が線路上に架かっていて、その橋の上から電車を見下ろすことができました。その場所が下の写真で、中津町方面を向いて撮ったものです。 現況はどうなっているかと申しますと、私の場合は橋に気が付かず、自動車で現場を通り過ぎてしまいました。戻ってみると、気がつかないもの当然で、その切り通しは埋められてしまっていたのです。上の写真と全く同じ位置に立つと下の写真のようになっています。 埋められた後、橋のあった位置から中津町寄りに分岐する道路になっているのでした。 反対の下付知側には橋の欄干が残っていましたが、こちら側も埋め立てられて、橋とは言えない状況になっていました。この橋の下を北恵那鉄道の電車が走っていたのです。 こうして丘陵地帯を抜けると田園地帯にに入り、やがて上苗木駅です。 近くを通る国道には同名の停留所があります。 このバス停近くにあったはずの上苗木駅跡を探してみますが、さっぱりわかりません。 それもそのはずで、この付近一帯は廃線後に圃場整理事業が行われたのです。いわば田畑の区画整理で、田畑はもちろんのこと、用水路や道路の位置まで…

続きを読む

【167】 北恵那鉄道8:その廃線跡(6)関戸・並松

北恵那鉄道廃線跡の続きになります。 この鉄道に関する直前の記事は「【165】北恵那鉄道7:その廃線跡(5)美濃福岡」です。 美濃福岡の次が関戸駅。 この駅は昭和36年に設置された新しい駅でした。当初から無人駅で、私が知っている廃止時点では駅名標はなく、その代わりにプラットホームに設けられた鉄骨の上屋に「せきど」と駅名が表示されていて、プラットホームも石垣の土盛りでなく鉄骨の柱で支えられた構造で、他の駅とは雰囲気が違っていました。 上の2枚は同じ場所からの撮影です。 駅のすぐ下付知寄りにあった小さな踏切のあたりから駅を撮ったものですが、踏切部分の道路が拡幅され、その残土が廃線跡に廃棄され、そこに雑草が生えていて荒れ放題です。桜並木もなくなっています。 上の2枚の写真のうち夜の電車が写っている方は営業最終日の撮影です。ふだんは隣接して並行する国道の自動車が行きかうばかりで、閑散としていた夜の駅も、この日ばかりは何人もの見送りの人々の姿がありました。その次の写真は、だいたい同じ位置から現況で、広角で撮っています。 この位置から少し国道を中津川寄りに行くと現在の関戸バス停があります。下の写真です。 このバス停の待合所の形状と、前の営業最終日の夜の写真に写っている待合所を見比べてみてください。形状が酷似しています。鉄骨の主体構造は鉄道時代のものをそのまま移築したもののようで、屋根材など外装材は、その後の補修で変わっています。 この写真の後ろ側の壁…

続きを読む

【165】 北恵那鉄道7:その廃線跡(5)美濃福岡

長期間中断してしまいましたが、北恵那鉄道廃線跡の続きになります。 この鉄道に関する直前の記事は「【144】北恵那鉄道6:その廃線跡(4)栗本」です。 美濃福岡駅は旧恵那郡福岡町中心部の町はずれにありました。福岡町も現在では中津川市に吸収合併されています。 現在、この駅があった場所に最も近いところにあるバス停は「病院前」です。 町はずれであることから「福岡」を名乗っていないのでしょうか? 美濃福岡駅は、北恵那鉄道のほぼ中間地点にある主要駅で、構内には変電所もありました。晩年は上下列車の行き違いが、ほとんどこの駅で行われていましたし、朝は、この駅始発の中津町行区間列車も存在しました。 ここも線路跡は整地されて、駅の建物や施設があったことを知らなければ通り過ぎてしまいそうなくらい変わっていましたが、その場所には立派な石碑が建てられていました。 ※上の石碑の写真は2007年夏に撮影したものです。 上の2枚の写真は、ほぼ同じところで撮影したものです。現況写真で、水色の線で囲った部分が、上にある現役当時の写真に写っていることになります。現況写真左側に「美濃福岡駅跡」の石碑が写っています。 上の2枚の写真はいずれも美濃福岡駅の中津町寄りにあった踏切(跡)から駅構内を撮影したものです。桜の木は今も健在です。 この踏切(跡)から駅構内に進んでいくとこんな感じです。 建物の左側に黒く写っているのは、さきほどの駅跡の石碑です。現在の建物の…

続きを読む

【144】 北恵那鉄道6:その廃線跡(4)栗本

北恵那鉄道の続きになります。 この鉄道に関する直前の記事は「【138】 北恵那鉄道5:その廃線跡(3)美濃下野」です。 付知川の険しい渓谷も終わりに近づくころに、栗本駅がありました。 この駅は、観光開発のためホームの目の前の旅館が土地を提供して開業したとのことでした。上の写真に「三千桜」という地酒の看板を掲げたその旅館の建物の一部が写っています。 現在は駅周辺に民家がほとんどなく、この駅に対応するバス停もありません。国道はこの駅の先の美濃福岡の手前で、台地の上から降りてきて再び線路に近いところを並行するようになります。 栗本駅は渓谷沿いの無人駅でしたが、ここには私がまだ就学前と小学生のころに家族で来たことがあります。 この駅は「栗本水泳場」の下車駅で、すぐ目の前の渓谷を流れる付知川で泳ぐことができ、夏場は多くの客が訪れる北恵那鉄道沿線唯一の観光地と言えるところでした。 海から遠く離れたこの地方では日帰りで海水浴に行くのは困難で、プールなどもなかった当時は、こうした川遊びを兼ねた水泳場があったのです。 ※写真に写っている子供は、高校を卒業してから国鉄に入社し、民営化を機に退職した誰かです。もう一人は言うまでもなくその母親で、現在は80歳になります。50年の時の流れは、駅も人も変えてしまいました(+_+) 駅そのものはもともと無人で、プラットホーム1本だけの小駅でしたが、かつては前述の旅館のほかにも、夏には休憩や食事のできるお店が線路沿いにあったのです…

続きを読む

【138】 北恵那鉄道5:その廃線跡(3)美濃下野

北恵那鉄道の続きになります。 この鉄道に関する直前の記事は「【133】北恵那鉄道4:その廃線跡(2)稲荷橋・田瀬」です。 田瀬を出ると中津町行の電車は付知川が造った深い渓谷に分け入っていきます。人家もまばらなところを国道に沿ってレールが敷かれていました。 ずいぶん険しいところを走っていたもので、廃線後は一部区間は並行する国道の拡幅のための用地として削り取られて国道の一部と化しています。 上の写真は中津町方向を向いて撮りました。国道のセンターラインのあたりから右に法面があり落石防護柵あたりの高さのところが軌道敷地だったはずです。国道拡幅のため削られてしまっています。下付知側を振り向くと下の写真です。 広い国道になっていますが左側半分は北恵那鉄道跡地です。右側は崖で、付知川が流れています。 この国道は何度も通ったことがありますが、廃線前は狭い道で対向の大型車に出会うと行き違いができないほどでした。やがてこの国道は付知川の対岸へ渡り、渓谷沿いを避けるように川から離れ坂を上り台地の上の人家がある方向へ分かれていきますが、北恵那鉄道はひたすら付知川に沿って渓谷の中を下っていきます。渓谷の対岸には細い旧国道がありますので、その道路から対岸の廃線跡を観察しつつ、次の駅、美濃下野へまいります。 バス停は、駅とは500メートルくらい離れた台地上を走る国道ににありましたが、「下野」を名乗っています。 駅の現況はどうかというと、まったく跡形もなく整地されていました。 駅構内…

続きを読む

【133】 北恵那鉄道4:その廃線跡(2)稲荷橋・田瀬

北恵那鉄道の続きになります。 この鉄道に関する直前の記事は「【128】北恵那鉄道3:その廃線跡(1)下付知」です。 北恵那鉄道には13の駅がありました。 私が知っている末期には起点の中津町駅とほぼ中間の美濃福岡駅、終点の下付知の3駅だけに駅員が配置されていました。そのほかの駅は無人駅でしたが、駅舎が廃線時まで残っていた上苗木、並松、美濃下野の各駅のほか、山之田川、苗木、田瀬の各駅はいずれも廃線時には駅舎こそなかったものの、駅舎が取り壊された跡の基礎部分があったり、駅の規模から、もとは駅員が配置されていたものと推察できました。 そのほかの4駅(恵那峡口、関戸、栗本、稲荷橋)は、いずれも行き違い設備や貨物ホームの類もなくて、旅客ホーム1本と待合所がある程度の規模でしたので、もとから無人駅であったことが推察されました。 さて、下付知駅を出て次の駅は「稲荷橋」です。 現在は、同名のバス停が近くにあります。 バス停から稲荷神社への細い道を入るとすぐお堂があって、その横が駅でした。 現況はこんな具合でプラットホームと線路跡がそのまま残っていました。 上は中津町方向から下付知側を向いて撮りました。下は反対側から撮ってみました。訪問したのが12月でしたので、プラットホーム上に植えられた樹木に、クリスマスの装飾がされていました。すぐ下にある喫茶店から見える位置なので、こういうことになっているのでしょう。 稲荷橋を過ぎ、廃線跡は国道の右側斜面上を通っています。国道と少し…

続きを読む

【128】 北恵那鉄道3:その廃線跡(1)下付知

北恵那鉄道の続きになります。 この鉄道に関する直前の記事は「【126】 北恵那鉄道2:その歴史と記念乗車券」です。 北恵那鉄道が廃線になってから30年以上経過しました。 現在、その跡地はどんな様子なのでしょう。沿線をめぐってまいりましたので、廃止前の写真と対比もしながらご紹介します。編集の都合上、終点の下付知駅からJR中津川駅最寄りの起点駅中津町に向かって見ていくことにします。 今回は下付知駅です。 北恵那鉄道の晩年は日中の運行をバスで対応していました。現在も廃線跡にほぼ並行している国道257号線に社名を「北恵那鉄道」から「北恵那交通」と変更したバス会社の路線バスが走っています。 このバス停の向こう側の広場は駅前広場でした。その向こう側の雑草の生えている手前あたりにかつては駅舎がありました。 写真は終点の下付知駅に到着しようとする電車です。 この駅舎は廃線後も意外と長く解体もされずに残されていました。 上の写真は、廃止後も残されていた駅舎です。1994年の元日の撮影で、人物は私の父親です。私の子供と一緒に正月の帰郷の際に出かけたときの写真です。すでにホームの高さまで線路部分が埋められているのがわかります。 上の写真がは現在の廃線跡地です。2002年に駅舎も解体されてしまったそうです。埋められた線路部分には雑草が茂っています。左側の木の下あたりの草が生えていない部分がホーム跡です。 そのホーム上に立ってみます。ホームの部分だけコンクリートが残って…

続きを読む

【126】 北恵那鉄道2:その歴史と記念乗車券

北恵那鉄道の続きになります。 この鉄道に関する直前の記事は【113】 北恵那鉄道1:はじめに…です。 今回は北恵那鉄道の歴史について、簡単に紹介させていただきます。 画像はすべて記念乗車券とそれに付属していた資料です。 北恵那鉄道では2回記念乗車券が発売されています。昭和46年に「創立50周年記念乗車券」、そして昭和53年廃止時の「おわかれ記念乗車券」です。 画像は「創立50周年記念乗車券」の裏面です。 この鉄道会社は大正11年2月15日に設立されました。 鉄道敷設の目的は木曽川にダムが建設されると、木曽川による木材輸送ができなくなるために、代替え輸送の手段として鉄道輸送の必要性があったことによります。電力会社の補償のような生い立ちであり、森林鉄道的な側面があったようです。そのため初代社長は日本の電力王と言われる福沢桃介で、彼は福沢諭吉の娘婿でありました。 鉄道の開業は2年後の大正13年8月5日で、中津町~下付知間全線22.1㎞が一気に開業しています。 画像は「おわかれ記念乗車券」に付属していたものです。 このほかに、大井ダム本体工事のために敷設された大井(現恵那駅)から大井ダム工事現場までの専用線も、のちに北恵那鉄道大井線となりましたが、今回の一連のブログ記事では扱わないこととします。 電力会社の息がかかった鉄道会社だけあって、開業当時から電化されていました。このような田舎では画期的な先進鉄道であったことでしょう。 開業時には新造車の電車4両と無蓋…

続きを読む

【113】 北恵那鉄道1:はじめに…

みなさんは北恵那鉄道という私鉄があったのをご存知でしょうか。 この鉄道は私が国鉄に入社した2年後の、昭和53年(1978年)に廃止になった岐阜県東部にあった小さな鉄道会社でした。私は国鉄を退職するまでの間、この鉄道の沿線ではないものの、比較的近いところに住んでいたことと、通学していた高校が中津川であったことから、身近に感じていて大好きな鉄道でした。 廃止される数年前からは写真もよく撮りに行っておりました。 そうした思いから、この北恵那鉄道については、いずれこのブログをご覧いただいている皆さんにもご紹介したいと思っておりました。折しも先月、拙ブログにいつもコメントをくださるアルヌーさんがブログ「おっさんの思い出日記」のなかで西武鉄道の休止路線である「安比奈線」探訪の記事を紹介されていて、使われなくなった鉄路の現況を興味深く拝見しました。廃止された北恵那鉄道の線路や施設は現在どうなっているか、私は気になって確認してみようと思ったのです。 いつもご覧いただいている皆さんは、ご承知のとおり、私は最近ほぼ毎週、主に土曜日には岐阜県の実家に行っておりますので、そのついでに探訪することが可能です。12月に入り雑草が枯れてマムシや害虫もいなくなり雪が降るまでのこの時期は廃線跡の探訪にはよい時期ですので、気になったスポットに出かけてみたのです。その様子も、近日中にお目にかけたいと思います。 このように思い入れのある鉄道ですので、長期にわたって何回になるかわかりませんが連載になりますので、こ…

続きを読む