【1200】あの年の7月10日《1973年・2011年》

1973年7月10日 中津川~木曽福島間で「さよならSL列車」が運転された翌10日にはダイヤ改正がありました。この日「しなの」で381系電車がデビューし、名古屋発の下り初列車「しなの1号」の到着に合わせて中津川駅でセレモニーが催されました。 「しなの1号」の中津川着時刻は朝の8時前だったので、ちょうど登校する時刻にあたりました。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2011年7月10日 EF66 35 中央西線 定光寺 下りの多治見貨物です。EF66が中央西線で撮影できるとは国鉄時代には考えもしませんでした。この画像を撮影した時点で381系デビューの日から38年経っていますから、中央西線の日常もずいぶんと変わったものですが、今ではEF66が入線することはなくなり、このEF66 35は、京都鉄道博物館に保存展示されています。今の日常もまた遠い過去の世界になっていくのが世の常です。

続きを読む

【1199】あの年の7月9日《1973年・1991年・1995年》

1973年7月9日 中津川~木曽福島間で、中津川機関区のD51 827+D51 549+客車5両編成による「さよならSL列車」が運転されました。当日は平日だったのですが、学校は中津川駅を見下ろす位置にあり、下りの「さよならSL列車」が中津川駅の発車時刻は9時32分。学校の1~2時限の間の休憩時間にあたっていたのは神の思し召しでした。 教室からは駅が見えないので外に出て撮影しました。 折返しの上りが中津川に着くのは15時35分で、その日の授業がすべて終わった直後でしたから、かろうじて中津川到着直前の姿を見ることができました。上下列車とも場所など構っていられないほどの際どい中での撮影でしたが、私が中央西線のD51が本線走行をしているのを見たのはこれが最後になりました。余談になりますが、翌月、8月26日に木曽福島機関区のD51 775による「さよなら列車」が木曽福島~塩尻間で運転されたということです。それを知っていれば出かけたと思うのですが、そういう情報はキャッチできませんでした。中津川機関区は名古屋鉄道管理局、木曽福島機関区は長野鉄道管理局の管轄下にありましたので、それぞれの鉄道管理局が運転区間を変えて「さよなら列車」を別々に運転したということだったのでしょう。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 1991年7月9日  前日、名古屋から大垣発東京行夜行普通列車に乗って、この日の早朝に南武線浜川崎支線・鶴見線に初乗りしました。鶴見線大川 …

続きを読む

【1196】あの年の7月6日《1973年・2008年》

1973年7月6日 中央本線 中津川機関区たしか下校途中だったと思いますが、中津川機関区に立ち寄ってみると、この3日後に運転される予定になっていた「さよなら列車」を牽く本務機D51 827に、本番で使用する装飾が取り付けられているところに出くわしました。ついに来るべき時が迫っていたのでした。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2008年7月6日 篠ノ井線 桑ノ原(信)~姨捨 篠ノ井線には当時、羽尾信号場・姨捨駅・桑ノ原信号場と連続して3つのスイッチバック式停車場がありました。そのうちの一つである羽尾信号場が廃止されることになり、実際に羽尾信号場でスイッチバックする臨時快速列車「スイッチバック街道惜別羽尾号」が運転されました。クモユニ143×2+115系×3の編成で、聖高原駅停車中にクモユニ143の車内見学が可能でした。

続きを読む

【1194】あの年の7月4日《1999年》

中央西線木曽区間を中心に運転されていたJR東海165系が、313系にバトンを渡し引退しようとしていました。 1999年7月4日 中央西線中津川 165系の撮影会が催されました。 普段は横サボなしで運用されていましたので、ヘッドマークともども、展示用の演出だと思われます。 ゲスト?としてEF64 2+オハフ46×3+EF64 35の編成も展示されていました。

続きを読む

【1193】あの年の7月3日《1993年・1994年》

1993年7月3日 因美線高野駅タブレットと腕木式信号機、そして国鉄色の気動車。そういったかつてのローカル鉄道の日常の風景が、この時点で因美線だけになっていましたので、日帰りで出かけました。いきなり砂丘色先頭の列車がやってきて出鼻をくじかれました。 同日 因美線美作河井駅それでも最後には国鉄色キハ58の行き違いを目にすることができたのですが、この日はカメラのフィルム感度設定を誤るという凡ミスがあり、減感現像を依頼することになりました。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 1994年7月3日 豊肥線 立野~赤水 7月1日から書いている2泊3日の九州乗り鉄旅3日目の画像です。この旅の行程は【693】鉄旅1994年7月「787系つばめ・熊本のキハ52・豊肥本線」で書いていますので、ここでは省略します。 この日見たSLあそボーイは、SLが不調だったらしくDLが先頭に連結されていました。

続きを読む

【1192】あの年の7月2日《1994年》

1994年7月2日 昨日書いた2泊3日の九州乗り鉄旅2日目です。この旅の行程は【693】鉄旅1994年7月「787系つばめ・熊本のキハ52・豊肥本線」で書いていますので、ここでは省略します。 肥薩線を八代から隼人まで普通列車を乗り継いで行く途中に、人吉で厚化粧の急行「くまがわ」が停車中でした。 西鹿児島(現鹿児島中央)駅では長旅を終えた特急「なは」が停車中同じ青でも、こちらは厚化粧を思わせないのはなぜでしょう? 初乗りの指宿枕崎線終点「枕崎」では、乗車した下り列車が遅延していたために慌ただしい折返しになってしまいました。

続きを読む

【1189】あの年の6月29日《1996年》

1996年6月29日 日の出が早いこの時期でないと撮影できなさそうな列車を撮影したいと思い、夜明け前に自動車で家を出ました。 「ちくま」大阪行です。中央西線内での走行写真は非常に難しいです。新守山・大曽根間でまだ薄暗い中、どうにもならない絵になってしまいました。 このあと先回りして、東海道本線五条川(信)付近に場所を移します。 すっかり夜は明けて、名古屋で牽引機がEF65PFに変わった「ちくま」を再び出迎えます。 飼料ホキを連ねたDD51 このほかにもこの時期でないと撮影できない列車を撮影しましたが、今ではこの付近には建物が建ったりフェンスが張り巡らされて、立入りができなくなりました。 EF651065 不意打ちで白ホキを牽いてきました。

続きを読む

【1188】あの年の6月28日《1983年・2008年》

1983年6月28日 連日の飯田線詣で。 七久保~伊那本郷 合の子クモハ53008です。 自分にしては飯田線の聖地みたいな千代~金野。 特別な旧国ファンでもなく、どちらかというと伊那の風景と旧国とのマッチングが気に入っていただけなので、運用を調べたりして特定の車種を狙うようなことはしていませんでした。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2008年6月28日 地元画像です。 土曜日でしたので、春日井駅へ行っています。 入ってきたのはEF65 1076でした。大宮三色更新機なのに異常に汚れて二色かと思ってしまいます。 とび色2号のワムハチがめっきり少なくなってきたころです。

続きを読む

【1186】あの年の6月26日《1973年・1988年》

1973年6月26日 この日、明知線でC12重連が牽くお座敷列車の団臨が走りました。しかしこの日は平日、しかも1往復(下りは回送)設定されたダイヤは定期列車運転前の早朝でした。つまり始発列車で撮影に出かけても間に合わず、下りの回送が恵那を出るのは4時前という悪条件なのでした。 そこに救いの手が差し伸べられました。やすたろう様のお母様が軽乗用車で明知線の阿木まで私どもを乗せていってくださるというのです。帰路は列車に乗れば学校の始業時刻には十分に間に合いますので、往路だけをお願いしました。 現地では、まず下りの回送列車を撮影しましたが、阿木付近に列車が来るのは4時台前半で、まともには撮影できませんでした。阿木~飯羽間  C1269+C12230の重連で、客車はオロ80系でした。 明知から折返して乗客を乗せてくる上り列車のC12は逆向きで、明知では2両の機関車の前後が入れ替わって、下り同様にC1269が先頭でした。阿木~東野(現在の阿木~飯沼) この列車を撮影したあとは阿木駅まで歩いて恵那行の始発列車に乗車。恵那駅でその列車から降りると、まだお座敷列車は停車中でしたが、この先名古屋方面に直通するため機関車はEF64に付け替えられていました。このあと中央西線の下り始発列車に乗り継いでそのまま登校しても早く着きすぎますので、いったん家に帰りました。 お座敷列車は2本ともラジカセで走行音を録音しましたが、早朝にもかかわらず撮影者は他に何人もいて、足音や声が入っていてまともには録れていませんで…

続きを読む

【1182】あの年の6月22日《1988年・1996年》

1988年6月22日 中央東線(辰野線)でC56 160が牽く臨時列車「SLほたる号」が運行されることになり、この日、試運転が行われました。 最初の1往復は客車なしでDE10をお供につけて。 次の1往復は客車3両を牽引していますが、煙はサッパリです。最後部の客車には大勢の人が乗っているようですが報道関係者? ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 1996年6月22日 稲沢に行っています。手前のEF65には一休車の札があります。EF64は黒ゴム。国鉄が分割民営化されて9年目で、そんなところにも少しずつ歴史が動いていることを感じます。 DD51重連は、つい最近までは当たり前の風景でした。 この2枚以外に撮影していないようなので、何をしに行ったのか不明。この時期は、よく子連れで買い物ついでに東海道本線の列車を見に行っていたので、そのとき撮影した画像のようです。

続きを読む

【1180】あの年の6月20日《2009年》

2009年6月20日 近場ということで中央西線の定光寺~高蔵寺間に出没しています。 すでに高崎から愛知区へEF64 1000の第一陣4両が転入し、0番台の引退は時間の問題となっていたころでした。国鉄色で残った0番台34・33のコンビでした。特に次位の白ゴム33号機は一番人気でした。しかしこの2両が中央東線から中央西線に活躍の場を変えたのは国鉄末期の61.11ダイヤ改正からでしたので、私の仕事上での接点はありませんでした。 JR貨物更新色の47号機ですが、こちらは国鉄時代には篠ノ井機関区に所属しており、国鉄時代の中央西線には縁が深い機関車で、私が乗務した貨物列車を牽いてもらったことがありました。中央西線の旅客列車がすでにJR世代に代替わりしていた中でEF64 0番台の引退は、国鉄から中央西線でずっと残されてきた車両がなくなってしまうことも意味していました。

続きを読む

【1177】あの年の6月17日《1972年・2005年》

1972年6月17日  2泊3日の修学旅行最終日でした。行先は箱根と東京で、この日予定どおり行程を消化して、ずいぶん早く品川駅の団体待合室に着いて、待たされた後、159系「こまどり」に乗車して帰りました。単独行動はできなかったので、ホームで「こまどり」の先頭部の撮影などはできませんでした。2日前に往路で乗車したときに入線する編成先頭部には「こまどり」のヘッドマークがなかったですから、帰路の編成にもなかったのだろうと思います。そういうわけでそのときの159系の画像は撮影できていません。その列車内から、並走していた京浜東北線の103系の写真を1枚だけ撮影していました。昔の通勤列車は換気対策十分でした。まだ中京圏に103系は走っていませんでしたし、田舎者には列車の並走シーンなどめったに見られることではなかったので撮影したのでしょう。フィルムは自前ではなく、グループに1人指定された写真係として学校から支給されたものでしたから、勝手に鉄道写真を撮影することができない中の1枚です。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2005年6月17日  5月28日に書いた「中山道徒歩の旅」の前身にあたる「中山道宿駅巡り」の第二回目に出かけました。この日は倉賀野宿・高崎宿・板鼻宿・安中宿・松井田宿を訪問しました。安中宿から松井田宿までは列車で移動しました。列車待ちの安中駅では濃硫酸専用タンク車が停車中 この日の宿は高崎市内に取りました。

続きを読む

【1174】あの年の6月14日《1997年・2008年》

1997年6月14日  この年の秋に信越本線の横川~軽井沢間が廃止されました。そこで、最後の乗車をすることと、長野県内とその周辺の保存車両巡りをすることを目的に、一泊の行程で出かけました。 子連れでもあり、効率を重視して自動車で出かけています。 清里 C56 149  現在の保存場所は駅前ですが、当時は清泉寮付近で荒れ果て、悲惨な状態で放置されていました。 そのあと、画像は省略しますが、野辺山のC56 96、軽井沢のED42 2と巡り、碓氷峠旧線跡の見学をしながら横川まで下ってED42 1を撮影しました この日の最大の目的は、横川~軽井沢間でEF63が後押しする列車に乗車することでした。最後に御代田でD51 787を見てからこの日の予定を終了。この日の宿は佐久市内のビジネスホテルでした。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2008年6月14日 青空フリーパスを使って、日帰りで三重県方面のJR線に乗るだけの目的で出かけました。 まずは名松線で伊勢奥津まで1往復して、そのあと紀勢本線を南下。 青空フリーパスの有効区間は紀伊長島までなので、ここで下車しました。 紀伊長島駅 駅周辺の「社会探訪」(駅周辺の街歩き)をして、折り返し紀勢本線を多気まで戻り、参宮線にも乗ってきました。 鳥羽駅 ロングシートの普通列車が主体になった今では、こういう旅程で出かけたいとはあまり思わなくなりました。

続きを読む

【1173】あの年の6月13日《2011年》

梅雨の時期、さすがにこの時期に出かけることは少ないので、アップできる画像は限られてきます。 この日はどこかへ行った記録が見当たりませんので、9年前の「昼休みの春日井貨物」の画像を。 2011年6月13日 春日井~勝川 このころには、このようなEF65PFの2色更新色が現れる確率がいちばん高かったのですが、日によってPFの色違いとか他形式のELが運用されることもあって、それが昼休みのお楽しみでした。 まだJRFのPFが1000番台だったころで、+1000=2000番台への改番が始まったのは、この翌年でした。

続きを読む

【1172】あの年の6月12日《2007年》

2007年6月12日 このころ、名古屋臨海高速鉄道あおなみ線の車両が朝の通勤時中央西線を神領車両区に向けて回送されているのを時折見かけましたので、いつか出会えたらと思って気に留めていたところ、この日大曽根に停車しているところに遭遇しました。 383系「しなの1号」とのツーショット その「しなの1号」のあとを神領に向けて発車していきました。(後方から撮影)

続きを読む

【1167】あの年の6月7日《1997年・2003年》

1997年6月7日 この日は、子連れで保存機関車巡りで名古屋市内に行っています。 今はリニア鉄道館に保存されているC62 17当時は東山動植物園内の入園者の目に触れにくい、かなり奥の方に保存されていました。 そしてこちらも、今はリニア鉄道館に保存されているC57 139当時は名古屋市千種区にあったJR東海社員研修センターに保存されていました。現地は国鉄時代には中部鉄道学園という教育施設で、私は4か月半の全寮制研修所生活をしたことがありました。C57 139の保存場所は道路に沿ったところで、国鉄時代には自由に入れるようになっていたと記憶するのですが、フェンスにある扉は施錠され、木々もあって写真が撮りにくかったので、玄関にいた警備員氏に写真が撮りたいと申し出ました。こちらは子連れなので、昔なら「どうぞどうぞ」となったでしょうし、場合によっては「運転室にも乗るか?」カギを開けてあげようなどとなることも考えられるところでしたが、もうこの時代には「立ち入りはできません」という事務的な返事でしたので、敷地外から無理やり撮影しました。 国鉄が分割民営化されてちょうど10年が経っており、一般常識は確実に変わりつつありました。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ そのように冷たい時代になった代わりに、JR東海は国鉄時代の鉄道車両を見学できる保存施設として、飯田線中部天竜駅構内に「佐久間レールパーク」をオープンさせていました。そこには幾度か出かけましたが、…

続きを読む

【1166】あの年の6月6日《1987年・1992年・2009年》

1987年6月6日~7日に、篠ノ井線にEF55が臨時運転されたので撮影に出かけています。そのことは【802】撮り鉄12か月…1987年6月「篠ノ井線のEF55」で、書きましたので、今日と明日の記事からは省略します。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 1992年6月6日、家族で大阪へ行っています。 この日は子連れで海遊館と交通科学博物館を見学して、この乗車券を使って日帰りしています。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2009年6月6日 1992年6月6日に海遊館と交通科学博物館へいっしょに行った子は、それから17年後には成人になっていました。その子が金券ショップで買った近鉄の切符が2枚余ったというので、その切符を使って家内と2人で淡路島まで日帰りしてきたのが同じ6月6日でした。 往路は鶴橋からJR線に乗り換え、明石から「たこフェリー」でした。 帰路は大阪まで高速バス バスから降ろされた場所が大阪駅のどのあたりなのかさっぱりわからず、迷子になりかけながらたどりついたJR大阪駅では、スカートが切り裂かれてみじめな姿ながらも、国鉄色の485系に出会いました。 このあと新大阪から東海道新幹線で帰ってきました。

続きを読む

【1165】あの年の6月5日《2004年》

2004年6月5日 昨日書いた南東北方面への一泊乗り鉄2日目です。 以前【803】乗り鉄12か月…2004年6月「みなみ東北乗り歩き」で書いたので、旅の詳細はそちらをご覧いただくことにして、昨日に引き続き当日の未公開画像をアップしておきます。 この日は山形鉄道全線に乗車 そのあとは米坂線を通って新潟へ出ました。 直江津までは485系の快速「くびき野」に乗車 長野経由で帰っています。 国鉄分割民営化後17年経っていました。この時点で国鉄から引き継がれた車両たちのほとんどは車齢20年以上を越え、姿かたちを変えていましたが、それらを乗り継いで旅ができたころでした。

続きを読む

【1164】あの年の6月4日《2004年》

2004年6月4日 この日、南東北方面へ一泊で出かけています。以前、【803】乗り鉄12か月…2004年6月「みなみ東北乗り歩き」でこの旅について書いていますが、今回はこの日の行程に沿って、未公開画像をアップしておきます。 その日の往路に福島まで乗ったE4系 福島から阿武隈急行線に初乗りし、槻木から東北本線に乗り換え、移動中の小牛田駅の様子。キハ58系もこのころには健在だったようです。 石越で下車し、くりはら田園鉄道を乗り鉄 細倉マインパーク前で折返し、中間駅である沢辺からバスで「くりこま高原」駅に出て、東北新幹線に乗り換え。 くりこま高原から乗ったE4系の1階から見たプラットホームです。 このあと、仙台で仙山線に乗りかえて山形で泊まっています。

続きを読む

【1157】あの年の5月28日《1975年・2005年》

1975年5月28日  この時期は各地の全国植樹祭が行われていたので、これまでもそのときに運転されたお召し列車について触れることが多かったのですが、この日は【987】EF58 60号機と61号機の思い出画像の中で書いたように、中間テスト期間中にその日のテスト終了後に名古屋駅に向かい、到着するお召し列車の撮影をしたものの、まともに撮れていませんでした。ネガを見返すと、せっかく名古屋まで来た以上このまま帰るのがもったいないと思ったのか、金山駅付近に場所を移して名鉄や国鉄東海道本線の列車の撮影に興じていたようで、その画像が残っていました。その中から東海道本線の列車の画像を2つ。 この場所は、現在の金山駅があるところです。奥には中央西線の金山駅の跨線橋が見えています。EH10が走っているような昔から、ホームになる部分は上下線間が空き、土盛がされていつでも駅の建設ができそうな状態になっていたことがわかりますが、東海道本線にも金山駅が開業したのはこの14年もあと、国鉄が分割民営化された2年後の1989年でした。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2005年5月28日  一昨日に2007年に行った「JRおおみや鉄道ふれあいフェア」のことを書きましたが、それより2年前にも「JRおおみや鉄道ふれあいフェア」へ行っていました。この催しは毎年5月第4土曜日に行われていますので、この2005年は28日が第4土曜日であったわけです。 このときは、前日5月27日…

続きを読む

【1156】あの年の5月27日《1973年・1979年・2007年》

1973年5月27日  たびたび書いてきた1973年の中央西線のD51ですが、日曜日だったこの日、田立~坂下間に出かけました。 この日唯一のまともな画像はD51 265が牽くこの3883列車だけでした。 そのあとの6851列車は…EF64 71 +D51 893 ついに木曽路でEF64の姿を見ることになりました。どの列車にEF64が付いてくるのか事前に調べてから出かけていましたので、驚いたわけではありませんでしたが、実際に貨物列車の先頭にEF64が立っているのを見てしまうと、この日がついに現実になったかと一つの時代が動いたことを認識しました。そして、連日の木曽路行脚はとりあえずこの日で終了となりました。 ところで、冒頭の画像にあるD51 265は6月に入ってから長門機関区へ転属しています。その年の12月に山陰へ出かけたとき、自分が乗っていた列車とすれ違った列車を牽いていたD51 265を目撃しました。そのあと、D51 265は解体され、この世での再会はないものと思っていましたが、3年ほど前に読者の方からD51 265の第二動輪が広島市郊外に保存されていることをご教示いただきました。まだ訪問していませんが、ぜひ見たいものだと思っています。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 1979年5月27日 岡多線にEF58 61牽引のお召し列車が走りました。 昨日の記事にも書きましたが、【985】1979年全国植樹祭お召し列車(ED62・EF5…

続きを読む

【1155】あの年の5月26日《1979年・1996年・2007年》

1979年5月26日 飯田線にED62牽引のお召し列車が走りました。【985】1979年全国植樹祭お召し列車(ED62・EF58)の前半で書きましたので、ここでは省略させていただきます。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 1996年5月26日 名鉄瀬戸線で3780系のさよなら運転がありました。 国鉄からまったく鉄道の関係のない仕事に就いた私でしたが、瀬戸線に印場駅が新設されたときに、仕事で間接的ながらも少しだけ関わったことがあったので、この日は印場駅のそばで撮影しました。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・  2007年5月26日 中山道徒歩の旅を兼ねて「JRおおみや鉄道ふれあいフェア」に出かけました。   EF64 1040  この当時EF64 1000番台は中央西線ではまったく馴染みがない機関車でしたが、その翌年にこの1040号機を含む4両が愛知機関区に転属してきて、中央西線の貨物列車の1000番台化の先駆けとなりました。   EF65 1082  このEF65 1082にしても、4月1日の記事で書いたとおり、昼休みに中央西線の春日井貨物で、この4年後、2011年3月から4月にかけて連日中央西線内で顔を合わすことになるのでした。   DD51847  この機関車は愛知機関区の所属でした。このあとに見た記憶があったような、なかったような…と気になって画像ファイルを当…

続きを読む

【1153】あの年の5月24日《1997年・2008年》

1997年5月24日、保存鉄道車両巡礼の一環で愛知県一宮市の保存蒸機D51 718に会いに行きました。 正面のナンバープレートは盗まれてしまったのか付いていませんでした。ナンバープレートは走行するうえでの機能としては意味がないパーツでありますが、これによって機関車の表情が変わると言ってもいいほど重要だと思っているので残念なことです。中央西線には縁がない機関車でしたので、この日が初対面のつもりでしたが、ずっとあとになってから、自分が1973年12月に山陰本線三保三隅で撮影した機関車であることがわかりましたので、次に見る機会があれば、そのつもりで見ようと思います。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2008年5月24日、JR東海のウォーキングイベント「さわやかウォーキング」に参加して熱田区内を歩いていましたら、偶然にも東海道本線を走っていく211系0番台を見かけました。今は関西本線で閑職についているみたいで、来年度以降導入される予定といわれる315系に置き換えられることが決まっていますが、国鉄時代からの生き残りとして思い出深い車両です。乗務しているとき名古屋駅でこの列車を見た男児が「地下鉄みたい」と言っていたことは今も覚えています。それだけステンレス製の国鉄電車は子供の目には新鮮に映っていたのでしょう。しかし今ではステンレス車ばかりになりました。

続きを読む

【1150】あの年の5月21日《1993年・1994年・1995年》

1993年5月21日 いつも車掌区時代の先輩2人と私の計3人で行っていた温泉旅ですが、このときは直前に一人が都合で参加できなくなり、急遽代わりのメンバーに差し替え、キャンセルせずに予定していた寸又峡温泉に行きました。鉄ヲタは私だけでしたが、みんなで蒸機の撮影もしました。   抜里~笹間渡(現川根温泉笹間渡) ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 1994年5月21日 意図したことではありませんが、1年後の同じ5月21日は大井川鉄道のトラストトレインC12164が運転される日になっていたので、こんどは1人で大井川鉄道へ蒸機の撮影に出かけていました。C12164は木曽福島機関区の現役時代を知っていましたから、その復活後の姿を見たかったのです。 田野口~駿河徳山   抜里~笹間渡(現川根温泉笹間渡)  C12のバック運転はほんとうにローカルっぽくていいと思っています。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ そのまた翌年にも5月21日に出かけていました。 1995年5月21日 こんども1人で、中央西線~中央東線~八高線~信越本線~篠ノ井線~中央西線の経路での乗り鉄日帰り旅でした。目的は、未乗だった八高線の一部区間に乗車することと、2年後に控えていた信越本線横川・軽井沢間が廃止される前に乗り納めをすることでした。そのときの画像その他詳細は、【793】乗り鉄12か月…1995年5月 中央~八高~信…

続きを読む

【1144】あの年の5月15日《1998年・2009年》

1998年5月15日 平成年間には毎年1回長野にある善光寺に参拝していました。 その往路、特急に乗り換えるために多治見に下車したところ、太多線の列車が停まっていました。国鉄色のキハ58系はこのころには大変少なくなっていたので、列車を待っている間に撮影しました。 帰路は長野から松本まで高速バスを試し、松本から特急しなの号に乗り換えて帰りました。この日は金曜日でした。始発駅からの乗車でないことに加え、金曜日夕方の上りしなの号は家族が待つ家に帰る単身赴任者などで混雑するので、めずらしく「不自由席」にしました。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2009年5月15日 4月24日に書いたことですが、このころは国鉄色のDD51に出会うことを目的にして、週に1~2度は「あおなみ線」で朝の通勤をしていました。小本駅で降りた直後にDD51が牽く貨物列車が反対方向からやってきます。6回目にしてやっと国鉄色DD51832に巡り会えました。こういう日は一日気分良く仕事ができるものです。 ちなみに、「【998】変なコレクション15:回数券カードなど」でも書きましたが、そのころ朝の通勤に使う鉄道は、時刻と気分によって名古屋駅から、あおなみ線・地下鉄・JR関西本線・近鉄名古屋線の4つを使い分け、始業時刻に余裕があれば、会社最寄駅の手前の駅で降りたり、ときには乗り越したりして会社までのウォーキングをしていましたから、下車する駅はだいたい9通りありました。車窓が見え…

続きを読む

【1143】あの年の5月14日《2006年・2015年》

2006年5月14日 中山道徒歩旅に出かけています。この日は美濃赤坂駅で下車し、西へ向かって歩き始めました。 東海道本線 垂井~関ケ原間。 線路の手前の松並木があるところが旧中山道です。「中山道」歩きをしているのに並行する鉄道はJR「東海道」本線で、線路名称が実態と一致しません。鉄道と旧東海道とがぴったり並行していない区間は多々あるにしても、名実ともに東海道本線と言って差し支えないのは東京~熱田間と草津~京都間ということになるでしょう。 この日の徒歩旅は赤坂宿~垂井宿~関ケ原宿まで。 関ケ原駅の跨線橋です。3本のホームを結ぶ長い跨線橋は国鉄駅の面影を残し、いい味を出しています。 まだお昼前でしたが早朝から歩きましたので、この日はこれで終了。列車に乗ってとりあえず大垣まで戻りました。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2015年5月14日 2015年5月12~14日に松江~出雲大社、境港を巡った旅の帰路、14日に乗った特急「やくも18号」の特急券です。 この旅のことは、「【595】山陰旅行の今と過去1:特急やくも号」から「【605】山陰旅行の今と過去6:車内放送」まで6回にわたって以前に書いていますので、前日・前々日を含め、内容は省略とします。 歩いて旅する中山道 六十九次の宿場&街道歩きを楽しむ [ ウエスト・パブリッシング ]価格:1980円(税込、送料無料) (2020/5/11時点)楽天で購入 KATO …

続きを読む

【1141】あの年の5月12日《1973年・1996年》

1973年5月12日 中央西線 落合川~中津川 このところよく出てくる1973年の中央西線です。この日は土曜日だったので、学校が半日で終わったあと落合川に寄り道していました。 過去にもアップしている画像ですが、この日のメインはD51が牽くスロ81系お座敷列車でした。D51漬けだったことに我ながらまったく呆れます。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 1996年5月12日 中央西線 高蔵寺~定光寺 この日のメインは、165系9両で運転された「さわやかウォーキング臨」でした。 つい数年前のことのように思えるのですが、24年も経ってしまったことに、改めて時の移り変わりの早さを思い知らされます。 [鉄道模型]カトー (Nゲージ) 2016-8 D51 200 蒸気機関車価格:10789円(税込、送料無料) (2020/5/11時点)楽天で購入 [鉄道模型]カトー (Nゲージ) 10-1335 165系飯田線 急行「伊那」4両セット価格:10164円(税込、送料無料) (2020/5/11時点)楽天で購入

続きを読む

【1136】あの年の5月7日《2011年》

さすがに連休明けには、本来すべき勉強とか仕事に専念しなければならなかったらしく、5月7日に撮影した鉄道画像がなかなか見つかりませんでした。 しかし5月7日が土曜日だった2011年には、381系「こうのとり」で丹波篠山へ出かけています。 そのことは 【160】381系こうのとり号で「大手食堂」へ 鉄分補給+α 2011.5.7 【163】丹波篠山の旅「余話」 で、すでに書いていますので、行程などはそちらをご覧いただくとして、本日は、その日に撮影した未発表画像をアップしておきます。 新大阪駅で、「くろしお」用の381系 乗車した「こうのとり5号」は国鉄色 下車した篠山口で発車していく「こうのとり5号」

続きを読む

【1135】あの年の5月6日《1983年・2008年》

1983年5月6日 稲沢鉄道寮の寮生ばかり4人で、前日から一泊で大井川鉄道へ来ていました。前日は蒸機の撮影を中心にして、5月6日は井川線に初乗車しました。古そうなDLで、その排煙はなかなかのものです。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2008年5月6日 この日がJR東海所属の381系最後の旅客営業日でした。 短区間でしたが、多治見から名古屋まで最終列車の最終区間に乗車しました。終点名古屋到着直後。 カメラを携えた人々がいつもより多い程度で、特別なことは何もなく、いったん米原方に引き上げられてからホームのない名港本線へ転線後、神領へ回送されていきました。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ <付記> コメント投稿される場合のお願いです。 記事本旨から外れたコメント投稿はご遠慮ください。従来から、パソコン版画面の右カラム内に「管理人からのお願い」欄を設けておりますので、ご投稿の際にはご一読ください。重ねてのお願いで恐縮ですが、よろしくお願いいたします。 諸事情により2月以降返信コメントが亀レスになっています。今のところ、午前中までの受信分は当日夜間にレスできていますが、午後以降の受信分は「受信翌日以降の夜間」のレス投稿になります。また、内容によっては返信コメントを省略させていただくこともございますのでご容赦ください。

続きを読む

【1134】あの年の5月5日《1971年・1973年・2006年》

1971年5月5日 買ってもらって間もないカメラを持って父と2人、飯田線で中部天竜まで行ってきました。中部天竜機関支区に留置されていた木造の救援車サエ9320 電車ガイドブックに載っていて気になっていた車両に出会えて幸せだった子供の日を思い出します。駅前食堂で醤油ラーメンを食べたことも。 これも中部天竜駅に停車中ののED17 連休中でも静かで動きがない中部天竜駅でした。勝手に構内に入ってはいけないだろうと貨物ホームのあたりで躊躇していたら、父が「そばまで行って写してこい。見とってやるで、ええ、ええ!」と言いました。それでも機関士が乗っているし、構内に入ったら怒られるかもしれないと腰が引けていて、こんな中途半端な絵になりました。機関士は新聞を読んでいるようにも見えます… ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 1973年5月5日 中央西線のD51の引退が秒読み段階に入ってきました。 この日は早朝に家を出て野尻へ向かいました。恵那から多治見始発の急行「きそ1号」に乗車 野尻で撮影した写真は今回省略しますが、そのあと坂下に場所を移しています。 キハ181系の「しなの」は食堂車が連結された由緒正しい10両編成。 定期客車列車はすでにDD51に切り替わっていた時期でしたが、この日は連休の多客対応なのか、それとも団体対応なのかわかりませんが、とにかく増結がありD51の補機が付いていました。このカーブは、今は下り列車の撮影ポイントとして知られて…

続きを読む