【1385】 DD51の思い出(8 最終回) 稲沢のDD51人生いろいろ

長々とこのシリーズを続けてしまいましたが、今回で最終回となります。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 私が乗務した列車を牽いてくれたDD51は、ほとんどが稲沢第一機関区(のちに稲沢機関区)の所属で、一部の列車では亀山機関区の所属でした。いちばん多くDD51のお世話になったのは貨物列車の列車掛時代(1980年を中心とした約1年半)であったことは、以前にもこのシリーズ記事の中で書きましたが、その当時の稲沢第一機関区に配属されていたDD51について、1980年版(3月31日現在)の国鉄車両配置表で確認しておきましょう。 《稲沢第一機関区配置DD51=27両》 661 662 712 713 714 717 746 749 750 751 816 817 818 819 820 821 822 823 824 825 826 889 890 891 892 893 896 自分の乗務記録と照合すると、貨物列車乗務時代に27両すべてに乗務列車を牽いてもらっています。 それから5年後の1985年版(3月31日現在)の国鉄車両配置表ではどう変化しているでしょう。 《稲沢機関区配置DD51=33両》 555 556 557 558 587 588 589 590 591 592 712 713 714 746 749 750 751 816 817 818 819 820 821 822 823 824 825 889 890 891 8…

続きを読む

【1384】 DD51の思い出(7)愛知機関区DD51 825

JR貨物愛知機関区所属のDD51の定期運行がこの3月のダイヤ改正で終了しました。 今から2年前に「【983】稲沢にて ~DD51 890に寄せて~」の記事で、稲沢生え抜きのDD51 890号機と891号機のことを書きました。その2両はその後、解体されています。その記事の最後に、私は「愛知機関区で稼働しているDD51はあと数両となりました。稼働機の中には稲沢第一機関区時代から在籍する825号機もいます。終焉までに一度くらいはDD51の「生エンジン音」を聴きに関西本線に出向こうと思っています。」と書いたのですが、その後、825号機は休車になったらしく、あれから一度もDD51に会いに出かけることがないまま愛知機関区のDD51は終焉を迎えました。それでも825号機は稼働機ではなかったとは言っても稲沢生え抜きの最後の1両であったことには違いなく、縁があった者として感慨深いものがあります。 DD51 825は1970年9月8日に三菱重工業で製造された機関車です。1970年と言えば大阪万博が開催された年で、この年10月からは国鉄の「DISCOVER→JAPAN」キャンペーンが始まり、首都圏では高島線のSL廃止イベントで東京駅からD51 791が運転されています。こうしたSLブームの真っただ中でDD51 825は誕生していました。中京圏でも東海道本線の名古屋~米原間でD51が牽くSL臨時列車が、DD51 825の新製日の一週間後となる9月15日から運転されたということですので、あるいはDD51 825の配…

続きを読む

【1382】 DD51の思い出(5)旅先での出会い

JR貨物愛知機関区所属のDD51の定期運行がこの3月のダイヤ改正で終了しました。 DD51とはいろんな立場で関わりがありました。以前にブログ記事内やコメント欄に書き込んだことと重複することもありますが、その関わりについて関連する過去記事へのリンクを貼りながら進めています。今回は旅人として旅先で出会ったDD51の画像を貼っていきます。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 私は国鉄で乗務員として列車に乗っていた(正しくは乗らされていた)わけですが、国鉄在職中にはプライベートで列車に乗って旅に出るようなことはあまりありませんでした。仕事で列車に乗っていると、プライベートでは自家用車で出かけたいという気持ちが強かったのです。国鉄を退職してみると、こんどは仕事で、やたらと広い名古屋の道路や一方通行など交通規制だらけの狭くて混んだ市街地の路地を、会社の自動車で走ることが多くなりました。そうすると、その反動なのでしょうか。プライベートでは列車に乗って旅をしたいという気持ちが湧いてきました。そして国鉄の面影を残す未乗線区に乗りに行くようになり、ついには恥ずかしいことに、旧国鉄から経営形態を変えた線区を乗りつくすために、ほかに用もないのに全国各地に出かけるまでになってしまいました。すでにJRの旅客列車はほとんどが気動車や電車になっていましたが、乗換駅や折り返す駅に偶然に停車していたDD51が牽く貨物列車などにカメラを向けたこともありました。今回はそういう旅の途中に…

続きを読む

【1381】 DD51の思い出(4)高山本線のDD51から見えてくる鉄道の移り変わり

JR貨物愛知機関区所属のDD51の定期運行がこの3月のダイヤ改正で終了しました。 DD51とはいろんな立場で関わりがありました。以前にブログ記事内やコメント欄に書き込んだことと重複することもありますが、今回は撮影対象とした立場で、高山本線で走っていたころのDD51について書いていきます。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 高山本線では、昭和42年度から3か年をかけた輸送近代化計画が実施され、そのなかで客車列車は気動車化、貨物列車はDD51によって無煙化を早期に達成した近代化線区でした。ここではDD51が国鉄分割民営化後まで長きにわたって使用されていました。主に国鉄時代に高山本線で撮影したDD51牽引列車の編成から、貨物列車と臨時旅客列車に分けて、昭和50年代中期から国鉄改革をはさんで21世紀を迎えようとしていた時期までの鉄道の変化を見ていこうと思います。 まずは貨物列車からご覧いただきましょう。 1979年2月24日 少ヶ野(信)~焼石 組成された貨車の種類がさまざまです。これは中間駅で貨物扱いをする駅が多く、途中駅で連結解放を繰り返していたことを現しています。もちろんこのころには岐阜・富山間全線にわたって直通する貨物列車の設定があり、昔からずっと続けられた全国ネットの鉄道貨物輸送があった時代のDD51の姿です。 1984年10月26日 鷲原(信)~下油井 国鉄も末期に近づいてくると、貨物取扱駅が集約されてゆき専用列車化が進み…

続きを読む

【1379】 DD51の思い出(2)荷物列車・貨物列車の乗務員時代

JR貨物愛知機関区所属のDD51の定期運行が、この3月のダイヤ改正で終了しました。 DD51とはいろんな立場で関わりがありました。以前にブログ記事内やコメント欄に書き込んだことと重複することもありますが、その関わりについて関連する過去記事へのリンクを貼りながら進めています。今回は私が国鉄在職中の前半にあたる荷物列車・貨物列車の乗務員時代にあったDD51との出会いについて書いていきます。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 私は1976年に国鉄に就職し、国鉄が分割民営化されるまで11年間車掌区で乗務員をしていました。その間、乗務掛(荷扱)~車掌補(荷扱)~列車掛~車掌~専務車掌(客扱)と職名が変わり、勤務先も2度変わりましたが、すべての職種で、稲沢第一機関区(稲沢第二機関区と統合後は稲沢機関区)と亀山機関区のDD51に、乗務した列車を牽いてもらう機会がありました。 就職直後の約3年間は荷物車の荷扱乗務員でした。職名はその間に乗務掛(荷扱)から車掌補(荷扱)と変わりましたが、仕事の内容は荷物車内での荷物の仕訳作業でした。就職した時点でDD51が牽引する列車に乗務したのは関西本線の名古屋~亀山~百済(現百済貨物ターミナル)の間でした。過去記事「【478】思い出の乗務列車39:関西本線 荷44~224列車(前篇)」では、新堂駅で撮影したDD51が牽引する荷44列車の画像を掲載しています。また、「【370】思い出の乗務列車19:紀勢本線921列車(前…

続きを読む

【1363】あの年の12月20日《1999年・2004年・2012年》

1999年12月20日  1990年代後半から、M社からNゲージの蒸気機関車の模型が続々と製品化され始めていました。私は、ボイラー直径の小さいC12とかC56の製品化は難しいだろうと思っていました。それでも、ついにこの年12月に、M社からC12 66とC12199の2種類が同時にリリースされ、さっそくこの日に名古屋市内へ買いに行ったのでした。これが、その帰りに使った乗車券です。 買ったC12は、腰高で、ボイラーは太すぎるし納得できかねる作りでしたので、早々に手放しました。そのプロポーションの崩れた模型の画像は、のちにK社からすばらしいC12がリリースされたときの記事【602】KATO-N蒸機 C12~そして思うことの中に1枚だけアップしています。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2004年12月20日 松屋の領収書。こんなものもコレクションです。10年前の夏に、100枚めになるときは「100枚記念に、どこか遠くの街の知らないところで食べてみる旅にでようかな?」などと書いたのですが、旅にもほとんど出ない、外食もめったにしない生活になりましたので、いっこうに行く機会がなく、現在までに集まっている松屋の領収書の数は91。しばらく行ってないなと思い、最新の領収書を見ると3年も前のものでした。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2012年12月20日 中央西線 春日井~勝川そしてこのころは、昼休み…

続きを読む

【1361】あの年の12月18日《2010年》

2010年12月18日 実家へ週1回程度通っていました。この日は神領始発、朝の下り一番列車松本行普通列車で出かけました。 この列車で行けば、いったん実家に行ってから冬場に運転される朝の貨物列車に間に合うのです。 中央西線 美乃坂本~中津川 何のために実家に行っているのかわからないようにも思われるかもしれませんが、実家では時間指定ですべきことは限られるので、時間調整さえすれば写真撮影の時間くらいは取れました。帰る時刻も考えておきました。暮れの早い日没より前にやってくる貨物列車の時刻に合わせて実家を離れ、駅の近くで撮影中央西線 美乃坂本~中津川 その足で駅から帰りの列車に乗るのです。 コンデジ1つをポケットに忍ばせての撮影は、撮り鉄活動とは言えないですが、実家のことと会社のこと、双方に一向に進まない問題が山積していましたので、鉄道との接点がせめてもの息抜きでした。 中央西線 美乃坂本 あれから10年たっても未だ解決することなく引きずったままの問題はありますし、新しい悩みの種が次々と発生しつつあるのがこの世の現実です。でも時が解決してくれたことはたくさんあったことは確かですし、これからもそれを信じていくことにしています。 ◆画像はすべて当日の撮影です。

続きを読む

【1360】あの年の12月17日《1978年・2015年》

1978年12月17日 中央西線 神領電車区 中央西線から70系電車が引退した日でした。 こちらは、そのとき神領で撮影したクモエ21800とクモハ40800 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2015年12月17日 飯田線豊川へ行きました。 この日、日本車両豊川製作所で新製された台湾鉄路管理局「普悠瑪(プユマ)号」用TEMU2000型電車の甲種輸送がありました。 甲種輸送は、豊川~豊橋~笠寺~東港のルートでした。 画像は進行方向が変わる豊橋駅で、東海道本線下り線側に転線するため、いったん東方へ引き上げている場面です。 東海道本線 蒲郡駅

続きを読む

【1359】あの年の12月16日《2011年》

2011年12月16日 中央西線 春日井~勝川 ほかに、アップすべき画像がありませんので、またこれです。 EF65 1083は、際立った特徴がないようで、ありきたりの絵ではありますが、まだJR貨物更新色で2000番台化される前であることや、ワムハチを牽いていること、そして線路沿いの高いフェンスがないことから、それらが9年の時のしわざであることに納得します。

続きを読む

【1345】あの年の12月2日《1990年・2008年・2010年》

1990年12月2日 天竜浜名湖鉄道 三ヶ日駅 会社の所属課の忘年会を兼ねた旅行で三谷温泉に行った帰り、寄り道をして天竜浜名湖鉄道に少しだけ乗ってきました。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2008年12月2日 JRセントラルタワーズ名古屋駅が入るJRセントラルタワーズでは、年末年始に壁面を利用したイルミネーション「タワーズライツ」を毎年実施していました。(壁面を利用したイルミネーションは、この翌年が最後になりました。) ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2010年12月2日 中央西線 春日井~勝川いつもの春日井貨物。 この日は紅葉色プレートで側面蛍光灯装備の異端車1089号機が来ました。

続きを読む

【1344】あの年の12月1日《1984年・2012年・2013年》

1984年12月1日 名鉄八百津線 キハ10形富士重LE-CarIIのシリーズがお気に入りだったことは、以前にも書いてきました。この日は、まだデビューして間もない「レールバス」を名鉄八百津線へ自動車で見に行きました。 私は乗りたかったのですが、いっしょにいった家内と乗る乗らないで意見が分かれてしまい、乗らずじまいで帰ったことを覚えています。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2012年12月1日 中央西線 美乃坂本駅いつも実家へ通っていたころでした。すでに会社には翌年春に退職する意思を伝えていまして、この先、実家がどういうことになるかわからないまま師走を迎えていました。(下へ続きます) ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 年が明け、1月早々に父が入院し、さらに転院した先で7月に亡くなりました。3月に私が退職した後も、父のことと母の老人ホームへの転居、空き家になった実家の後始末などで忙しい1年で、泊りで旅をするまでにはなりませんでしたが、日帰りで近場には出かけることはありました。この日は、やすたろう様といっしょでした。 2013年12月1日 関西本線 富田浜 このあと、ひさしぶりに貨物鉄道博物館を見学しました。ワフ21000です。 5年前には、まだ元気だった父と2人で訪れました。(11月2日の記事) そのときは、まだワフ21000が整備されていませんでしたが、今回は見事に復元されていま…

続きを読む

【1337】あの年の11月24日《2003年・2010年・2011年》

2003年11月24日 振替休日の月曜日でしたので、前日に引き続いて、中央西線に臨時運転されている夜行「ちくま」の回送列車目的で出かけました。 中央西線 高蔵寺駅付近 まず多治見貨物を撮影します。国鉄特急色EF65 1091が現れました。 そして「ちくま」の回送。 中央西線 高蔵寺駅 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2010年11月24日 高蔵寺駅 ホームライナー太多2号出勤前の道草でした。 この翌年3月のダイヤ改正でホームライナー太多は廃止されました。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ その翌年2011年11月24日  神領駅 多治見貨物EF66 35 この日も出勤前。平日この時間帯にこんなところで撮影していられたのは、この日がフレックスタイムだったに違いありません。出勤時刻が遅くなっても、どうせ出勤しなければならないとなれば、家でのんびりしていられない性格でしたので。。。

続きを読む

【1333】あの年の11月20日《2004年・2009年・2010年》

2004年11月20日 車掌区時代の先輩2人と私の計3人で行く温泉旅。この年も日帰りになり、目的地は岐阜県関市内にある日帰り温泉でした。そのとき行った樽見鉄道は開業20周年だったようで、気動車にはこのようなヘッドマークが取り付けられていました。 こちらは名鉄美濃町線の列車です。旧札幌市電の連接車モ870形に華奢な鉄橋。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2009年11月20日 この日の春日井貨物はEF66 27が牽いてきました。 中央西線 春日井駅 春日井駅の隣にある勝川駅の高架化工事が進捗していましたので、そのあと勝川駅に向かいました。地上の仮線を走る列車を撮影しておきました。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2010年11月20日 この日は実家へ帰る途中に寄り道をして、明知鉄道で恵那~明知間を一往復してきました。その日のことは【101】鉄分補給2010.11.20ちょっと寄り道 明知鉄道1往復で書きました。そのころの記事を見ると否応なく10年前を思い出します。先が見えないところからスタートした実家への往復もちょっと落ち着いたころ、と思えば次々と問題発生。ブログも一時休載することが幾度かありました。それの繰り返しが人生だとわかってはいるのですが… それでも今年はあと1か月少々、なんとか年内は連載を継続できればと思っています。

続きを読む

【1331】あの年の11月18日《1981年・2010年》

今日も、出かけたときに撮影した画像が見当たりません。 1981年11月18日 【990】変なコレクション11:交通違反はやめよう!…;;でアップした青キップの画像です。 この年2回目の速度超過による検挙でありました。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ そしていつもの昼休みです。 2010年11月18日  中央西線 春日井~勝川このEF65 1068は2068に改番され、今では国鉄特急色に戻っていますし、ワム80000はすでにありません。 211系も、いずれはここから消えていくのでしょう。

続きを読む

【1330】あの年の11月17日《1998年・2005年・2019年》

1998年11月17日 県外を目的地とする出張は、せいぜい1年に1回程度しかなかったのですが、この日は2人で松本市内へ来ていました。業務を終えて大糸線の島内駅で帰りの乗車券を買いました。このときの相方は乗り鉄をしている先輩だったという事情があって、松本駅で名古屋行しなの号に乗り換える前に寄り道をして夕暮れの松本電鉄上高地線を1往復してきました。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2005年11月17日 車掌区時代の先輩2人と私の計3人で行く温泉旅は、このころになると目的地が日帰り温泉になったり、夜集合して一献傾けるだけになったりしましたが、今まで年1回、この時期に顔を合わせることにしています。2005年11月17日は、日帰りで上諏訪温泉に行ったあと、諏訪市博物館で行われていた企画展「機関車が並んでいた駅 上諏訪」を見学しました。 博物館では通常の入場券に加えて、硬券入場券が付属していました。日付印字器がないのはやむを得ませんが、企画を考案された方が日付ゴム印を捺す位置や向きを窓口担当の方に教えてあげておけば、よりよかったかも。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2019年11月17日 昨年のことになりますが、「鉄道貨物フェスティバル in 名古屋」が名古屋貨物ターミナル駅で開催されました。 人ごみが嫌いなので様子だけ一通り見てすぐに帰ってきました。このときの関心事は、構内見学列車として…

続きを読む

【1327】あの年の11月14日《2012年》

今日は、まともな画像が見つかりませんでした。 そういうときには、昼休みの春日井貨物。2012年11月14日 中央西線 春日井~勝川 すでにワムハチの活躍は終了し、全車コンテナ化されています。EF64 1043が大宮更新色の時代(現在は国鉄色)ですが、それもまた歴史の一ページとなりました。 この日は編成中にコンテナ輸送50周年記念のコンテナがありました。 この列車を撮影して会社へ帰る途中に、川面にカラスがたかっていました。よく見ると鯉の亡骸が。。。南無阿弥陀仏。 チベット仏教などには、鳥葬というのがあるんですね。この川には大きな鯉が放流されています。時には亀も見ますし、カラスだけでなくシラサギ、アオサギも飛来し、鴨の仲間も水浴びしています。毎日繰り返し歩く道でも、日々違う自然の営みがあります。自分もその中の一人です。近くには踏切名にもなっているお寺さんがあり、線路を挟んで反対側に墓地がありますから、おそらく明治時代に中央西線が開通したときに敷地が分断されてしまったのでしょう。 お寺の門のところに、このころには「求める心は淋しい 捧げる心はゆたか」と貼紙がありました。このお寺さんにはいつも貼紙があります。ひと月に一回くらい貼りかえられます。 「あなたの道をたどりなさい 道がなければ跡を残しなさい」 「一日の終わりに自分にもありがとうが言えたらいいね」 「小さな水溜まりも大きな空をうつす」 「今日の生き方が明日を開く」 「笑えば笑顔の花が咲く 渡るこの世は我次第」 「成功…

続きを読む

【1321】あの年の11月8日《2009年・2011年》

2009年11月8日 昨日は、国鉄明知線最末期1985年の明知鉄道のレールバスが試運転している画像を掲載しましたが、24年後となる2009年のこの日、実家に行ったついでに明知鉄道に立ち寄っていました。開業時に導入されたレールバスはすでに引退し、代替わりしていました。 その約1年前に開業していた新駅「極楽」へ初めて立ち寄ってみました ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2011年11月8日 中央西線 春日井~勝川撮影した画像がない日にいつも登場する春日井貨物ですが、この日は春日井貨物ではめったに見なかったデカパンPF4次車白プレ1040号機が現れました。

続きを読む

【1320】あの年の11月7日《1985年・2009年》

1985年11月7日 明知線 阿木駅 国鉄明知線から第三セクター明知鉄道への移管まで10日を切っていました。 上の画像の左は定期旅客列車で、右は明知鉄道所有アケチ1形による試運転列車です。この年9月には、メーカーからアケチ1形が甲種輸送されており、このころは連日試運転が行われ、第三セクター鉄道としての開業準備が進んでいたようです。 駅に隣接する倉庫の壁面には「明知線撤廃絶対反対」と書かれた看板がありましたが、文字は色褪せ、路線廃止論議が長期間にわたっていたことを物語っています。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2009年11月7日 JR貨物の稲沢駅で、コンテナ輸送50周年を記念して車両展示イベントがありました。 EF64 1040は、5月26日の記事で大宮で全検に入っている画像を、そして10月16日の記事で春日井貨物での運用中の画像をアップした機関車です。そこにも書きましたが、もうこの世にこの機関車は存在しません。長く同じ趣味を続けていると、ほんとうに時の移り変わりの目まぐるしさを感じるとともに、今日の何げないことはすべて、明日には大きく違っていることが普通にあり得るという現実を思い知らされることの繰り返しです。

続きを読む

【1308】あの年の10月26日《1984年・2011年・2012年》

1984年10月26日 高山本線 鷲原(信)~下油井急行「のりくら3号」 全国そこかしこで見ることができたキハ58系の急行列車です。山間を縫って走る高山本線には特に似合っていたような気もします。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・   2011年10月26日 京阪 交野市駅トーマスファンでしたので、こういうものも撮ります。この日も家内同行で他の目的を兼ねています。他の目的地とは「大阪たこ焼きミュージアム」で、まったく程度ヒクイ旅なのですが、うちではそういうレベルの旅、たとえば動物園とか道の駅巡りなどがこの10年くらい続いています。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2012年10月26日 中央西線 春日井駅 仕事からの帰り、側線にEF65PFとともに、シキ1000が3両空車で留置されていました。ここで時折見た大物車はシキ800でしたので、この日初めてシキ1000をしげしげと眺めました。 そうとうに低床です。

続きを読む

【1304】あの年の10月22日《1990年・2009年》

1990年10月22日 車掌区時代の鉄を中心とするメンバーで、前日から1泊2日で撮影に出かけた2日目は大井川鉄道へ行きました。 福用~大和田 アプトいちしろ長島ダム建設に伴って、この年10月2日に井川線の一部区間の線路付替えが行われたばかりでした。線路付替え区間の一部は電化されアプト式が採用されました。 川根両国の車両基地この時点で、入換専用になっていたDB1形 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2009年10月22日 名古屋臨海高速鉄道(あおなみ線)ささしまライブ「あおなみ線」として開業したのが2004年10月6日で、この年で5周年を迎えていました。 ささしまライブでは、名古屋貨物ターミナルに向かう貨物列車だけでなく関西本線の貨物列車も通過します。この日はフレックスタイムの日でしたので、出勤途中に立ち寄りました。

続きを読む

【1299】あの年の10月17日《1983年・2006年・2008年》

1983年10月17日 中央西線 恵那~美乃坂本 タンク車の専用貨物列車です。黒タキ車のように見えますが日本オイルターミナルブルーのタキ43000系が連なっています。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2006年10月17日 愛知環状鉄道 中水野駅 2005年に開催された「愛・地球博」の観客輸送のために愛知環状鉄道では線路の複線化やJR中央西線との連絡線が整備されました。「愛・地球博」閉幕後も、その設備を使って直通列車が設定され、平日朝の通勤時間帯には、瀬戸口始発名古屋行が10両編成で運転されるようになりました。そのうち1本は113系が使用されていました。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2008年10月17日 寝台特急「はやぶさ・富士」の終焉がせまっていました。残業で遅くなったついでに、名古屋駅であと何回見られるかわからないとの思いで、到着を待ちました。この列車が着くと、駅が国鉄時代に戻っていくように、空気が入れ換わるような思いがします。

続きを読む

【1298】あの年の10月16日《1982年・2010年・2012年》

10月16日は鉄分が少ない特異日のようです。 1982年10月16日 長野県の御嶽山へ林道ドライブに出かけました。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2010年10月16日 実家へ向かう中央西線の恵那~美乃坂本間走行中の列車から見る御嶽山(中央やや右側の山)この時期になると空気が澄んできて、くっきり見えるようになります。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2012年10月16日 中央西線 春日井~勝川 愛知機関区へ転属してきたEF64-1000番台の第一期生4両のうちの1両、1040号機です。いつものように昼休みに通過していく春日井貨物。 この5年前(2007年)に全般検査中の1040号機を「JRおおみや鉄道ふれあいフェア」で見たときには、こうして地元でこの機関車を見るようになるとは考えもしませんでした。 この機関車も2014年には廃車解体されました。それから、もう6年以上経ちました。。。

続きを読む

【1293】あの年の10月11日《1973年・1982年》

1973年10月11日 ついに明知線のDL化の時をむかえ、この日が中津川機関区のC12最終運用日となりました。あいにく平日で、学校を休むような度胸もありませんでしたから、明知線から帰ってくるC12を中津川で見届けることにしました。夏場なら、まだ少しばかりは明るい時間帯でしたが、10月ともなると真っ暗でしたから、C12のネグラだった機関区の検修庫を背景にして、最後の単行機関車列車の光跡を捉えました。 機関区に入区したC12から蒸気と煙 そして明日から仕事を引き継ぐDD16がアイドリング音を響かせていました。傍らにはすでに冷たくなったD51 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 1982年10月11日  東海道本線 稲沢 ツム1000形かつては珍しくもなんともなかった通風車「ツム」は、このころになってくると、珍しいと思うようになっていました。1983年版の国鉄車両配置表によれば在籍19両となっていました。 ツムの左側に写り込んだタンク車はタキ6900形。そのとき気にもしておらず、今になって調べてみるとアクリルニトリル輸送用で、こちらもその配置表では在籍27両となっており、案外少数派なのでした。この1年半前まで貨物輸送に携わっていたくせに、そういうことにもまったく気付きもしない愚か者が、この日に沿線に出かけた目的は、この列車の撮影でした。 幾度か掲載している画像ですが、鉄道110周年記念号(上り)

続きを読む

【1278】あの年の9月26日《2009年・2015年》

2009年9月26日 中央西線 大曽根~新守山 このころ中央西線の貨物列車を牽くELは、多治見貨物はEF65-1000(新)、春日井貨物がEF66(吹)、そのほかの貨物列車はEF64-0(愛)に加えて、EF64-1000が高崎から4両が先行して愛知区に転入していました。それぞれの形式に未更新国鉄色と各種更新車があったのでバラエティは豊富でした。EF66が春日井に到着し、転線した後の画像です。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 昨日書いた続きですが、前日(2015年9月25日)に「その日現在で乗ることができる旧国鉄線」が完乗になった翌日(9月26日)は、宿泊地津久見から日豊本線に乗って九州鉄道記念館の見学と平成筑豊鉄道門司港レトロ観光線に乗りに行きました。平成筑豊鉄道門司港レトロ観光線の一部は旧国鉄線には違いありませんが、通年営業でもなく国鉄時代には旅客営業していなかった貨物支線区間でしたので完乗すべき線区には加えていませんでしたが、参考記録として乗車しました。この前年から自由席特急券の有効日数が1日になりました。 当日及び翌27日のことは、【649】九州乗り物乗りある記(後篇)で、書いておりますので、ここでは(翌日分も含め)省略させていただきます。

続きを読む

【1269】あの年の9月17日《1973年・2011年》

1973年9月17日  この日、中学時代の非鉄同級生と2人で自転車で明知線のSL撮影に行きました。自転車の荷台にはラジカセを積んで、峠道のきつい上り坂ではカセットに録音した流行歌を聴きながら自転車を押して歩きました。山岡駅で入換作業中のC12 ラジカセではSLの走行音なども録音し、明知駅まで往復しました。 帰路に花白駅で撮影したキハ52 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2011年9月17日 実家へ通っていたころです。 中央西線 恵那~美乃坂本 この日は「宿場町トレイン117」運転日でしたので、クルマで実家へ行く途中に撮影しました。 中央西線 釜戸~武並 帰路には貨物列車の時刻が気になり、途中で道草 広島更新色重連の貨物列車を待ちました。

続きを読む

【1265】あの年の9月13日《1979年・2002年》

1979年9月13日は天気が良かったからなのか、特に変わった列車が走ったわけでもなさそうなのに、岐阜県東濃地方で場所を変えながら鉄道写真を撮っていました。その中から2枚を。 中央西線 落合川~中津川 重連で運転されることが多かった荷5042列車。 そのあと明知線に移動 明知線 山岡~明知 C12の後継となったDD16は、もうこのころには明知線の風景にすっかり馴染んでいました。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2002年9月13日 この日から3日間で、四国に未乗で残る旧国鉄線に完乗する旅に出かけていました。 この日の行程 名古屋―(新幹線)―岡山―(しおかぜ3号)―丸亀―(しまんと5号)―後免―奈半利=甲浦―牟岐―(剣山9号)―阿波池田―(南風17号)―高知(泊)

続きを読む

【1262】あの年の9月10日《1967年・1986年・2005年・2008年》

1967年9月10日 この乗車券は自分が塩尻からの帰路に使ったものですが、塩尻へ行った目的が特定できません。 ・9月10日という日付から推察すると、家族で塩尻へぶどう狩りに行ったときのものである可能性。 ・昭和42年という年代から推察すると、キハ91の新製直後にあたり、父と新車時代のキハ91に乗りに行ったときのものである可能性。 小学生時代に塩尻へ行った記憶はほかにはないので、そのどちらかであることは確かです。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 1986年9月10日 東海道本線 岐阜~木曽川四国向け特急新形式キハ185系の試運転が東海道本線で行われていましたので、9月3日に引き続き、撮影に出かけました。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2005年9月10日 会社のメンバー3人でやっていた「清酒ん18きっぷの旅」の3回目 東海道本線―長岡京―バス(サントリー京都工場)バス―長岡京―京都―西大津(やまとの湯 大津店)西大津―近江今津―近江塩津―米原―東海道本線というコースでした。 西大津駅は現在大津京駅に改称されています。 琵琶湖一周の北半分は419系のゆったりした座席ですごせました。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2008年9月10日 東海道本線 木曽川~岐阜また木曽川~岐阜です。めったに行かない場所ですが、キハ185の撮…

続きを読む

【1256】あの年の9月4日《2012年》

9月4日は、どこかに出かけた記録がありませんので、2012年9月4日に、会社の昼休みに撮影した画像を2枚貼っておきます。 春日井貨物を牽くEF64 1006  春日井~勝川 この1006号はのちに廃車解体されてしまいました。そしてこんなところにもフェンスが設けられてしまい、撮影条件が厳しくなりました。 このあとすぐに王子製紙専用線のほうに行ってみました。 この列車の貨車を工場から専用線で春日井駅まで牽引したのは、この水色の入換動車です。庫の中に、もう1台見えます。

続きを読む

【1242】あの年の8月21日《1981年・2007年・2010年》

1981年8月21日 埼玉県中津川林道8月19日から2泊で神奈川・東京・埼玉方面のワインディングロードを走りに出かけていました。その最終日、奥秩父から長野県側へ抜ける中津川林道で素掘りのトンネルをくぐり、雲海を見ながら三国峠を越えて帰ってきました。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2007年8月21日 近鉄名古屋線 近鉄八田 この日もフレックスタイムの出勤途中。結局のところ、遅くまで家で寝ていることができる性分ではないので、いつもどおりではないにせよ、かなり早めに家を出て、道草しながらご出勤というパターンはよくありました。 当然フレックスタイムの日は帰宅が遅くなるわけですが、そういう日の帰路には、定時退勤の日には見られないDD51の貨物列車がJR八田駅に停車中であったりします。そういうわけで、この日も闇の中でその貨物列車発車のエンジン音を鑑賞しています。 2007年8月21日 関西本線 八田駅 日々の通勤経路にも癒しはあるもので、つまらなく気の進まない仕事に毎日出かけられる原動力になっていたと思っています。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2010年8月21日 中央西線 大曽根~新守山 このころの春日井貨物は新鶴見区のEF65の運用でしたが、7~9月の間はほとんど愛知区のEF64-1000が代走していました。同一機のループ運用になることがよくあり、少し前から広島更新色1046が春日…

続きを読む

【1240】あの年の8月19日《1974年・2010年》

1974年8月19日  中央西線 恵那~美乃坂本159系6両で臨時運転されていた下り急行「きそ51号」松本行です。定期急行「赤倉」新潟行の続行で運転されていたので、混雑する「赤倉」の救済列車という使命だったのでしょう。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2010年8月19日 中央西線 勝川~春日井 つい先日撮影した画像のように思えるのですが、このブログを始めた年、今から10年前です。当日はフレックスタイムでしたので、午前中10時前後に続けて通過していく多治見貨物(EF66 38)と春日井貨物(EF64 1046)を撮影してから出勤しました。

続きを読む