【1383】 DD51の思い出(6)展示機関車・保存機関車との出会い

JR貨物愛知機関区所属のDD51の定期運行がこの3月のダイヤ改正で終了しました。 DD51とはいろんな立場で関わりがありました。前回は旅先で見た「列車の先頭に立つDD51」の画像を集めてみましたが、今回はイベント会場で展示されていたDD51や、博物館などで保存展示されているDD51の画像を集めました。 (過去の記事で紹介したことがある再掲載画像を含みます。) ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ まずは、イベント等で展示されていたDD51から見ていきましょう。 1986年5月1日 DD51 891 笹島(再掲画像) 愛知県に鉄道が敷設されて100年になるということで、国鉄末期の春の大型連休中7日間にわたって旧笹島貨物駅で「愛知の鉄道100年フェア」というイベントがありました。その中でDD51運転室の試乗会が行われ、構内を往復していました。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ お召列車けん引機が、イベント時にお召装備を再現して展示される例はよくあります。 1987年8月22日 夏休みの稲沢機関区公開イベントに行ったときには、EF64 77とDD51 820との並びで展示されていました。(再掲画像) ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2005年5月28日に出かけた恒例のJRおおみや鉄道ふれあいフェアでは、大宮総合車両センターでJR東日本のお…

続きを読む

【1382】 DD51の思い出(5)旅先での出会い

JR貨物愛知機関区所属のDD51の定期運行がこの3月のダイヤ改正で終了しました。 DD51とはいろんな立場で関わりがありました。以前にブログ記事内やコメント欄に書き込んだことと重複することもありますが、その関わりについて関連する過去記事へのリンクを貼りながら進めています。今回は旅人として旅先で出会ったDD51の画像を貼っていきます。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 私は国鉄で乗務員として列車に乗っていた(正しくは乗らされていた)わけですが、国鉄在職中にはプライベートで列車に乗って旅に出るようなことはあまりありませんでした。仕事で列車に乗っていると、プライベートでは自家用車で出かけたいという気持ちが強かったのです。国鉄を退職してみると、こんどは仕事で、やたらと広い名古屋の道路や一方通行など交通規制だらけの狭くて混んだ市街地の路地を、会社の自動車で走ることが多くなりました。そうすると、その反動なのでしょうか。プライベートでは列車に乗って旅をしたいという気持ちが湧いてきました。そして国鉄の面影を残す未乗線区に乗りに行くようになり、ついには恥ずかしいことに、旧国鉄から経営形態を変えた線区を乗りつくすために、ほかに用もないのに全国各地に出かけるまでになってしまいました。すでにJRの旅客列車はほとんどが気動車や電車になっていましたが、乗換駅や折り返す駅に偶然に停車していたDD51が牽く貨物列車などにカメラを向けたこともありました。今回はそういう旅の途中に…

続きを読む

【1377】シリーズ記事「あの年の〇月〇日」を振り返る

拙ブログは平成31年4月までで定期更新を終了しておりましたが、ブログ開設10周年だった昨年は「あの年の〇月〇日」を毎日連載してまいりました。1年間、身辺に何かあったら継続は難しいだろうと多少気にしていましたが、幸いにして大した障壁に阻まれることもなく完結できました。偶然にも新型コロナの影響で在宅時間が多く取れたからこそ、企画が1年間続けられたと言えなくもありません。 ところで、今年に入って「あの年の12月13日」の記事中、前半部分に1か月の日付誤り(1月13日が正当)を発見しましたので、該当部分を正しい日の記事に移動しました。コメント欄のほうも内容を壊さないよう留意したうえで記事移動に該当する部分を分離して、記事といっしょに移動しましたので、ご報告しておきます。申し訳ありませんでした。今後も記述の誤りや状況変化に気が付いた時点で訂正や追記はしておきたいと思っています。 シリーズ記事「あの年の〇月〇日」では、2月29日以外はその日に関係するモノやその日に撮影した過去の画像を見つけることができ、出かけた記録のない日には、昼休みに撮影していた春日井貨物の画像でごまかしながらも366回継続ができました。鉄道中心にはしましたが、以下のとおり鉄分薄めの旅行や自分の趣味の分野も取り混ぜました。 ◆決まったメンバーで何度も行ったグループ旅 会社のメンバー3人でやっていた「清酒ん18きっぷの旅」と「50代5000円でGO!」・車掌区時代の先輩2人と私の計3人で行く温泉旅・車掌区時代の鉄を中心とするメ…

続きを読む

【1370】あの年の12月27日《1973年・2003年》

1973年12月27日 一昨日から書いている「山陰地方と北九州の蒸機撮影」 江津駅に停車中の三江北線貨物列車。(集煙装置付C56 126) 山陰本線 鎌手~岡見 山陰本線 宇田郷~須佐 この旅のことは、以前【832】撮り鉄12か月…1973年12月「山陰・北九州蒸機巡り」で書きましたので、詳細は省略します。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2003年12月27日 この日から1泊で山陽・四国へ乗り鉄旅に出ています。 <当日の行程> ―(新幹線)―京都―(スーパーはくと3号)―郡家 郡家―(若桜鉄道)―若桜―(若桜鉄道)―郡家 郡家―(スーパーいなば6号)―岡山―清音 清音―(井原鉄道)―神辺―福山―倉敷(泊) この日の目的は、若桜鉄道と井原鉄道初乗りでした。

続きを読む

【1367】あの年の12月24日《1993年・1994年・2006年》

1993年12月24日 昨日の続きです。三浦半島油壷で泊った2日目は、この年に完成したばかりだった横浜ランドマークタワーに立ち寄ったあと、交通博物館へ行っています。 そして、251系スーパービュー踊り子を試してみました。ふつうは伊豆でもう一泊となるのでしょうが、私どもは熱海で新幹線に乗り継いで、その日のうちに帰りました。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 1994年12月24日 昨日の続きです。別府温泉に泊まった翌日は、帰路につく日でした。 別府からバスに乗って高崎山のサルを見てから大分に出て、あとは485系「にちりん」~「ひかり」の乗継で帰りました。さすがにお疲れモードだったのか、「ひかり」の車種を思い出すことができません。そこで当時の時刻表を紐解きますと食堂車マークがあるので100系だったはずですが、食堂車を利用した記憶がありません。それでは…と、こんどは駅弁掛紙が入っている段ボール箱を開けると、この日の日付がある東筑軒「かしわめし」の掛紙が出てきました。往路の寝台車で散財したので節約したのでしょう。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2006年12月24日 平成年間に毎年出かけていた善光寺参りは、この年は行けないままになっていて、やっとこの日に出かけました。 いつもは鉄道を利用することが多く、たまに自家用車を使っていましたが、このときは往路だけ高速バスを利用してみました。 乗…

続きを読む

【1366】あの年の12月23日《1991年・1992年・1993年・1994年・2005年》

平成の時代、12月23日が天皇誕生日でした。我が家では、まだ子供が幼少だった1991年・1992年・1993年・1994年に、この祝日を絡めて一泊の家族旅行をしていました。観光シーズンではないし、帰省にも早すぎるので交通機関も宿泊施設も空いていることに加えて、青春18きっぷの使用期間であることが動機でした。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 1991年12月23日 昨日の続きです。瀬戸大橋が見える鷲羽山のホテルで泊まった2日目は、岡山の池田動物園へ行きました。 そして帰路は青春18きっぷではなく新幹線を使いました。時間短縮だけでなく100系新幹線の食堂車に乗ることも目的で、「二階建新幹線の食堂車に乗せてあげよう」と子供たちをダシに使いました。そのとき乗った食堂車のレシートの画像が、【992】変なコレクション12: レシートにアップしてあります。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 1992年12月23日 昨日の続きです。奈良の興福寺五重塔が見える旅館で泊まった2日目。関西本線で名古屋方面とは逆に天王寺へ行きました。目的地は天王寺動物園でした。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ その翌年1993年12月23日は青春18きっぷでなく東京ミニ周遊券と往復新幹線を使って関東方面へ行きました。 湘南モノレールで江の島江の島から江ノ電で鎌倉へ、そ…

続きを読む

【1365】あの年の12月22日《1974年・1991年・1992年・1994年・2002年・2012年》

1974年12月22日 こんなものが保存してあります。私は麻丘めぐみのファンではありませんでしたが、大ファンだった友人から、「いっしょに行くはずだった者が行けなくなったので、代わりに行ってほしい」と言われて買わされたような記憶です。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 平成の時代、12月23日が天皇誕生日でした。我が家では、まだ子供が幼少だったころに、その祝日を絡めて一泊の家族旅行をしていました。観光シーズンではないし、帰省にも早すぎるので交通機関も宿泊施設も空いていることに加えて、青春18きっぷの使用期間であることが旅行の動機でしたから、積極的に青春18きっぷを利用していました。 1991年12月22日は、瀬戸大橋へ行きました。 その途中、姫路で播但線の福崎まで寄り道をしてDD51が牽引する客車列車(下り12系・上り50系)に乗ってきました。播但線 福崎駅 動画からのキャプチャー画像です。 この日の宿泊先は瀬戸大橋が見える鷲羽山のホテルでした。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ その翌年の家族旅行、1992年12月22日に京都と奈良へ行きました。 この日の宿は自分が小学生の修学旅行で宿泊したことがある興福寺の五重塔が見える旅館にしました。消費税が3%であること、それに加えて特別地方消費税があることに平成初期を感じます。  (その翌年1993年の家族旅行は12月23日出発…

続きを読む

【1364】あの年の12月21日《2002年・2007年》

2002年12月21日 この日から一泊で、烏山線・磐越西線・会津鉄道(旧会津線)・野岩鉄道(国鉄としては未開業となった鉄建公団建設線)・日光線・わたらせ渓谷鉄道(旧国鉄足尾線)に乗りに行っています。 そのことは、【833】乗り鉄12か月…2002年12月 北関東・みなみ東北で書きましたので、詳細は書きませんが、その記事にアップしなかった画像をご覧ください。 烏山線烏山駅に停車中の列車 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2007年12月21日 この日から一泊で、日本橋に向けて中山道徒歩の旅をしていました。 今回の起点は高崎線の新町駅でした。 本庄市内 深谷市内 東京まで80㎞…ずっと3ケタだった東京までの距離が2ケタになってくるとずいぶん近くなったと思う反面で、80㎞というのは中津川から名古屋までより遠いと考えれば、まだ先は長いとも思えました。

続きを読む

【1362】あの年の12月19日《1999年》

1999年12月19日、青春18きっぷを使って保存SL巡りをしてきました。 中央東線茅野駅前に保存されているC12 67 この機関車は中津川機関区で廃車になっています。明知線と中津川での現役時代を知っていますので、懐かしさがあります。ただ、たいていの保存蒸機は、自分が知っているころの装いはまったく違っているので、別物を見ているような気にならないわけではありません。 中津川では炭庫に警戒色が塗られ、一般受けしない姿でしたが、自分としてはあの警戒色こそが懐かしさであり、見たままの67号機に思えます。 続いて下諏訪へ行きました。青少年広場に保存されているC12 171 この機関車は木曽福島機関区で廃車になっているので見たことがあるのですが、現役時代をカメラで記録したことがないように思います。木曽福島ではデフレクタが付いたC12 199のほうに気が向いていたので、そういうことになっているのかもしれません。 この2両とも、上諏訪機関区所属時代がありますので、ゆかりの地の近傍に保存され幸運なほうでしょう。 ところで、このころ保存蒸機の情報収集は今のようにインターネットでチャチャッと調べることはできませんでした。私の情報源は「Rail Magazine」通巻117号(特集:蒸機こそすべて)で、全国の保存蒸機を撮り尽くされた方の記事でした。そこに記された保存場所を分県地図の都市図などから探し出すという方法でした。今回のC12 171号機の保存場所なども、現地に行ってやや迷いましたが、それはそ…

続きを読む

【1354】あの年の12月11日《2004年》

2004年12月11日 前日からの続きで、常陸多賀駅前のビジホからスタートしました。 常陸多賀…(徒歩)…鮎川―(日立電鉄)―常北太田 常北太田…(徒歩)…常陸太田―水戸―佐貫―(関東鉄道竜ケ崎線)―竜ヶ崎 竜ケ崎―(関東鉄道竜ヶ崎線)―佐貫―我孫子―成田―千葉―東京―(東海道新幹線)―この旅では、往復の新幹線区間を除いてJR線では青春18きっぷを使用しました。 この日乗ったJR線区間はすべて既乗区間で、参考記録区間もありませんでしたが、せっかく関東地方に来たので、翌年春に廃線予定になっていた日立電鉄と、経路上にあって未乗だった関東鉄道竜ケ崎線への初乗りが目的でした。あとは千葉方面に寄り道して成田山新勝寺などへ立ち寄り、青春18きっぷを有効活用してきました。

続きを読む

【1353】あの年の12月10日《2004年》

2004年12月10日 この日から2日間、関東地方で気になっていた鉄道に乗りに行きました。 <この日の乗車経路> ―(東海道新幹線)―小田原―平塚―(湘南新宿ライン)―大宮―(快速むさしの2号)―立川―(青梅特快)―西立川(折返)―吉祥寺―(京王井の頭線)―東松原…(徒歩)…梅ヶ丘―(小田急)―代々木上原―(東京メトロ千代田線~常磐線)―松戸or柏(どちらの駅で乗り換えたか?)―水戸―常陸多賀(泊) 自分で決めた基準では「旧国鉄の未乗線とはならないが、実質未乗となっている区間」を参考記録として乗っておこうという趣旨でした。 この日は、余命わずかな東海道本線113系サロ110と湘南新宿ラインのグリーン車を乗り継いで小田原から大宮へ向かっています。 大宮からの快速「むさしの」のルートに乗ることが一番の目的でした。国鉄時代には毎日運転される旅客列車が走っていなかった貨物線ルートを走りますので参考記録として乗車しました。 「東松原…(徒歩)…梅ヶ丘」の部分は、雑誌「旅」2000年9月号に収録(2003年8月号臨時増刊「宮脇俊三の旅」にも再録)された、故宮脇俊三氏の「ご当地、東松原散歩コース探見」を見て歩きたくなったということによります。散歩コースを歩いて宮脇宅の前も通ってきました。マンション銘板を見て、ここが「聖地」! 常陸多賀に泊まったのは翌日の行程に便利だという理由によります。

続きを読む

【1352】あの年の12月9日《1986年・1989年・2012年》

1986年12月9日 このとき国鉄の余命はあと4か月を切っており、前月に行われた61.11ダイヤ改正では、事実上のJR体制に移行していました。私はこの時期には複数の就職希望先の二次試験を終えており、いつまで乗務の仕事ができるのかまったくわからない状況下にありましたが、あとは結果を待つだけでしたから、千葉鉄道管理局のお座敷列車「なのはな」が名古屋鉄道管理局内への入線があったので、刈谷~大府間(現逢妻~大府間)へ撮影に行きました。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 1989年12月9日 転職後、会社のメンバーで始まった西国三十三所巡礼旅、この日は日帰りでした。行程は以下のとおり 〔集合〕~一宮IC―(名神高速)―八日市IC―観音正寺<第32番>―竜王IC―(名神高速)―瀬田東IC―(京滋バイパス)―宇治東IC―三室戸寺<第10番>―醍醐寺(下醍醐から上醍醐<第11番>徒歩往復)―京都東IC―(名神高速)―一宮IC~〔解散〕 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2012年12月9日 中央西線 美乃坂本駅 前日は東京に行っていましたが、実家のことでは心配事が続いていました。この日は早朝から実家へ行って、午後帰途につきました。

続きを読む

【1351】あの年の12月8日《1990年・2012年》

1990年12月8日 車掌区時代の先輩2人と私の計3人で行く温泉旅で、前日に飛騨地方へ出かけ奥飛騨温泉に泊まっていました。そして12月8日には、神岡鉄道の神岡鉱山前駅へ立ち寄りました。山間の駅ですが、いかにも貨物駅らしい佇まいでした。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2012年12月8日 この年は「新幹線YEAR 2012」キャンペーンがあり、その一環で「ご当地ラッピング新幹線」が運転されていました。 浜松町駅のこの子は、こういう衣装でした。

続きを読む

【1349】あの年の12月6日《1982年・2003年》

1982年12月6日  飯田線 柿平~三河槇原 定番の撮影地です。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2003年12月6日 昨日から書いている北九州の乗り鉄2日目。全線未乗だった松浦鉄道ではフリーきっぷを購入。 大村線も未乗でした。乗ったのはこの編成ではなく青い塗装のキハ66でした。 この2日間で北九州に残っていた旧国鉄線は完乗になり、九州島内に残る旧国鉄未乗路線(2003年当時旅客営業している鉄道路線に限ります)は、旧国鉄湯前線の「くま川鉄道」だけになりましたが、長く九州を訪れることはなく未乗のまま放置することとなりました。訪問することが叶い、旧国鉄線完乗になったのは、それから12年後となる2015年になってしまいました。         ↓ 【647】九州乗り物乗りある記(前篇)

続きを読む

【1348】あの年の12月5日《1997年・2003年》

1997年12月5日 平成年間には毎年1回の善光寺参りは欠かさなかったのですが、1997年は、なかなか行く機会がなく、ついに12月を迎えてしまい、この日に出かけました。指定席にはあまり乗らない私ですが、この日指定席にしたのは、たぶん、しなの3号はふだんから乗車率が高い列車であることと、途中駅多治見から乗車したという2つの理由のほかに、その1年前から定期列車が383系に変更されたことによる試乗的な意味があったのかもしれませんが、そのときの383系の印象も含めて記憶にありません。 長野駅から善光寺へ徒歩で向かう途中に旧後町小学校内に保存されているD51549に再会してきました。中津川機関区時代馴染みの機関車でした。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2003年12月5日 この日から1泊で、北九州に未乗で残っていた旧国鉄線へ乗りに行きました。 北九州は、国鉄時代ほどではないにせよ、今でも線路が入り組んでいるので、かなりの既乗線区に乗車しなければなりませんので効率がわるいのですが、高校生時代の1973年に蒸機撮影時以来30年ぶりに乗車する線区も多く、記憶のかなたになっていたり、そのころなかったものができていたりして、初乗りのような新鮮さを味わうこともできました。そういう箇所の一つが、平成筑豊鉄道田川線沿いにある源じいの森で、車内から保存車のヨ9001が見えました。 それとは逆に、撮影地だった箇所ではこの上ない懐かしさに浸ることもありました。そん…

続きを読む

【1342】あの年の11月29日《2008年・2018年》

2008年11月29日は、昨日書いた中山道徒歩の旅の2日目で、高崎線上尾駅から東北本線浦和駅まで、中山道を歩きました。途中で大宮を通りますので、寄り道をしました。 早朝から歩いていたので、鉄道博物館では朝昼兼用食を含む休憩時間という設定でした。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2018年11月29日 岐阜県内をあちこちクルマで巡りました。 まず多治見市図書館へ。 この年は太多線開通100周年だったこともあって、「太多線の歴史」の展示コーナーが設けられていました。 そのあと、多治見市内にある虎渓山永保寺周辺の紅葉を眺めてきました。 昼食は可児の回転ずし。そのそばには100年目の太多線 (下切~可児)

続きを読む

【1341】あの年の11月28日《1980年・2008年》

1980年11月28日 国鉄在職中、列車掛同期の者2人とともに、私のカローラで奈良へドライブに行っていました。前日に出発し、奈良市内で泊り、この日は薬師寺と唐招提寺に行きました。 そのときの参拝券です。 11月25日の記事で、これから9年後に行った参拝券の画像をアップしていますが、それと比べると、カラー写真もなくてシンプルな参拝券であります。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2008年11月28日 北鴻巣~鴻巣 一泊で中山道徒歩の旅に出ました。この日は高崎線吹上駅から上尾駅まで、中山道を歩きました。 中山道では鉄道線に並行する場面がときどきありますし、踏切で線路を横断することもよくありました。そういうところでは、どんな列車が来るか気になりますので、踏切の警報音や列車の走行音に反応してしまい、立ち止まることが増えてしまいます。

続きを読む

【1340】あの年の11月27日《1982年・1988年・1995年・2010年》

1982年11月27日  自動車で道標巡りをしていました。情報も少ない中を、2つの旧道が交わる交差点などにひっそりと建っている道標を見つけることは、今でいうとスマートフォン向けの位置情報ゲームアプリのお遊びに似たものだったように思います。そこで発見した道標には、廃線跡に残された鉄道施設に出会えたときに似た思いがいたします。ここでは案内看板がありました。書いてあるとおり、この場所に道標が存在することに大きな意味があります。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 1988年11月27日 昨日書いた係の旅行の話の続きで、京都の2日めです。 行願寺革堂 ここで初めて西国三十三所専用の納経帳を買いました。私にとっては西国巡礼の始まりの日であり始まりの地です。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 1995年11月27日 一昨日から書いている東北地方2泊3日の一人旅3日目です。この日は大湊線と下北交通に乗ってから、東北本線の50系普通客車列車~はつかり~やまびこ~ひかり~と乗り継いで帰ってきました。 この3日間の旅については、【831】乗り鉄12か月…1995年11月 JR五能・津軽・大湊線、下北交通(リンク先は一昨日・昨日と同じ)に書きましたので、詳細は省略とします。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2010年11月27日 この日も、中央西線…

続きを読む

【1339】あの年の11月26日《1988年・1989年・1995年》

1988年11月26日 昨日、私が配属された係で、毎年給料天引き積立して1年に1度旅行をしていたことを書きましたが、その前年も同じ係だったので、同じように旅行に行っていました。その年の行先は京都でした。 人事異動があった4月から毎月積立をして、旅行に行ける程度までお金が貯まるのがこの時期なので、係の旅行は毎年こういう時期になるわけです。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 1989年11月26日 係の旅行の話が続きますが、こちらは昨日書いた1989年に奈良へ行ったときの2日目の画像です。 奈良市内、東大寺界隈にあった看板類です。観光地だけにフィルムの看板が多いです。仁丹も旅のお供でした。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 1995年11月26日 東北地方へ2泊3日の一人旅2日目です。この日は五能線と津軽線に乗って青森に泊まりました。 この3日間の旅については、【831】乗り鉄12か月…1995年11月 JR五能・津軽・大湊線、下北交通(昨日貼ったリンク先と同じです。)に書きましたので、省略とします。

続きを読む

【1338】あの年の11月25日《1989年・1995年》

1989年11月25日 これまでに何回か出てきた話ですが、このころには会社のメンバーでは西国三十三所巡礼旅が流行していました。私が配属された係では毎年給料天引きで積立をして1年に1度旅行をしていたのですが、この年の行先は奈良になりました。ただし個人的にやっていた西国三十三所巡礼ではなく一般的な観光ルートで寺院巡りという内容でした。 薬師寺 そして法隆寺の御朱印 以和為貴 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 1995年11月25日 仕事を2時間ほど休んで、夕方から東北地方へ2泊3日の一人旅に出ました。この日の宿は「日本海」のB寝台でした。 この3日間のことは、【831】乗り鉄12か月…1995年11月 JR五能・津軽・大湊線、下北交通に書きましたので、省略とします。

続きを読む

【1335】あの年の11月22日《1982年・1992年・1998年》

1982年11月22日 未乗線区に乗りに行こうという誘いで、車掌3人で出かけました。 まず、信楽線を一往復 画像は貴生川駅の信楽線ホーム そのあと、木津へ出て片町線に乗りましたが、途中で日没になりました。画像は長尾駅。木津からここまでは非電化でした。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 1992年11月22日 JR西日本の「セイシェル」が東海地方まで来るというので、稲沢へ出かけました。 稲沢~清州 3両編成の中間車はスハフ12を改造したキサロ59 501で、気動車になり切っていました。 同日同区間で「しらさぎ」 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 1998年11月22日 昨日書いた東北の旅2日目で、宮古からスタートしました。昨日貼ったのと同じリンク先ですが、【151】鉄道あちこち訪問記6:利府線・三陸海岸縦断1998.11.21~22で、前日と当日のことを書いています。

続きを読む

【1334】あの年の11月21日《1998年・2009年》

1998年11月21日  東北本線利府駅に立ち寄ったときの画像です。 上はED71 1 下の画像で、右のナンバープレートが外されたELは、窓配置から推定するとED91 21。左のDLはネガ原版ではDD154と読めます。ほかにもEF71 1,ED75 1,ED77 1,ED78 1が同じような状態で置かれていました。この保存機関車たちは、今はどうなってしまったのでしょうか。 この日は、この機関車の撮影が目的ではなく、東北地方の未乗線区に乗ることが目的でした。 【151】鉄道あちこち訪問記6:利府線・三陸海岸縦断1998.11.21~22で、この日と翌22日のことを書いています。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2009年11月21日  旧国鉄中央本線の愛岐トンネル群 ふだんは立入禁止ですが、例年紅葉の時期など期間を限定して公開されます。 小学生のころに実際に何回も列車で通ったトンネルですので、すごく親しみがある場所ですが、明治時代に造られた巨大な、しかも連続する遺構がこういうところに残っていることは奇跡のように思えます。「NPO法人 愛岐トンネル群保存再生委員会」公式サイトによると2020年秋の特別公開日は来週28日から9日間(雨天中止)とのことです。

続きを読む

【1330】あの年の11月17日《1998年・2005年・2019年》

1998年11月17日 県外を目的地とする出張は、せいぜい1年に1回程度しかなかったのですが、この日は2人で松本市内へ来ていました。業務を終えて大糸線の島内駅で帰りの乗車券を買いました。このときの相方は乗り鉄をしている先輩だったという事情があって、松本駅で名古屋行しなの号に乗り換える前に寄り道をして夕暮れの松本電鉄上高地線を1往復してきました。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2005年11月17日 車掌区時代の先輩2人と私の計3人で行く温泉旅は、このころになると目的地が日帰り温泉になったり、夜集合して一献傾けるだけになったりしましたが、今まで年1回、この時期に顔を合わせることにしています。2005年11月17日は、日帰りで上諏訪温泉に行ったあと、諏訪市博物館で行われていた企画展「機関車が並んでいた駅 上諏訪」を見学しました。 博物館では通常の入場券に加えて、硬券入場券が付属していました。日付印字器がないのはやむを得ませんが、企画を考案された方が日付ゴム印を捺す位置や向きを窓口担当の方に教えてあげておけば、よりよかったかも。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2019年11月17日 昨年のことになりますが、「鉄道貨物フェスティバル in 名古屋」が名古屋貨物ターミナル駅で開催されました。 人ごみが嫌いなので様子だけ一通り見てすぐに帰ってきました。このときの関心事は、構内見学列車として…

続きを読む

【1323】あの年の11月10日《1986年・2006年》

1986年11月10日 同じ車掌区の先輩2人と私の計3人で行く温泉旅の第2回目でした。国鉄分割民営化まであと4か月と少し。私は転職に向けての2次試験を控えておりましたし、3人の進路はバラバラになることが予想されていたので、お別れ会みたいなものでした。 このメンバーでの旅は毎回自動車旅でしたが、小淵沢駅に立ち寄って駅弁を買い込み、小海線の国鉄最高地点の踏切付近にクルマを停めて食べました。 それらしい?地酒も購入しましたが、これはさすがにその場では飲みません。撮影場所は野辺山駅です。 この日の宿泊先は尻焼温泉でした。今年も、このメンバーで、近場の日帰り温泉旅を12月に計画していますが、果たして実行に移せるか微妙なところではあります。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2006年11月10日 中央西線 高蔵寺駅 JR東海神領区所属の113系電車の定期運用がこの日で終了することになっていましたので、出勤前に高蔵寺駅で愛知環状鉄道から中央西線へ直通する列車を見送ることにしました。通学・乗務・通勤と何度でもお世話になった113系の引退は、一つの時代が終わったことを告げていました。

続きを読む

【1322】あの年の11月9日《1991年・1996年》

1991年11月9日 名鉄 美濃北方駅 家族で谷汲山華厳寺へ行ったときの画像です。まともなコースではなく、子供をダシに(子供を飽きさせないように)大垣から樽見鉄道のレールバスに乗った後、北方真桑下車。徒歩でこの美濃北方駅まで来て名鉄に乗り換えて谷汲まで行きました。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 1996年11月9日 JRおおみや鉄道ふれあいフェアの開催日でした。このころは秋に開催されていたのですね。 せっかく久しぶりに来た首都圏ですから、このあと川越線に初乗りして、青梅まで乗り継いで青梅鉄道公園へ行きました。 新幹線0系22-75はこのころはこんな塗装でした。どう考えても0系に対する冒涜で、「鉄道公園」を名乗るところがすることではないと思いましたが、しょせん「JR東日本鉄道遊園地」だったのでしょうか。現在は現役時代の東海道新幹線カラーに戻されています。 一方で、かつて鉄道雑誌(RJ誌1982年12月号)で無残にも崖下に転落している写真を見てショックを受けた記憶があるC51 5は、修復されて展示されていました。ご承知のように現在は鉄道博物館に移転保存されています。

続きを読む

【1316】あの年の11月3日《1973年・1974年・1996年・2007年・2010年》

1973年11月3日 名鉄揖斐・谷汲線へ行きました。 連接車モ401のさよなら運転が行われることを知って初めて行くところでしたので、撮影に都合のいいところを車掌氏から聞いたところ、赤石か長瀬で降りるといいと言われて、この乗車券を車内で買った記憶です。 そして、いつも見ている北恵那鉄道のモ560形と同形のモ760形に乗ることもできました。 中央西線のD51に続き明知線からもC12が撤退した直後でしたから、この日帰り撮影行は各地のローカル鉄道に目が向き始めた第一歩だったようにも思います。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 1974年11月3日 その翌年の11月3日には、東濃鉄道駄知線と笠原線に出かけています。このときすでに駄知線は2年前の昭和47年7月豪雨による災害以来、長い休止期間を経て廃止された直後でしたから土岐市駅前からバスに乗りました。車庫には、車両はそのまま残されていました。 そのあと、多治見に出て、貨物営業だけが残っていた笠原線に行きました。こちらは沿線を終点の笠原まで歩きとおしましたが、旅客車両は1台も残されていませんでした。 【359】陶彩の径 ~東濃鉄道笠原線廃線跡~の中に貼ってある笠原線廃止前の画像は、この日撮影しています。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 1996年11月3日 子供と2人で宮原運転所の公開イベントに出かけました。 めったに来ない大阪で…

続きを読む

【1315】あの年の11月2日《1982年・2006年・2008年》

1982年11月2日 飯田線 千代~天竜峡 まだ紅葉が早かった天竜峡。帰路は紅葉のダートドライブで、大平峠(標高1358m)経由で帰りました。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2006年11月2日 この日のことは【241】中山道宿場巡りで見た鉄道風景(9):徒歩で再訪 塩尻宿~芦田宿で書いていますが、和田峠越えをした日でした。 麓の和田宿に、その日のうちに家に帰ることができる時刻にたどり着けたときにはほんとうにホッとして、「よろずや」に立ち寄って難所踏破記念の地酒を買い求めました。 帰路は「あさま」と「しなの」の乗継でした。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2008年11月2日 父と貨物鉄道博物館へ行きました。西藤原まで自家用車で移動し、そこから三岐線で丹生川まで列車に乗りました。父は80歳になっていましたから、一緒に出掛けることがいつまでできるかわからないといつも思っていましたが、折しもこの日は修復が完成した展示車両ワ5490の積込実演が行われた日でしたので、父を誘い出しました。 父は実際に小口貨物輸送の「荷扱手」をやっていたので興味をひかれたようでした。 そして乗務した緩急車ワフ21000なども懐かしく見入っていました。

続きを読む

【1313】あの年の10月31日《1973年・1978年・1985年・1998年》

1973年10月31日  中央西線の「しなの」のうち、キハ181系使用列車2往復だけで営業していた食堂車が,この日で営業を終えることになりました。(見出し以外はボカシ処理をしてあります。) 最終日の食堂車を夕暮れの学校からの帰り道に中津川駅で見送りました。そのことは、【119】中央西線を走った車両4 :181系気動車(4)で書きましたので、ここでは詳細は省略します。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 1978年10月31日 この日は、貨物輸送だけ残っていた東濃鉄道笠原線の営業最終日でした。その日のことは、【360】東濃鉄道笠原線 営業運転最後の日で書きましたので、詳細は省略します。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 1985年10月31日  以下2枚 高山本線 飛騨小坂~渚飛騨まで来ると、山々は少し色付き始めました。1枚目は「のりくら1号」(後方からの撮影)、2枚目は「のりくら6号」  どちらも名古屋と富山を結ぶ急行です。このころ高山本線全線を通して運転される特急「ひだ」は1本もなく、飛騨古川以北を運転される特急は名鉄から乗り入れる「北アルプス」だけでした。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 1998年10月31日 昨日書いた「さわやか信州フリーきっぷ」を使った長野県内の旅、2日目は実家からスタートしました。前日、家内が使って有…

続きを読む

【1312】あの年の10月30日《1994年・1998年》

1994年10月30日 昨日に続き、信越本線(長野~黒姫間・現しなの鉄道北しなの線)で運転されたD51 498によるSLアップル号試運転撮影の2日目 信越本線 古間~黒姫 この日は、JR西日本のジョイフルトレイン「ゴールデンエクスプレスアストル」が運転されていました。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ その4年後1998年10月30日  さわやか信州フリーきっぷ この年も信州へ行っていますが、このころには撮り鉄活動はやらなくなっていました。この企画乗車券があったことで、信州の鉄道をあちこち乗ってみようと思っただけのことです。 「さわやか信州フリーきっぷ」は長野県内のJR線が2日間乗り放題(特急の自由席も利用可)という内容でした。当日は家内と2人でエリア外の多治見から特急(自由席)に乗って出かけたので、エリア入口駅の田立までの乗車券とエリア内最初の特急停車駅木曽福島までの自由席特急券は別払いでした。その日は上諏訪へ行きました。諏訪湖畔には長工デフD51824が保存してありました。 「さわやか信州フリーきっぷ」はもう一日有効でしたから翌日も使用することにして、私だけは美乃坂本で下車してエリア外部分の乗り越し精算をして実家に泊まりました。(家内だけが翌日の権利放棄をして家に帰りました。)

続きを読む

【1310】あの年の10月28日《1982年・1997年》

1982年10月28日 飯田線 千代~金野 以前にも、【830】撮り鉄12か月…1982年11月「天竜峡の渓谷を走る飯田線旧形国電」で、この区間の翌月のことを書いていますが、飯田線金野辺りはお気に入りでした。秋が少しずつ深まりゆくこの時期、山々の色付きの進み具合が気になり、様子見に出かけましたが、さすがにまだ早かったようです。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 1997年10月28日 この日から富山市・加賀市・福井市へ出張がありました。2泊3日の行程で2人1組での行動となったので、もう一人が「どうせ行くのならワイドビューひだの一番前の席に乗りたい」と言います。「どうせ行くなら」というのには、「お前と行くのなら」という意味と、「その座席を取ってこい」という意味が含まれているわけです。 早めに特急券だけ買っておいて、乗車券は前日に連続乗車券を買いました。この出張では全体的に時間に余裕がありました。(無理に作った?)富山城址公園9628  目的地に近いのをよいことに立ち寄ってみました。この出張、今なら同じ行程で日帰りは無理にしても1泊で行かされることでしょうし、それ以前に、現在の社会情勢なら不要不急な出張として、出張そのものがなくなっているでしょう。

続きを読む