アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「乗務」のブログ記事

みんなの「乗務」ブログ

タイトル 日 時
【972】 国鉄時代の観光案内車内放送:「しなの」(4−4)
【972】 国鉄時代の観光案内車内放送:「しなの」(4−4) (画像は国鉄時代の松本駅ではありません) 先週に引き続いて、国鉄時代に録音した「しなの号」の車内放送の解説や補足などを書いておくことにします。音声は、車内放送部分だけを編集してアップしていますので、車内録音ノーカット版ではありません。収録した日と列車は前回と同じで、続編となっています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/04/01 05:30
【970】 国鉄時代の観光案内車内放送:「しなの」(4-3)
【970】 国鉄時代の観光案内車内放送:「しなの」(4-3) 先週に引き続いて、国鉄時代に録音した「しなの号」の車内放送の解説や補足などを書いておくことにします。音声は、車内放送部分だけを編集してアップしていますので、車内録音ノーカット版ではありません。収録した日と列車は前回と同じで、続編となっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 8

2019/03/25 05:30
【966】  国鉄時代の観光案内車内放送:「しなの」(4-1)
【966】  国鉄時代の観光案内車内放送:「しなの」(4-1) 私が国鉄末期に乗務していた「しなの」号は、名古屋と信州を結ぶ列車で、381系電車9両編成で運転されていました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 24

2019/03/11 05:00
【964】 駅名のアクセントと読み間違い
【964】 駅名のアクセントと読み間違い 国鉄時代の1983年8月8日に、関西本線の桑名・富田間に「朝日」駅が開業しました。 記念の臨時列車が運転されました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 22

2019/03/04 06:00
【960】 聴かれていた車内放送
【960】 聴かれていた車内放送 私は子どもの頃、中津川へ親の買い物に付いていくとき、乗った列車では、きまって中津川到着前には、「ハイケンスのセレナーデ」のオルゴールのあと、連絡する急行列車や北恵那鉄道への乗換案内、切り離す車両があることや停車時間が丁寧に放送されたものです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 8

2019/02/18 06:00
【958】 改めたい放送(国鉄時代のテキストより)
【958】 改めたい放送(国鉄時代のテキストより) 国鉄時代のテキストに書かれていたことについて連載しています。 改めたい放送例が書かれており、どうすればよいかが書かれています。以下、抜粋です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 20

2019/02/11 06:00
【956】 国鉄時代の車内放送
【956】 国鉄時代の車内放送 「60がらみのおじいさん」の事例や投書と思われる、よからぬ接客事例が載っていた列車掛養成課程で使ったテキストには、車内放送の注意点なども書いてありました。 テキストは中央鉄道学園で作成されたもので、つまり全国の国鉄の接客業務を行う職員を対象にしているものでした。しかるに国鉄で放送の質にばらつきがあったのは、現業機関での教育が行き届かなかったのか、職員の意識の問題でもあったのでしょう。 (京都鉄道博物館101系モックアップ) 画像の左端にある車内連絡用送受話器が放送用マイクロホンを兼ねていま... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 20

2019/02/04 05:20
【950】 165系電車時代の急行「赤倉」に関することいろいろ
【950】 165系電車時代の急行「赤倉」に関することいろいろ 先週は気動車時代の急行「赤倉」号が名古屋に着いた後、その編成を使用して中央西線を折り返した普通気動車列車について書きました。 その赤倉号は、1982年11月の上越新幹線開業に伴うダイヤ改正で165系電車化されました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 26

2019/01/14 06:20
【948】 思い出の乗務列車57:中央西線普通列車531D&522D
【948】 思い出の乗務列車57:中央西線普通列車531D&522D 新年から毎木曜日に「中央西線を走った車両たち」について、「国鉄分割民営化まで」のことを書き始めましたので、今回は表題の中央西線の普通列車531Dと522Dに加えて、中央西線に走っていた昼行長距離急行「赤倉」号のことも併せて書いていこうと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 29

2019/01/07 06:20
【943】 字幕
【943】 字幕 先週の記事(【941】思い出の乗務列車54:武豊線931D名古屋行)の終わりに、国鉄分割民営化を前提にした61.11ダイヤ改正で、私が在籍していた車掌区の普通車掌行路では、気動車の貫通ホロやホース・ジャンパ等の連結切り離し作業が新たに加わったと書きましたが、このダイヤ改正では、そのほかにも、いくつか新たにすべき仕事が増えました。 そのひとつに普通列車の行先表示幕の表示がありました。それまで名古屋鉄道管理局管内所属の普通列車用車両で、車掌が表示していたのは、117系電車の側面字幕だけでした。(特... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 20

2018/12/24 05:00
【941】 思い出の乗務列車56: 武豊線931D名古屋行
【941】 思い出の乗務列車56: 武豊線931D名古屋行 私が武豊線で乗務していた昭和50年代、名古屋第一機関区には12両のキハ35形式が配置されており、3両編成2本と4両編成1本に分けて運用されていました。武豊線では朝夕に急行編成が入り、キハ35のほうは、朝だけ3両編成を2本連結して6両編成を生み出して、武豊〜名古屋〜武豊〜大府と、武豊線内を1往復半しました。 1往復したあとの武豊発名古屋行が931Dで、朝の通勤通学輸送が一段落した8時41分に6両で武豊を発車して、途中の大府で後寄り3両を切り離して、前寄り3両だけが名古屋まで直通し、機関区へ入庫し... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 12

2018/12/17 06:00
【939】 使用停止の車内トイレ
【939】 使用停止の車内トイレ 垂れ流し式の列車のトイレには「停車中は使用しないでください」という注意書きがドアに書かれていたのをご記憶の方は多いと思います。(画像は、 碓氷峠鉄道文化むらの保存車) 停車中の便所使用が制限されていることは、子どものころから知っていましたが、走行中の使用を制限する例を初めて知ったのは、高校生のときでした。 それは、初めて九州へ行った時の、下り急行「桜島・高千穂」でのことで、朝の4時前、下関到着前におはよう放送が入りました。その中では、「下関を出ますと、すぐに関門海底トンネルに入ります。トンネ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 20

2018/12/10 06:20
【937】 列車のトイレと乗務員
【937】 列車のトイレと乗務員 ご承知のように、国鉄時代の列車は、いわゆる垂れ流し式のトイレが当たり前でした。少しずつ循環式のタンクを装備して車両基地で処理する方式に改良されつつありましたが、冷房化同様、国鉄分割民営化の時点でも垂れ流し式は残存していました。当然、これは昔から問題となっていて、とくに保線区など施設関係の職場環境問題でもありましたので、組合も改善要求を出していました。画像は大井川鐵道の旧形客車です。利用は制限されていますが、設備的には今もそのまま残っているようですね。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 12

2018/12/03 06:00
【935】 ノリホ
【935】 ノリホ ノリホとは列車乗車人員報告書のことです。 国鉄時代は大きな駅のホームの柱に、このような「のりほ」「ノリホ入れ」などと書かれたポスト状の挿入口がある小さな箱や、吸い殻入れと間違えそうな空き缶が括り付けてある光景をよく目にしました。最近はあまり鉄道で出かけませんので今でもあるのかどうか知りませんが、下の画像は2014年にJR東日本の某駅ホームで見かけたものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 6

2018/11/26 06:20
【933】 ストライキと給料カット
【933】 ストライキと給料カット 欠乗は、恐ろしいことでしたが、私は意図的に指定された列車の乗務をしなかったことがありました。 そんなことがあるのかと思われるかもしれませんが、国鉄時代を思い出してください。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 4

2018/11/19 06:34
【931】 欠乗
【931】 欠乗 先週は、列車が遅れた話をしましたが、車掌のほうが列車に間に合わないこともあります。 乗務員は「遅刻」という言葉を使いませんでした。出勤に遅れたら「出勤遅延」であり、車両のいる場所へ出場するのが遅れれば「出場遅延」であり、結果として乗務すべき列車に乗れなければ「欠乗」と言いました。常に時刻を気にしなくてはならない仕事ですから、それらはすべて「事故」として取り扱われます。 欠乗は乗務員では最も恥ずべきこととされていました。乗務員個人のミスによる原因であれば、どのような場合でも決められた時刻に間に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 11

2018/11/12 05:50
【929】 超過勤務手当
【929】 超過勤務手当 当然のことですが、乗務員は終点についたら仕事はそれで完結です。車内巡回が中途半端で、無人駅から乗ったお客さんに切符が書ききれなくても、壊れた冷房がなおっていなくても、乗客と揉めごとがあっても残業があるわけではありません。のちに国鉄を退職して自分の山のよう残った仕事を残業で片付けているときや、朝出勤して前日の取引先とのトラブルの後始末のしかたを考えているときに、後腐れがない仕事とはいいもんだと思ったものです。まあ裏を返せば、乗務員の仕事は、締切日時が絶対に延びない中で完結させるため、後回しとか締切... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 8

2018/11/05 06:00
【856】 車補のこと・腕時計のこと
【856】 車補のこと・腕時計のこと 先週は、乗客扱いの専務車掌は司法巡査に指定されたというお話をしました。司法巡査の証やバッジを紛失したら厄介なことになると書きましたが、毎日違った列車が職場になるのが乗務員ですから、このほかにも、乗務中には大切なものをいくつも身に付けなければなりませんでした。 紛失すると始末書では済まず厄介なことになるのは、車内補充券の類もそうでした。 (画像は私が旅行に行ったときに購入した他車掌区発行のものです。) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 10

2018/02/26 06:00
【854】「鉄道公安職員」と「鉄道司法警察職員」 
【854】「鉄道公安職員」と「鉄道司法警察職員」  先週の記事「【852】緊急停車@揖斐川橋梁」の例では、一般公衆が鉄道用地内への立入って列車の運行を妨害したとして、その者に任意同行を求め駅に引き継いだことになるわけですが、現在だとどんな手順で事が進むのでしょうか? 現行の取り扱いマニュアルどころか法律を知らないので、なんとも申せませんが、素人なりに考えると、まず一般公衆の軌道内立入事実がある以上、防護無線を使用して、他列車も緊急停止手配により停車させることになるでしょう。無線で列車指令に連絡。最寄りの駅員がすぐに来られる距離でもありませんから... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 6

2018/02/19 06:30
【852】 緊急停車@揖斐川橋梁
【852】 緊急停車@揖斐川橋梁 国鉄がなくなるまで1年を切った昭和61年6月のことでした。 夕方、113系電車6両編成の下り米原行普通列車に名古屋で乗継いで、東海道本線を終点米原へ向けて乗務していました。 (今回の画像はすべて当該列車ではないのはもちろんのこと、その時代の画像ではありません。上の画像はさらに遡って昭和47年名古屋駅に停車中の113系電車) ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 18

2018/02/12 08:00
【850】 ランキングと車掌 
【850】 ランキングと車掌  いきなり鉄道にまったく関係ない話から始めますが、下の画像は昭和時代の月刊誌の切り抜きです。読者による女性タレントの人気投票の結果です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 8

2018/02/05 06:40
【848】 車内補充券は魔法の切符
【848】 車内補充券は魔法の切符 冒頭の画像は、使用済として発行された車内補充券です。もう使えませんよとお客様に対して明確な表現です。視点を変えると、この乗車券は北陸本線下り方向行なのに、上りの特急列車で発行されたものであることが列車番号からわかります。車内補充券は50枚の冊になっていて控片が車掌側に残りますので、控片を見れば乗務行路の時間的経過と発行した乗車券の発着駅が連動します。上り方面行きで発行された控片のなかに1枚だけ下りの片道乗車券が発行されていれば不自然で、あとで審査する部署の担当者が不審に思いますが、「使用済」と書... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 6

2018/01/29 06:30
【846】 釣銭と概算収受
【846】 釣銭と概算収受 車掌は車内で乗車券類を発行する関係上、運賃早見表、営業キロ早見表と車内補充券の冊などを持ち歩きます。 車内巡回中には、左手に運賃早見表、営業キロ早見表と車内補充券の冊を持ち、売上金の紙幣はその2つの早見表にまたがって掛けた表紙カバーの裏側にはさんでいました。硬貨は画像にあるような小銭入れも使いましたが、左手がふさがっていますから、右手だけで釣銭を素早く出せるように、10円硬貨と50円硬貨を上着のポケットに、100円硬貨をズボンのポケットというように裸銭のまま分けて入れていました。50円硬貨は穴... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 17

2018/01/22 06:40
【844】 割引切符
【844】 割引切符 上の画像は、自分で購入、使用した乗車券です。そのころ私は名古屋鉄道管理局と静岡鉄道管理局管内有効の職務乗車証を交付されていたので、同じ国鉄線であっても、乗車証の区間外については乗車券を購入しなければなりませんでした。そこで別に支給される職員用割引券を使って、名古屋鉄道管理局と長野鉄道管理局の境界駅であった中央西線の坂下から東京南鉄道管理局と静岡鉄道管理局の境界駅であった函南駅までの乗車券を買ったということで、つまり、中央西線・中央東線・東海道本線をぐるりと一周してきたわけです。目的地は東京で... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 15

2018/01/15 06:20
【842】 切符を失くしたとき
【842】 切符を失くしたとき 「【806】車内の遺失物」そして「【808】変な忘れ物」と、昨年2週続けて忘れ物の話をしてきましたが、旅行中大切な切符をなくしてしまうことも、ときにはありますね。私は、東京都内のどこかで、名古屋市内着の乗車券を落としたのが最高額の切符紛失事例で、このときは結局発見に至りませんでした。 切符を紛失したときには、どうしたらよいかということは、時刻表の営業案内のページに書いてあります。要するに紛失したのと同じ切符を買い直し「紛失再」の表示がある切符を発行してもらいます。下車駅ではその切符は改札で渡し... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 14

2018/01/08 06:50
【838】 思い出の乗務列車55:高山本線「ひだ1号」「ひだ4号」
【838】 思い出の乗務列車55:高山本線「ひだ1号」「ひだ4号」 タイトルを「思い出の乗務列車」シリーズ記事にしましたが、内容は先週アップした「【836】乗務した車両:80系気動車」の続編になります。特急は「しなの」しか乗ったことがなかった最下位組の専務車掌だった私が、予備勤務のとき、急に高山本線の特急「ひだ号」に1往復乗務した時のことを書いています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 8

2017/12/25 06:50
【836】 乗務した車両: 80系気動車
【836】 乗務した車両: 80系気動車 特急は「しなの」しか乗務行路上になかった最下位組の専務車掌だった私ですが、予備勤務のときには変わった列車に乗ることもありました。 1985年(昭和60年)の12月のこと、その日は緊急対応の日勤で、どのような列車に乗務してもよい覚悟をきめて、朝8時30分に車掌区に出勤すると、いきなり助役から「“ひだ”に乗ってもらうで、用意しといてな」と言われました。高山本線の特急「ひだ1号」に乗務予定の専務車掌が何かの事情で乗務できなくなったようでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 10

2017/12/18 05:00
【835】 スチール棚の企画展12:乗務した列車をイメージしてみる
【835】 スチール棚の企画展12:乗務した列車をイメージしてみる 国鉄在職中に乗務した列車のイメージを模型で再現してみようという企画展です。 例によって所有するNゲージ模型には限りがありますので、忠実に再現することはできません。模型を眺めて30〜40年前にやっていたことを思い出しながら、その雰囲気だけでも味わえればという程度のことです。そして今回登場する展示車両も、前回同様ほとんど全部が以前このシリーズで出演した模型ばかりです。 スペースの関係もありますので、定期列車を対象にしました。 以下の3枚の画像がその全容です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 12

2017/12/14 06:30
【834】 思い出の乗務列車54:中央西線489系 回3M…そして京都鉄博
【834】 思い出の乗務列車54:中央西線489系 回3M…そして京都鉄博 私は、特急「しらさぎ」に本務で乗務したことはなく、専務車掌になったときに名古屋〜富山〜(回送)〜東富山間で1往復の見習乗務をしただけでした。「しらさぎ」の行路は、専務車掌でも上位組でないと交番(乗務ローテーション)に組み入れられず、最下位組の私が乗務する特急はいつも「しなの」でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/12/11 07:00
【808】 変な忘れ物
【808】 変な忘れ物 列車の中での忘れ物は多いわけですが、宮脇俊三さんは、生前、国鉄時代の東京駅を取材され「東京駅 素顔の24時間」(著書 終着駅は始発駅に収録)という短編を書いておられます。その中から引用させていただくと、東京駅へ取材に行った折の「お忘れ物承り所」で、「なかに入ると、無いものは無いといってよいほど何でもある。人間とはこんなに何でも忘れることができるのかと感心してしまう。」という感想をお持ちになったようです。 私たちも、テレビ番組で、どうしてこんなものが?と思うような忘れ物が紹介されるのを知って驚い... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 21

2017/06/26 06:40
【806】 車内の遺失物
【806】 車内の遺失物 列車から降りたお客さんが、「しまった!鞄を忘れてきた」と気が付くと、下車駅で申告しますね。私も小学4年生のころに、母と一緒に出かけた帰り、母の買物袋を持たされて列車に乗った際、うっかり車内の座席にその買物袋を置きっぱなしにしてきてしまい、駅で降りて駅前広場に出て母に言われてから気付いて慌てたことがありました。 あのときは母にこっぴどく叱られ、高学年にもなってあまりにも責任感がないなど責められた挙句に、事後の手続きを全部自分でやるよう言いつけられ、半泣きで駅に捜索依頼に行きました。駅では何両目の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 54 / トラックバック 0 / コメント 14

2017/06/19 06:20
【804】 乗務先で買った駅弁
【804】 乗務先で買った駅弁 以前、【260】レチ弁で、乗務するときに車掌が食べる弁当について書きました。そういう弁当は、地理的な問題や乗務する列車のダイヤの都合上、駅や機関区、車掌区などにある職員食堂や駅周辺の一般の食堂をを利用できない場合に限って利用できました。ローカル列車で2〜3時間で折り返すような車掌にはその必要はあまりありません。しかしあえて駅弁を買って食べたいと思うことは、私の場合にはありました。(ふつうの車掌ではそんな人はいないでしょうが) また、乗務の折り返しで駅弁を買って、家に帰って食べた話も【570】駅... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 20

2017/06/12 04:40
【799】 閑話3-3…持っていた切符によって精算金額が違うのか!〜昭和57年夏
【799】 閑話3-3…持っていた切符によって精算金額が違うのか!〜昭和57年夏 (内容はフィクションであり、登場人物はすべて架空のものです。) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 48 / トラックバック 0 / コメント 12

2017/05/25 06:20
【798】 閑話3-2…乗車変更します〜昭和57年夏
【798】 閑話3-2…乗車変更します〜昭和57年夏 (内容はフィクションであり、登場人物はすべて架空のものです。) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 54 / トラックバック 0 / コメント 10

2017/05/22 06:00
【797】 閑話3-1…名古屋へ集合!〜昭和57年夏
【797】 閑話3-1…名古屋へ集合!〜昭和57年夏 (内容はフィクションであり、登場人物はすべて架空のものです。3回の連載で完結します。) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 12

2017/05/18 06:40
【787】 美濃赤坂線
【787】 美濃赤坂線 「美濃赤坂線」は東海道本線の大垣と美濃赤坂を結ぶ「東海道本線の支線」の通称名です。実際の線路は東海道本線の南荒尾信号場から美濃赤坂までの1.9kmの単線鉄道で、大垣・南荒尾間には別線が設けられているわけではなく、列車は東海道本線そのものを走っています。南荒尾信号場から分岐してすぐのところには荒尾駅があり、1.6q先が終点の美濃赤坂です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 53 / トラックバック 0 / コメント 26

2017/04/17 06:20
【779】 岡多線北野桝塚駅での思い出
【779】 岡多線北野桝塚駅での思い出 先週は、国鉄時代の電車列車の出発合図についてお話しました。 今回は、岡多線の北野桝塚駅のお話です。 国鉄北野桝塚駅は、JR東海を経て現在は愛知環状鉄道の駅で、愛知環状鉄道本社と車両基地の最寄り駅になっています。国鉄時代の岡多線には、70系〜113系〜165系電車が使用され、113系が走っていた時代に私は3年間ほど、この線に乗務していました。 岡崎から北野桝塚までは単線自動閉そく区間でしたが、ここから当時終点だった新豊田駅までは「通票式」によって運転され、北野桝塚駅長と運転士の間で通票の授受... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 8

2017/03/20 06:20
【777】 新駅と出発合図〜国鉄末期の混乱
【777】 新駅と出発合図〜国鉄末期の混乱 国鉄時代には、CTCと呼ばれる列車集中制御装置が一部線区にしか導入されておらず、多くの駅に運転取扱要員が配置されていました。運転取扱方も、機関車牽引列車を前提に規定され、当務駅長(駅長・助役・運転主任など)が、通票の授受、時刻、出発信号機の現示、客扱荷扱の終了を確認したうえで、車掌を介さずに「出発合図」を直接機関士に送って列車を発車させました。画像は関西本線島ヶ原駅ホームに残っていた駅員の列車扱いの確認事項を書いた表示です。(2006年8月撮影) しかし気動車列車や電車列車の場合は、自動ドアを... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 12

2017/03/13 06:10
【773】 命がけの実地訓練?
【773】 命がけの実地訓練? ここは中央西線、鶴舞駅。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 10

2017/02/27 06:40
【771】 合図の誤認
【771】 合図の誤認 先週、汽笛合図の記事で、「合図」とは「形、色、音等により、従事員相互間でその相手者に対して、合図者の意思を表示するものをいう。」と書きましたが、機関車牽引列車では、車掌と機関士の間では、車掌が手旗など「形や色」を用い、機関士は汽笛の「音」を用いて相互の意思表示を行うことが多かったわけで、意志は伝わりやすいとは言えませんでしたが、乗務員無線機が併用されるようになって便利になっていきました。電車や気動車では、車内電話やブザーの設備がありましたので、車掌と運転士は車内電鈴合図(ブザー合図)で相互の意思... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 16

2017/02/20 06:20
【765】 電車列車での集札
【765】 電車列車での集札 先週は岡多線三河上郷駅で降りた酔っ払い氏のお話をしました。 当時の岡多線の旅客列車は神領電車区の113系4両編成が使用されていて、この三河上郷駅では出口階段がある位置に列車の最後部が停車するようになっていたので、ああいうことができました。これも岡多線が新しい線区であり、元から無人駅では車掌が集札することを前提に停止位置も考慮された結果だったのでしょう。ところが、古くからある本線系の駅は、そんなことは考慮されていませんでした。列車の前の方に出口がある無人駅はいくらでもあって、一人乗務だと物理的に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 14

2017/01/30 05:30
【763】 酔っ払い(>_<)
【763】 酔っ払い(>_<) 飲酒に寛容だった昭和の時代、不特定多数の人が集まる駅や列車内では、酒を飲んで、人に迷惑をかける人が、今より格段に多かったように思います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 46 / トラックバック 0 / コメント 14

2017/01/23 06:10
【721】 「垂井線」(後篇)
【721】 「垂井線」(後篇) これまで2週にわたって、垂井駅の前後区間にまつわる運転形態について書いてきました。特急列車と貨物列車が走る別ルートの線が、勾配を緩和するために戦時中に別ルートで後から敷設された「東海道下り本線」であって、それは「垂井線」ではないことがご理解いただけたと思います。「垂井線」とは「東海道上り本線」に並行して「戦前における東海道旧下り本線」の跡を利用して、戦後まもなく造られた単線の旅客別線ともいうべき線なのです。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 22

2016/09/12 06:20
【657】 Youtube「リニア鉄道館の381系電車〜国鉄車掌との再会」について
【657】 Youtube「リニア鉄道館の381系電車〜国鉄車掌との再会」について ■最初におことわり■ 今回の記事は、昨年「中央西線を走った車両2:381系電車(1)〜(4)」と前回の記事に埋め込んだYoutube「リニア鉄道館の381系電車〜国鉄車掌との再会」の静止画像集をご覧いただいた方へのメッセージですので、ご覧いただいていない方には、読んでいただくには及びません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 17

2016/01/04 06:40
【652】 275列車 南四日市駅の入換
【652】 275列車 南四日市駅の入換 先々週から、稲沢発関西本線加佐登行貨物列車275列車のお話をしてきました。 この列車では、途中の南四日市で列車掛による入換作業がありました。この駅で入換をする列車は上下列車を問わず下り1番線に着発し、その作業は下り側にある側線を使用して行いました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 22

2015/12/21 06:50
【648】 思い出の乗務列車53:関西本線加佐登行275列車
【648】 思い出の乗務列車53:関西本線加佐登行275列車 今では信じられない話ですが、私が列車掛として貨物列車に乗務していた55.10ダイヤ改正前後には、稲沢発で関西本線加佐登行の貨物列車が1往復設定されていました。亀山操(天王寺鉄道管理局)まで行けばよさそうなものですが、名古屋鉄道管理局管内の関西本線発着の貨車需要がそれだけあったのでしょう。 私が乗務していたのは55.10以後の下り275列車で、稲沢を早朝4時54分に発車しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 33

2015/12/07 06:40
【646】 55.10前後の関西本線の普通貨物列車3
【646】 55.10前後の関西本線の普通貨物列車3 関西本線の貨物列車の話を続けます。 当時の画像がありませんので、近年になって撮影した画像で昭和の国鉄時代を想像していただくしかありませんが、ご了承ください。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 12

2015/11/30 06:30
【644】 55.10前後の関西本線の普通貨物列車2
【644】 55.10前後の関西本線の普通貨物列車2 関西本線の貨物列車の話を続けます。 仮眠先の亀山の乗務員宿泊所を出て、役目を終えたDF50が留置してある機関区構内を通って亀山操まで歩き、稲沢行普通貨物列車の乗務に向かいます。 着発線に組成してある列車の前部緩急車(前緩 ゼンカン)に乗り込みますが、着発線に複数の似たような車両列が並んでいるので、着発線をうっかり間違えるととんでもないことになります。そんな間違いはしなくてもダイヤが乱れていたりして、前の列車が居座っていたりすることだって、ないとは限らないので、気を付けなければなりません。この... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 8

2015/11/23 06:40
【642】 55.10前後の関西本線の普通貨物列車1
【642】 55.10前後の関西本線の普通貨物列車1 私が国鉄で貨物列車に列車掛の職名で乗務していたのは1979年〜1981年の約1年半たらずの期間でした。列車掛とは車掌業務に車両検査業務も併せ持つ職種でした。詳しくは【3】貨物列車をご覧ください。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 30

2015/11/16 07:00
【640】 思い出の乗務列車52:関西本線290列車(八田駅の入換)
【640】 思い出の乗務列車52:関西本線290列車(八田駅の入換) 先週、貨車解結通知書の内容と拾い出した編成を照合してみた関西本線290列車は、亀山操を発車したときには 「実現車16 延長現車20.6 換算40.1」 でした。 しかし月曜日の午前中という、いちばん連結車が少ない条件の下であったため、八田到着時まで1車の連結もなくて解放車ばかりで、仕事上ではたいへん楽をする結果となりました。八田到着時にはこのような短い編成になってしまい、ここでもまた1車の解放がありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 24

2015/11/09 06:30
【638】 貨車解結通知書の記載事項と編成を照合してみた
これまで何度か、自分が乗務した貨物列車の編成の車両形式番号や発着駅をアップしてきましたが、その積空別や積荷については記録を取ってこなかったために、不明のままとなっています。先週の記事で、昭和55年9月29日の関西本線亀山操発行の290列車の貨車解結通知書を最初にアップしましたが、その日に連結されていた車両の形式番号や発着駅を記録してあります。それをNゲージで再現すると下の画像のようになります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 10

2015/11/02 07:00
【623】 出先での一杯と、その時代背景
公共交通機関の乗務員が出先の宿泊先で飲酒することなど、今では考えられないわけですが、国鉄があったころ、言い訳のできないような飲酒事故が問題になるまでは、その日の乗務が終わり、翌朝の列車まで乗務員宿泊所に泊まる勤務のとき、私たちは寝る前には普通に酒を飲んでいました。 特に一定年齢以下の方が、誤解を招くといけませんので、念のため申し上げておきますが、今から40年近くも前のことで、当時の世間一般の常識が、今とはまったくちがっている時代で、飲酒について現在のように厳しい感覚で臨んでいなかったころのこと... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 36

2015/09/14 06:20
【621】 思い出の乗務列車51:中央西線・篠ノ井線夜行急行「きそ」801・802列車(後篇)
中央西線下り801列車「きそ6号」に連結された荷物車マニの使命は長野県内あての朝刊(名古屋印刷分)と急送品の輸送でした。 (画像は、上り802列車の方です。) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 14

2015/09/07 06:40
【619】 思い出の乗務列車50:中央西線・篠ノ井線夜行急行「きそ」801・802列車(前篇)
最初にお断りしておきますが、表題の列車に私が乗務していたのは荷物車です。ですから旅客車のことには触れていません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 22

2015/08/31 06:20
【616】 思い出の乗務列車49:篠ノ井線〜中央西線2836〜836〜荷5044列車(後篇) 
先週はリンゴの収穫期に、積込の応援に来ている農家の方からリンゴをいただいたお話をしました。 農家の人にしてみれば、「満載であろうともなんとしても運んでほしい」「今度もお願いだからうちのリンゴだけはお願いします」との気持ちが込められていたのでしょう。とにかく収穫期になると長野発の荷物車はりんご箱で埋まりました。リンゴの収穫期は年末の荷物繁忙期に重なるので、ふだん30秒停車の駅では、荷扱のため列車が遅れてしまうこともよくあったのです。 それでも、停車時間も特別多く鈍足の列車でしたから、少々の遅れ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 14

2015/08/24 06:20
【614】 思い出の乗務列車48:篠ノ井線〜中央西線2836〜836〜荷5044列車(中篇) 
836列車(1978年3月ダイヤ改正前までは長野・松本間の列車番号は2836列車)は長野を11時半過ぎに出ましたから、往路の荷5043列車では夜間で見られなかった篠ノ井線の車窓が眺められました。 今回の画像は、最後の1枚以外は、私がこの列車に最後に乗務した日、1979年(昭和54年)3月31日の撮影です。この10日後に、私は中部鉄道学園に入学し、4か月半にわたって列車掛になるための教育を受けました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 16

2015/08/17 06:20
【611】 思い出の乗務列車47:篠ノ井線〜中央西線2836〜836〜荷5044列車(前篇) 
荷5043列車で長野に着いた私たち3人(荷扱専務車掌又は荷扱車掌長1人と車掌補又は乗務掛2人)は、長野乗務員宿泊所で泊まり、翌日は午前11時半過ぎに発車する2836列車に連結されている荷物車(名荷24マニ)への乗務でした。長野車掌区への出勤時刻は発車前約1時間前くらいでしたから、早起きする必要はなく、かといってそんな時刻より早く目は覚めます。前夜、3人で寝酒を飲みながら、、朝飯はどこで食べるかなど、発車までの過ごし方を決めておきました。年明け最初の長野乗務だったりすると、初詣に善光寺でも行くか!... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/08/10 05:30
【609】 思い出の乗務列車46:中央西線〜篠ノ井線 荷5043列車(後篇)
荷5043列車の乗務は、中央西線沿線住民であった私としては、駅名どころか駅順をはじめホームの右左、地理的感覚など、さまざまな予備知識があったので、仕事上はたいへん有利でした。しかし、作業衣に前掛、手鉤を持って、檻のような保護棒がついた汚い荷物車の中で働く姿を知り合いに見られる可能性がありました。「見たよ」と言われたことはないので、見られたことはたぶんなかったはずです。しかし、囚人のような姿を見た人は、おそらくびっくりしたことでしょうから、本人に面と向かってそんなことは言えなかったのかもしれません... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 20

2015/08/03 06:00
【606】 思い出の乗務列車45:中央西線〜篠ノ井線 荷5043列車(前篇)
熱田荷物基地の全面開業の少し前、まだ非電化であった関西本線名古屋口で客車列車から荷物車が分離されて、荷物列車が名古屋口でも運転されるようになったことを、先日「【596】熱田駅荷物基地全面開業の日」でお伝えしました。これに対して中央西線と篠ノ井線のほうは、それより前の昭和48年に全線電化されており、その時点で旅客列車はほぼすべての列車が電車化されるとともに客荷分離が進行しており、名古屋から2往復の荷物列車が設定されていました。画像は恵那〜美乃坂本間を行く荷5043列車ですが、私が就職するまえの撮影... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 6

2015/07/27 05:40
【604】 大雪の日の東海道本線921Dから思う今の鉄道
昨日、関東甲信は梅雨明けしたようで、本格的に暑い夏を迎えるわけですが、なぜか30年以上まえの冬の列車の話です。 921D列車は武豊発の一番列車で、大府から東海道本線に直通する名古屋行普通列車でした。キハ35の6両編成で、思い出が多く、この列車に関係する記事を 【104】 乗務した車両:キハ35系気動車 【279】 武豊駅乗継詰所での思い出 【384】 特定車掌〜武豊線篇 と、これまでに、3本書いています。 この列車には、1984年(昭和59年)の大雪に見舞われた日に乗務したことがあり... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 14

2015/07/20 06:30
【598】 亀山での鉄タイム
先週は熱田荷物基地の全面開業についてアップしましたが、全面開業への途上にあった1978年の53.10ダイヤ改正では、関西本線名古屋口の客車列車から荷物車が分離され、専用列車化したと書きました。このとき、 【325】思い出の乗務列車10:キニ併結 急行「紀州5号」(4) で書いたように、夜行急行のキニでの乗務範囲が新宮から紀伊勝浦まで延長になった代わりに、亀山〜百済間及び紀勢本線のマニとスユニの乗務は天王寺鉄道管理局持ちになり、亀山乗継となりました。画像は亀山〜関間をを行く荷4041列車です。この... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 16

2015/06/29 05:50
【596】 熱田駅荷物基地全面開業の日
私が国鉄に入った1976年、国鉄の手小荷物輸送は全国的に改善途上にありました。 すでに年月が流れ、国鉄の営業実態をご存知ないお若い方のみならず、手小荷物を貨物と混同される方が多いと思われるのですが、乗客の手荷物を別送するチッキをルーツとし、現在の宅配便程度の重量と大きさに限定した「手小荷物」は、貨物でなく旅客営業の一部に分類されていました。そのため、もともと旅客列車に併結した荷物車に作業員が乗務し、各駅で積卸をしていく形態がとられていました。しかしある程度の量がまとまる都市間の荷物輸送は、「ロ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 11

2015/06/22 05:30
【594】 乗泊と起床装置
「乗泊」とは「乗務員宿泊所」の略称です。 乗務員が乗務先で折り返しの乗務列車まで休養する施設です。駅や機関区同様、ターミナル駅には列車が多く集まりますから、そういうところでは、乗泊の規模も大きくなりますし、地方へ行けばごく小規模のものまで、さまざまでした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 18

2015/06/15 04:50
【592】 夜出行路
私どもの職場では「よるで」と言いました。うちの父親は「ばんで(晩出)」と言っていました。職場によって言い方はいろいろだったのだと思います。それは乗務員ならではの勤務形態でした。午前中にいったん乗務が終わるのですが、その日の夕方以降に再び出勤して乗務し、その翌日まで帰れない勤務でした。 組合側からは夜出行路を廃止するように、常に当局に要求していました。下の画像は昭和53年の組合から当局への要求です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 8

2015/06/08 05:50
【590】 褒賞金!?
先週、「特別褒賞」について書きました。 このほかに「褒賞金」というお金がもらえる場合があり、この場合は賞状も副賞もありませんでした。 車掌になる前の乗務掛時代、少し前に書いた荷35列車でよくあったことです。東北地方から東海道本線に直通する荷物車を多く連結したその列車では、積載方で決められた範囲外の荷物が紛れ込んでいたことが往々にしてありました。こういう荷物を発見して指定駅に引き継げば、当時1個につき30円の褒賞金が、後日1か月分を集計して支給されました。異方向の荷物(たとえば中央東線経由で輸... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 8

2015/06/01 05:50
【588】 特別褒賞
先週は、後部標識灯が点灯しない場合について記しました。 電圧降下の場合は最寄りの客貨車区への回送手配を取らなくてはなりませんでしたから、やるべき仕事もいくつか余分にあるわけですし、たかが標識灯電球の断芯であっても、先週ご紹介した90列車の例のように運転に支障が出れば、車両故障として運転事故に計上されましたから運転事故報告も乗務終了後に作成する必要がありました。始発時点で不点灯を確認し、電球の取り換えをしたことによって、運転事故に至らなかった場合でも故障は故障で、貨物列車に乗務する列車掛は乗務終... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 27

2015/05/25 06:00
【586】 尾灯の不点灯〜東海道本線90列車
列車標識には前部標識と後部標識があります。車掌が扱うのは後部標識のほうで、通称「尾灯」と呼ばれ、「テールライト」「テールランプ」という言い方は現場で聞いたことがありませんでした。 国鉄時代の規則では、昼間は後部標識を表示(尾灯を点灯)する必要はなかったのですが、トンネル区間と夜間は後部標識を表示することが、列車として運転するためには必要な条件とされていました。先週、車掌室が逆向きになったコキフのお話をしましたが、コキフのほかワフのように片側が貨物室になっている緩急車ですと、いったん走行を始めて... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 18

2015/05/18 05:50
【584】 逆向きコキフの前面展望〜東海道本線4063列車
国鉄時代、時速95kmで走行する高速コンテナ貨物列車に使用されていたコキ50000系貨車には、専用緩急車としてコキフ50000形式がありました。片側だけ1個分のコンテナの積載スペースにボルト止めの車掌室ユニットが固定された車両でしたが、これまでに読者の方から2度、コキフの向きについてのご質問を受けたことがありました。その運用や向きについて国鉄内部に規定があったのか、私はそのへんの知識はあいにく持っていませんが、乗務した一時期だけ、その向きを記録していたことがありましたので、その結果を該当記事のコ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 26

2015/05/11 06:00
【581】 思い出の乗務列車44:東海道本線直行貨物 152列車
私が列車掛になって貨物列車に乗務するようになる少し前の、1978年(昭和53年)10月のダイヤ改正時に、汐留〜梅田間にパレット式有蓋車ワキ5000形式を連ねた直行貨物列車の運転が始まりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 8

2015/05/04 06:00
【579】 貨物列車の現車制限と換算両数
先週の4163列車で長編成の貨物列車の編成例をご覧いただきました。(画像は当該列車ではありません。) 先週掲載した編成表の末尾に、「現車46 延長換算57.9 換算119.9」と書いておきましたが、本文中で触れましたように、引き継いだ「貨車解結通知書」に記載された数値を書き写したものです。 (貨車解結通知書については、以前【35】列車掛5:解結通知書で、その様式と記載内容について書いています。) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 19

2015/04/27 06:10
【577】 思い出の乗務列車52:東海道本線快速貨物4163列車
私が列車掛として乗務していたのは1979〜1981年(昭和54〜56年)で、そのころには「快速貨物列車」という列車種別がありました。国鉄では、各駅からヤード所在駅に貨車を集めて、そのヤードでは貨車の行先方向別に振り分けて次のヤードまで運転するという古くからあった輸送方式を基本としていました。しかし、近代化の一環として貨物の速達化と到着日時の明確化を目的として運転されていたのが快速貨物列車でした。車両の編成は普通貨物列車と見かけは全く変わりませんが、まずその例をご覧ください。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 22

2015/04/20 06:00
【575】 思い出の乗務列車51:武豊線927D(後篇)
先週まで4週にわたって、私が乗務していたころ(昭和50年代後半)、名古屋武豊間を走っていた9両編成922D〜927D気動車列車のお話をしてまいりましたが、これで最後です。 画像は高山本線の急行のりくら1号です。朝の武豊線で何事もなかったかのように山峡を優雅に通り過ぎていきます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 33

2015/04/13 06:00
【573】 思い出の乗務列車50:武豊線927D(中篇)
先週まで3週にわたって、私が乗務していた昭和50年代後半の、朝の名古屋武豊間の9両編成の922D〜927Dのお話をしてまいりました。今回も名古屋行927Dの続きになります。下の画像は高山本線の急行のりくら号です。 927Dは各駅ともホームにかからないことや、武豊・亀崎間で前寄り3両を回送としたことによって、さまざまなトラブルがありました。 まず、亀崎駅の手前の駅から乗車する乗客からの苦情がありました。それは「なぜ亀崎の客を優遇するのか?」ということでした。「亀崎の客は座れるのに手前にある乙川... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 12

2015/04/06 05:16
【571】 思い出の乗務列車49:武豊線927D(前篇).
先週まで2週にわたって、昭和50年代後半の、朝の名古屋発武豊行二番列車9両編成の922Dのお話をしてまいりましたが、今度はその折り返し列車である武豊発名古屋行927Dのお話です。この列車は終点の名古屋へ着くとそのまま高山本線経由の急行「のりくら1号」になりました。画像は高山本線を走る9両編成の急行のりくら号です。 922Dから9両編成のまま武豊で折り返します。下の編成例では7号車が欠車です。その理由は不明ですが、不具合があって運用前に抜かれた可能性も否定できません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 13

2015/03/30 06:20
【570】 駅弁食べ比べ 〜1987年3月国鉄最末期〜
もう国鉄分割民営化が決定し、私も退職することが決まっていたころは、いつ乗務からはずされるかわからない状態で仕事をしていました。結果的に私は分割民営化直前の3月28日まで乗務したのですが、いつでも乗務のたび、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 17

2015/03/26 06:50
【569】 思い出の乗務列車48:武豊線922D(後篇)
先週に引き続いて、私が乗務していた昭和50年代後半、朝の名古屋発武豊行二番列車9両編成922Dのお話です。 このころの武豊線で無人駅だったのが、尾張森岡と石浜でした。また、東成岩は駅員こそいたものの、運転従事要員のみ配置ということで、出札改札を行わない駅でした。これら3駅での下車客の集札と乗車客の乗車券発売は車掌の仕事でした。こういうときも2人乗務の場合は打ち合わせをして、「ドアと放送」「集札」を分業で行いました。特に客扱担当の場合は、長編成の車内を前へ後ろへと行ったり来たりしたものですが、そ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 12

2015/03/23 05:30
【567】 思い出の乗務列車47:武豊線922D(前篇)
昭和50年代後半、私が乗務していた武豊線には朝2往復と夜1往復、急行編成を使った長大編成の普通列車が運転されていました。 朝の2往復のうち、名古屋発武豊行の一番列車920Dとその折り返し925Dは 【543】キハ58系の暖房調節〜武豊線920D〜925D で、主に暖房調節のことについて紹介しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 19

2015/03/16 06:40
【566】 電化直前の武豊線〜車掌時代を思い出しながら(後篇)
先週の【564】電化直前の武豊線〜車掌時代を思い出しながら(前篇)の続き ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 16

2015/03/12 06:40
【564】 電化直前の武豊線〜車掌時代を思い出しながら(前篇)
3月1日に武豊線が電化された。車掌時代に私は武豊線を何回往復したかわからない。電車になれば高加速かつ快適になるわけだが、気動車のエンジン音がここで聞けなくなるとなれば、最後にもう一度だけでいいから、その走りを味わっておきたいと思い、1月のある日、武豊まで乗りに行ってきた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 18

2015/03/05 05:50
【557】 サボ交換時のドア扱い
「サボ」とはサイドボードの略ですが、車両に取り付ける行先表示板のことです。 国鉄時代にはもちろんLED表示などあろうはずもなく、自動巻き取り式の字幕も一部車両にしか装備されていなくて、ほとんどの車両には「サボ」が用いられました。終点に着いた列車は、次に使用する折り返し列車の行先を示すサボに交換する必要がありました。「⇔」でその手間を省くスタイルのサボも一般的でした。 旧形客車など、比較的古い車両は、車両中央部の窓下に吊り下げたり、またはサボ受けと呼ばれるホルダーを取り付けて表示していましたが... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 32

2015/02/09 06:40
【555】 103系・113系の車内保温
出入台がない鉄道車両は、冬場に長時間停車している場合にドアを開放したままだと、一気に車内温度が下がってしまいますが、近年は、出入台を設けずに、各車両1か所ずつドアを開けておけるようにしたり、主に寒冷地の鉄道車両では、押しボタンによって乗客自身が開閉できる構造にすることによって適正温度に保つのが主流になっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 22

2015/02/02 06:30
【553】 車掌スイッチ
車掌スイッチとは、車掌がドアの開け閉めをするときに取り扱うスイッチのことです。 車掌が停車中にプラットホーム上に降りた状態で、旅客の乗降や信号ほか安全確認ができる状態でドア開閉ができるよう、左右にある乗務員室扉付近に取り付けられています。画像はリニア鉄道館に展示してあるクモハ12041の乗務員室内を外から撮影したものです。中央下部の四角いボックス形の機器が車掌スイッチで、右側が乗務員室扉が少し写っています。 この形の車掌スイッチは「押棒転換式」で、上に出っ張った1本の棒を押し下げることによっ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 14

2015/01/26 06:30
【551】 思い出の乗務列車47:東海道本線 荷35列車
先週、先々週の続きになります。 品川乗務員宿泊所で休養した前夜の荷42列車で着いた3人と、未明の荷40列車で着いた3人は、朝8〜9時ころにはばらばら起きだして、誘い合うということもなく自然に喫茶店へ揃って出かけモーニングサービスで朝食という行動パターンが一般的でした。3人ずつ別の列車で品川まで来た2組6人は、全員その日の午後、品川駅から荷35列車に乗務して名古屋まで乗務することになっていました。乗務前に乗務員宿泊所がある総合ビル内にある品川車掌区へ出勤することになっていましたが、ぞろぞろ車掌区... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 20

2015/01/19 06:10
【550】 初夢?を模型で再現 (゚Д゚)ハァ?
最初におことわりですが、中山道で見たモノのシリーズはまたしてもしばらく中断します。申し訳ありません ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 10

2015/01/15 06:50
【549】 思い出の乗務列車46:東海道本線 荷42列車
先週は荷40列車についてお話ししましたが、駅名と線路図の知識がかなり必要な荷40列車に比べて、名古屋から汐留まで乗務する荷42列車(乗務車両は「名荷3」)は、仕事上でも比較的簡単であるばかりか、午後の出勤で汐留着が21時過ぎという肉体的にも負担が少ない時間帯の列車ででした。画像は昭和53年4月号時刻表(日本交通公社版)から転載加工したものです。 この列車には1976〜1978年の間には、月に1度くらい乗務の機会がありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 14

2015/01/12 06:20
【547】 思い出の乗務列車45:東海道本線 荷40列車
今回から3週にわたってご紹介する思い出の列車は、私が車掌になる前「乗務掛」としてマニに乗務していた東海道本線の荷物専用列車です。過去にも、いくつか荷物列車の乗務についての記事を書いてきていますので、荷物列車の実態についての一般的なことは繰り返し書きませんので、不明な点はブログ右側カラムにある「ブログテーマ」欄より「荷物列車」のテーマを選択して、過去記事をご覧ください。また、サイト内検索もご利用ください。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 12

2015/01/05 06:30
【545】 旧形客車の暖房
3週続けて電車と気動車の暖房について書いてきました。旧形客車の暖房についても引き続き書いておこうと思いますが、以前にも複数の記事で客車の暖房について書いたことがあります。このため今回は、繰り返しになったり、以前の記事をそのまま引用する形になりますが、画像を多く使いながら、まとめの意味として書いておくことにします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 20

2014/12/29 06:40
【543】 キハ58系の暖房調節〜武豊線920D〜925D
先週書いた記事で、暖房の温水放熱管からの水漏れがあったお話をしました。列車や線区について何も書きませんでしたが、それは名古屋から武豊線に直通する列車でのことでした。その武豊線は先日、JR東海から平成27年3月1日に電化開業するとの発表がありました。武豊線での長かった気動車時代に幕が下りようとしています。その水漏れがあったのは、朝の一番列車920Dで、武豊で折り返し925Dとなって名古屋まで戻るキハ58・28を主体とした8両編成(1980年〜1982年5月当時)の列車でした。車掌はこの1往復に乗務... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 1 / コメント 22

2014/12/22 06:50
【541】 国鉄気動車の暖房
先週に続きまして、国鉄車両の暖房の話です。今回は気動車です。 私が車掌だったころ、よく乗務していた気動車が急行形キハ58・28・65 通勤・近郊形キハ35、40、48などでした。これらの形式の暖房は編成一括での制御ができませんでした。そのため1両ごとに暖房状態を確認する必要がありましたので、厳寒期には暖房は入れられたままの状態にしていました。気温によっては車両によって暑すぎたり逆に寒かったり各車で車内温度のばらつきがありました。暖房の熱源はエンジン冷却水の排熱利用であって、自動車のヒーターと同... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 16

2014/12/15 06:20
【539】 国鉄電車の暖房
このところ、急に寒くなりました。今週から年内の毎月曜日は国鉄時代の暖房事情についての記事にしようと思います。第一回目は国鉄電車の暖房についてです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 16

2014/12/08 06:10
【537】 国鉄伊勢線7:置石
伊勢線のお話は、今回で終わりになります。 今回も、奇しくも脱線事故と同じ区間である伊勢線の河芸〜中瀬古間(伊勢鉄道線に転換後に伊勢上野駅が開業しましたので、現在の伊勢上野〜中瀬古間にあたります。)での出来事でした。 時は昭和58年○月〇日。あの脱線事故から約1年後の夕方、津から四日市へ向かう130Dに乗務中のことでした。この列車は下校時間にもあたっていましたので、乗客も30人くらいはあったように思います。 列車が伊勢線唯一の短いトンネルの中で非常ブレーキがかかって停車しました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 16

2014/12/01 06:10
【535】 国鉄伊勢線6:事故後の一番列車
昭和57年8月3日、雨の日。 車掌区へ出勤して乗務の準備をしているときのことでした。 乗務員のたまり場とはカウンターで仕切られているだけの事務室で、電話を取った助役がとんでもない大きな声で、 「裸足(ハダシ)になったぁ?! お客は大丈夫か!!」 と叫んでいました。 「ハダシになる」というのは、部内用語で「脱線した」を意味します。近くにいた者は、そのやりとりに釘付けになりました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/11/24 06:30
【533】 国鉄伊勢線5:仕事の終わりは特急列車
伊勢線の乗務では、先週書いたように運転士に怒られたりしたこともあったのですが、楽しいこともありました。 前夜、四日市で泊まり、翌朝伊勢線で四日市・津間を一往復半する行路がありました。125Dで津へ着いたら事実上仕事は終わりで、名古屋まで便乗で帰ることになっていました。ところが伊勢線にはもう午前中に普通列車は1本もなく、定められた行路表では、遠回りの亀山経由で、新宮夜行で知られる924列車に名古屋まで便乗で戻ることとされていました。(亀山電化の1982年5月改正以降は924列車が亀山止まりとなっ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 19

2014/11/17 06:30
【531】 国鉄伊勢線4:四日市行き上り終列車134Dのドア
先週に引き続き、国鉄伊勢線のエピソードを続けましょう。 津発四日市行の伊勢線上り終列車の話です。終列車と言っても発車時刻はまだ宵の口で20時17分発でした。この列車は、一時間以上も前に着いた列車の折り返し運用でした。車両はその間、紀勢本線下りホームの亀山方にある切欠き行止り式の伊勢線普通列車専用のホームに、ドアを閉めた状態で止められていました。車掌も運転士も、その近くにあった乗務員乗継詰所で発車の10分くらい前までは、くつろいでいましたから、無人状態でホームに留置されていたわけです。 通常使... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 8

2014/11/10 06:20
【528】 国鉄伊勢線3:ローカル列車のお客さん〜第三セクター化
先々週、先週とご覧いただいたような状況で、伊勢線での普通列車乗務は、名古屋近郊の本線筋に比べれば気休めのような仕事でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 8

2014/11/03 06:30
【526】 国鉄伊勢線2:乗客と切符
私が伊勢線の普通列車に定期的に乗務していたのは、1981〜1984年の約3年間で、その期間中には、伊勢線関連の乗務行路がだいたい月に1〜2回ずつありました。先週、ここが超閑散線であったという話をしました。実際の様子を具体的に言いますと以下のような感じでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 18

2014/10/27 06:20
【524】 国鉄伊勢線1:その概要
伊勢線は1973年9月1日に開業した比較的新しい国鉄線で、関西本線の南四日市と紀勢本線の津の間26.0qが営業区間となっていました。 すでに赤字経営に陥っていた国鉄が、この時期に新線を開業させる目的は、紀勢本線対名古屋のルートが従来の亀山経由では遠回りであることに加え、亀山駅でスイッチバックを伴い時間がかかっていたことから、短絡線として特急・急行を通過させるためでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 18

2014/10/20 06:40
【518】 臨時列車の乗務(29):「ゆうゆうサロン岡山」の入換作業
先週の続編になります。 回送で高塚駅についてから折返しの長い時間。そのほとんどが勤務時間ではありませんので、出先での無駄な時間になるはずなのに、退屈せずに過ごせる珍しいジョイフルトレイン乗務は楽しいのですが、その間じゅう気にかかることがありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 16

2014/09/08 06:20
【516】 臨時列車の乗務(28):EF65123牽引「ゆうゆうサロン岡山」
「ゆうゆうサロン岡山」は1985年(昭和60年)11月に12系座席車からの改造によって誕生した欧風客車でした。 私が乗務したのはその翌年の2月でしたから、改造後まだ日が浅いうちに乗務する機会を得たのでした。ですから、実車を見たこともない状態での乗務でした。 そのときの編成は以下のとおりです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 14

2014/09/01 06:00
【506】 冷房車(後篇:不具合(-_-;))
冷房装置に関する不具合の多くは結露による水漏れでした。天井の室内機からポタポタと客室に水滴が落ちてくるものです。水漏れは分散式のAU12や13で多く起こりました。画像はリニア鉄道館のサロ165で、AU12が装備されています。 水漏れは湿度が多い時によくおこるので、乗客からは雨漏りだと申告されることもありましたが、水漏れは、冷房を切った後に冷えた冷房機内に空気中の水蒸気が付着して結露するのが原因で、その状態で冷房を再稼働すると、いったん付いた水滴にさらに水蒸気が付いて水滴が成長していくのだと教え... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 1 / コメント 26

2014/07/28 05:30
【504】 冷房車(中篇:冷房装置いろいろ)
先週アップした国鉄時代の列車冷房に関する話の続きです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 12

2014/07/21 05:30
【502】 冷房車(前篇:冷房の調節)
梅雨の時期は、車内温度の調節に気を遣いました。 30℃を超えるような真夏日であれば、冷房をかけっぱなしでいいのですが、外気温24〜26℃くらいの湿度が高い日が一番困りました。駅まで歩いてきて列車に乗った人と、長時間車内にいる人との感覚は違うわけですし、薄着の人ばかりではなく上着を着た人もかなりの割合で混在します。車種によっても冷房装置は異なるので、冷え具合にも差がありました。一般的に女性は薄着をしてきて寒がることが多いように私には見えますし、そう言っている私自身が寒がりの方ですので、一般の方の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 20

2014/07/14 00:20
【494】 思い出の乗務列車42:岡多線北岡崎駅の入換列車 685列車〜686列車
先週、岡多線の2往復の貨物列車についてご紹介したのですが、そのうちの1往復の終点北岡崎駅では入換作業がありました。 北岡崎駅は岡崎駅の管理下に置かれており、出改札のために業託会社の社員が配置されているだけでした。貨物の取扱いは専用線がある工場だけに限られていましたので、北岡崎駅には貨物要員の配置はありませんでした。そのため、貨車解結通知書は、往路685列車の始発駅岡崎駅で帰路の686列車の分も合わせて1枚で書かれているのが変わっていました。 685列車が北岡崎駅に到着後は、管理駅である岡崎駅... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 12

2014/06/16 05:30
【492】 思い出の乗務列車41:岡多線の貨物列車と東海道本線1771列車
国鉄岡多線は現在、愛知環状鉄道の一部になっています。愛知環状鉄道は国鉄の特定地方交通線の第三次線に指定された岡多線(岡崎〜新豊田)を国鉄分割民営化後にJR東海から経営を引継ぎ、同時に岡多・瀬戸線として建設途上にあった未開業区間の新豊田〜高蔵寺間の営業を引き受けた第三セクター鉄道です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 30

2014/06/09 06:00
【490】 思い出の乗務列車(37):汐留行高速貨74列車
先週は、コキフ50000の落書について書きましたが、よく乗務したコキ50000系の列車で、特に揺れた思い出の列車の一つが、深夜の東海道本線74列車でした。2ケタの列車番号だけあって、貨物列車としての格?は上位といってよく、運転区間は梅田〜汐留間。深夜帯のうちに関西圏から首都圏への物流を担う高速貨物列車なのでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 12

2014/06/02 05:30
【488】 緩急車車内の落書(コキフ50000関連)
またまた貨物列車乗務時の落書シリーズの続きです。これで最終回になります。 私が列車掛をしていたときには、東海道本線と関西本線でコキ50000系で組成された高速貨物列車に乗務する機会が多くありました。空気バネ台車を使用した10000系に比べてコストダウンを図ってコイルばね台車を使用したコキフ50000の揺れはすさまじいものでした。その実態は【189】乗務した車両:コキフ50000で書きました。このコキフ50000形式ならではの内容の落書を集めてみました。以下、「原文のまま」としてあります。 ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 28

2014/05/26 05:30
【486】 緩急車車内にあったさまざまな落書
貨物列車乗務時の落書シリーズの続きになります。 先週ご紹介した組合関係の落書のほかにも、さまざまなジャンル?の落書がみられました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 18

2014/05/19 05:20
【484】 緩急車車内にあった労組関連の落書
先週は、お遊び感覚で貨車の緩急車内の落書をご紹介しました。 緩急車の落書で、圧倒的に多かったのが労働組合関係の内容でした。 こちらの記事でご紹介する落書きは、その本質的な主義主張に関することではなく、ごく普通の一般職員が思っていたことが吐露されているものです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 16

2014/05/12 05:50
【482】 【国労】緩急車の落書【鉄労】
落書というものはよく見かけます。 某倉庫の落書き。 鉄道車両にも、国鉄時代にはこんな組織的な落書きがありました。 「インフレ粉砕」 建物の落書きなんかより、動く広告媒体は、関係のない人々にまで意思を伝えられる点においては効果的ですが、大切な商品にこういうアピールを書きなぐる感覚は疑問視されてしかるべきです。しかし現実にあった時代なのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 18

2014/05/05 05:50
【480】 思い出の乗務列車40:関西本線 荷44〜224列車(後篇)
さて、亀山で客車列車に併結され、長編成に組まれた224列車はこんな編成でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 14

2014/04/28 05:50
【478】 思い出の乗務列車39:関西本線 荷44〜224列車(前篇)
先週の「【476】思い出の乗務列車38:関西本線 225列車〜荷43列車(後篇)の続きで、折り返し列車の記事になります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 14

2014/04/21 06:10
【476】 思い出の乗務列車38:関西本線 225〜荷43列車(後篇)
先週の続きになります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 16

2014/04/14 05:40
【474】 思い出の乗務列車37:関西本線 225〜荷43列車(前篇)
今回から毎月曜日、4回にわたって、私が昭和51年4月に国鉄へ就職した直後、「乗務掛(荷扱)」の職名で荷物車に乗務していたころの乗務列車のうち、関西本線の「思い出の乗務列車」を連載します。今回は、その往路の前篇になります。 この行路の乗務区間は名古屋〜亀山〜百済(くだら)間でした。百済という駅は天王寺の手前にある貨物駅でした。 私が乗務した荷物車は、名古屋から亀山まで、旧型客車5両の後ろに、ぶら下がるように2両連結された荷物車のうちの1両で、そこが仕事場でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 16

2014/04/07 06:10
【469】 寝台特急「金星」 (後篇)
電車特急「金星」が誕生したのは1968年10月の「ヨンサントウ」と呼ばれたダイヤ改正時であった。 当初、「金星」で早朝名古屋に着いた車両の次の仕事は、日中の「つばめ」熊本行だった。寝台・座席特急ともに使用できる581、583系ならではの車両活用法であった。 その後、1972年3月の山陽新幹線岡山駅開業時、「つばめ」が岡山駅以西の運転に改められたことによって、名古屋へ着いた「金星」の車両は、当日夜の「金星」までの間に「しらさぎ」で富山を一往復営業運転するように変わった。 この581・583系... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 30

2014/03/24 06:20
【467】 寝台特急「金星」 (前篇)
国鉄から続いてきた列車のなかで、もっとも国鉄らしさを残していたといってもよい寝台特急「あけぼの」が廃止になった。これまでダイヤ改正のたびに少しずつ廃止されてきた夜行列車だったが、国鉄型の機関車が国鉄型の客車を牽引する形態のままでよくぞここまで残ったものだとも思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 14

2014/03/17 06:40
【463】 臨時列車の乗務(27):名古屋の14系座席車
この日は名古屋から中央西線中津川までの14系客車の回送列車でした。列車自体は長野まで運転されましたが、私の乗務は臨時回送列車の乗務範囲として決められていた中津川までで、その先は他区乗務員と乗継になりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 24

2014/03/03 06:20
【461】 臨時列車の乗務(26):たった2両の回送電車
国鉄当時、大垣電車区と神領電車区を結ぶ回送電車のダイヤがありました。 その回送の目的を確かめたことはありませんが、車輪踏面のフラットやレールとの摩擦でいびつな形状になった車輪を削正する車輪転削の設備がある神領電車区へ、その作業のために大垣電車区の電車を送り込むための列車のようでした。この列車は定期列車ではなく「予定臨」と呼ばれる臨時列車で、予め作ってあるダイヤで必要に応じて運転されていました。私が所属する車掌区では、このうち中央西線部分のみを乗務していました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 12

2014/02/24 07:00
【459】 臨時列車の乗務(25):12系座席車の天理臨
宗教団体は国鉄の団体列車のよいお客様だったようで、天理教、創価学会や金光教などの団体臨時列車が多数運転されていました。このうち1986年(昭和61年)は、天理教の教祖100年祭の年でしたので、特に「天理臨」の運転本数が多かったようで、2月に連続で「天理臨」に乗務しました。いずれも12系座席車の列車でした。 (画像は別の列車です。) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 49 / トラックバック 0 / コメント 20

2014/02/17 06:20
【457】 臨時列車の乗務(24):167系・165系団体列車
167系電車は165系を基本設計として製作された修学旅行用電車でした。(上の画像で先頭車はクハ167です。伊東線での撮影で、私の乗務区間内ではありません。) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 21

2014/02/10 06:50
【454】 変なコレクション6(マッチ箱 国鉄駅前編)
先週は、マッチ箱の「国鉄」にこだわってしまいましたが、ほかにも「国鉄○○駅」と表示された喫茶店のマッチ箱を、いくつか発掘しましたのでご披露しましょう。すべて乗務の出先駅で乗務間合いに行った店のマッチ箱です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 16

2014/01/30 06:50
【453】 臨時列車の乗務(22):169系・165系団体列車
先週ご紹介した神領電車区のクモヤ22に乗務した1985年(昭和60年)12月には、169系と165系混成の団体列車にも乗務しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 16

2014/01/27 06:30
【450】 臨時列車の乗務(21):旧形電車クモヤ22
1985年(昭和60年)12月、浜松工場から検査上がりで出場した神領電車区所属103系の試運転を兼ねた臨時回送列車でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 20

2014/01/20 06:20
【448】 乗務先での東京見物
以前に乗務先の大阪での過ごし方の話をしましたが、首都圏への乗務では、宿泊場所が汐留または品川でした。週に1回くらいの頻度で首都圏への乗務があったので、乗務員宿泊所から出てプライベートで出かける機会は大阪より格段に多くなりました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 12

2014/01/13 06:50
【447】 国鉄時代の出先今昔3:品川駅東口
私が国鉄に就職してから約3年間、荷物列車に乗務してした。その間もっとも宿泊回数が多かったところは品川乗務員宿泊所だった。 この乗務員宿泊所は品川駅東口に隣接したビルの中にあった。当時の品川駅には今のように表裏(東西)を結ぶ自由通路がなく、旅客ホームからこの東口までは改札内の地下道で結ばれていた。階段を上がったところに掘立小屋のような小さな駅舎と改札口が設けられていた。その地下道の上は在来線のほかに、新幹線とその車両基地があったため、非常に長く、陰気くさい通路だった。東口改札を出る直前に職員専用... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 26

2014/01/09 06:50
【446】 品川乗務員宿泊所
品川駅東口に隣接した凸型のビルの4階と5階に品川乗務員宿泊所があった。35年も前の昔でさえ古臭いなと思ったそのビルには、他に品川車掌区などの現況機関も入っていて1階には職員食堂があった。今はそのビルはもちろんないし、周りは大きく変貌してしまい、当時の面影はない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 1 / コメント 23

2014/01/06 07:10
【443】 国鉄時代の出先今昔2:汐留(後篇)
1978年10月より前、汐留には午後に着く荷36列車で3組9人が乗務してきた。そのうち2組6人はその日の夜行荷41列車で戻り、残る1組3人は翌日朝の荷31列車で戻ったので、汐留車掌支区の休養室で泊まった。車掌支区のあたりには時間つぶしできるような場所はなかったし、夜行で帰る人たちも、夕食や夜食を買うために、多くの人は新橋駅の烏森口のあたりまで線路沿いの道を連れ立ってぞろぞろ歩いて出かけた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 10

2013/12/30 05:40
【441】 国鉄時代の出先今昔1:汐留(前篇)
私は国鉄に就職してから約3年間、荷物列車に乗務していた。そのうち初めの約1年半の間は、汐留まで乗務する行路が3つあった。頻度としては、だいたい週に1回ずつ首都圏へ行っていたことになる。宿泊地は汐留泊りの行路と品川泊りの行路が各1回と、夜行で折り返す行路が1回だった。 ダイヤ改正後の1年半も、その頻度は似たようなものであったが、汐留到着後すべての行路が品川泊りに変更された。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 18

2013/12/23 06:30
【439】 思い出の乗務列車36:東海道本線 荷36列車「大荷34A」
もう一組の荷36列車の行路である、京都乗り出しの大荷34Aのほうは、大荷34Bよりキツイ行路でした。大阪泊りの行路は2組あったので、「ニッパチ」「クイチ」というように行路ごとの区別が必要でしたが、京都泊りは1行路しか設定がなかったので、この行路は単に「京都」と呼んでおり「京都の36はエライ!クイチよりエライ!」と言っていました。エライというのは名古屋では「しんどい。つらい。」の意味で使います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 8

2013/12/16 06:50
【437】 思い出の乗務列車35:東海道本線 荷36列車「大荷34B」〜クイチ2日目
前日の荷31列車で大阪へ行った組(9行路)は、大阪から荷36列車の「大荷34Bマニ」に乗務しました。これは以前ご披露したS行路の3日乗務のうち、名古屋を通り過ぎ日中の東海道を汐留まで乗り続ける「9行路+1行路」の「クイチ」の2日目にあたります。大阪までの乗務員は岡山車掌区で、この大荷34Bは下関からこの列車に連結された車両でした。 積載方はいたって簡単明快で ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/12/09 06:00
【435】 思い出の乗務列車34:東海道本線 荷36列車「南東荷1」
先週は荷36列車がらみで、長時間拘束行路についてご紹介しました。今回は、荷36列車本体に迫ってみましょう。 まず、お約束の編成から ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 13

2013/12/02 06:00
【433】 3日乗務「クイチ」
荷36列車は、荷扱時代にもっとも多く乗務した列車だと思います。 それもそのはずで、大阪乗り出しが2組6名(往路荷41・荷31)と京都乗り出しが1組(往路は荷31)でした。 当時、私が所属する車掌区荷扱班にあった最長拘束時間の行路はこのうちの1組で ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 15

2013/11/25 06:10
【432】 締切車と封印
木曜日は「中山道で見たモノいろいろ」の続編をアップする予定でしたが、前の荷物列車の記事の補足として「封印」のお話に変更しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 19

2013/11/21 06:00
【431】 思い出の乗務列車33:東海道本線 荷31(名古屋〜大阪)
毎月曜日に国鉄就職当時に乗務していた荷物列車がらみの記事が続きますが、今週はこれまでの荷41列車に続いて、荷31列車について触れてみます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 1 / コメント 10

2013/11/18 06:30
【429】 荷41列車/大阪到着後の過ごし方(後篇)
名古屋周辺在住者から見れば、一定の距離がある大阪という大都市で、折り返しのまとまった時間があって、遊びとして使えるこのような行路では、人それぞれ、その出先での時間の有効活用法があるようでした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 21

2013/11/11 06:40
【427】 荷41列車/ 大阪到着後の過ごし方(前篇)
荷41列車は12時33分に大阪へ着いて、乗務車両の南東荷9を糸崎車掌区に引き継ぐと、私どもは下車し、大阪駅中央コンコース北口を出て道路を渡ったすぐのところにあった大阪車掌区へ行って到着点呼をしました。 大阪車掌区と乗務員宿泊所があった建物は、旧梅田貨物駅敷地の東端にありましたが、今は取り壊されて影も形もなくなっています。位置的にはヨドバシカメラのビルの西側になります。 写真はすでに民営化後の1993年の撮影ですが、そのころは国鉄当時と変わることなく建物は建っていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 8

2013/11/04 05:40
【426】 父の遺品 〜国鉄職員であった証し〜
父が亡くなって早いもので、もうすぐ4か月になります。 ほとんど遺品は片付け、相当量を廃棄したのですが、その一部は廃棄前に写真に撮って、それでも捨てるには忍びないものだけを保存することとして、その一部はこのブログで公開してきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 8

2013/10/31 06:00
【425】 思い出の乗務列車32:東海道本線 荷41列車(4):荷物・新聞・官報・雑誌
荷41列車の4回目になります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 20

2013/10/28 06:00
【423】 思い出の乗務列車31:東海道本線 荷41列車(3):積載方と急送品
東海道本線 荷41列車の3回目です。 「【420】東海道本線 荷41列車(2):乗務するまで」の続き になります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 12

2013/10/21 06:40
【420】 思い出の乗務列車30:東海道本線 荷41列車(2):乗務するまで
荷41列車の乗務に当たっての出勤時刻は名古屋駅発車の50分前の6時25分でした。私のように岐阜県から名古屋の職場まで通勤していた者にとっては、一番列車で出勤しても間に合わない時刻でした。そのためこの行路の前日は非番日となっていて、原則的に前日職場に出勤して宿泊することになっていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/10/14 05:30
【419】 漫画「カレチ」
「カレチ」という漫画が、コミック誌モーニングに約4年前から不定期連載され、第42話で完結になりました。その最終話までは、5巻に分けて8月に単行本化されています。拙ブログををご覧いただいている方の中には、おそらく全話に目を通された方もいらっしゃるものと思います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 14

2013/10/10 06:00
【418】 思い出の乗務列車29:荷41列車(1)…その編成など
私が昭和51年4月に国鉄へ就職して「乗務掛(荷扱)」の職名で最初に見習乗務したのが東海道本線の荷41列車のうち名古屋〜大阪間でした。荷41列車は汐留貨物駅を前夜に出て、私が乗り込む名古屋へは早朝6:58に到着する荷物専用列車でした。画像は留置中の荷物車で、荷41列車ではないですが、このような車両が連なった列車でした。 名古屋までの乗務については「【103】乗務中見えるもの」で、以前に少し書いたことがありますが、今回は名古屋で乗り継いだ後のことになります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 19

2013/10/07 06:00
【414】 続々 乗務中見えるもの…21時前の駐車場
夜間は車窓も楽しめないのが普通です。客室の照明が明るくて、夜景を楽しむには窓ガラスに顔を押しつけるようにするだけではダメで、さらに手で照明を遮るようにしないと、窓ガラスに車内の様子が写りこんでしまって夜景を楽しめません。東海道新幹線など高架区間が多いだけに車内が暗ければ夜景がもっと楽しめるのになあと思うのです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 8

2013/09/23 06:00
【409】 給料袋の中にあった「国鉄」
先週、亡父の給料袋の話をしました。その中には1円たりとも現金が残っていなかったかわりに、ほとんどの給料袋に、このような紙片が残されていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 9

2013/09/09 06:50
【404】 父の遺品 〜乗務記念品???これは何でしょう?〜
これを見ただけで、何かわかる方はいないと思います。 これは、父が乗務中に入手した記念品?なのです。 ヒントとして… 動物の体の一部ということですが・・・・・牛ではないです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 7

2013/08/26 05:50
【402】 牛乳嫌いな車掌
父は牛乳が大嫌いだった。 あんな生臭いもんは飲めんと言っていたから、飲んでいるのを見たことは一度もないし、乳製品も一切口にするのを見たことがなかった。 しかしこんなことが乗務中にあったと聞いたことがある。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 10

2013/08/19 05:50
【399】 父の.合図灯 V.S 友達の懐中電灯
先週、父の遺骨とともに、父の思い出の地を巡った話を書いたが、そのとき最初に訪問したのは、父が大の仲良しだったOさんのお墓だった。 Oさんのお墓の近くには、かつて木曽川を渡る列車が見える場所があった。今は植林された樹木で何も見えないと思うが、そこへは30年ほど前、私は国鉄に勤務している頃に何度か撮り鉄に来たこともあった。だからそこは私にも縁の深い場所である。そこからは国鉄時代にはこんな写真が撮れた。 そのOさんの家は墓地から坂をひたすら下って、下りきった場所にあって、線路を見上げる位置に建って... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 10

2013/08/08 05:40
【398】 思い出の乗務列車28:165系臨時急行「きそ52号」名古屋行
先週の続きになります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 14

2013/08/05 05:40
【396】 思い出の乗務列車27:165系臨時回送列車 回9811M〜回9812M
先週の続きになります。 車掌長Iさんとともに、名古屋から乗務した「きそ51号」で終点長野に着くと、列車は回送(回9811M)になるまで25分も停車しました。回送列車は隣の北長野駅まで1往復するのですが、これは折り返しの名古屋行きの「きそ52号」まで時間があり過ぎて、その間に長野駅に留置する場所がないため、わざわざ隣駅で留置するための列車でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 10

2013/07/29 06:40
【394】 思い出の乗務列車26:165系臨時急行「きそ51号」長野行
「ユーロライナーのりくら」で高山まで1往復した翌日の1985年(昭和60年)11月24日は、165系電車での臨時急行で名古屋から北長野までの一往復が待っていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 19

2013/07/22 06:00
【392】 あわや踏切事故(>_<) 
国鉄のころ東海道本線に乗務中、愛知御津から三河大塚へ向かう途中で、非常ブレーキがかかりました。 (画像は当該踏切ではありません。) ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 7

2013/07/15 06:10
【390】 踏切と救急車
救急車はいつでも素早く現場へ来てくれます。父がこの正月に実家で脳梗塞の症状が出たときも、救急車がすぐ近くにある消防団の車庫から来たんじゃないかと思うくらいに速かったと母親が何度も繰り返し言います。 緊急自動車は赤信号でもそのまま交差点に進入できるなど、交通規則の一部が適用除外になるなど、たしかに速いわけですが、如何ともしがたいのは鉄道の踏切です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 15

2013/07/08 06:10
【388】 思い出の乗務列車25:臨時急行「ユーロライナーのりくら」(後篇)
先週の続きになります。 1985年の秋、まだ登場して間もない名古屋鉄道管理局の看板列車「ユーロライナー」乗務のお話です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 11

2013/07/01 05:20
【386】 思い出の乗務列車24:臨時急行「ユーロライナーのりくら」(前篇)
1985年11月は、臨時列車にはよく乗務しました。 天王寺鉄道管理局(竜華客貨車区)のお座敷列車に乗ったその日の深夜、2度目となる205系電車の新車回送列車に乗務しましたが、その行路は【293】臨時列車の乗務(17):205系電車新車回送の記事でご紹介した時刻と全く同じでしたので、その記事は今回省略とします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 10

2013/06/24 05:50
【384】 特定車掌〜武豊線篇
先週に引き続いて、「特定の車掌」を乗客のほうが覚えているというお話で、これも自分の経験談です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 12

2013/06/17 05:00
【382】 特定車掌〜岡多線篇
先週は、「特定の乗客」のお話でした。 今回は逆に、お客さんのほうが車掌を覚えているお話で、岡多線でのできごとです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 15

2013/06/10 06:00
【380】 このお客さん また乗ってた!
車掌はたくさんの乗客と接します。そのなかには印象に残る方もいらっしゃいます。 乗務するたびに、あ!この人、前にも見たぞというお話です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 29

2013/06/03 05:00
【378】 思い出の乗務列車23:紀勢本線924列車(後篇)
さて、924列車乗務の話を続けましょう。 長時間乗務して11時24分、亀山までくるとさすがにホッとしました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 9

2013/05/27 05:00
【376】 思い出の乗務列車22:紀勢本線924列車(中篇)
新宮から乗務した924列車の車窓には、ところどころで海も見えたのですが、それも紀伊長島まででした。 (上の写真は昨年の撮影で、乗務当時のものではありません。) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 20

2013/05/20 05:50
【374】 思い出の乗務列車21:紀勢本線924列車(前篇)
921列車で新宮に着いて乗務員宿泊所で一泊したあと、翌朝乗務する924列車は、新宮発時刻が5時50分でした。この列車は921列車と対をなす列車で、天王寺を前夜に出ていました。画像は当時の国鉄名古屋鉄道管理局発行の時刻表の一部です。 921列車とは逆に後寄りのB寝台車2両は新宮で切り離しになりましたが、924列車の場合は、基本編成とは別に紀勢本線の起点駅でありながら枝線のようになってしまった和歌山市発のオハフが1両だけ亀山まで連結されていました。(上の時刻表では、そのオハフが亀山止まりであること... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 22

2013/05/13 05:40
【372】 思い出の乗務列車20:紀勢本線921列車(後篇)
先週アップした前篇の続きです。 DD51に牽かれて名古屋を発車した921列車は、私が乗務する新宮までだけでも55もの旅客駅があり、それらの駅にもれなく停車していきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 30

2013/05/06 05:50
【370】 思い出の乗務列車19:紀勢本線921列車(前篇)
1976年(昭和51年)に国鉄に入って乗務掛(荷扱)をしていた私は、東海道・中央西・篠ノ井・関西・紀勢の各線の荷物車に乗務していました。その中の紀勢本線では最初、夜行急行「紀州5号」に乗っていました。その様子は以前ブログ記事【319】思い出の乗務列車7:キニ併結 急行「紀州5号」(1)から【325】思い出の乗務列車10:キニ併結 急行「紀州5号」(4)まで、4回に分けてご紹介しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 23

2013/04/29 05:40
【368】 白票・赤票
先々週、貨車車票のお話をしました。 私が国鉄で列車掛(貨物列車の車掌に検査業務を加えた職種……過去に拙ブログ記事【28】列車掛1:国鉄時代の貨物列車から6回にわたり、その概要をアップしました。)をしていたのは1年半足らずでありましたし、なにぶんにも30年以上前のことなので記憶も怪しいわけですが、当時の資料や、その現物を見ることによって思い出すことは、いろいろございます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 8

2013/04/22 05:30
【366】 臨時列車の乗務(20):天王寺鉄道管理局の12系お座敷列車
品川の81系お座敷、沼津の12系お座敷「いこい」、宮原の「14系サロンカーなにわ」と2日間で立て続けに乗務したあと休みを1日はさんで、またお座敷列車の乗務がありました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/04/15 05:40
【365】 貨車車票
「貨車車票」とはどのようなものか、ご存知でしょうか? もはや、貨物列車自体が少なくなってしまい、貨物列車が走っていない線区も数多くある昨今ですから、貨物列車自体をじっくり見る機会すら限られてきていますので、一般の方々がご存じでないのも無理からぬことでしょう。 「貨車車票」とは、この写真のように、貨車の側面に差し込まれている行先などが書き込まれた厚紙のカードのことです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 14

2013/04/11 06:20
【364】 臨時列車の乗務(19):お座敷列車「いこい」と「サロンカーなにわ」
1985年(昭和60年)11月は、スロ81系お座敷列車に乗務した後も引き続き団体臨時客車列車の乗務が続きました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 8

2013/04/08 05:06
【362】 臨時列車の乗務(18):EF62牽引スロ81系お座敷列車
1985年(昭和60年)9月の予備勤務で乗務した臨時列車までは、これまでに紹介してきましたが、その翌々月の11月〜12月にかけて、また予備に指定されたので、臨時列車に乗務する機会がありました。 (右カラムの「ブログテーマ」欄のなかの「臨時列車」をクリックしていただきますと、過去にアップした臨時列車関係の記事を検索できます。→) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 10

2013/04/01 05:31
【356】 思い出の乗務列車18:上り大垣夜行340M 〜車掌のサイン〜
私が340M東京行に乗務していたのは、国鉄最末期1986年12〜1987年3月までの短期間でした。 国鉄が分割民営化の時期が迫ってきたことと、それに伴って全国でローカル線の廃止が相次いだ時期だったこと、さらに1980年から始まった「いい旅チャレンジ20,000km」という国鉄線の完乗を目指すキャンペーン期間中でもあったので、「青春18きっぷ」で効率よく利用できる340Mは鉄道好きな人たちの人気列車でした。 下の写真は、この340Mと共通運用を組んでいた急行東海号です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/03/11 05:40
【351】 思い出の乗務列車17:上り大垣夜行340M〜車内放送〜
今や、夜行列車そのものが少なくなってしまいました。 自分自身は、夜行列車の雰囲気は非常に好きなのですが、好きなだけにほとんど車内では眠れません。そのため翌日がきついので、今では交通機関として好んで利用することはありません。そのかわり、「わざわざ乗る」ことを目的として夜行を使ったことは、過去には何度かありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 11

2013/02/14 05:50
【349】 思い出の乗務列車16:上り大垣夜行340M 〜退職を控えての乗務〜
国鉄最後のダイヤ改正となった昭和61年11月の「61.11ダイヤ改正」では、特急列車・普通列車ともに編成短縮と増発が各地で行われ、その内容は国鉄分割民営化後の運行形態の基礎となりました。乗務員の乗り組みも変更され、貨物列車では列車掛が省略されてワンマン運転になり、旅客列車でも長距離乗務が分断されたり、分割民営化後の新会社の形態に合わせた乗務員運用が行われるようになりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 8

2013/01/31 06:00
【347】 NHKラジオ「みんなでつくる音の風景」番組HPご案内
年末に拙ブログ記事でも予告しましたが、NHKラジオ「みんなでつくる音の風景」に電話で出演しました。 番組内では私が投稿した音源が流され、私がその内容について電話でスタジオの渡辺徹さんと阿部アナウンサーに音源について聞かれるという内容です。ネット配信もされ、番組ホームページでは、放送と同時進行で私が投稿した6枚の写真も公開されました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/01/14 06:10
【340】 思い出の乗務列車15: 西名古屋港線563列車
前回の続きです。西名古屋港駅で折り返し、稲沢まで乗務したのが、今回紹介する563列車です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/12/20 06:00
【339】 思い出の乗務列車14: 西名古屋港線564列車
先週の続きになります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/12/17 05:50
【338】 国鉄西名古屋港線の踏切
私が1979年(昭和54年)に列車掛になったころ、西名古屋港線の定期貨物列車には貨車区の列車掛が乗務しており、私が所属していた車掌区では定期列車の行路がありませんでした。当時ダイヤ上では一日3往復の貨物列車が設定されていましたが、実際にすべての列車が定期的に運転されていたかどうかは不明です。その後翌年の1980年(昭和55年)10月にダイヤ改正があって、このときに名古屋貨物ターミナル駅が開業しましたが、このダイヤ改正からは西名古屋港への定期貨物列車はダイヤ上2往復に減便されました。そのうち1往復... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/13 05:50
【337】 NHKラジオ「みんなでつくる音の風景」〜テーマは鉄道
2012年も、残りわずかとなりました。 テレビやラジオでも年末年始には特別番組がいくつも放送されます。鉄道モノがないかチェックを要する時期でもあります。そのなかで、この年末にNHKラジオではリスナー参加の特別番組「みんなでつくる音の風景」が放送され、今年のテーマは「鉄道」だそうです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/11 06:00
【336】 思い出の乗務列車(13):福岡貨物ターミナル行高速貨1091列車
名古屋貨物ターミナル駅が開業した1980年(昭和55年)10月ダイヤ改正から、私は列車掛として、この駅へ発着する貨物列車へも乗務することになりました。 乗務にあたって、片道だけ乗務する行路も出てきました。名古屋貨物ターミナル駅始発の貨物列車に乗務するためには、出勤する車掌区所在地からは国鉄の旅客列車だけでは行けません。もちろん「あおなみ線」など未開通でしたので、この名古屋貨物ターミナル駅に隣接する交通機関は、名古屋市交通局の市バスしかありませんでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/10 05:50
【332】 思い出の乗務列車13:新聞輸送貨物列車271列車
東海道新幹線に初めて「のぞみ」が走ったとき、その一部列車が名古屋駅を通過するダイヤとされ、「名古屋飛ばし」と言われ話題になったことがありました。その後のダイヤ改正では「のぞみ」の全列車が名古屋に停車するようになり、それが今日まで続いています。 ところが、名古屋駅を通過してしまう在来線の列車は、今でも存在します。どんな列車かお解りでしょうか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/11/26 05:50
【330】 思い出の乗務列車12:武豊線948D 編成の移り変わり
先週の948Dの話の続きになります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 1 / コメント 4

2012/11/19 05:50
【328】 思い出の乗務列車11:武豊線948Dのキニ28
先月は4週も続けて「キニ」を併結した急行「紀州5号」のお話をしてしまいました。 就職した直後に約3年経験した荷扱の仕事は、汚い労務職ながらも、印象に残っていることも多いので、つい長話になってしまいました。 その「紀州5号」では、私はキニ26に乗務掛(荷扱)として乗務していたわけですが、その後、列車掛を経て約2年後、車掌として「紀州5号」の間合い運用の普通列車に乗務することになりました。それが名古屋始発で東海道本線から武豊線に直通する948Dと、その折り返しの953Dでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 1 / コメント 4

2012/11/12 05:55
【325】 思い出の乗務列車10:キニ併結 急行「紀州5号」(4)
急行紀州5号は、新宮へ早朝5時過ぎに着きました。列車は約5分の停車中に後寄り3両を切り離し、そのまま紀伊勝浦まで普通列車925Dとして運転されましたが、荷物車乗務員2人[専務車掌(荷扱)と乗務掛(荷扱)]はここで乗務終了でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 12

2012/10/29 05:50
【323】 思い出の乗務列車9:キニ併結 急行「紀州5号」(3)
1915D急行「紀州5号」に連結されていた荷物車はキニ26という気動車でした。 この形式は全国で4両しかなかった珍車で、そのうちキニ26 3とキニ26 4の2両が名古屋第一機関区に所属していました。キニ26は旧準急形キハ26の改造車でした。1と2はもともとキロハ25だったキハ26の300番台車を改造した車両だったのに対し、3と4は0番台車の改造だったので、形状や車内配置が異なりました。名古屋第一機関区所属車は、荷物車にありがちな1両単独運用ではなく、他のキハ3両とキロ1両とで編成された「名13... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/10/22 05:25
【321】 思い出の乗務列車8:キニ併結 急行「紀州5号」(2)
紀州5号は名古屋発23時58分で深夜の出勤でした。出勤時刻はこの列車の場合、発車時刻の55分前だったので、出勤の日はほとんど休みと同じでしたが、夜出勤しなくてはいけないと思うと、こういう日は開放感がありませんでした。本来は日中には昼寝をして休養し、深夜の勤務に備えるべきなのでしょうが、思うように昼寝などできませんし、早めに夕食を食べてから少し寝るにしても、そのまま寝てしまって出勤遅延になるほうがずっと怖いので、いつも事前に睡眠をとるようなこともなく出勤したものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/10/15 06:00
【319】 思い出の乗務列車7:キニ併結 急行「紀州5号」(1)
1976年(昭和51年)に国鉄に就職した私は、約3年にわたっていつも荷物車に乗務していました。 その職名は「乗務掛(荷扱)」で、途中からは「車掌補(荷扱)」でした。その仕事内容は乗務掛も車掌補も変わるところはありませんでした。作業内容は以前の拙ブログ記事の、 【16】 乗務掛1:乗務範囲など 【17】 乗務掛2:荷物車について 【18】 乗務掛3:荷物車の中は… の、3回に分けて概要を記しましたので、ご参考にしてください。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 10

2012/10/08 00:00
【317】 思い出の乗務列車6: 関西本線 223列車(後篇)〜夜行寝台編成?
前篇では旧型客車ならではの事例として、走行中のドア解放による弊害のお話をしました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/10/01 05:50
【315】 思い出の乗務列車5: 関西本線 223列車(前篇)「帽子がぁ〜(@_@)」
貨物列車の話が続きましたので、今回は客車列車を取り上げてみましょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/09/24 06:00
【313】 思い出の乗務列車4: 直行貨5850列車・5852列車
直行貨物列車とは、当時の貨物列車の区分のひとつです。 当時の貨物列車は、従来からあった一般貨物列車(ヤード方式の普通貨物列車と解結貨物列車)のほかに、特定の使命を持つ使命貨物列車とがありました。使命貨物列車には、高速貨物列車(時速95qと100qに分類される)直行貨物列車(時速85q)・快速貨物列車(時速75q)・専用貨物列車とがありました。それぞれ、使用される貨車が、その最高速度に耐えうる車両に限定されました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 10

2012/09/17 06:00
【311】 思い出の乗務列車3: 専貨5799〜5899列車
東海道本線5799列車〜中央本線5899列車は、長野県内への飼料輸送のための専用列車でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 16

2012/09/10 05:50
【309】 思い出の乗務列車2:セメント専貨5294列車
半年以上前、ココに『新シリーズ「思い出の乗務列車」として列車別に、主に定期列車について思い出話を綴りたいと思っています』と書いたことがありましたが、今回はその第2回目という位置付けで、乗務した国鉄時代の貨物列車のことを綴りたいと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/09/03 05:50
【301】 乗務した車両:ユーロライナー(3)そのグッズなど
ユーロライナーに賭ける期待の大きさを示すように、グッズの販売もされました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/13 05:50
【299】 乗務した車両:ユーロライナー(2)その国鉄時代
ユーロライナーは国鉄時代に誕生した車両でしたから、編成端のスロフにはJNRをデザインした国鉄のシンボルマークが掲げられていました。なにぶんにも外部色が明るいグレーだったので、ステンレス地色のそのマークはあまり目立ちません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/08/06 05:50
【297】 乗務した車両:ユーロライナー(1)そのデビューと概要
ユーロライナーは、1985年(昭和60年)に国鉄の名古屋鉄道管理局に配置された欧風客車で、いわゆるジョイフルトレインです。1983年(昭和58年)に東京南鉄道管理局に配置された「サロンエクスプレス東京」と大阪鉄道管理局に配置された「サロンカーなにわ」に次いで国鉄で3番目に登場した欧風客車でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 1 / コメント 4

2012/07/30 05:50
【295】 続 乗務中見えるもの…夏の一番列車
荷物列車の乗務掛をしていた国鉄入社間もないころ、名古屋から関西本線の貨物駅百済への乗務の際に、奈良を発車してから窓を開けっ放しで風呂に入っている家があるから今度一緒に乗ったら教えてやると言った先輩がありました。 私が百済へ乗務するのは月に一度だけで、奈良の発車時刻は20時17分でした。ちょうどバスタイムにあたります。どのあたりかと特定できる話でもありませんでしたので自分では、それがどの家であるか見当のつけようもありませんし、それをを教えてくれた先輩と百済まで乗務する機会がなかったこともあって、... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/07/23 04:40
【293】 臨時列車の乗務(17):205系電車新車回送
14系欧風客車「サロンエクスプレス東京」に名古屋から浜松まで乗務した後、折り返し浜松から定期列車の補助としていったん名古屋まで乗務し、その日の深夜(暦日では翌日未明)に、また東海道本線を名古屋から浜松まで、205系電車に乗務しました。山手線の103系電車置換え用に新製された車両を回送する目的の列車です。 昨今よく行われる機関車に牽引されての輸送ではなく、自力回送でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 2 / コメント 18

2012/07/16 05:50
【291】 臨時列車の乗務(16):サロンエクスプレス東京
先週ご紹介した「2度目の名古屋客貨車区のお座敷列車に乗務」の4日後、こんどは欧風客車のパイオニアである「サロンエクスプレス東京」に乗務しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/07/09 05:50
【289】 臨時列車の乗務(15):2度目の「ナコ座」
先週ご紹介した名古屋工場の試運転列車に乗務したあと、非番日をはさんで翌々日には、約9ヵ月ぶりに再び名古屋客貨車区所属のお座敷列車に乗務することになりました。 今回は中央西線から東海道本線へ直通する行路でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/07/02 05:50
【287】 臨時列車の乗務(14):クモヤ90とクモユニ147
架線事故による遅れのため急遽運転された特発381系回送列車に乗務した4日後、半年ぶりに名古屋工場からの出場試運転列車に乗務しました。 笹島から名古屋経由で東海道本線共和駅までの1往復のあと、笹島から名古屋まで戻る乗務行路でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 1 / コメント 2

2012/06/25 05:50
【285】 臨時列車の乗務(13):特発381系回送列車
1986年9月は予備勤務に当たり、しばらくの間、臨時列車に乗る機会が増えました。 また、出勤予備といって、緊急時に対応するするために車掌区で待機するという勤務もありました。専務車掌としての予備ですから、あらゆる列車に支障なく乗務できなければなりませんが、出勤遅延者や病気や事故での突発休がなく、大きなダイヤの乱れもなく1日が終われば、要するに「ブラ勤」で何もすることなく車掌区内に居ればそれで1日が終わるわけですが、必ずしもそうはいきません。地球が回っている以上、どこかで何かしら事が起こるものです... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/06/18 05:50
【283】 臨時列車の乗務(12):117系臨時回送列車
1985年(昭和60年)3月に国鉄では全国的なダイヤ改正がありました。60.3(ロクマルサン)ダイヤ改正と言われ、近距離列車の増発が行われるかわりに編成両数が削減されたり、長距離急行の廃止も行われました。 私が乗務していた中京地区でも同様で、そのダイヤ改正では東海道本線の岡崎〜名古屋〜大垣間のデータイムには15分間隔での運転実施や名古屋駅での乗車ホームを方面別に極力統一するよう工夫され、従来の国鉄の体質からの脱却が盛り込まれていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/11 05:55
【281】 臨時列車の乗務(11):名古屋工場入出場列車
1985年(昭和60年)3月のことです。前日に建国の日の代休が入って、交番上1日の空白ができてしまうので、この日は臨時列車の日勤行路が指定されました。内容を見るとたいへん楽な行路でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/04 05:55
【279】 武豊駅乗継詰所での思い出
先週は武豊駅のホーム上にある乗継詰所のお話をしました。 簡素な乗継詰所では、せいぜい1時間前後の滞在なのが普通だったのですが、ここで長時間滞在したことが1度だけありました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 15 / トラックバック 2 / コメント 4

2012/05/28 05:50
【277】 今も残る武豊駅乗継詰所
武豊線の終点、武豊駅。 私が車掌をしていたころ武豊線にはいつも乗務していましたので、ここは懐かしい駅です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/05/21 05:50
【275】 緩急車とトイレ(後篇)
先週の続きになります。 先週はトイレがない緩急車のお話でした。今回もトイレの話ですので、お食事中の方は閲覧をお避け下さい。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 55 / トラックバック 0 / コメント 24

2012/05/14 05:50
【273】 緩急車とトイレ(前篇)
今回は貨車のお話です。 実際に私が貨物列車の列車掛として乗務していたのは、わずか1年半足らずのことですから、貨物列車乗務の記事の数が旅客列車の記事数より少なくなってしまうのもやむをえないわけです。しかし国鉄時代の貨物列車や荷物列車の類は今となっては、変質したりなくなってしまっていて、それらを知ろうとする方は多いのか、拙ブログでも貨物列車や荷物列車関係のアクセス数は意外と多く、最近貨物関係の記事がないというご意見をいただくこともございました。そこで、今回は貨車の緩急車(ワフとヨ)のトイレについて... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 40 / トラックバック 0 / コメント 12

2012/05/07 05:55
【260】 レチ弁
「レチ弁」とは車掌用の弁当のことです。「レチ」は「列車長」の略で「車掌」を意味します。構内営業の駅弁業者さんと契約して、特別に弁当を提供してもらったり、また大きな乗務員宿泊所や大きな車掌区には業者が入った食堂があって、弁当を作ってもらったりできました。 駅の駅弁業者さんによるレチ弁については、購入できる乗務列車が指定されていました。指定された列車以外での利用はできませんでした。地上で食事ができにくい時間帯の長距離列車が対象とされていたようです。荷物列車の乗務の際に、私もレチ弁のお世話になりまし... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 1 / コメント 10

2012/03/26 06:30
【258】 ふたばん とうばん あめりかん
以前、駅名について、非公式の呼び方を2回に分けて 【250】駅の通称名(乗務員編) と 【252】駅の通称名(乗客編) でご紹介しましたが、駅名以外にも国鉄独特の用語がありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 14

2012/03/19 05:20
【256】 武豊駅〜入換作業の失敗談
武豊駅では失敗談があります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 1 / コメント 12

2012/03/12 14:00
【255】 武豊駅の高橋駅手
武豊駅の写真です。画面右端、駅前に建っている胸像がおわかりでしょうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 1 / コメント 8

2012/03/08 05:50
【254】 武豊泊りでの思い出
武豊線は車掌時代にいつも乗務していた線区でした。 私が乗務していた昭和50年代、この武豊線の終点である武豊駅で夜を明かすキハ35で編成された列車が3本ありました。武豊駅のホームは1本だけなので、最終列車はそのままホームに着いて乗客を降ろした後は、ホーム先端付近まで移動するだけでしたが、その1本前と2本前の列車は、側線への転線入換がありました。当時はまだ貨物輸送の関係で、機関車の付け替え(機回し)ができるような線路配置になっていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 1 / コメント 8

2012/03/05 06:00
【252】 駅の通称名(乗客編)
時間がなく切符を買えなかったり、あるいは乗越しや無人駅から乗ったお客さんへ、車掌が切符を発売することがあります。そんなときに、お客さんが申告した駅名の表現で気になったことをいくつか挙げてみましょう。 先週は武豊線の「尾張森岡」まで行くお客さんが「もりおかまで」という申告で、東北本線の盛岡?と勘違いした例をご紹介したのですが、地元ならでは?の駅名の表現がありました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 12

2012/02/27 06:00
【250】 駅の通称名(乗務員編)
以前のブログ記事「【217】 亀山駅の荷扱(゜o゜)業界用語???」 では、非公式な駅名の呼び方に対し、多くのコメントを皆さんからいただきましたので、今回は、国鉄在職中に便宜上使っていた駅の呼び方を、いくつか挙げてみようかと思います。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/02/20 06:00
【248】 思い出の乗務列車1:武豊線940D
これまで「乗務した車両」というタイトルで、定期列車で乗務した車両についてあれこれ書いてまいりました。先週165系をご紹介したところで、ほぼ網羅したように思います。まだ臨時列車として乗務した車両や突発的に乗務した車両について一部書いていないものは、別の機会にご紹介することとして一旦キリをつけたいと思います。 今後は新シリーズ「思い出の乗務列車」として列車別に、主に定期列車について思い出話を綴りたいと思っています。今回はその第一回になりますが、第二回めは今のところ、アップ予定は全くの未定です。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/02/13 06:00
【246】 乗務した車両:165系電車(3)
先週に引き続き、乗務した車両165系の続きです。 引き続き神領電車区の運用に乗務した時の記録から始めます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 17

2012/02/06 05:50
【244】 乗務した車両:165系電車(2)
中京地区には、大垣電車区のほかにもう1か所、神領電車区に165系が配置されていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 14

2012/01/30 06:00
【242】 乗務した車両:165系電車(1)
165系は153系を基本にした、勾配線区用及び耐寒耐雪装備の寒冷地用急行形電車です。 事実上、153系の後継車種と言ってもよく、平坦かつ温暖な線区にも投入され、国鉄時代には直流電化区間の多くで見ることができました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 10

2012/01/23 07:00
【240】 乗務した車両:急行型気動車(後篇)
先週の【238】乗務した車両:急行型気動車(前篇)の続きになります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 49 / トラックバック 1 / コメント 11

2012/01/16 05:50
【238】 乗務した車両:急行型気動車(前篇)
私が国鉄に在籍していた中でも前半の1970年代後半から1982年あたりには、急行列車の設定もまだ多くありました。 名古屋を発着するディーゼルカーによる急行列車は、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 30

2012/01/09 07:00
【234】 乗務した車両:荷電クモニ143併結列車
1985年(昭和60年)大垣電車区に配置されていた旧性能国電のクモニ83の置換えで、代わりに配置されたのは、信越本線から来たクモニ143と飯田線から来たクモユニ147でした。いずれも荷物輸送がトラックによる代行輸送に切り替えられたことによるものと思います。 クモユニ147は119系電車に合わせた水色に白線の塗装で、113系に併結して運用されていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/01/02 06:50
【231】 乗務した車両:クモニ83
クモニ83は通勤型の旧型国電モハ72の改造車です。 中京地区では東海道本線と中央西線で使用されていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/12/26 07:00
【229】 乗務した車両:その他の荷物車
私が乗務した荷物車は、公式(?)にはこれまでのブログ記事にしたとおりですが、非公式(?)には、他にもありますので、参考までにご紹介しておきましょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 16

2011/12/19 06:00
【227】 乗務した車両:マニ50、スユニ50
マニ50は昭和52年から新製された荷物車でした。私が国鉄に就職して、荷物列車に乗務している時期で、新車が入るというので、荷扱関係乗務員の間では話題に上りました。すでに国鉄の荷物輸送はピークを過ぎていた時期ではありましたが、マニ60など旧型荷物客車を置換える目的で236両が導入されたのでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 27

2011/12/12 05:50
【223】 発掘!!1951年のアルバム
先日拙ブログ記事の「【217】 亀山駅の荷扱(゜o゜)業界用語???」で「TOKYO WEST」様から、「昭和58年頃に出た『大阪車掌区史』にも、荷扱乗務員が使う符丁について触れていました。」とのコメントをいただきました。 私が勤務していた国鉄末期に、名古屋鉄道管理局管内の現場で、こうした歴史を追った書物が刊行されたことはあったのでしょうか。私はまったく聞いたことがないので、もしあるなら見てみたいものです。自分が勤務する以前の職場の歴史を、もっと知っておきたかったと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/11/28 07:00
【217】 亀山駅の荷扱(゜o゜)業界用語???
おそらく、どの業界でも、その業界でないと一般には通じない言葉や用語があると思います。 私が現在勤めている会社でもそれらしいものはあります。同じ業界であっても、その会社でないと通じない言葉もありましょう。国鉄でも同じで、その職場、その駅でないと通用しない言葉がありました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 18

2011/11/07 05:50
【213】 荷扱乗務員の必需品
七つ道具という言葉があるが、荷扱はこの写真で手に持っている「手鉤」(てかぎ)が1本あれば、仕事になる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 28

2011/10/24 06:00
【211】 荷物列車とお茶菓子
先週は、月・木曜日連載のシリーズものを運休とさせていただき、天竜浜名湖鉄道の旅の様子などをお伝えいたしました。今週と来週も、申し訳ないのですがシリーズものはお休みとさせていただき、別のお話となりますので、ご了承願います。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/10/17 05:50
【207】 乗務した車両:スユニ60、スユニ61
スユニは荷物室と郵便室が半分ずつの客車で、タイトルの2形式はいずれもマニ60やマニ61同様、鋼体化客車と言われるグループです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/10/03 06:00
【205】 乗務した車両:マニ60、マニ61
マニ60は旧型客車のなかでも鋼体化客車と言われるグループに属します。 簡単に言うと、古い木造客車の主要パーツを再利用して車体の上回りだけ新製したわけで、台車、台枠などは非常に古いのです。鋼体化改造で直接荷物車として誕生したもののほか、鋼体化改造で、いったんオハニ、オハユニなど、客室と荷物室や郵便室の合造車として誕生したものを、後に全室荷物車に再改造したものがあります。そういう再改造車のほうが数としては多いというのもこの形式の特徴と言えましょう。総数565両のうち再改造車は360両に及びます。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/09/26 05:50
【203】 乗務した車両:マニ35、マニ36
まずマニ35についてです。マニ35は少数派の荷物車で落成総数46両でした。すべて改造車として誕生したもので、改造種車によって車両番号が以下のように区分されていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 1 / コメント 12

2011/09/19 09:00
【201】 乗務した車両:荷物列車について
国鉄に就職してから最初は乗務掛をしていまして、いつも荷物車に乗務する仕事でした。 マニをはじめとする荷物車は分類上客車なのですが、乗客が利用するわけではないので、一般にはなじみが薄い客車です。これまで続けてきた「乗務した車両」シリーズで、これから荷物車についてお話するにあたって、荷物車がたくさんつながった「荷物列車」について、ちょっと触れておきましょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/09/12 06:00
【199】 乗務した車両:381系電車
381系は国鉄では唯一、カーブでの高速走行を目的として車体を傾斜させる振子装置を装備した営業車両でした。 全国に先駆けて、1973年(昭和48年)7月に全線電化工事が完了した中央西線にデビューしました。 その車体や塗色は、当時の国鉄の特急列車の標準的な装いですが、振子装置を装備していることから、同年代に製造された183系や485系とは多くの相違点が挙げられます。主な相違点は次のとおりです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 22

2011/09/05 05:50
【197】 乗務した車両:211系0番台
211系が中京地区に配置されたのは、昭和61年11月のダイヤ改正時でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/08/29 06:00
【189】 乗務した車両:コキフ50000
最高時速100kmで走行可能な10000系貨車に代わって製造されたのがコキ50000とコキフ50000でした。 10000系では電磁ブレーキ用の電気配線と元空気ダメ管の引き通しが必要だったのに対し、一般貨車同様ブレーキ管だけの引き通しで時速95kmと一般客車並みの高速で走行できるよう、CL形という新しいブレーキ装置を持っていました。10000系に比べ、電気回路がなくブレーキ装置も簡素で故障例も聞きませんでした。 台車も空気ばねをやめ、コイルばねにしたことから、かなりコストダウンが図られている... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 2 / コメント 14

2011/08/01 05:50
【187】 乗務した車両:レムフ10000
私が列車掛だった昭和50年代中期、東海道本線の高速貨物列車は運転速度が時速100km(高速貨A)の10000系の列車が2往復のほかは、時速95q(高速貨B)のコキ50000系と時速85km(直行貨)のコキ5500やワキ5000が主流でした。高速貨Aの緩急車にはコキフ10000とレムフ10000が限定で使用されました。高速貨Bにはコキフ50000が、直行貨にはヨ(2000を除く)が用いられました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 27 / トラックバック 1 / コメント 15

2011/07/25 05:50
【185】 乗務した車両:ヨ6000・ヨ8000車掌車
ヨ6000はヨ5000の後継車で、1962年(昭和37年)から1969年(昭和44年)までに新製されています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 2 / コメント 18

2011/07/18 05:50
【183】 乗務した車両:ヨ2000・ヨ5000車掌車
「ワフ」について2回にわたって書いてまいりましたが、今回お話する「ヨ」は車掌車であり、形式上も事業用車として区別されていました。外観上は両側にデッキがあることが特徴です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 1 / コメント 14

2011/07/11 05:50
【181】 乗務した車両:ワフ29000・ワフ29500・ワフ35000有蓋緩急車
乗務した「ワフ」のうち、ワフ29000、ワフ29500及びワフ35000有蓋緩急車について書いてみます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/07/04 05:29
【179】 乗務した車両:ワフ21000・ワフ22000有蓋緩急車
今回からは、列車掛時代に乗務していた「緩急車」「車掌車」について,形式別に触れていきます。 最初は、非常に古いタイプの有蓋緩急車(ワフ)2形式についてです。ついでにその形式が連結されていた貨物列車の編成もご紹介しておきます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 18

2011/06/27 05:50
【177】 乗務した車両:貨物列車の緩急車
列車掛になったとき、乗務する貨物列車には「緩急車」が連結されていました。 今では貨物列車はワンマン化されて、めったにその活躍を見ることはないですが、列車掛が機関車の後部運転台に乗務するようになった昭和60年3月のダイヤ改正までは、一部の例外を除いて貨物列車の最後部には「緩急車」がぶら下がるように連結されていて、列車掛はその「緩急車」に乗務していたのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 14

2011/06/20 06:00
【175】 臨時列車の乗務(10):455系回送電車
引き続き、予備勤務のときに乗務した列車を、模型で再現しながら当時のことを振り返ってみたいと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/06/13 05:55
【172】 臨時列車の乗務(9):名古屋のお座敷列車「ナコ座」
これまで、他所から遠征してきた臨時列車にばかり乗務してきたのですが、ここへきてやっと地元、名古屋客貨車区所属のお座敷列車に乗務する機会を得ました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/06/06 06:00
【169】 臨時列車の乗務(8):広島の14系座席車
先週に引き続き、予備勤務のときに乗務した列車を、当時のことを振り返ってみたいと思います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 1 / コメント 8

2011/05/30 06:00
【166】 臨時列車の乗務(7):EF58牽引「サロンカーなにわ」後篇
先週の「臨時列車の乗務(6):EF58牽引「サロンカーなにわ」前篇」の続きになります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 12

2011/05/23 06:00
【164】 臨時列車の乗務(6):EF58牽引「サロンカーなにわ」前篇
「サロンカーなにわ」はこの前年、昭和58年に14系座席車を改造して誕生したジョイフルトレインです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/05/16 05:50
【161】 臨時列車の乗務(5):高崎のお座敷列車「くつろぎ」
先週に引き続き、予備勤務のときに乗務した列車を、模型で再現しながら当時のことを振り返ってみたいと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/05/09 06:00
【158】 臨時列車の乗務(4):品川の14系座席車
先週に引き続き、予備勤務のときに乗務した列車を、模型で再現しながら当時のことを振り返ってみたいと思います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 14

2011/05/02 05:50
【155】 臨時列車の乗務(3):165系回送電車
しばらく中断してしまいましたが、予備勤務のときに乗務した列車を、模型で再現しながら当時のことを振り返ってみたいと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 1 / コメント 16

2011/04/25 05:50
【154】 長野県西部地震があった日「名古屋地下鉄乗りつぶし」
<<前回からの続きになります>> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/04/21 05:56
【153】 長野県西部地震があった日「しなの7号 春日井行」
1984年(昭和59年)9月14日に長野県西部地震が起きました。 震源近くに御嶽山があり、この地震で南側の山体が崩壊したことによって大規模な土石流が発生して地形が変わってしまうほどでした。温泉宿が流されたりして亡くなった方も29人にのぼりました。この人数のなかには、今も大量の土砂の下になっていると思われる行方不明の方々も含まれていると思われます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 22

2011/04/18 06:00
【143】 臨時列車の乗務(2):115系+クモヤ145
先週に引き続き、予備勤務のときに乗務した列車を、模型で再現しながら当時のことを振り返ってみたいと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/02/28 06:02
【140】 臨時列車の乗務(1):キハ52
客専班になって初めての予備勤務に指定されたのは、約5カ月が経過した昭和59年10月下旬からでした。12月上旬までの間、いつも乗務していない列車を中心に乗務することになり、臨時列車にも乗務するようになりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 1 / コメント 4

2011/02/21 06:10
【137】 専務車掌(乗客扱)4:勤務形態と臨時列車乗務
「専務車掌(乗客扱)」の続きになります。この「専務車掌(乗客扱)」に関する直前の記事は「【134】専務車掌(乗客扱)3:線路見習」です。 客専班G組になり線路見習が終わると、次の写真のように決められた乗務割表の順に乗務をすることになり、それのくり返しでした。 正式名称は「乗務割表」のようですが、現場では「交番表」と呼んでいました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/02/14 06:00
【134】 専務車掌(乗客扱)3:線路見習
「専務車掌(乗客扱)」の続きになります。この「専務車掌(乗客扱)」に関する直前の記事は「【127】専務車掌(乗客扱)2:乗務範囲と机上講習」です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/02/07 06:00
【127】 専務車掌(乗客扱)2:乗務範囲と机上講習
「専務車掌(乗客扱)」の続きになります。この「専務車掌(乗客扱)」に関する直前の記事は「【125】 専務車掌(乗客扱)1:車掌から専務車掌へ」です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/01/17 06:00
【125】 専務車掌(乗客扱)1:車掌から専務車掌へ
私は車掌になったのなら、特急列車に乗務したいと思っていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 14

2011/01/10 06:15
【123】 年末年始と乗務員
世間一般が新年を祝い、会社も休みが続く年末年始も、当然のように鉄道は休むことなく走っています。あたりまえのことながら、鉄道員は仕事に出ます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 12

2011/01/03 06:18
【110】 乗務した車両:キハ55形気動車
キハ55系はキハ58系の前世代になる準急形気動車です。 写真中央がキハ55系になります。左のキハ20系の顔によく似ているのですが、右のキハ58系の塗り分けに準じた塗装となっており、長距離の準急・急行列車にも使用されていましたが、私が乗務している頃には、準急列車はすでになく、急行列車はキハ58系が主流となっていて、ほとんどがローカル輸送用となっていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/12/09 06:11
【109】 乗務した車両:キハ45形気動車
キハ45は近郊型片運転台車で、両運転台であるキハ23や2エンジン強力型キハ53と同じ系列です。20系気動車のキハ25の後継車で、キハ40系のキハ47への過渡的な形式と言っていいでしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/12/07 06:10
【106】 乗務した車両:キハ40系気動車
キハ40系は、国鉄時代に北海道から九州まで普通列車用として全国的に配置されたディーゼルカーです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 10

2010/12/01 06:01
【104】 乗務した車両:キハ35系気動車
キハ35系は通勤型のディーゼルカーでした。 片側に3つの両開き外吊りドアを持っていて戸袋がない異色の車両でもありました。 通勤型なので車内はロングシートで旅行向きではなく、この車両に好んで乗る人は少数派だと思います。 私が乗客としてキハ35が連結されている列車に乗るとき、他の車種と混結されている場合は、必ず他の車両に乗りました。そんなキハ35系ですが、仕事では何度も乗ることになりました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 19 / トラックバック 2 / コメント 13

2010/11/27 06:22
【103】 乗務中見えるもの
 列車に乗務していると、沿線の風景はいやでも目に入ります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/11/25 06:06
【99】 乗務した車両:117系電車(3)JR東海移行後
117私が国鉄時代に実際に乗務した車両は、今日ではそのほとんどが現役を退いています。 その中にあって117系は未だ中京地区での活躍を続けている数少ない車両のひとつです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/11/17 06:00
【98】 乗務した車両:117系電車(2)その国鉄時代
私が117系に乗務していたのは、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/11/15 06:02
【97】 乗務した車両:117系電車(1)中京地区への導入
117系はそもそも京阪神間の複数の私鉄との競合区間に対応するために昭和54年(1979年)から製造された電車でした。私鉄との対抗上、近郊型としては破格の装備でデビューしました。それが私が乗務していた中京地区にも昭和57年(1982年)に東海道本線の快速用として新製されたのでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 1 / コメント 10

2010/11/13 06:00
【94】武豊駅からズームイン!!
その日の仕事は名古屋で泊まり、翌朝は武豊行きの2番列車922Dで終点まで行き、同じ車両で折り返す927Dで名古屋へ帰る行路でした。 出勤して出発点呼を受けたとき、「明日の927D、中京テレビの全国生放送で武豊駅の発車風景の撮影がある」との伝達がありました。そして念を押すように「全国生中継だから、「急行」とか出てないかサボ確認して!」との注意。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 30 / トラックバック 2 / コメント 6

2010/11/07 06:52
【93】 「名古屋港線」〜JRのナイター輸送と国鉄時代の貨物列車
国鉄民営化後、JR東海によって、前回すこし触れた貨物線を使って名古屋駅からナイター輸送の臨時列車が運転されるようになりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/11/05 05:44
【88】 乗務した車両:155系電車
155系は修学旅行用として定員確保のため片側に3人掛け6人ボックス座席を装備するなど特異な電車でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/10/26 06:27
【87】 乗務した車両:153系電車
153系は新幹線開業前に東海道本線の準急や急行の主役として活躍した車両です。 その後登場した165系と外観はよく似ていますが、正面の塗り分けが異なっていました。 中京地区では大垣電車区に配置され、私が乗務していた昭和56年ごろは、主に東海道本線で快速運用を中心に活躍していました。朝夕に中央西線でも運用されていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/10/24 08:23
【79】 中央西線670列車(後篇):過去の春日井貨物
中央西線の稲沢〜春日井間の小運転貨物列車は、私が列車掛をしているころにすでに存在していました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 1 / コメント 4

2010/10/08 06:02
【76】 乗務した車両:113系電車(2)
神領車両区に113系が配置され中央西線で運用に就いたのは、私が高校生のとき中津川〜塩尻間が電化されたことによって中央本線が全線電化完成した昭和48年でした。 ※それまでも一部区間に静岡の111系が入っていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 17

2010/10/02 04:38
【75】 乗務した車両:113系電車(1)
113系にはよく乗務したものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 1 / コメント 11

2010/09/30 06:08
【74】 乗務した車両:103系電車(3)
103系にはドア扱いのスイッチ(車掌スイッチといいます)に付属して「再開閉スイッチ」が装備されていました。中京地区にはそれまでなかったもので、その機能は、ドアに何かがはさまって閉まらない場合、「再開閉スイッチ」のボタンを押すことによって、その閉まらなかったドアだけが再び開き、ボタンから手を離すとそのドアが再び閉まるというものでした。カバンや乗客の体の一部が挟まってしまったとき、再開閉スイッチを操作することによって、他のドアは閉まったままでそのドアだけが開くので、挟まったカバンを引っ張り込むなり、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/09/28 06:51
【73】 乗務した車両:103系電車(2)
中京地区は首都圏や京阪神と比べると格段に田舎です。移動手段は自動車が主流で、通勤通学輸送が一段落する時間帯は閑散となります。そもそも通勤時間帯でも、国鉄時代は列車本数は大変少なかったものです。103系電車には必ずしも適した線区とは言い難いところがありました。その中で、あえて適した使用線区としては、沿線の宅地開発が進んているものの、並行する私鉄もなく混雑する中央西線でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/09/26 06:33
【71】 乗務した車両:103系電車(1)
国鉄時代の中京地区では、首都圏や関西圏での使い古した中古車両が多く運用されていました。中央西線を例に挙げれば、電化されたときは中央西線電化完成置換え用として113系が発注されますが、その新車は横須賀線に投入され、横須賀線の新性能化がはかられます。実際に中央西線に投入されるのは、横須賀線で不要になった70形電車であるわけです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/09/22 05:55
【69】 遮光幕
 電車の運転室の背後、客室との間の間仕切りにあるガラス窓から前方を眺めたり運転士の運転の様子を眺めるのは、鉄道好きのみならずおもしろいものでしょう。かぶりつきと云われるもので、最近の電車では子供はもちろん大人も楽しんでおられます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 10

2010/09/18 06:07
【68】 指差確認
 鉄道員が指さし確認しているのは、よく見かけるものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 10

2010/09/16 06:44
【66】 乗務した車両:旧型客車(3)
旧型客車の乗務では、貨物の列車掛と同様に必ず携帯用無線機を持ちました。これも気動車や電車の乗務では必要のないものなので、旧型客車が車掌に嫌われる一因でもありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 12

2010/09/12 06:50
【65】 乗務した車両:旧型客車(2)
前回記しましたように、車掌のほとんどが好まない旧型客車でしたが、私を含め、鉄道好きの車掌は楽しんで乗務しているのがわかりました。全国的にみれば、客車でも50系が増加してきていましたし、客車そのものが減る傾向にあったのに、昔ながらの汽車の面影を濃く残した関西本線の旧型客車に乗務できることで、たいへんうれしい思いをしていたのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 10

2010/09/10 06:14
【64】 乗務した車両:旧型客車(1)
私が車掌になった昭和56年には関西本線名古屋口は電化工事中で余命わずかな旧型客車列車が残っていました。当時でも名古屋という大きな駅から旧型客車がDD51の牽引で発車していくのは、いかにも時代遅れの光景でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 1 / コメント 15

2010/09/08 06:14
【63】 釜戸泊りでのできごと(3)
  釜戸の駅ではこんなこともありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/09/06 06:05
【62】 釜戸泊りでのできごと(2)
 釜戸駅周辺は大きな町でもなく、駅前広場からの道はすぐに旧「下街道(したかいどう)」に突き当ります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/09/04 06:51
【61】 釜戸泊りでのできごと(1)
 前回、釜戸の入換のことを書きましたら、いろいろ思い出に残る話があるので続けさせていただくことにします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/09/02 06:00
【60】 車掌5:電車の入換
 列車掛が貨車の入換作業を行っているお話は以前にさせていただきましたが、入換作業は操車掛が配置されていない小さな駅では貨車客車を問わず車掌の仕事です。当然、旅客列車の車掌でも入換作業はありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/08/31 06:18
【55】 車掌4:切符の発行誤り(-_-;)
 車内補充券(略して車補)や車内片道乗車券(車内券)はすべての列車の乗務が終わった後、所属する車掌区の車補担当内勤者に引継書を作成して、使用しなかった残り片と使用した控え片とを、現金とともに引き継ぎ、受領印をもらいます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/08/21 06:37
【50】車掌3:車内切符の発行
 今は、地方ローカル線では短編成のワンマン列車が当たり前で、都市圏でさえワンマン列車が見られます。国鉄当時にはなかったことです。ただ、無人駅は国鉄末期にはかなり増加し、そういった駅からの乗客には車掌が車内で切符を発行し、また下車する乗客からは切符の回収と精算をしていました。このため、無人駅のあるローカル線の乗務では頻繁に車内へ入り、切符の発行と精算をする必要がありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/08/11 05:48
【49】 入場券集めのお手伝い
 武豊線の武豊行普通列車に乗務していたときのこと。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/08/09 05:46
【44】 車掌2:乗務した車両の種類
 私が車掌職の期間(専務車掌になるまでの期間)に乗務した車両(編成中に連結されていた車両)は ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/07/30 07:45
【43】 車掌1:転勤と乗務範囲
 私が列車掛の養成を受けたあと配属された職場では、貨物列車のみの乗務を受け持っていました。ずっと貨物列車の乗務で過ごしたい人や、さらに上級職を受けるつもりで乗務員を一時の腰かけだと考えている人はこの職場に留まっていましたが、大半の人は通勤に便利な自宅に近い線区の乗務員職場や、旅客列車を受け持つ職場を希望して、各々転勤希望を出していました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/07/28 06:11
【36】 列車掛6:入換
 列車掛は小駅での入換作業の責任者でもあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/07/14 04:56
【35】 列車掛5:貨車解結通知書
前回は始発駅を発車するまでの作業について記しましたが、機関士にも渡した貨車解結通知書の内容を読み取ってみましょう。 わかりやすくするため、あえて簡単な事例を実例としてとあげます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/07/12 05:47
【34】 列車掛4:発車前の作業
 列車掛は乗務する列車に乗るときは、まず始発駅の指定場所で「貨車解結通知書」を機関士の分と合わせて2枚受け取ります。これによって列車の全容を把握するのです。これには列車の重量、長さ、途中駅の切り離しや連結予定両数が書かれています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/07/10 05:00
【33】 列車掛3:その仕事の概要は…
 解結貨物列車に乗務すれば毎日列車の長さや車種、行先が違うわけです。そのため列車掛は常に「貨車解結通知書」で自分の列車のどの貨車を何両どの駅で切り離し、どの駅でどのような貨車を何両連結する予定かを把握する必要があります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/07/08 06:03
【30】 列車掛2:乗務範囲と緩急車
列車掛の職務については、以前記しましたが、貨物の車掌で車両検査も受け持つものでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/07/02 06:06
【29】 国鉄貨物列車の編成例(関西本線263列車)
 前回記しましたように、国鉄では全国ネットで貨車1両単位での営業をしていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/06/30 07:04
【28】 列車掛1:国鉄時代の貨物列車
 車掌も列車掛も、運転上の保安要員として乗務していることがお解りいただけましたでしょうか。保安要員ということであれば、貨物列車に乗務していた列車掛は乗客が乗っていないから、走行中何も異常事態がなければ何もすることがないのでしょうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/06/28 06:18
【27】 貨物列車に列車掛(車掌)は必要?
 列車掛とは、車掌業務に検査業務を加えたものというのは、以前に記しましたが、そもそも貨物列車に乗務する列車掛の仕事とは、どんなものなのでしょう。  そのまえに、電車の車掌の仕事って、どんな仕事かと思いますか?  多くの人は、「切符拝見」とか「車内放送をする」「ドアの開け閉め」が思い浮かぶのではないでしょうか。  乗客の乗らない貨物列車には前述のような仕事は必要がありませんので、車掌や列車掛の必要性がないことになってしまいますね。事実貨物列車や回送列車など乗客の乗らない列車は合理化の過程の中... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/06/26 06:04
【26】 MICRO ACE シキ800と昭和55年4月10日の岡多線の大物車
 地元でシキ800が動く姿を見て、貨物列車が気にかかるようになってきました。 そこで自宅でマイクロエース製のシキ800の写真を撮ってみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/06/24 06:19
【25】 仕事としての鉄道
 どれだけ鉄道が好きだといっても、仕事で「乗らされる」のと自分の意思で「乗る」とは大きく違います。行きたくないときに乗りたくない列車に乗らされるのは辛いことです。 乗務員の仕事は不規則極まりないものです。正月・お盆・連休など世間一般が休日を楽しむときは、むしろ書き入れ時で交通機関は混雑しますから、国鉄も臨時列車や増結で対応します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/06/22 06:06
【19】 乗務員と家族:RAILWAYSについて思う・・・
 鉄道をモチーフにした映画RAILWAYS。なかなか好評のようです。  私は2回見てしまいました。  作品の構成上、抑揚をつけるための伏線で現実には難しいんではないかと思われるところはあるものの、さまざまなシーンで共感でき、鉄道全般に対しては、いたって忠実に描かれていました。フィクションで、夢を追う大人のファンタジーでありながら、古い一畑電鉄のデハニ50形をもう一つの主役に据えて、リアリティをも追及した佳作でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/10 06:30
【18】 乗務掛3:荷物車の中は…
実際に営業している荷物車の車内の写真です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 10

2010/06/08 07:46
【17】 乗務掛2:荷物車について
 今の若い方々には荷物列車とはどういうものかわからないと思います。そもそも宅配便というものは昔はありませんでした。調べてみるとちょうど私が国鉄に入った年に宅配便の歴史がスタートしたようなことがウィキに書かれています。小口の荷物を送る場合には、軽量なものが郵便小包で、重く大きいものは「鉄道小荷物」という手段が一般的でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 3

2010/06/06 06:08
【16】 乗務掛1:乗務範囲など
 国鉄入社後、最初に就いたのが乗務掛(荷扱)でした。これに対し、乗務掛(客扱)といった職種もまだ残っていました。  荷扱は荷物車に乗務するのに対し、客扱のほうは、寝台車に乗務してベッドの組立や解体とその乗客を起こしたり案内に当たっていました。ホテルのボーイさんに当たるといえばわかりやすいでしょうか。その昔はお客さんからチップがもらえて、この金額は給料より多かったこともあると聞いたことがあります。客扱のほうが見た目にもいいわけですが、これは昭和50年代初めにはすでに合理化で廃止される運命でした。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 9

2010/06/04 06:12
【15】 Nゲージ EF65 500(F形)
私は自分が乗務で関わった車両のNゲージ模型が発売されると買ってしまいます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/02 05:48
【11】 さようなら日本国有鉄道
 これまでのブログをご覧いただいた皆さんには、10年ちょっとの年月の間に私が数々の列車に乗務員として勤務してきたことをおわかりいただけることと思います。まさに国鉄が国民の足としての地位が凋落していく時期に在職していたわけで、鉄道好きではありましたが、ひととおりの列車に乗務できたことと、鉄道の将来性、労働条件その他を考慮し、転職の途を選ぶことにしました。今にして思うと貴重な体験ができたと思うし、なにより自分の好きな道であったことができて有意義な年月であったと言えましょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 12

2010/05/25 05:52
【10】 最後の乗務
 昭和62年3月28日、私にとって最後の乗務の日でした。前日の特急しなの15号で長野に来ていましたので、長野発6時04分発「しなの2号」で名古屋までの乗務でした。春休み中とは言え、早朝の列車なので長野を発車して車内へ入ると、乗客の数は少なく、その中に種村直樹さんと思しき方が乗っておられました。(お声を掛けたわけではないので違っていたかもしれません)  今でも忘れられないのは、その車内でつまづいて転んでしまったことです。車内で転んだというのは、初めてではないかと思います。しなの号は振り子式車両と... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 30 / トラックバック 1 / コメント 6

2010/05/23 06:27
【9】 初めて発行した切符
 RAILWAYS試写会に行ったことは前回記しました。 主人公は東京にある大手企業の取締役ポストを目前にしたエリート社員でリストラも担当していました。島根で一人暮らしの母が倒れ、時を同じくして、同期で親友の工場長(主人公がまかせられたリストラでその工場は閉鎖された)が交通事故で死亡するといった事実に出会ったことをきっかけに会社を49歳で退職し、子供のころ夢だった故郷島根の一畑電鉄の運転士になるのでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/05/21 06:14
【7】 臨時列車
 私の所属していた職場では、専務車掌になると臨時列車も乗務することになっていました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 9 / トラックバック 1 / コメント 4

2010/05/17 05:43
【6】 特急列車・急行列車
普通列車の車掌を約3年務めたあと、同じ職場で「専務車掌(客扱)」の職名になりました。 車掌の延長線上にある職務で、特急・急行列車にも乗務することになりました。長距離列車の勤務が加わるわけで、乗務範囲も広がり、接する乗客のみなさんも通勤通学客や近距離の用務客とは異なり長距離を「旅行」する方々と接する機会が増えてきます。規則、駅名や線名、乗継駅をはじめ、これまで以上の知識が求められるものでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/15 07:48
【5】 普通列車 快速列車
 約1年半貨物列車に列車掛として乗務したあと、転勤があり旅客列車の車掌になりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/13 06:03
【4】 連休明けの時期
この時期は天気が変わりやすいですが、晴れると過ごしやすい気温で湿度もそれほど高くなく、特に信州などに行くと、残雪を頂いた山々と咲き誇る幾種類もの花々に彩られる時期です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/11 05:30
【3】 貨物列車
 荷物列車には約3年乗務し、その間に「列車掛」の養成課程の試験を受けました。列車掛とは車掌と検査掛を統合した国鉄の合理化による産物で、それまで貨車区の検査掛が行っていた貨物列車の始発時と途中駅での足回りを始めとする点検や故障時の応急修理を乗務員である車掌に行わせるという職種でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/05/09 06:40
【2】 荷物列車
私が国鉄で最初に就いた職種は「乗務掛(荷扱)」でした。荷物車に乗務して車内で荷物の仕訳作業をする仕事でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/07 19:56

トップへ | みんなの「乗務」ブログ

昭和の鉄道員ブログ 乗務のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる