昭和の鉄道員ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【789】 鉄分補給2017.4.23:名古屋車両区

<<   作成日時 : 2017/04/24 06:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 54 / トラックバック 0 / コメント 11

昨日4月23日、JR東海の名古屋車両区へ行ってきました。
JR東海のウォーキングイベントである「さわやかウォーキング」で、この日は名古屋駅スタートの「みんな集まれ 列車とバスの夢の共演ウォーキング!!」というコースが設定され、そのコース中に名古屋車両区が取り入れられたのでした。
画像
歩くことはたいへん好きな私ですが、人ごみは大嫌いなので、ふだんはこういうところには出没しないのですが、名古屋車両区に入れる機会など、こういう時でなければありませんから、【219】鉄分補給2011.11.13:美濃太田車両区で書いた「美濃太田駅開業90周年記念 みのかも文化の森と美濃太田車両区見学」以来5年半ぶりの「さわやかウォーキング」でした。

コースマップによれば、コース距離は約5.2q、所要時間約1時間30分とありましたから、そのつもりで午前中だけ時間が空いていたので出かけたところ、かなりの人出で、車両区前の近鉄の踏切待ちのために公道上で長蛇の列に巻き込まれてしまいました。
それをクリアすると、検修庫に展示された車両群が出迎えてくれました。
画像

現在の主役たちが並ぶ姿は壮観です。この検修庫は、かつては蒸機が出入りしたものです。現地には名古屋車両区の沿革が掲示されており、この場所に移転した昭和10年に竣工した建物であるとのことです。屋根には蒸機時代の煙突があった跡が残っているそうですが、庫内は公開されていませんでした。

この名古屋車両区では、現役の転車台があります。この日はキハ85を転車台に載せて回転させる実演が行われました。車両区敷地内はもちろん、すぐ南に架かる黄金陸橋上にも人だかリができました。
画像

この転車台も昭和10年の竣工らしいですが、桁は昭和5年川崎車輌製とのことでした。
画像
このほかにもレール溶接作業の実演や子供向けに制服着用撮影会なども開催されていましたが、私がぜひ見ておきたいと思っていたものが別にありました。
それは、この建物でした。
画像
いつもは裏側の道路から近鉄の線路越しか、やや離れた関西本線やあおなみ線の車窓から遠目にしか見ることができないこの建物。私が列車掛をしていた1980年の(55.10)ダイヤ改正まで仮眠のために利用したことがある宿泊施設でした。この日は、入口に関係者以外立入禁止と掲示されていましたので、もちろん入館はできませんでした。状況から察するに、乗務員の宿泊に使われていないのは確かでしたが、この玄関先に立つのは37年ぶりでした。

ここを利用したのは、名古屋発笹島行というわずか1.3qに設定された新聞輸送列車に乗務した後でした。その列車のことは【332】 思い出の乗務列車13:新聞輸送貨物列車271列車で、以前に書いていますが、笹島着が深夜0時49分で、乗務終了後は近鉄と東海道本線の旅客列車に便乗して稲沢まで戻って勤務終了という行路でした。そんな遅い時刻に近鉄も東海道本線も終列車は出た後でしたから、朝の一番列車までの仮眠場所がここなのでした。事実上の乗務は終わっており、帰区するための便乗待ちに過ぎないので、これほど気楽なことはありませんでした。ちなみにそのころの東海道本線の下り一番の普通列車は東京発大垣行でした。事前に車掌区の助役に、「ゆっくり寝てきます」と一言伝えておけば、もっとゆっくり寝ていても全く問題がない行路でしたので、起こし番の人に起こさないでくれと言っておいて、自然に目覚めてから帰区しようとしたことがありましたが、すぐそばに近鉄名古屋線が走っているので、うるさくて遅くまでは寝ていられませんでした。
画像

車両区内には神社がありました。大金輪神社と成田不動尊で、両方とも戦前から祀られているらしいです。安全を祈願するのは、昔から交通機関従事者としての自然な気持ちだったことでしょう。鉄道の現場は昔から3K職場でした。危険に晒され殉職者も多数出ています。神仏に祈り、安全な職場環境を求めて違法承知でストライキに訴えなければならなかった戦後の国鉄の魂ががそこに眠っているような気もします。すぐそばでは記念スタンプだかのために大行列ができていましたが、神社に参る人はなく、立入禁止なのかとさえ思ったほど境内?は閑散としていたのですが、行列の整理をしておられた社員の方に尋ねると、入っても構わないとのことでしたので、お参りしてきました。社員の方の手作りと思われる金属製の小さな賽銭箱もありましたので、お賽銭も入れてきました。
今は鉄道だけでなく危険な職種には、安全管理が行き届いているように見えます。しかし長時間労働などに対してモノ言うことができない労働者が置かれた環境は精神的な面で厳しくなっているのは明らかで、そうかといって、あのころの国鉄の労働争議は前時代的であったながらも、そういう方法を取らざるをえなかった厳しい職場環境があったことを理解する人は少ないのです。それは百姓一揆のように遠い過去の伝説になりつつあると思います。どうして命がけでの一揆を企てたものか、その経過や背景は教科書での学習で理解することが可能ですが、表面的な知識にすぎません。危機的状況下に置かれた者たちの真の苦悩は決してそこから得られるものではないでしょう。そして、似たような歪みが私たちには蓄積されていきつつあります。私が国鉄退職時に勤務していた場所は、今はまったく当時の面影がありませんが、名古屋車両区は、車両を除けば大都市中心部にほど近い場所にもかかわらず、国鉄が色濃く残った場所としてよくぞ残ったものと改めて思いました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 54
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
ワフ乗務の貨物列車でしたね。大垣夜行便乗の朝方の「継送」までは近鉄でしたか。以前、名古屋の市営バスが組み入れられた行路でバス回数券の画像を拝見したことがありましたが。
懐かしい仮眠の建物が残っていたのですね。踏切のことを書かれていて思い出しましたが、車窓ではこの付近のJR←国鉄と近鉄のそれぞれの敷地か素人目には判然としないところという印象です。
最近は鉄道会社の操車場一般公開が増えてきているようですが、まだ参加したことはありません。こういった敷地は子供のときに地元市電の車庫に入ったことがあるぐらいで、父親に連れられて用地に入っも、お咎めのない時代でした。
NAO
2017/04/24 07:13
NAO様 こんにちは。
ここに泊まったころの私は、大垣発東京行に本務で乗務することになろうとは思ってなかったです。自らが仕事で利用したり勤務した施設や建物には、愛憎が交錯します。それは鉄道に限らず、転職後にいくつか回った営業所や取引先もまた同様で、その施設にかかわっていたころの自分を想います。自分が住んだ家や故郷に次いで生活の一部となっていた場所ですから当然と言えば当然で、世界遺産でなく個人遺産とでもいえましょうか。意識的にそうした場所に出向くことは以前からよくあります。しかし、この車両区内の建物は近鉄線で遮られているので、これまで来ることができませんでした。このあたりは国鉄用地の西側に沿って近鉄が走り、それがバリケード代わりになっているみたいですね。
しなの7号
2017/04/24 07:50
しなの7号様、こんばんは。
うわ!このイベント参加したかったわ〜
仕事だったもんで、事前に情報を知っていたとしても(仮病使わない限り)無理でしたが(´・ω・`)
戦前製の検修庫、転車台が未だに現役なのも嬉しいですね。
かつて業務に携わった場所に立ち寄ると、その当時を想いますね。良きも悪きもですが想う事により『今の仕事頑張らなアカンなぁ』って気持ちになります。今の職場、現場のメンバー間に関しては特に問題ありませんが…現場を知らぬ幹部に腹立たしさを感じてきました。現場を見ずに否定の連発、俺の考え以外は受け入れないといった態度、何処の職場でも多かれ少なかれある事でしょうが、他にも『○○さんは休みでも会社に出てきてるぞ』『お前らの休みは俺には関係ないんじゃ』休日出勤の強要とも捉えられる幹部の発言を最近耳にします。人の上に立つ者としてあるまじき発言、アホか!何考えとんねん!っておもいます。

今日は温泉旅で信州に来ています。中央本線、篠ノ井線、長野電鉄からの車窓は風光明媚、素敵です。南木曽以北は沿線の桜も咲き誇り、車内からの『花見』も満喫できました。しかし先日しなの7号様から教えて頂いた奈良井駅の桜は散ってしまっており、残念でした…

はやたま速玉早玉
2017/04/24 21:31
こんばんは。
名古屋車両区でニアミスしていたようですね。
貴重な機会だと思いウォーキングともども参加してきました。
敷地内の神社も、どうしてこんなところに神社が
あるんだろうと思いながらチラリとは見ましたが、
参拝まではしませんでした。

それにしてもものすごい人でしたね。晴天に恵まれたので
主催者側としても良かったのでしょうけど。
とうかいしれい
2017/04/24 21:36

もしかして、奈良井駅の桜はこれからが満開でしょうか?
はやたま速玉早玉
2017/04/24 21:46
はやたま速玉早玉様 こんにちは。
子供から高齢者まで参加できる、たいへんよい催しだったと思いました。また機会がありましたらご参加ください。
多くの人が会社の経営方針に何も言えずにしがみついいていなければならない世ですね。モノ言えぬ中小企業の労働者に代わって闘った戦後の国鉄労働者。昭和40年代あたりからは経済高度成長で民間の待遇がよくなると、国鉄は違法ストをして怪しからんなどと国民から支持されなくなり、ついには国鉄悪玉キャンペーン。結果は声を上げることができる組織は分割解体。ここへきて働き方改革が叫ばれるような社会問題になりました。実効性が上がればいいですが、真の労働者の声はホントに届いているのかは疑問です。
奈良井あたりの桜は、南木曽あたりより1週間は遅いものですから、見ごろはこれからだろうと思います。
しなの7号
2017/04/25 08:40
とうかいしれい様 こんにちは。
お疲れさまでした。転車台実演は11時のを見ました。本来の展示物以外のモノに興味を示す者も私くらいでしょう。昼過ぎには帰る必要があったのに、コース中の街中に3か所あった神社にも行列して全部参拝し、最後は近鉄の踏切を渡る手前の行列で時間を費やしてしまいましたので、そのあとのコースはリタイアしました。天気に恵まれ何よりでした。
しなの7号
2017/04/25 08:41
しなの7号様、こんばんは。
超ニアミスでしたようで。
転車台は私も11時の回のを見ました。
その前には10:15のレール溶接実演を見てました。
レール溶接→転車台→車庫に並んだ車両の写真撮影と
いう順に楽しんで、名古屋車両区を後にしました。

ちなみにゴールの小本駅でのゴール受付も大行列。
JR東海バス名古屋支店から駅まで列が連なってまして…
コースマップでは400m!
とうかいしれい
2017/04/25 20:55
とうかいしれい様 こんにちは。
そうでしたか。10:30の転車台実演に間に合うつもりで出かけましたが、踏切待ちでアウト。入場時には転車台実演は始まっていて、寄り付けそうもなかったのですが、ギャラリーがそちらに移動しているあいだに検修庫の車両展示のほうから見学し、転車台のほうへ移動しました。
主催者側には、参加者のみならず、街中でのウォーキングイベントだと沿道の一般市民からの苦情がつきものかと思いますが、社員や関連会社を動員してこうした催しをされたことには敬意と感謝!今後の展開に期待したいものです。
しなの7号
2017/04/26 07:02
こんばんは。
以前の勤務先や仕事で関係していた場所は気になるものですね。
私は新幹線で静岡を通過する際、☆★な建物が見えると懐かしくなり、そのころのことを思い出します。宮仕えですから、つらいこともたくさんあったはずですが。。
ひさびさホビーショーに出かけて見ましたが、知らない社員さんがたくさんになっていて、ときの流れを感じました。

転車台が近いので、家の窓からも近年までキハ181の方向転換が見えていましたが、189系になってからは見たことがありません・・・
やくも3号
2017/04/26 18:41
やくも3号様 こんばんは。
自分の場合、国鉄以外にも勤務した建物は今でも結構残っていますが、まったく違う用途に改築されたり転用されたりしているところがほとんどです。それでも見ればいろいろ思います。

名古屋車両区へは帽子を深くかぶってマスクして、そりゃ不審者だわという格好で行きましたが、幸いというのか、あいにくというのかわかりませんが、会いたい人にも会いたくない人にも会いませんでした(^◇^) 

うちの窓から見える範囲に鉄分はありません。ときどき道路をJRFコンテナを積んだトラックが走っていくくらいですわ。
まあ、このへんでは銀色にオレンジラインのやつしか見れないですからどうでもいいですが。
しなの7号
2017/04/26 20:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
【789】 鉄分補給2017.4.23:名古屋車両区 昭和の鉄道員ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる