昭和の鉄道員ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【802】 撮り鉄12か月…1987年6月「篠ノ井線のEF55」

<<   作成日時 : 2017/06/05 06:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 8

毎月1回第1月曜日に、その月に行った撮り鉄の話を、そしてその週の木曜日には、その月に行った乗り鉄の話をアップしています。 今回は30年前の1987年6月6〜7日にEF55が臨時運転された篠ノ井線に行ったときのことを振り返ってみます。
画像

30年前ということは、国鉄が分割民営化された年で、いつもの車掌仲間で出かけています。私は車掌の仕事から離れて2か月少々、仕事が変わったこと以外に転居もしたので、日々の生活が大きく変わった時期でした。こういう催しに誘っていただき、大いに気分転換になった2日間でした。このEF55は、その前年(1986年)に国鉄で車籍が復活したばかりで、それを引き継いだ新生JRにしても、こうしてEF55を各地で運転することで、従来のわるい国鉄のイメージを払拭して民営化されたことによるイメージアップをはかるとともに増収を企図したものだったのでしょう。
第一日目(6月6日)は塩尻〜広丘間で撮影
先頭字幕が「回送」となっていたので、団臨関係の回送列車だと思われます。JR西日本167系の12両編成↓
画像

本命のEF55ファミリー号 9533列車↑

19M あずさ19号↓
画像

2523M 快速かもしか3号↑
飯田発と茅野発の4両ずつを岡谷で併結した快速長野行。松本から急行になります。

この2日間に、EF55は長野を起点にして塩尻と黒姫とを1日に各1往復しました。
編成は「EF55+旧形客車5両+EF64」で、流線形のEF55を常に先頭にするため、上りで塩尻到着後は編成をそのまま洗馬へ回送し、折り返しEF64を先頭にして、塩尻(大門)へ回送することで、折り返す下り列車の編成の向きを変えています。
下り列車が黒姫に到着するころは夕刻で、長野までの折返しは回送列車となっていました。そのころ黒姫の転車台を使用できたのか、それともEF64が先頭のままで長野に戻ってきた転車台に乗ったのかは不明です。

第二日目(6月7日)は、まず聖高原〜坂北間に行きました。
EF55ファミリー号 9532列車↓
画像

続いてやってきたのは高崎の「やすらぎ」臨客↑
このころは、団体列車も多数運転されていました。

このあと、EF55の折り返し列車まで時間があったので、篠ノ井線の明科〜西条間にあったスイッチバック式の潮沢信号場に行ってみました。
画像
バックして待避線に入っていくのは189系電車で、このころ長モト183系に混じって長ナノ189系が「あずさ」運用に用いられていた関係で、定期で長野〜松本間に運転されていた回送列車です。ここを訪れた翌年(1988年)に、明科〜西条間のほぼすべてが新ルートに切り替わったのに伴って、旧ルート上にあった潮沢信号場は廃止されました。

EF55ファミリー号 9533列車↓
画像

EF55は、その後はJR東日本のイベント用機関車として活躍し、展示されているのを見たことも何度かありますが、2009年にさよなら運転が行われ、2015年からは鉄道博物館で展示されているとのことです。私が鉄道博物館へ行ったときには、まだ展示されていなかったので、改めて鉄道博物館へ行ってみたいと思っています。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんにちは、しなの7号様。
国鉄時代EF55が復活した時は本当に驚いたものでした。
モハ52やC53・55の他の流線形車両と違い、軸配置も専用で運用上も方向転換が必要など面倒な車両だったはずです。
早々に廃車されて30年間機関区の片隅で過ごしていたわけであまりかっこいいとは思いませんが、個人的には同時に本線走行に抜擢された3軸ボギー車のスエ78のほうが気になりました。「救援車」の性質上ほとんど留置状態からの復活でしたから。いつの間にか廃車解体されたのは残念です。
この頃「国鉄ショック」で鉄道趣味から遠ざかっていたのは
思い返すともったいない気がしますが、ベタベタと貼られたJRマーク付の車両には写欲が失せたというのが本音です。
平成生まれの若い子には「鉄道のいい時代を生きてこられたのですね、羨ましい」なんて言われる齢になってしまいました。
篠ノ井線の潮沢信号場、なくなってしまったのですね。
中央東線旧ルートにあった東塩尻信号場を訪れたことがありますが、急行編成の165系が全扉開扉でホームは1両分ほどしかなく飛び降りた記憶があります。
門鉄局
2017/06/05 09:25
門鉄局様 こんにちは。
国鉄末期には、ほんとうに意外なことが起こりましたが、このEF55の車籍復活もその一つでした。この運転ではスエ78は連結されませんでしたが貴重な3軸ボギーの戦災復旧車。走行は無理としても解体は惜しいことをしました。2000年に吾妻線に乗りに行ったとき、線内のどこかの駅に疎開留置されているのを1度だけ見ましたが、塗装が大きくめくれて錆びた鉄板がむき出しになっていました。もうそのころの私は一眼レフを持ち歩くことがほとんどなくなっており、小型のコンパクトカメラを愛用し、写真は乗りに行った先で撮るだけになっていました。
東塩尻停車列車、私が乗ったのは115系でしたので半自動扱でした。
しなの7号
2017/06/05 10:42
しなの7号様、こんにちは。
子供の頃写真で見て『カッコ悪っ』と思ったEF55、今回改めて画像を拝見させて頂きましたが、お世辞にもカッコいいとは言えないです…
個人的に流線型、ボンネット型はどうも苦手です。キハ81もちょっと…
(設計者様、申し訳ございません)

と言いながら矛盾しますが、EF64に押してもらいながら旧客牽引するEF55の姿は、篠ノ井線の美しい風景に溶け込み、絵になりますね。カッコ悪いだの苦手だの言いましたが、この場面に遭遇したら迷わずにカメラを向けるでしょう。

廃線と化した篠ノ井線旧線跡は、遊歩道として整備されているそうです。潮沢信号場跡などを訪問する歩き旅も楽しそうです。
はやたま速玉早玉
2017/06/06 13:25
はやたま速玉早玉様 こんにちは。
EF55の個性的なスタイルに対しての印象は、私も同意です。そして今の新幹線車両にも同じことを感じます。あえて言うならば空気抵抗を減らすための機能美?なのでしょうか。しかし151系電車のボンネットは私はたいへん気に入っていまして、これぞ国鉄!って思います。
廃線跡探訪も私は好きですが、ここにはまだ行ってません。このほかにも中央東西線とも随所に旧ルートの廃線跡があるんですよ。
しなの7号
2017/06/06 15:31
こんばんは。この時の撮影は、私も近隣に行っております。ただ、珍しく家族と一緒に行きましたので、未だにこの1日が語り草になっております。「一瞬の撮影のために、何も無いところで長時間待たされた。」と・・・それからというものの鉄道撮影には付いて来なくなりました(笑)。鉄っちゃんから見た当日の印象は、「門鉄局さま」や「はやたま速玉早玉さま」のご投稿のとおりであります。EF55は、お世辞にも格好いいとは言えないと思うのも同様です。そしてそのずっと後の出来事になりますが、飯田線でED62が旧型客車を牽いたイベントにも私は出かけました。しかしそれこそ取って付けたような冴えない感じで、よほど「ムーミン」の方が良かったと思った次第です。機関車としてはED62の方が好きなのではありますがネ。
北恵那デ2
2017/06/07 21:40
北恵那デ2様 こんにちは。
このときは、引っ越しでお世話になってから1か月も経ってないころです。引越しではお世話になりありがとうございました。まだ家の中が落ち着いていなかっただろうに、こうして家族をほったらかして撮影に出かけたのも、誘ってくれる方があって、気分転換もしたいという状況だったのだろうなと思います。
概ね私どもの年代ではEF55に対しての評価は似たもののようですね。機関車と客貨車に調和というものがあるとすれば、ED62に旧形客車の取り合わせは「木に竹を接ぐ」ということわざがピッタリでしょう。私はそのころには飯田線に撮影に行かなくなり、一瞬の通過を待って画像や映像に残すことに力を注がなくなってしまいました。ただし、撮影した同じ場所に立ってみたいと思うことは、ものすごく多いです。鉄道博物館で再度EF55を見たいと思うのも、EF55を撮影していたあのころの自分に会いに行きたいというのがホントのところかもしれません。EF55が最後に行きついた場所、自分が行きついた今の場所。あのころは想像できませんでした。
しなの7号
2017/06/08 09:28
こんにちは。
このころは鉄分がイマイチ無かったときで、大袈裟な書き方ですが分割民営化後の鉄道と趣味の世界でどのように付き合っていくか様子見のときでした。各社しっかり「営業」されていたのですね。
EF55は写真の世界ですが、蒸機のように片側流線形で方向転換が必要なのは電機のメリットが半減どころか大半減のように思えてしまいます。
国鉄車両を塗り替えて座席を交換する等、試行錯誤が続いているなあと思ったのですが、景色のいい飯田線内「かもしか」車販で買った幕の内弁当が美味しくて、「踊り子」のマネごとのような169系、いっぺんで好きになりました。こんなんで車両の好き嫌いをしてはいけませんね。
NAO
2017/06/08 12:25
NAO様 こんにちは。
このころは、私も仕事が変わったこともあり、鉄道との付き合い方も大きく変わった時期です。この翌年から乗るための旅を始めています。
EF55の使い勝手の悪さは素人にも伝わってきますが、このような変わり者であったがゆえに残されて復元されたわけで、怪我の功名であったとも言えるのではないでしょうか。
国鉄末期に「天竜」から「かもしか」に発展した長野県域直通列車がそれ以上の発展を見ることなく、211系に落ち着いてしまったのは寂しいです。飯田線の線形の悪さが最大のネックであり原因なのでしょうが、長野県内の国鉄が「JR3社」に分割され営業施策が取りにくいことは遠因とは言えないでしょうか。
しなの7号
2017/06/08 13:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
【802】 撮り鉄12か月…1987年6月「篠ノ井線のEF55」 昭和の鉄道員ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる