昭和の鉄道員ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【827】 乗り鉄12か月…1990年9月 東羽衣と和田岬

<<   作成日時 : 2017/09/07 06:40   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 18

1990年は、国鉄から転職して3年目の年にあたる。現場ではなんとか仕事も一人前に任されるようになって、気持ちにもゆとりが出てきたころであった。このころは毎シーズン青春18きっぷ(当時は1日(回)につき1枚の5枚セット)を買っては家族旅行で4枚使い、余った1枚を一人で使って日帰り乗りつぶし旅をしていたが、この夏には別に使うあてがあった。しかし先方の希望で予定が変更になり、結果的に青春18きっぷ1回分が余り、会社で誰かに売りつけようにも使用期間が9月10日まででは引き取り手もなく、有効期限ぎりぎりの9月9日の日曜日、近畿圏の枝線未乗線区の乗りつぶしに出かけた。
画像
画像

主要な目的地は山陽本線の支線、通称「和田岬線」で、この年10月には専用車両オハ64・オハフ64が気動車化されることになっていたので、この旧形客車に乗車することにした。しかしこの「和田岬線」は、休日には朝夕の2往復しか運転されていない。朝の1往復は7時台で、名古屋から青春18きっぷで出かけていては間に合わないから、夕方の兵庫16:57発の和田岬行に乗って1往復するしか選択肢がなかった。夕方まで時間があるので、この当時未乗区間であった関西本線の平野〜湊町間、阪和線の支線「東羽衣線」に乗ることにした。それだけでは時間が余るので、既乗区間ではあるが、乗車年月日が特定できない桜島線にも乗って、この日を正式な乗車日とした。

名古屋から湊町へ行くのには、やはり関西本線経由がよい。たまたま前月に珍しくも仕事で奈良へ出張する機会があり、2か月連続の関西本線であったが、仕事の時は往復とも急行「かすが」であった。「かすが」はキハ75が導入される前で、2人掛座席に改造されたJR東海のキハ58とキハ65の2両編成で快適であった。今回は普通列車の旅なのだが、亀山から加茂まではJR西日本キハ28とキハ58のワンマン仕様車であった。普通列車でワンマンとは言ってもクロスシート車で座席数も多くて名古屋から関西方面へは関西本線も積極的に利用してもよいと思っていたが、今のように急行はなくなり普通列車はキハ120になると、そういう気も失せてしまいがちになる。

加茂から先は221系に乗れた。国鉄就職直後、乗務で百済まで来ていたが平野から先、湊町までがこの日が初めての乗車だった。前年に旧駅から移転したばかりだった湊町駅は、たくさんの線路がめくられていて広い空き地のようになっていた。ここから天王寺に戻って、阪和線で堺市で下車。
画像
南海本線の堺駅まで歩く。湊町にしても四日市にしても旧国鉄駅と私鉄駅の間には、その繁栄ぶりに極端な差があるとかねてから思っていたので、両駅の立地などを見比べるのも面白かろうということと、阪和線でそのまま鳳から東羽衣を往復するのではなく経路を変えたかったことにもよる。堺駅から羽衣まで南海電鉄に初めて乗った。
画像

南海の羽衣駅とJRの東羽衣まではすぐで、そこから鳳まで通称「羽衣支線」に乗った。
画像
ブルーのクモハ123は荷物電車クモニ143からの改造車で、のちに宇野線に転出し宇野駅で再会している。現在は宇部線・小野田線用として在籍しているらしいから、もう一度会ってみたい。本来の荷物輸送として使用されたのはわずか数年でありながら、製造後35年も生き延びて、不本意なことなのか幸運というべきか。
このあと阪和線で天王寺、大阪環状線で西九条、桜島線をたぶん14年ぶりに1往復した。もちろんUSJはまだない。

大阪から東海道本線〜山陽本線で「和田岬線」の起点兵庫まで行き、16時57分発この日の終列車に乗った。
画像
うわさに聞いていた座席が十数人分だけしかないタダの箱のようなオハ64とオハフ64に初めて出会う。
画像
最後部にはまともなスハフ42が1両連結されていた。まるで遊園地の豆汽車に乗る感覚で1往復したが、旧形客車にはずっとご無沙汰していたから、いちばん感動したのは旧形客車のA制御弁の作動音で、ブレーキ緩解でエアが抜ける音は最高であった。機関車はDE10で、客車を挟むようにDE10が前後に1両ずつ連結されると聞いていたが、この列車は機関車1両だけで運転されていた。
画像
画像


帰路は東海道本線の新快速と普通列車を乗り継いで帰ったが、思いがけず、大阪で国際花と緑の博覧会開催中だったため、米原から岐阜まで165系による多客対応の臨時列車が運転されていたので、それを利用した。

この日乗車済となった未乗区間
関西本線 平野〜湊町 7.4q
阪和線  鳳〜東羽衣 1.7q
山陽本線 兵庫〜和田岬 2.7q
※このほか、既乗の桜島線(西九条〜桜島間)と大阪環状線西側(新今宮〜大阪間)を初乗り確定日とした。 





●それでは、また来月

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
 しなの7号様、こんにちは。
関西本線の亀山ー加茂間の凋落ぶりには悲しくなります。急行もなくなって、オールロングシートのキハ120では乗りに行きたくなりません。車窓が良く「乗り鉄」を楽しめる区間なのですが、紀勢本線同様利用者を無視したような姿勢に疑問を感じます。国鉄時代は散々批判してきたマスコミやネット上でやたらJRを援護する意見が書かれていますが、言われなくても乗りません。延々ロングシートで飲み食いできない鉄道旅行なら他の交通手段を選びます。
東羽衣線も和田岬線も通称で本来は阪和線と山陽本線の支線ですね。実は関西に住みながらまだ東羽衣線には乗ったことがないのです。クモニ改造クモハは転籍しながら今でも活躍していて車両としては寿命を全うできると思いますが、郵政省所有のクモユやオユ・スユなどは用途廃止即廃車でかわいそうでなりません。
和田岬線は就職した頃近くの独身寮に住んでいて、ある日曜日思い立って夕方の兵庫行きに乗りに行ったことがあります。がらんどうのオハ64の車内を見た後、最後部のスハフ42のボックスシートに陣取りましたが乗客は皆無、これが私の旧型客車との別れになりました。
門鉄局
2017/09/07 14:13
★和田岬線、羽衣支線ともに、
乗車したことがあります。
関西地区の「枝線」「盲腸線」を乗りつぶす。
そんな、友人の企画に同行しました。
このほか、湊町、片町も訪問しましたね。
大阪弥生会館をベースに、
ウロウロした、良い思い出です。
写真、懐かしいです。
南海の羽衣の他、阪堺電車、
そして、会社名は忘れてしまいましたが、
たしか「今池」という駅名のある、
短い区間の路線も、乗車した記憶があります。
(記憶違いかも)
いずれにしても、懐かしい限りです。
★乗り物酔いした元車掌
2017/09/07 19:18
門鉄局様 こんばんは。
関西本線は私が国鉄に就職したころから、悪く言えば時代遅れ、別の観点から見れば往年の国鉄が遺された魅力的な線区でしたが、民営化後も発展する兆しは見られませんね。ここにはフラッと乗りに行って楽しめる鉄道車両が欲しいなあと思います。

車両の一生は人の一生にも似たものがありますね。運命に身を委ねるしかないですが、あまりにも短命な車両には怨念がこめられていそうです。特に地味な荷物郵便関係の車両は人知れず散っていったようなところがありますし…

私も和田岬が最後の旧客乗車になりました。できれば何往復してもよかったくらいです。旧形客車は快適な乗り物とはお世辞にも言えませんでしたが、どうしてこれほど気になる存在なのでしょうか。
関西本線には旧客が最高に似合うと思いますが、それは自分の思い出に直結しているからに違いありません。

しなの7号
2017/09/07 19:50
乗り物酔いした元車掌様
いつでも行けそうなので行かないのが近畿圏の鉄道です。大阪弥生会館には泊まったことがありません。大阪車掌区から近かったですが、レストランも高いぞと言われていたので、乗務の時は手前の大阪クラブで夕食を食べてました。
しなの7号
2017/09/07 19:52
しなの7号様、こんばんは。

羽衣支線のあたり、南海にも支線があり阪堺電車や浜寺公園の遊覧鉄道?など乗って回ったことがあります。
クモハ123は宇野線のクモハ84(こちらは63の血を引く荷電改・・吊り掛け音が良かった)といつの間にか入れ代わり、岡山のイメージがあります。
そういえば、種車のうちクモニ143-6,7,8は昭和57年の伯備電化の時、岡山電車区に新製配置された車でした。

A動作弁の音、確かにいいですね。
特に長い停車時間の後、発車1分前くらいになって込めた時、ブレーキシリンダからエアが抜ける音がA動作弁から何回か聞こえてくると、シリンダが引っ込む音・・
やや置いて、自連の遊間ができて客車はゴトリと後退り。
(もしプッシュプルだったら、このゴトリ、がないですね)
あの感覚は、いよいよ発車する期待感でゾクゾクします。

和田岬では、休日ダイヤの時は時間があったので機回ししたのでしょう。ホームから横の道に出るミニ改札口がいくつも並んでいた光景が思い出されます。
今では自動改札が兵庫駅の和田岬線ホーム入り口にあって和田岬は改札口のない無人駅で、廃線の話も取り沙汰されます。


3RT生
2017/09/07 22:04
こんばんは。
東羽衣支線、一度だけ乗ったことがありました。
東羽衣駅近くにあった模型店をしたときでした。
その時は103系でしたね。
クモニ143、床下の電気配線をやりました。
そうですか、まだ生きてますか・・ありがたいことです。
おなじころに造ったスユ15は可哀想でしたね。
一度も全検入場してないのでは・・?
和田岬線は乗ってません。
旧客時代に撮影しただけです。
沿線にあるライバル会社?を偵察?したりしました(笑)
乗っておくべきでしたね。
つだ・なおき
2017/09/07 23:18
しなの7号様、こんばんは。
関西本線柘植-木津間は43年前に急行「かすが」に乗って以来です。やって来たのは58系、たった2両編成でデッキに立ったのですが、次の伊賀上野でかなりの降車があって座れ、ヘンな意味で拍子抜けでした。湊町まで行っていた「かずが」が奈良止まりになった半年後のことでした。
湊町も高校生になって初めて乗り鉄で行きましたが、まさか営業マンになってから地下鉄日本橋から繋がっている地下通路を伝ってイヤほどJR難波付近にセールスに行くなんて思ってもみませんでした。
堺の町も営業で歩きに歩いたのですが、南海堺、堺東駅ばかりの利用、JR堺市駅での乗降はありません。
私が和田岬線に乗ったときは平日だったので、夕刻の「始発」列車で往復、機関車はDD13でしたが、同じように単機牽引でした。夕刻一番の上りですが、結構乗車率が高く、気兼ねするのか増設の両開き中間扉を開けて乗車される人はほとんど居られず、みんな開け放しの両端扉を利用されていました。有人の和田岬駅は昼間は何してんだ、なんて思っていましたが、その後しばらくしてからこの駅が紹介されるテレビ番組があり、付近の工場の方々が出張や帰省の指定券を買い求めに来られて硬券の指定券の発行に忙しそうなシ−ンが写っていました。JR化後も和田岬駅発行の三ノ宮→東京「あさかぜ」特急・B寝台券の硬券が残っていたのを何かの雑誌で見たことがあります。
NAO
2017/09/08 03:58
3RT生様 こんにちは。
その後、私は南海時代の貴志川線に乗っただけで、南海に乗る機会がないままになっています。

国鉄在職中にクモニ143が乗務編成に連結された例はありましたが、クモニ83との付き合いのほうが多かったです。クモニ83単行で高加速!の吊掛サウンドを運転室で味わうことができる唯一の仕事が名古屋〜熱田の往復でした。
【231】乗務した車両:クモニ83
http://shinano7gou.at.webry.info/201112/article_8.html

客車の検査に従事したことがないのですが、教育機関でA弁の構造はちょっとだけ習ったことがあります。旧形客車で旅した方にはわかる音ですね。汽笛とか駆動音に隠れがちですが、ブレーキ装置が出す音も時代とともに新型に変わり変化していくものです。A弁で非常制動がかかるtきのエア音は凄かったですよ。

「和田岬線」は過疎地域の路線ではないので、この先どのような方向に行くのか注目されますね。
しなの7号
2017/09/08 11:03
つだ・なおき様 こんにちは。
「東羽衣線」にはクモハ123にクハ103を増結した編成があったようですが、自分はそういう変な編成が好きだったりしますが、ここのクモハ123はそれだけでも十分に変でした。自分が国鉄に就職したころ以降に新製された国鉄車両には、本来の役目に就いた期間の短さもさることながら、そのあとの運命が大きく分かれていて、日本が国鉄改革に突っ走った短い期間の急激な変化による歪みの一角が露出した部分として捉えています。そういう生き証人がまだ現役で動いていると、仲間のような気がして親近感がわいてきます。
「和田岬線」からちらっと見える車両製造会社の構内は気になるスポットですね。
しなの7号
2017/09/08 11:04
NAO様 こんにちは。
私が関西本線柘植以西に初めて乗ったのが44年前で、そのとき降りたのが伊賀上野でした。今は名古屋から伊賀上野までは約2時間に1本運行されるバスが便利で、鉄道利用者は少ないと思われます。
関西本線の亀山〜木津間は、就職した後も通票閉そく式のままでした。百済への往復では各駅に駅員がいて、ホームには庭園が造られて、乗客にも駅員にも双方に豊かな時間が流れていたように思います。
大阪南部には百済以外にはまったく用がなく、こういう機会でもないと、難波や堺に行く機会はありませんでしたし、以後、和歌山方面に行くにも常にJR線を利用しましたから、南海・近鉄各線には、その気にならない限り今後も乗ることはないだろうと思います。
この日の「和田岬線」は、同業者ばかりが目立ちました。折り返し時間にすることもなく、私にしては珍しく窓口にできていた行列に参加して入場券を買いました。
しなの7号
2017/09/08 11:04
しなの7号様、こんばんは。
南海は和歌山市に行く際に『何回か』利用しました。
自宅からですと淀屋橋、難波と『何回も』乗り換えを余儀なくされ、すんなり行こうとするとかなり『難解な』問題でもあります。
急行南海きのくに、時刻表上でも紀勢本線上でも、異彩を放っていましたね。

荷電改造クモハ123は貴重な存在、乗りに小野田に行きたいですね〜。
確か昔は中央東線(辰野経由の旧線)でも活躍していたような?

和田岬線、大好きな旧客でしたが、オハ64はちょっと…
ってな事で、未だに未乗です。
羽衣支線も未乗ですが。 

先日、青春18使用で春日井へ行き、ネピア号の活躍、じっくり拝見致しました。さすがに緩急車は最後尾に居ませんが、貨物のある駅の風景は国鉄時代を彷彿させるものがあり、良いものです。
午後は中津川へ移動、プチ中山道歩きや栗きんとんを味わいました。
ネピア号に関して、いろいろとご教示頂き、誠に有難うございました。





はやたま速玉早玉
2017/09/10 23:23
はやたま速玉早玉様 こんにちは。
国鉄監修時刻表では、私鉄各社の時刻は申し訳程度しか出ていなかったので、南海も難解なままで乗ることがありませんでした。夜行「はやたま」の無名時代には、難波から直通する客車を和歌山市で併結していたようですね。

JR西日本には旧国鉄車が多く残る結果となりました。それぞれの車両には改造が施されて、これまで生き延びてきた歴史を無言のうちに語っていますが、クモハ123には特にそれを強く感じます。辰野線のクモハ123-1については、
「【234】乗務した車両:荷電クモニ143併結列車」
http://shinano7gou.at.webry.info/201201/article_2.html
で、ちょっと触れています。

和田岬線のオハ64は、各地に旧客があった時代にはわざわざ乗りたくなる列車とは言えなかったと思いますが、定期列車における最後の旧客になったのと、運転形態が話題を呼びました。「和田岬線」「東羽衣線」ともども、その気にならないと乗ることはない枝線ですね。このとき関西の枝線巡りをしたのに関西空港駅に立ち寄っていないのは、関西空港の開港が、この4年後だからです。

春日井貨物が運休でなくよかったです。中津川には酒蔵もあります。

しなの7号
2017/09/11 10:05
しなの7号様こんばんは
当時の関西本線湊町駅は行こうという意識がないと行けない駅です
私がはじめて訪れたときはまだ貨物取り扱いをしていた頃です
とても広い構内で頭端式のホームがターミナルらしくて素敵でした
人の気配がなかった印象です
わざわざマルスの無い窓口でまつかぜの指定券(切り離し式硬券)を求めましたが切り離す位置をまちがえた窓口氏により多く取られたのは別の話
疑問に思ったけど時間も無かったので後でがっかり

和田岬線
DE10も使われていたんですね
機回し必要なのですが休日で時間に余裕があるための機関車1両でしょうか?
私が訪問した時はDD13によるPPでした
一端のスハフは検査時の代用か?
このあたりの同じような線
和田岬線、高砂線、飾磨港線
飾磨港だけは乗れませんでした
ヒデヨシ
2017/09/12 20:38
ヒデヨシ様 こんにちは。
湊町駅は、この時以外には一度も行ったことがありません。急行「かすが」のような直通があればともかく、現状では今後も行きそうにありませんが、もし行けば、あれからまた大きく変貌して駅名だけでなく実質的に別の駅としての顔を見ることになるのでしょう。「まつかぜ」は帰省の時のオアソビですね。私は名古屋から飯田・塩尻経由で中津川まで帰ったことがあります。大垣始発の快速〜急行伊那があったことが動機になりました。

和田岬線で乗車した夕方の列車は、休日で和田岬折返し時間が27分もありました。朝と平日は、数分で折り返すので、機回しできそうもないダイヤですね。スハフ42のほかオハ46が使用されたこともあるようです。ご承知のように国鉄在職中には国鉄を利用して出歩くことがほとんどなかったので、わざわざ特定地方交通線に乗車したことはなく、乗り残した線区は多く、高砂線・飾磨港とも未乗ですが、飾磨港や尼崎港は列車本数が極端に少なかったですから、乗車するならそれなりの心構えが必要だったですね。
しなの7号
2017/09/13 12:10
しなの7号様、こんにちは。再コメント失礼致します。
和歌山市始発のDD13牽引4924列車が南海直通の名残のようですね。『はやたま』オハネフ12連結廃止と同時にこの列車も廃止、合理化に向けて前進しかし、ファンとしての面白味は反比例して低下していく時代でした。時刻表上でも、分割併合、ごちゃごちゃした紙面に心をくすぶらされたものでしたが…

【234】乗務した車内:荷電クモニ143併結列車拝見致しました。水色の飯田線出身が東海道本線上を走行していたのは初めて知りました。懐かしいと言うか逆に新鮮に感じます。ミニエコーのヘッドマーク?を掲げ辰野線を単行でコトコト行く姿は愛らしいですが、おっしゃる通り湘南色もしくはスカ色の方がお似合いですよね。

中津川、中山道沿いの造り酒屋さん、実は訪問しておりお酒も購入、夕食時にチビチビと嗜んでおります。中津川→美乃坂本間、中山道で1駅歩きをしたかったですが、時間の都合上断念しました。その代わりですが美乃坂本で途中下車、恵那山の眺望があまりにも良いのでホーム上で立ちすくみ眺めておりました。
はやたま速玉早玉
2017/09/15 10:55
はやたま速玉早玉様 こんばんは。
かつて南海は、国鉄スハ43に似たサハ4801という客車を国鉄直通用に所有していたそうです。ほかの私鉄でも、国鉄に乗り入れる列車が、あちこちにあったのですが、同じ規格でレールがつながることを再大限に活用していたそのころの列車や車両には、今の鉄道にはない魅力があったなあと思いますね。

数が減った国鉄車両はいつも話題を提供してくれますが、ついに大阪環状線の103系が来月3日(10月3日⇒103)に引退らしいです。現役のクモニ123も湘南色にすれば人気者になれると思うのですが、どうでしょ?

美乃坂本駅ご訪問ありがとうございます。名古屋から中央西線で2駅目の木造駅舎が残る駅です。国鉄を退職するまでの約25年間、この駅のユーザーでした。数年のうちにリニア中央新幹線の新駅開業で、ここも大きく変わるものと思います。けれど恵那山は変わることなく駅を見下ろすように聳えているはずです。
日本酒、今ごろの季節は夏に熟成した秋おろしの時期かな?と気にしつつ、先週久しぶりに中津川に行きましたが、恵那山は雲に隠れ、酒も買えず。買ってきたのは地の野菜数種類…でも健康的でしょ(^_-)-☆
しなの7号
2017/09/15 20:33
しなの7号様、こんばんは。
クモハ123の湘南色案、良いですねぇ〜(*^▽^)/♪
しかしJRがそんなニクい演出してくれますかね…
クモハ123自身も『俺を元の色に戻してくれよぉ、その方が似合っとんねん、頼むわ〜』なんて内心思っているのではないでしょうか。

しなの7号様も中津川行かれてたのですね。私は幸い好天に恵まれましたので、別の日だったのでしょう。確か加子母が野菜(トマト等…)の名産地ですね。旬の健康野菜をアテに秋おろしで一杯…なんてテンション上がりますね(σ≧▽≦)σ

あ、飲み過ぎ注意、健康的ではなくなりますから(笑)
はやたま速玉早玉
2017/09/17 21:58
はやたま速玉早玉様 こんにちは。
最近はキハ40系の国鉄時代にはなかった一般色や急行色が現れましたから、それらしければクモハ123湘南色も受け入れられるように思えます。それだけ国鉄標準色はよく練られた車体色だったということが言えるのではないでしょうか。

加子母トマトは有名になりましたね。家の近くでも買えますが、安物買いの我が家では買えません(*^^*)
先日の中津川行では安い野菜ばかり買ってきました。今の時期はカボチャですが、安くていいものを仕入れることができました。土日禁酒なので、本日はこれからチョットだけナメます
しなの7号
2017/09/18 17:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
【827】 乗り鉄12か月…1990年9月 東羽衣と和田岬 昭和の鉄道員ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる