昭和の鉄道員ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【830】 撮り鉄12か月…1982年11月「天竜峡の渓谷を走る飯田線旧形国電」

<<   作成日時 : 2017/11/06 06:40   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 10

国鉄で車掌をやっていた1982年。このころは勤務明けや休みの日には、実家から自家用車で峠道を越える日帰り山岳ドライブも兼ねて、よく飯田線に出かけていた。秋、天竜峡は紅葉で染まる。そのなかを走る列車の撮影をしたくて11月2日早朝に家を出た。
天竜峡以南の長野・静岡・愛知にまたがる県境地帯の列車本数は少なく、また人跡まれな谷底を走る飯田線には、秋の低い太陽光は届かず日陰になる時間帯が多い。

<天竜峡〜千代>1221M
木々の色付きはこれからといったところ。
画像


<天竜峡〜千代>604M 急行伊那4号
少ない列車を待つうちに、時は移ろいサイドに陽が当たらなくなってしまった。
画像



<金野〜唐笠>238M
この辺りはトンネルが連続する。トンネルとトンネルの間にある短い鉄橋へ一瞬現れる数少ない列車を一人待つ。
画像


金野駅は名勝「天竜峡」の峡谷にある小駅である。金野集落から駅までは2qほどもあり、駅に通じる唯一の道路は林道と大差ない。乗用車1台がやっとの狭い急な下り坂と地形まかせの急カーブが連続する。崖を削っただけの道で、見上げれば岩肌が露出し、道路の下は天竜川をはるか下に見下ろす深い谷間になっている。落石や崩土の恐れが付きまとうような道で、知っていなければ駅に続く道だとは誰もが信じないであろう。その道路は天竜川が蛇行して西へ半島状に突き出た山の斜面を右へぐるりと180度近く回りながら谷底にある金野駅に続く。

その途中から飯田線の列車を見下ろす。

<千代〜金野>253M
画像

金野駅には、小さな待合所があるプラットホーム1本だけがあり、もちろん駅員は配置されていない。天竜川と支流米川が合流するあたりにあって、駅前には簡素な自転車置き場があるだけで、民家は一軒もなく、四方は山の斜面に囲まれ、ひっそりとした空間にある。自然の中にいる爽快さを味わえる場所で、小鳥たちの声がするほか、風が吹くと木々がさわざわするが、ほかに何も音がしない。そんな中を谷間から電車が顔を出す。ジョイント音が近付き、ブレーキのきしむ音とともに列車が停まる。たいてい乗降客はなく、タイフォンの音が響くとツリカケ式独特のモーターの唸りが高鳴り、列車がトンネルに吸い込まれると、また静寂が訪れる。俗界から抜け出たような落ち着きが取り戻せる場所として、とてもお気に入りであった。

それから10年以上して「秘境駅」なる言葉が生まれ、今では「飯田線秘境駅号」という臨時列車まで運転されるようになった。そういうところに、臨時列車でドヤドヤと大勢で乗り込んで何が面白いのか理解できないが、当時の私のように、何もない駅に思いを寄せて、行ってみたいという人々が少なからずいることについては、よくわかる話である。

そういうわけで、お気に入りだった金野駅に、この年の11月には、もう1度行っている。

<千代〜金野>(2枚とも 2度目11月21日)1226M
画像
画像

2回目の訪問では、紅葉の盛りは過ぎていて、紅葉真っ盛りの時期を外したことになったが、静寂に包まれた時間と、その中に決められた時刻どおりにやってくる旧形国電は、そのころの私の心の癒しになっていた。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
しなの7号様 こんにちは。
さすがにこの構図は自家用車で出かけないと難しいですね。飯田線らしい山深さが表現できるすばらしいアングルです。
最近暖かいですが、今年も紅葉していますかね。JR東海カラー?の愛車でお出かけになってみてはいかがでしょう?
やくも3号
2017/11/06 15:41
やくも3号様 こんにちは。
意外と3枚目<金野〜唐笠>以外は駅からの徒歩圏内での撮影で、この撮影ポイントへ「行くだけ」なら、駅まですごい遠回り&ワインディングロードを走って自動車で行くよりも、鉄道のほうがラクだったりします。ただし飯田線のこの区間では列車本数が少ないのと、この季節に谷底の線路まで陽が入る時間帯に来る列車は限られるので、「撮影するため」には自動車を使わないととても困難でした。
そろそろこの付近の紅葉は盛りだと思われますが、撮影から35年経つと樹木が成長して、おそらく撮影できる状態ではないでしょう。
今乗っている自動車をJR東海仕様にするのはやめました(*^^*) そういえば、ちょうどそのころ、自家用車にキッチンテープの手作りでJNRマークをリアガラスに貼りつけていたので、飯田線の撮影場所で出会った同業者に「あ、さっき〇〇で撮られてた方ですね。車でわかりました」と言われたことがありました(*_*;
しなの7号
2017/11/06 17:53
しなの7号様 おはようございます。
静寂の独り占め、最高の贅沢です。
いまとなっては、人がいなくなった鉄路がどんどんなくなり
寂しい限りです。
またあの怖いくらいの静寂を味わってみたいです。
昔はよく、STBしてたな。
急行 陸中
2017/11/07 06:40
しなの7号様、こんにちは。
谷底に吸い込まれそうな…すばらしい絶景ですね(*≧∇≦)ノ
秘境駅にワイワイガヤガヤ行くのは、いただけないですわ(*´・ω・)
秘境って、静寂を愉しむものですしね…
単独行動〜多くても3人迄で、ひっそりと。
会話もほどほどに、下ネタは勿論封印しないと!

中部天竜〜辰野間が未乗区間だもんで、乗りに行きたいですねぇ〜。飯田線は駅間距離が短いので途中下車&1駅歩きにもってこいです。あ、本数が少ないもんで3駅位のんびりペースでいけそうですが。

2年前の4月、飯田線利用で湯谷温泉に行きました。新緑、山桜を一望できる露天風呂が最高でした。紅葉の時期も絶対良いに違いないとおもいます。
はやたま速玉早玉
2017/11/07 11:17
急行 陸中様 こんにちは。
金野駅の静寂は今も昔も変わっていないように思います。昔と変わって今はクマなどの野生動物の種類と数が爆発的に増加しているはずなので、ここでのSTBは命がけになったと思われます。今どきは自動車の「車中泊」がよろしいかと。
しなの7号
2017/11/07 15:42
はやたま速玉早玉様 こんにちは。
秘境駅には1人か、会話がなくてもお互いがわかりあえている者どうしで来ないといけませんね。
この天竜峡以南の天竜川に沿った区間にある小駅に降りたら最後、隣の駅まで2qほどでも線路と並行する道路がないことが多々あります。徒歩だと隣駅まで10q以上山越え谷越え、しかも商店・自販機なしということもありますので、決して「途中下車&1駅歩き」をお勧めしません(;^ω^)
おとなしく次の列車まで無念無想で過ごしましょう。それも天候を考えて日中に。ちょっとした風や雨で列車が止まりますので。。。

湯谷温泉は8年前に日帰りで行きました。季節感が味わえない夏場でしたが、雨上がりで川に靄がかかって風情がありました。今頃は紅葉がいいでしょうね。
しなの7号
2017/11/07 15:42
しなの7号様、こんにちは。
しかしこういったところまで車で行かれるというのも根性ですね。その甲斐あって秋彩の素晴らしい写真です。
以前、確か唐笠あたりで崖崩れがあったことを知らずに飯田線を踏破しに行き、代行バスとタクシーのお世話になったことがありますが、秘境ともいうべき場所だったのですね。あとで乗り直しに行ったとき、出直してリベンジ出来たことに安堵し過ぎ、せっかくの秘境の光景、見る余裕はありませんでした。
確かに秘境駅へツアーで行くのってどうなんでしょう。おまけにちょっと良い電車が充当されるというのも.....。
NAO
2017/11/07 15:57
NAO様 こんにちは。
当時は林道走りや峠越えが好きでしたので、こういう場所に行く行程自体を楽しんでいました。国鉄退職後は自動車を鉄道に変えてローカル線に乗るようになりましたから、乗り物が変わっただけで指向は同じです。

天竜川の渓谷に沿ったこの区間は、トンネルがあまりにも多くて、列車からの車窓を堪能できるとは言い難いですが、トンネル間の一瞬のチラリズム?は、特に今の時期はよろしいだろうと思います。

ローカル線に乗っていると、ローカル線乗車を組み入れたバスツアー客が静かな車内に小駅からなだれ込んでくることが時々あるのですが、あれもどうかなあと思います。私が見る限り、おしゃべりに夢中で見どころを堪能している方はほとんどいなくて、たまたまツアーに入っていたから「連れてこられた」か、「〇〇線に乗ったよ」というステータスがあればそれでいい方々なのではないかと邪推してしまうのですが…。こちらとしても、勝手な言い分ではありますが、それまで静かだった列車が突如としてガヤガヤうるさくなっただけで、そういう列車に当たってしまうと、ローカル線の本来のお客様であるワルそうでうるさい学生服軍団に囲まれているよりも興覚めです。
しなの7号
2017/11/07 17:06
しなの7号様こんばんは
確かに今秘境駅と呼ばれているような駅にぞろぞろでは全く意味が無いですね。
しかし一人降りたったら飯田線なら3時間くらいは駅で時間を潰すしかないよなあ

さて画像の天竜峡〜千代
渓谷のど真ん中に築堤を築いているように見えますが
これ路盤流失しそうです。
ヒデヨシ
2017/11/12 23:06
ヒデヨシ様 こんにちは。
駅に降りたら、人がおらず鉄道のほかは徒歩しか移動手段がなく、徒歩では隣駅までの道もない。こういう状況に身を置くことは誰も来ないような山に登ったときに似ています。しかし山と違って秘境駅の場合は待てば必ず決められた時刻に列車が来てくれて人里に返してくれます。手軽に一人ぽっちになれるという点でこういう駅は貴重な場所のように思うのですがいかがでしょうか。
1枚目画像の築堤右側が、その下の165系が渡る鉄橋になります。雨量規制がよくかかる区間ですし、天竜川は諏訪〜伊那の水が集中するので、洪水時には怖い区間ですね。伊那谷のこの少し下流の高い位置に三遠南信自動車道の橋梁が建設されるようですので、完成すれば、数少ない秘境駅の利用者が皆無になる日が来るのではないでしょうか。
しなの7号
2017/11/13 10:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
【830】 撮り鉄12か月…1982年11月「天竜峡の渓谷を走る飯田線旧形国電」 昭和の鉄道員ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる