昭和の鉄道員ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【837】 JR各社のパンフレット(前篇) 

<<   作成日時 : 2017/12/21 06:30   >>

面白い ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 28

国鉄が分割民営化されてから、私は旧国鉄線に乗ることを目的に、意識してあちこちに出かけた時期がありました。
途中下車したときなど、駅の待合室などに置かれているパンフレットをいただいて、宿泊先のホテルの部屋や、夜間で車窓が見られなくなった帰路の新幹線の中で見るのがいつもの旅のスタイルでした。不要なものは捨てましたが、一部は今でも家にあって、フラットファイルに綴じて保管しています。パンフレットの内容そのものにも、今とは違うなあと思わせるものや、面白いと感じるものがありますので、2回に分けて紹介していきます。

〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜

JR北海道「より便利に 深名線」
画像

一見「?」なタイトルですが、深名線廃止周知用の2つ折りパンフレットです。
1995年のものだと思われますが、この年に私は北海道には行っていないし、そもそも深名線は未乗のままなので、記事の中で、このパンフレットだけは、私が北海道に行ったときに持ってきたものではなく、深名線へ乗りに行った方からの戴きものです。以下はすべて自分か旅先で見つけたものです。

〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜

JR北海道「ドラえもん海底列車」
画像

2つ折りパンフレットです。これは1999年のもので、前年の「ドラえもん海底列車」パンフレットも手元にありますが、装飾は年とともに派手になっていき、新企画も増えていったようです。2014年には海底駅が廃止され、避難設備になって、こういう列車もすでに過去のものになりました。

〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜

JR東日本「イオカードご利用案内」
画像

2つ折りパンフレットです。内側には1995年4月1日時点のイオカード対応エリアの地図があります。(東京近郊区間内267駅377か所) 中途半端なオレンジカードとは違って、切符を買わずに直接自動改札機を通れる磁気プリペイドカードは、あのころスゴイと思っていたものですが、ほどなくICカードが普及しました。

〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜

JR東日本「GO・GOサマーきっぷ」
画像

1995年の1枚ものパンフレットです。この手のおやじギャグ的なパンフレットは好きです。夏休み中の連続する金土日、または土日月に乗り放題になる企画乗車券で、私のような乗りつぶし目的の旅には歓迎すべきでしたが、3日間連続ではなかなか家を空けられないということがあって、私はこの切符を使ったことがありません。

〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜

JR東日本「ウイークエンドフリーきっぷ 15,000円」
画像

1996年の1枚ものパンフレットです。「GO・GOサマーきっぷ」や「3連休パス」は使わなかった代わりに、土・日2日だけ有効の「ウイークエンドフリーきっぷ」は5年連続で使用して、主に東北方面の乗り鉄旅に使用しました。その前身は「ハートランドフリーきっぷ」で、現在の週末パスとは効力がまったく違い、買い得感がありました。「ウイークエンドフリーきっぷ」は2000年に廃止されてしまいました。

〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜

JR東日本「新幹線あさまが長野へ!」
画像

1997年のもので、北陸新幹線長野開業を伝える2つ折りパンフレットです。内側に「長野行新幹線いよいよ開業です」の文字が見え、車内設備と時刻表が掲載されています。

〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜

JR東日本横浜支社「湘南新宿ライン」
画像

2001年12月から運転開始された湘南新宿ライン。このパンフレットは2003年春のもので、進学・就職・転勤シーズンに向けて利便性をアピールするためのものと思われます。1枚もので、裏面は時刻表になっています。東京・新宿・上野などのターミナル駅も、スルー運転が増えてきて、その性格が国鉄時代と大きく変わってきたことを感じます。

〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜

JR東日本「12月1日 東北新幹線八戸開業 はやてデビュー」
画像

2002年の2つ折りパンフレットです。内側には東京から主要駅までの短縮時間などのほか、新幹線の指定席に乗車する場合、自動改札を利用して入場すれば車内改札が省略になることや、えきねっと割引の開始についても書かれています。

〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜

JR東日本(上信越工事事務所)「新幹線駅前に定住型リゾートシティ」
画像

JR東日本ほか2社が売主の新幹線駅前住宅地「びゅうヴェルジェ安中榛名」
東京駅まで59分が謳い文句。2005年のもので、2つ折りパンフレットです。
内側も普通にありそうな不動産販売広告の内容ですが、「軽井沢は隣駅11分」とも書いてあります。決して列車本数にご注意くださいとは書いてありません…
10年前に行ったことがありますが、新幹線の駅なのに、駅員と売店の人以外、タクシーの運転手がうろついているだけの静かな駅でした。今は少しは様子が変わったのでしょうか。

〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜

JR東日本「踏切事故0運動」
画像

営業関係のパンフレットが多い中、1枚ものの踏切事故防止の啓発パンフレットがありました。事故現場の画像を使っていることに訴える力が感じられます。裏面には踏切を横断するドライバー向けの確認事項などがイラスト付で説明されています。

〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜JR〜

JR東日本のパンフレットには捨てずに取ってあるものが他にもたくさんありますが、この辺にしておきます。
次週後篇では、JR東海からJR九州まで、残るJR旅客会社4社のパンフレットを紹介します。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
さすがに清酒ん18切符という宣伝は無いですね(笑)。
最初の2枚のリーフレットは新たなスタートを感じ、将来も安泰かのように思えたのでしょうね。
安泰に似た漢字の安中榛名ですが、行ったことはありませんが、寂しかったのですか。私は東海道、山陽新幹線のこだま型しか停まらない駅で乗降したことはありますが、それらでさえ物静かなところは幾つかありました。ただし通過列車の音だけは何度も響き渡っていましたが。
確かリニア新幹線の中間駅には切符売り場から待合室さえ設けない方針だったと思いますが、営業上の無人駅に近い感があり、どんな雰囲気になるのでしょう。私が乗れるかどうかの方が問題なのだが、なんて書かれていた某氏の心境に似たものがあります。
NAO
2017/12/22 05:29
NAO様 こんにちは。
「清酒ん18きっぷ」じゃなくて「青春18きっぷ」のポスターと同じ写真が使われたパンフレットも所有していますが、あれはいいですね。JRではないですが、冬の「近鉄ハイキング」には「酒蔵みてある記」というコースが多く設定されていて、そのパンフレットには見入ってしまいます。明日は三重県久居市のようです。行かないけど。

安中榛名駅は、私が行った10年前よりは乗降人員もわずかに増加しているようですが、今は駅前広場に商業施設がないみたいです。もっとも北海道新幹線開業で、さらに乗降人数の少ないと思われる駅ができたりしています。リニア中央新幹線でも中間駅は似たようなものでしょう。利益を生まず、人気(ひとけ)のない広大な空間は防犯上の問題もありましょうから、JRは維持管理したくないのでしょうけれど、一民間会社ですので致し方ないですね。私は別にリニア中央新幹線に乗れなくてもいいのですが、実家付近がどのように変わっていくのかについては興味を持って見ています。
しなの7号
2017/12/22 07:54
はじめまして!私はいつも楽しみに拝見しております!懐かしさ驚きを感じながら古き良き時代を振り返っています。
私もパンフレットは集めていますが、何せ膨大な量になってしまい、家族からはゴミ扱いされ、困ってます(T-T)
18きっぷのは東が最後まで製作していましたが、一昨年辺りにやめてしまい、残念です!あと、国鉄末期には会社広報的なのも配布してましたよね!Rとか首都圏ニュースとか・・・。当時は世間から相当冷たい風当たりの国鉄でしたが、子供ながら私は分民反対の立場でしたから、必死さを感じていました。そういった媒体から国鉄を知る事が誰でも出来たのですが、今の時代はテロ等の安全対策なんかで原則非公開になってしまいこの様な広報誌は消えてしまった様ですね。九や四、北はまだあるのかなぁ?少なくとも本州三社は無いですよね!東は一周年に会社案内みたい広報誌を配布していましたが・・・。
長くなってしまいましたが、今後とも宜しくお願い致します。楽しみにしております。
111TC-112MC-113TMC
2017/12/22 15:00
111TC-112MC-113TMC様
ご覧いただき、ありがとうございます。
「膨大な」数のパンフレットを収集されておられる方もあるのですね。ちょっとびっくり( ゚Д゚)
拙ブログでも、特急とか華やかなテーマや、マニアックな車両を扱った記事にはアクセスが多いですが、一般的に収集の対象とされにくい物のコレクションのことを書いても、アクセス数が少ないだけでなく、同好の方からのコメントもほとんどないので、思いがけぬコメントを頂戴し、うれしく思います。
こういう収集物からは、その時々の鉄道事情がにじみ出てくることを感じるようになりました。もっと意識して集めておけばよかったのですが、今、保存している国鉄時代の外部向けの印刷物は、ごくわずかしかありません。コレクションをゴミ扱いされるのは我が家でも同じで、嵩張る鉄道グッズ類は相当数を処分しましたが、印刷物は場所をあまり占領しないので、こうして生き延びたものもあります。
18きっぷのは、もうないですか。さきほど見たら、平成21から22年にかけての冬版が、私のコレクションのなかでは最後でした。近年はあまり出歩きませんのでパンフレットも集まりません。
かなり前に、JR東日本では、駅ごとに周辺地図や名所などを掲載したパンフレットを置いていたと思いますが、あれが好きでした。
しなの7号
2017/12/22 20:32
早速のお返事ありがとうございます。東の駅マップは確か高崎支社が駅のイラストを表紙にして駅概要から名所案内や地図を載せたA4版二つ折のタイプですよね?私も集めましたが、何せ遠方でしたので全部は集めきれませんでした(T-T)
現在ではメトロの各駅でNAVIマップの掲示してある物をやはりA4二つ折で配布していますが、駅周辺の案内しか載ってませんから寂しい限りです。パンフレットは東の地区が多種多様です。海は少なくなってますが、さわやかウォーキングのコースマップを名静各地区のを毎週集めてます。浜松辺りだと両地区のマップを置いてありますので、車で通っています。
無料の鉄道媒体収集は確かに少ないです。しかし、駅配のポケット時刻表はそこそこ収集家が居ますよ!私も集めてますが、サイズがバラバラなのが悩みであります。最近では冊子や蛇腹が多くなってきてますが、国鉄時代みたいに近隣の数駅をまとめた物が無くなりつつ有ります。
111TC-112MC-113TMC
2017/12/22 21:25
111TC-112MC-113TMC様
そうです。あの駅のイラストがいい味を出していますね。高崎支社以外にも、東北地方(花輪線とか山田線など)にも置いてありました。すべて集めようというほどリキは入っていないので、乗降した駅しか保存していません。さわやかウォーキングのコースマップも、キリがないので自分が参加した時のものだけを保存しています。最近はほとんど参加しないので集まりませんが、乗車券類なども同様で、収集するのは自分が利用したものだけに限定していて、まあ、行ったときの記念品的なものです。ゴミは増やさないように家族に気を遣っている?わけでもありますが…。
無料配布の時刻表も気が付くといただいてきますが、たしかに規格が統一されていないので、整理に困っていまして、段ボール箱に溜まったまま放置しています。
しなの7号
2017/12/22 21:46
私は捨てられないので困ってます(T-T)
乗車券は私も同じく自分が使ったものに限っています!
東の駅マップは他の支社でも有りましたか(T-T)知りませんでした!
駅弁の掛け紙も集めてますが、やはり某牛丼の持ち帰りやKIOSK系コンビニの利用が多くなって、敬遠しているかなぁ最近は・・・。関東へ行った際は崎陽軒の横浜チャーハン弁当かピラフ弁当が定番になっていてその他の品は手が出しにくいですね!千葉のトンカツ弁当は安くてそこそこなのが良いんですが、最近は行く機会が無いんです!久々に大回りで行ってみようかと思います。あと、さわやかウォーキングのコースマップは参加しなくても、ふらっと行ったときや後日、ゆっくり歩きたいときなんかに役に立ちます!以外と歩くと発見が有りますから、車で急いで通るより一人探検で意外な発見も地理を極める変趣味になりますが・・・。
111TC-112MC-113TMC
2017/12/23 01:00
こんばんは。
いつも楽しみに拝見していますが、なかなかコメント出来ず申し訳ありません。
国鉄パンフの類いは、ウチの段ボールにも詰め込まれております。全く整理出来ない状態です。
ドラえもん海底列車で竜飛海底駅に降り、ケーブルカーで地上に出て散歩したことがありました。こうして紹介いただけると当時の記憶が蘇ってワクワクします。

青春18きっぷは、「のびのび」時代から愛用していました。パンフでは予讃本線の下灘駅のが記憶に残りますが、そこは今やクルマで乗り付ける観光客ばかりで、列車から降りるとうんざり・・

昭和58年の首都圏ニュース、たまたま出てきたのがありました。
http://lbxnydr.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/58vol49-9ddc.html

乗り鉄に行くと切符などを記念に購入したものですが、近年それすら叶わない駅が増え、代わりに頂いて帰るパンフ類の整理が悩ましい所です。
西日本の続編も楽しみにしております。
3RT生
2017/12/23 01:28
111TC-112MC-113TMC様
収集癖がある私は収集物の処分に困って、線を引く場所を無理に決めて、そこから漏れたコレクション(ガラクタ)を必要な方にはお譲りしたり、または廃棄したりしました。
駅弁の掛け紙は大切な記念品ですが、おっしゃるような同じ事情で近年はあまり手を出さなくなりました。私は昔から、箱モノの駅弁はあとの整理に困りますのでなるべく手を出さず、紐掛けの掛け紙包装の駅弁を買うようにしていました。千葉のトンカツ弁当は私も意識して買いました。崎陽軒のはシウマイ弁当のほかに、荷物列車乗務中に買った「やきめし」の掛け紙が残っています。昭和52年のゴム印が捺してあり300円とあります。
さわやかウォーキングのマップには、駅周辺の情報が詰まっていますね。ふだん通り過ぎている駅に降り立って駅周辺を探索することは結構好きです。
しなの7号
2017/12/23 10:18
3RT生様 こんにちは。
以前に貴ブログ全記事を拝見したのですが、コメントもできず、こちらこそ申し訳ありませんです。
段ボール箱には、首都圏ニュースのような古い国鉄の生き証人たちが潜んでいるのでしょうね。私にはそんな古いものはないですが、この数年間で、これまでに集まってしまった…ものを整理して、鉄道関係のものは片付きました。けっこう時間がかかり、途中で一つのものに見入ってしまうと、作業は何度も中断しましたが、楽しい時間でもありました。いずれ定年後にでも始めてください。
私が海底駅に行ったときは、まだドラえもん海底列車ではなく、見学では地上に出られませんでしたが「ふだんはお見せしませんが、今日は人数が少ないので…」と案内の方がおっしゃって、斜坑の鉄扉を開けてくださって地上の光を見ることができました。
下灘駅も青春18きっぷのポスター・パンフレットで有名になったようなものですが、最近はSNSによって何の変哲もない場所が有名観光地になったりしますね。それはそれでいいとして、自分自身しか良さがわからないお気に入りの場所(駅のほかに、街、山、海岸、川などなど)を持っていたいと思っています。
しなの7号
2017/12/23 10:18
しなの7号様
片付ける方法を伝授していただきたいです。私も人生折り返し過ぎましたので、そろそろ考えなくてはなりません(T-T)
ところで国鉄時代はB版だったのがJRになってからはA版になりましたよね?
その名残が大型時刻表だと思います。
国鉄時代は各駅で団体旅行を企画募集して団臨仕立ててましたよね!しなの7号様も乗務していたと思いますが、そのチラシも結構ファイルしてあります!あとはコンテナや手小荷物のチラシ、スキー宅配便のチラシや国鉄改革の総裁の顔写真入りのチラシなんかもあって、すべてB5版です。最近は見なくなったもので、鉄道いや国鉄事情を知る貴重なものだったと思います。
111TC-112MC-113TMC
2017/12/23 13:32
111TC-112MC-113TMC様
片付けは、分類する時間と根気があれば可能で、あとは捨てる線を引く勇気でしょう。しかし、まとまった時間が取れないのが普通です。私の場合は国鉄退職の翌年に次男が生まれ、嫁さんが実家に帰っていて一人暮らしだった期間に、国鉄時代のモノを集中的に整理、仕分けしました。そのあとはずっと時間が取れず、25年くらいたって時間ができたところで、また溜まってきたJR時代のモノを整理しました。その結果の一部が今回のJRのパンフレット類です。
そういえば時刻表は今もB5サイズが出ていますね。私は国鉄の血筋を引いているJTB派です。実は時刻表はほぼ毎年1冊は買っていました(つまり約30冊)が、嵩張るので、実際に旅で乗車した列車の時刻のページや地元線区のページと表紙だけを残して、そのページを旅行の行程表などと合体してフラットファイルに綴じ、不要な部分は全部廃棄しました。そういえば国鉄から転職した会社では、それから数年後に書類がA版化されて、バインダーから出張用の鞄まで規格が変わり、移行期には整理が大変でした。
国鉄が駅単位で配布するチラシは、手書きのガリ版刷から、ワープロ専用機で作成されたものなんかもあったのではないでしょうか。機関区見学のとき戴いた注意喚起のチラシを過去にアップしていますが手作り感があふれています。
http://shinano7gou.at.webry.info/201607/img3_3.146786920651560733179.html
しなの7号
2017/12/23 15:30
しなの7号様
こんにちは!ご教授有難う御座います。時間と根気ですね!あとは勇気ですか・・・。古い資料はあまり紹介されていないので、取捨選択が本当に悩ましいところです。国鉄のチラシはガリ版からワープロへの移行時でして、手書きはガリ版オンパレードでした。ダイヤ改正時はガリ版で駅毎の時刻表を達筆な字で書かれていて感心したり、イラストもクオリティが高く職人技だったと思います。ワープロのはオレカや記念きっぷのチラシに良く見られ、地方単位のチラシに特化しており、全国的なチラシはカラー刷のモノや運賃改訂は紙質を今で云う再生コピー用紙みたいな紙に青と緑の二色刷だったと思います。首都圏のオレカ誕生はカラー刷りタイプで各地方の管理局はワープロやコピーで全国版の案内を地方特化したモノを配布してました。
しなの7号様の所持している生き証人を見てみたいと思っています。
111TC-112MC-113TMC
2017/12/24 14:33
111TC-112MC-113TMC様 こんにちは。
昭和時代の印刷物には、どれも味があります。鉄道に関係ないですが、日本酒のラベルなど、特にそう思います。
昨日書いたように、私が保存している国鉄時代のパンフレット類は、もとよりわずかしかありません。手書きのものも限られます。
パンフレット類は整理した後なので、新たな発掘はあまり望めませんが、また折りを見て、そうした収集物をブログ内でアップすることもあるかもしれません。

111TC-112MC-113TMC様のように、オレカとか時刻表、団体募集などの目的別に、地域別、時代別に分類すれば、鉄道そのものだけでなく、鉄道をを取り巻く環境やそのときどきの営業方針なども見えてきて、資料的価値が相当高いものになることでしょうから、そう簡単に取捨選択はできないでしょうし、するべきではないと思います。どうか私の意見にとらわれず慎重にことを進めてくださいませ。
私が鉄道関係のグッズや資料を整理するとき思ったのは、後継者がいないことです。どんなに自分が長年かかって集めたものでも、このまま整理せずにいれば、一般に価値を見出していただき難いコレクションだけに、死んだら間違いなく捨てられます。それならば、ある程度きちんと整理しておけば、遺ったものは遺族がネットオークションとか、買取店に出せば、それを必要とする方に引き継がれる可能性はあるでしょう。自分の管理能力を超え、今後元気なうちに手を付けられないと判断した分野については、これまでに、それなりの方にお譲りしたり、画像に残して廃棄しまして、かなり身軽になりましたので、現時点で遺してあるものは、このまま状況が許す限り保存していくつもりです。
しなの7号
2017/12/24 15:37
しなの7号様
有難う御座います。アドバイスになりました。自分には宝が他人には・・・。そうなんですよね、良く考えてから整理しなくてはなりません(T-T)同じ物が複数ある物も有りこういった所から整理を始めていきたいと思います。酒のラベルは今でも様々なモノが有りますが、確かに昭和の時代はビールや日本酒以外に醤油も一升瓶で流通してましたよね?子供の時分にはその瓶を酒屋さんへ持っていくと一本5円で引き取って貰え良い小遣い稼ぎになりました。ラベルも直ぐに剥がれ、確かに集められましたが、今ではペットボトルや紙パックなのでこうした収集もままならないのではないかと思います。駅弁も掛紙が容器がプラになったので、囲い込む様なボール紙になったり、容器と一体の紙箱になったりとワンウェイでは使いやすくなった分、収集には不向きになってしまいました。製造日の消印も今やシールでのプリントで封印も兼ねてますから、アジか無くなってしまい寂しい限りです。パンフレットも一枚モノから複数枚見開きや冊子が増えて種類が減って来てます。首都圏ではサイズがマチマチの冊子が増え、地図も東京、新橋、品川版と渋谷、新宿、池袋の版と二つになったりと集約されたり、サイズも手帳型のA版B版の変形様々だったりで保存も大変です。ちなみに私は高速道路のパンフレットも集めてまして、地図が最近では集約されてきてます。首都高は全線路線図とレーンマーク入りのMEXWAYマップの別冊が両面刷りの一体化したりで有りがたいのですが、サイズが縦長の変形版なので保存に困ってますが、鉄道程のバラバラサイズでは無いのでまだなんとかなっています。
111TC-112MC-113TMCしな...
2017/12/25 18:01
111TC-112MC-113TMC様 こんばんは。
収集物の対象によって、整理に取りかかる時期の旬みたいなものがあると思います。国鉄分割民営化は、まさに旬でした。
一升瓶で流通する日本酒は、一般酒からはかなり姿を消しましたので、ラベル集めを終了する旬を迎えました。今は紙パックの酒を飲んだら画像に残したうえで、紙ごみにしています。そういう意味では駅弁も似た状況ですね。長年続いた規格(一升瓶とか、経木の折箱に掛紙とか)が崩れてくるときが整理を始める旬のようです。マッチ箱も集めていましたが、喫煙できる場所が減っただけでなく引き出し式のマッチ箱がめったに見られなくなったのを機に、整理して収集もやめました。高速道路の地図は、少し集めかけて、そのまま廃棄。降りたインターの通行券は残しています。これはまだ継続中なので、いまだに料金所で現金払いしています。
収集物は、やはり一定の規格が決まっているものでないと、整理は難しいですね。
しなの7号
2017/12/25 20:47
マッチも昭和ですよね!私も集めていましたが、やがて紙マッチになりそして使い捨てライターへと・・・今やそれすらも配布してない状況です!一部記事にupなさっていたマッチ箱は懐かしく拝見しています。構内喫茶店なんかでは国鉄○○○駅なんて印刷されていてたまらなかったのですが、今は巨大チェーン店の持ち帰りでどこでも楽しめるモノが台頭してますので座って一服なんてのは無いですね。私も喫煙者なので感じてますが、最近は悪の根源みたいな感じで場所が無くなってしまい困っています。どこもかしこも隔離されてしまい、肩身の狭い思いです。そろそろやめ時かと思ってます。
高速道路は領収書がきっぷ代わりでしたので集めてましたが、感熱で消えてしまうモノなので、今ではすっかりETCになってしまいました。せめて通行券が持ち帰れたら現金払いにするんですけどね(T-T) その通行券、第三京浜道路は全線料金払えば持ち帰る事が出来ます。私は先月、試しに貰って来ました。
111TC-112MC-113TMC
2017/12/25 21:42
111TC-112MC-113TMC様
喫茶店も喫煙に対する時代の変化だけでなく、おっしゃるような時間つぶし的にちょっと一服ということが減って利用することが少なくなりました。列車本数の増加で待つことが減り、通信手段の発達で待ち合わせにも無駄がなくなったということでしょうか。
昨日の私のコメントで「通行券」と書いたのは誤りですので訂正します。領収書のことです。かつては有料道路で有人料金所でカラー写真入りの半券が残ったりしましたが、そのころからの継続で、有料の道路や駐車場を利用したら領収書を保管しています。感熱式で味気なくなったものですが、自分の記録ですので。 高速の領収書は20年ほど前から感熱タイプになったと思いますが、いまのところ、当時の領収書の記載事項は読める程度になっています。JR初期の感熱式乗車券類に判読不能な部分が出始めています。30年が寿命でしょうか。
しなの7号
2017/12/26 08:00
しなの7号様
そうですよね!喫茶店は待ち合わせに使っていましたが、本数増加、通信手段の多様化で動きながらでも待合せ出来るようになりましたから!その通信手段の多様化でパンフレットも電子データ化してますから、紙媒体がどんどん減って来てます。駅貼りの時刻表なんかも横浜駅では電子データ化して改正前の多人数でのチェックと印刷コストの削減に貢献しているとネットニュースで見た覚えが・・・。時代の変化を感じます。領収書もEX予約のシステムはweb領収書なるモノがあり、三ヶ月位だったかな?いつでも出せるみたいです。私はいつも利用するときはきっぷとして受け取りますが、タッチで乗ることは一度もないので、試してはいませんけど寂しい限りです。会社側からすれば余計な手間隙とコストの削減に繋がりますから、今後はこの方向に行ってしまうのかも!東もポスターにQRコード付けてパンフレットをスマホやタブレットに表示させたりする技術を得てきてますから、ここ10いや5年以降、どんどん変わっていくと思われます。いずれにしても寂しい限りです(T-T)
111TC-112MC-113TMC
2017/12/26 15:09
111TC-112MC-113TMC様
電子データ化によって、昭和の時代に考えられないほど便利になったことばかりで、それを大いに日常生活で利用している私たちではありますが、かつて当たり前にあったものが必要でなくなっていくことは、永遠に続いていくのでしょうね。そして私のような者は、そのうちに変化についていけなくなって取り残されるように思います。実際に、たまに列車に乗る高齢者などは、駅にきてみれば無人で切符も買えず、やってくる列車はワンマンカーで、開くドアは1つだけ。それも押ボタンで開閉。降りるときも、どこの駅でどのドアが開くのかわからないし、聞きたいことがあっても「運転中に運転士には話しかけないでください」と注意書きがあるし、どうしたらよいのかオロオロ、不安で落ち着かない列車の旅…(*_*;
しなの7号
2017/12/26 15:40
しなの7号様
昭和の古き良き時代から三十数余年経ってこんなにも変わるとは思いもしませんでしたよね!今やテレビですら離れが進んでキー局でさえ経営が苦しくなってきてます。国鉄も二度とという表向きの風見鶏改革によって断行されたのですが、北の経営危機で路線維持までも・・・。真っ先に宣伝広告費や交際費が削減されますから、これからでも遅くないと思います。若い方には収集をして時代の生き証人を残して欲しいです。北は大阪のプラザを来月閉鎖するみたいなので、本州では紙媒体が入手し難くなります。私も北のチラシは東京のプラザで収集したりしました。都区内パスも敢えてプラザで購入したり、オレカやギフトカード(知って方は少ないかも)も購入しました。こんなに取り巻く環境が刻一刻目まぐるしく変わるとは思いもしていなかったので、今のうちからでもと思っていますが、私はオーバーストック気味なので・・・。ついていけるうちに(T-T)
111TC-112MC-113TMC
2017/12/26 18:56
111TC-112MC-113TMC様
10年ひと昔とはよく言ったもので、確実に常識が変わっていくのが世の常ですね。10年経って改めてパンフレットを見ると、書かれた内容がいろんな意味ですでに時代に合わなくなっていることに気付いたりします。そこのところが収集していて面白かったりします。
しかし30年前であってもJR北海道の現状や、複数会社にまたがる直通長距離列車が削減されるだろうことは、素人でもある程度見えていたようにも思います。
北海道のオレカはよく買いました。ギフトカードは国鉄時代にもあり、車内で精算にご利用いただき釣銭も出してました。
旅先でディスカウント乗車券とかツアーのパンフレットを眺め、なぜにこのような商品があるのかを考えるのも面白く、そこから鉄道会社の内情が匂ってくることもありました。興味のないことでも、たまたま目について手に取ったパンフレットで得た知識は、頭の片隅に記憶され、何かのきっかけで後に販売に結び付くこともあるでしょうから、紙媒体の広告宣伝や広報は、完全消滅することはないと思っていますが、果たしてこの先どうなっていきますでしょうか。
しなの7号
2017/12/26 20:08
紙媒体が消えないと思いますが、QRコードを読ませるタイプになるのではないでしょうか?EX予約もQRコードになるようなので・・・。継続する事を望んでいますが・・・。
国鉄改革は国民に迷惑を掛けない約束だった筈です。チラシにも色々書かれてましたが風見鶏さんの厚顔無恥さが滲み出てました。あまり詳しくは私も言いませんが、想像はしてました転換交付金はいつか切れる事で北海道、四国、九州の三島会社は経営基盤が非常に厳しいと言ってましたから・・・。特に北海道は大幅な合理化で広域をカバー出来るのか?と云われてました。成り行きを見守ってるしかないのですが、どうしてもあの時と被って見えてしまうのはしなの7号様も同じなのでは無いかと思われます。私は外野からでしたが、
内野から見ていたしなの7号様の方がより強く感じてらっしゃると存じます。
話が反れて申し訳ありませんでした。
111TC-112MC-113TMC
2017/12/27 20:27
111TC-112MC-113TMC様
EX予約もQRコードですか。そういえば乗車券では磁気券からQRコードになったところがありますね。すべてをICカード乗車券にすることはできないですからチケットレス(ペーパーレス)になるわけではないものの、そのうち磁気券が見られなくなる時代がくるかもしれないですね。

国鉄改革にあたって細かく地域分割にしたことは、利用者にとってのメリットは少なく、ほかに意図があったということでしょうね。100歩譲っても2分割程度でとどめないと、基金を持たせただけでは、三島を切り捨てる前提であったとしか思えません。それにしても30年の間に地方の鉄道依存度はものすごく低下しました。雇用先がないから若者が住むに住めず、高齢化と少子化が著しい地域が広がり、そこに残された鉄道も使えないダイヤになる悪循環。まさに国鉄末期を見る思いです。
しなの7号
2017/12/27 21:14
しなの7号様
そうでしょうね!三公社五現業の民営化はほぼ達成されてますが目的は政局安定化しかありませんでしたよね!目的達成のダミーに他二公社四現業を民営化したのですから(T-T)
すいません話が反れて・・・。民営化といえば高速道路もです!道路公団があの猪○氏に攻撃されちゃってなったんですが、パンフレットも多種多様になってきた感じです!JR程では有りませんが、集中工事のチラシやETCでの乗り放題プランのチラシが有ります。民営化前では考えられなかったものが出て来ました❗️やはり10年一昔でJHももう10年以上経ってるんですよね!民営化されてから・・・。
111TC-112MC-113TMC
2017/12/27 23:52
111TC-112MC-113TMC様
高速道路の民営化の手法も国鉄を参考にして行われたと思いますが、高速道路利用者には、国鉄の直通列車が分断されたり、会社間をまたいだICカードの利用ができないなどのデメリットはないですね。それと今回の新幹線の台車破損事故では、現場のJR西日本と、運行管理側のJR東海の指令室とのやりとりで、両者が責任の押し付け合いをしているように思えますが、あれこそ分割のデメリットだなと思いました。
高速の乗り放題企画で、ETC導入を一瞬考えましたが、高速の利用も東海道新幹線の利用も、どちらの頻度も年に1〜2回程度になった今の私には、EX予約同様に意味のないことですので思いとどまりましたが、その時点ですでに時代から取り残されていますね( *´艸`)
しなの7号
2017/12/28 09:09
しなの7号様
そうですね!今朝も新聞を賑わしてましたが、指令の判断ミスと聞き逃しとは・・・苦しい言い訳にしか聴こえませんよね?
国鉄だったらどうだっただろうか?とも考えました。
新幹線は安全神話で成り立ってますから、崩壊によって今後はどうなる事やら・・・JRの体質の問題が大きいと思いますが、世間からはどう見られるのか?まあ日本人は喉元過ぎれば・・・の民族ですからその内、忘却の彼方ですね(T-T)
新幹線乗車の件ですが、スマートEXが良いみたいですよ!クレカと相互利用10社の交通系ICカードとスマホないしPCさえ揃えば価格は駅で正規に買うより2〜300円程度安い見たいのですが、年会費不要なので、お試ししてみればいかがでしょうか?
かくゆう私はEX会員なので、試す余地は無いのですが、今や半年に一度の定期券購入時しか使っていないので、考えもんですかね(T-T)
111TC-112MC-113TMC
2017/12/28 11:47
111TC-112MC-113TMC様
国鉄だったら、時期によっては事故隠しみたいなことがあるかも(;^ω^)
しかし一体として運転されている新幹線が、小さな一つの島国の中のことなのに複数の会社で運営されていることは不自然で、何をするにしても複雑化すると思いますけどねえ。
先日久しぶりにJRで出掛けましたら、駅ではスマートEXについての広告宣伝が派手に行われていました。たまに乗る新幹線の乗車券類もほとんど金券ショップで調達しているので、それより安くなればスマートEXも検討する価値があるかも。
しなの7号
2017/12/28 20:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
【837】 JR各社のパンフレット(前篇)  昭和の鉄道員ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる