【1103】あの年の4月4日《1976年》

新年度直後は、出歩けるような状況になりにくいため、なかなかその日の画像や資料が見つからず困っていますが、1976年4月4日に中央西線武並駅付近で撮影した列車の画像を2枚発見できました。 113系電車は当時のロ-カル列車の主力でした。背後にはこの前年に開通したばかりで真新しい中央自動車道の法面が見えています。中央自動車道が東京まで全通したのは、これより6年も後のことです。 貨物列車は、コンテナ化が推進されていたものの、車扱がまだまだ多かったころです。コンテナ色のヨ5000も健在でしたが、すでにこのころにはコンテナ専用列車として使用されておらず、他の「ヨ」と共通で本州と九州内でランダムに運用されていましたから、いつどこに出没するかわからず、なかなか撮影するチャンスはありませんでした。 【365】貨車車票で書いたことですが、この元画像は、思いがけず『貨車車票の歴史(戦後編)』の表紙に使っていただいています。

続きを読む

【1102】あの年の4月3日《2010年》

2010年4月3日  樽見鉄道に出かけました。 「うすずみ観桜号」のトレインマークを付けた本巣市広告車両ハイモ230-313に乗って本巣駅に着きました。左側はすでに現役を退いて留置されていたハイモ230-301で、この塗装が樽見鉄道のオリジナル色です。 本巣駅に留置されていた除雪車DB1は、塗装が神岡鉄道色。廃止になった神岡鉄道からの転籍車だとわかります。 このあと通過していく列車を撮影しながら、沿線を徒歩で大垣方面に戻っていきました。 これは廃止された三木鉄道から移籍した車両ハイモ295-617 そしてこの日ここに訪れた目的は、長良川鉄道ナガラ10を見ることでした。 踏切事故で運行できなくなった樽見鉄道のハイモ295-315の代替用として樽見鉄道が借り入れたのです。こうなると、各社の塗装が入り乱れた状態で、オリジナル色も肩身が狭いのではないでしょうか。 本日の記事は【190】樽見鉄道との付き合い3:第三セクター化後(後篇)の後段と内容がカブりますが、ほかにアップすべき画像がありませんのでご容赦ください。

続きを読む

【1101】あの年の4月2日《2011年》

2011年4月2日 中央西線 恵那 昨日アップしたEF651082の春日井貨物を撮影した翌日は土曜日で仕事は休み。このころは週に1回程度は父母が住む実家にJR中央西線に乗って通っていました。実家からの帰路に乗った列車が、途中の恵那駅に着いたとき、留置されていたキヤ97が目に留まりました。向き合う生首 ありがたいことに、私が乗った快速列車は後続の特急に追い越されるため、ここで数分間停車しましたので、その間に撮影してからまたその列車に乗って帰りました。

続きを読む

【1100】あの年の4月1日《2006年・2011年》

今日から新年度ですが、新型コロナウイルスの影響で、例年とは違った新年度をお迎えの方々が多いことと思います。この災難が一刻も早く終息することを願っています。。。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ ということで、何かと行事のある新年度の初日にわざわざ写真を撮りに、あるいは列車に乗りに行ったことはないようで、今日はめぼしい画像がありません。 出てきたのは、「清酒ん18きっぷの旅」のメンバーで催したお花見の画像です。 2006年4月1日 そのお花見当日の画像です。公園の奥のほうで、人がそれほど来ないこの池の堤防にあった桜の木の下が会場になりました。 この池がある公園は、のちにメンバーの中で「首吊り公園」と通称されるようになりました。 (「首吊り公園」の通称が使われるようになった事情は【157】「50代5000円でGO!」番外編?で書いています。) 近くのスーパーで調達してきた食い物を広げています。左上の串物はメンバーの奥さんが作ってくださったものです。当時はにわかにカップ酒が流行していた時期で、そのスーパーで買ってきたカップ酒の種類はこんなにたくさんありました。なんでも、その奥さんはスーパーの常連さんで、お店の売り場担当者さんに、並べる商品の希望などを逐一伝えていたそうで、カップ酒の種類をぜひ増やしてほしいなどと進言してくださった効果でもありました。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 201…

続きを読む

【1099】あの年の3月31日《1967年・1974年・1975年・1987年》

またまた前にアップした画像の使いまわしですが、1967年3月31日、初めて家族で「交通科学館」へ行ったとき買ってもらった乗車券 帰りに弁天町駅で大阪までの乗車券を買ったところ、出てきた地図式の乗車券がたいへん珍しい切符に思えました。この切符がほしいという私のために、保存用として1枚余分に母が小児券追加で買ってくれたのがこの乗車券です。このあと大阪駅で下車してから阪急百貨店の模型売場へ行って、16番の貨車を買ってもらいました。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 1974年3月31日は、名古屋市の路面電車が終焉を迎えた日でした。 当日は無料運転が行われ、私も乗ったり撮ったりしてきました。その日のことは、【775】撮り鉄12か月…1974年3月「名古屋市電最後の日」で書いたので、ここでは省略します。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ その翌年1975年3月31日には、王滝森林鉄道で最後の運材列車が走りました。 1970年代は、各地で鉄道が廃止されていった時期でした。鉄道を取り巻く状況は半世紀で大きく変わり、過疎化や道路交通の発達で、鉄道の存在価値を見い出すのが難しい例がある一方で、地球環境に代表されるような当時なかった価値観が生まれたことにより、今でも残っていれば、改良によって有効に使える交通機関になり得ただろうと思う鉄道もあります。地域間の格差は進むばかりで、この国の交通政策ははたして正解だっ…

続きを読む