昭和の鉄道員ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【101】 鉄分補給2010.11.20ちょっと寄り道 明知鉄道1往復

<<   作成日時 : 2010/11/21 09:09   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 2 / コメント 6

私が田舎の実家に毎週通うようになって4ヵ月以上が過ぎました。その事情は先月のブログ記事トトロの森のとおりですが、父親も、軽い後遺症はあるものの、今のところ脳梗塞の再発もなく、無事に過ごしています。

たいてい土曜日に実家へ行くことにしているので、昨日も中央西線の快速に乗って出かけました。
画像

秋晴れを絵に描いたような大変よい天気でしたので、その前に恵那駅で下車し、ちょっと寄り道をして、明知鉄道に乗って終点の明智駅まで1往復してまいりました。

明知鉄道の切符はこれです。
画像

画像

私の実家は明知鉄道沿線ではありませんが、比較的近くなので自動車ではその沿線はよく通りますし、国鉄明知線時代に遡れば、蒸気機関車の撮影をするため、高校時代には実家から自転車で出かけたりしていたものですから、その沿線風景はめずらしいものとは映らないのです。

ところが第三セクター移行後の明知鉄道にに乗ったことは何回あるかと問われると、平成4年に一部区間(岩村〜明智)に1往復乗った経験しかありません。国鉄明知線時代でも、近くに住んでいたにもかかわらず乗車したことは非常に少なくて、沿線への移動手段は自動車でした。おそらく沿線住民も大同小異で、ほとんどの人が、通学に使ったくらいのものでしょう。しかしながら自動車の運転ができない人々にとっては今でも重要な足となっているわけです。

中央西線の恵那駅に降り立つと、すでに2両編成の明知鉄道の列車が停まっていました。いつもは1両なのにどうしたことかと思いながら、JR恵那駅に隣接する明知鉄道の恵那駅に行ってみると、添乗員に誘導されたツアー客の行列がありました。列車が2両になっているのはその数十人のツアー客のための増結だったわけですが、貸切車両ではなく、一般客との混乗でした。明知鉄道には「極楽」駅という名前で昨年開業したばかりの新駅があって、その駅までの乗車をバスツアーに組み込んだもののようで、全員が「極楽ゆき」の硬券を持っておられました。

直前の中央西線からの乗換客も加わってにぎやかな車内となって発車しました。いつも自動車で通る道路を見下ろして、同じ風景ながら違った角度からの車窓を眺めながら列車は山間部へ入ります。37年前に蒸気機関車の撮影をしたいくつかの場所を列車はゆっくりとした足どりで通り過ぎ、2台のバスが待つ極楽駅に着くとツアー客全員が降車したので車内は急に閑散としてしまいました。さらに次の岩村駅では私の乗っていた車両では、私を残して全員が下車してしまい一人だけになってしまいました。
ここで上り列車と行き違います。
画像


天気もいいし、紅葉は少し遅いようでしたが、いかにも日本の秋!といった山里の風景を堪能して明智に着きました。ツアー客輸送が終わったので前1両は切り離され、緑色旗に誘導されて車庫へ帰って行きます。
画像

私は残された1両の折り返し列車の乗客になります。
画像


帰路は先頭部の車窓が見える最前部の座席を確保しました。
画像
画像

岩村で、今度は下り列車と行き違いです。
画像

画像

通常、私の場合はカップ酒が登場する場面なのですが、今日は午後、実家で買い物に出たりするので自動車を運転する必要があります。残念ながら、酒は登場しません。沿線の岩村にも造り酒屋さんがあるのですが、その造り酒屋さんのお店と奥の酒造工場の間には製品輸送に使ったトロッコの線路があるといいますから、いずれ行ってみたいところですが、時間の都合もあって途中下車はできません。残念なところです(-_-;)

こんな寄り道をしてから実家に向かいました。
いつものように「トトロの森」にある天神社に立ち寄ります。
画像

「いつもありがとうございます。自分に関わるすべてに感謝します」
そんな思いで、いつものようにお参りをします。

背後の川のせせらぎが聞こえるだけで静かな秋です。
画像


※明知鉄道に関しては、いつも拙ブログにコメントをくださるhmdさんのブログ「hmdの鐵たびブログ  ローカル線 各駅停車の旅」のなかで「美濃三鉄めぐりの旅(明知鉄道編 初回ページ)」に、歴史や沿線の街のみどころまで詳しく紹介されていますのでご一読をお勧めします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【29】美濃三鉄めぐりの旅(明知鉄道編 10 岩村駅)
こんにちは。先日の続きの旅日記を投稿します。 写真を中心に「見る紀行文」で連載中です。 ...続きを見る
hmdの鐵たびブログ ローカル線の旅
2011/05/15 19:09
「お帰りC12」 明知鉄道に40年ぶりSL
第三セクター明知鉄道は2日、同町の明智小学校で約40年間静態保存されてきたSL「C12形244号」を明智駅に移し、構内で展示を始めた。同地域では、2027年のリニア中央新幹開業に向けた誘客の目玉として、SLの復活運行を目指す構想があり、構内展示は夢への第一歩となる。 ...続きを見る
ローカルニュースの旅
2013/12/04 12:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
しなの7号さん、おはようございます (^_^)

秋の明知鉄道、やはりいいですねぇ
しなの7号さんのご実家の近くにあり、すぐに訪問できるのはうらやましい限りです。
フリーきっぷの台紙も変わり、極楽したい 団体客も入っているようでいい事です(笑)
丁度、山里の風景も紅葉で・・・阿木や岩村周辺はとても良いでしょうね〜 (^_^)/
酒造工場のレールはハイシーズンに行ったこともありよく見れなかったので、今度の機会に是非レポをお願いいたします。
たしか、毎年2月には新酒の試飲会があるそうですし・・・(と、勧めてすみませんです  笑)
最後のトトロの森の紅葉にも癒されました (^_^)

当方のブログもご紹介頂きまして、ありがとうございます m_ _m
初期のブログ記事で今見ると拙い部分も多いため、少しづつ補訂や追記も行っています。
丁度、岩村駅編の補訂を今日中に行う予定ですが、このブログ記事を秋の明知鉄道&岩村駅の様子ということでリンクさせてください (^_^)/
hmd
2010/11/21 10:47
しなの7号さん、こんにちは!
お疲れ様です。(^o^)/
明知鉄道のフリー切符は、記念切符の様な台紙付で立派ですねー!
駅や沿線も素晴らしい風景になっていて、案山子もタマリませんね〜。
白い車体にオシャレなラインが入った気動車ですが、意外と違和感ありませんね。\(^o^)/
「極楽ゆき」って、お年寄りばかりのツアーだったら、やけに現実味があって、ちょっと微妙な感じですね(^_^;)
「トトロの森」も秋色になって来たんですね〜。川のせせらぎしか聴こえない静かな感じが伝わって来ます。お父様お大事にして下さいね。(^o^)/
アルヌー
2010/11/21 11:06
hmd様 こんにちは。

昨日同様に穏やかな秋の午後ではありますが、自宅は自動車の騒音でまことにうるさく、トトロの森に行った昨日とは違います(^_^;)

勝手に本文末尾にリンクを貼らせていただきました(^_^;)
昨晩、再度貴ブログを拝見し、重複した内容ばかりでもいけないので、あえて昨日出かけたときのことだけを今回書いたつもりです。
さきほどトラックバックの連絡をいただきました。
記事も改めて拝見いたしました。いつも、ありがとうございます。
しなの7号
2010/11/21 14:46
アルヌー様 こんにちは。いつもコメントをいただきましてありがとうございます。 実はこの切符、先週実家へ行ったときに母親が買ってくれて渡されたものです。記念切符的に考えて保存用に買ってきてくれたようですが、昨日は天気がよかったのと、まだ紅葉も見れるかなと思って使うことにしたのでした。 極楽駅も開業してしばらくしてから、父母とともに自動車に乗って出かけてみたこともあります。あまりに簡素な駅なので、両親は拍子抜けしたみたいでしたが、駅近くのスーパーとホームセンターで買い物をして帰りました。これらの店舗への買い物客を見込んで極楽駅が設置されたものと思われます(^_^;)
しなの7号
2010/11/21 15:00
しなの7号さん、こんにちは (^_^)
色々とお気遣いを頂き、本当にありがとうございます。
トラックバックもありがとうございます。
今後もよろしくお願いいたします (^_^)/

p.s. 
お父様も体調が安定されているご様子で安心いたしました。
無理せずにご養生して下さいませ (^_^)
hmd
2010/11/21 15:34
hmd様
こちらこそ、いつもありがとうございます。
いろいろお手間を取らせてしまって申し訳ありませんでした。
しなの7号
2010/11/21 16:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
【101】 鉄分補給2010.11.20ちょっと寄り道 明知鉄道1往復 昭和の鉄道員ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる