【726】 北恵那鉄道31:「終末期の臨時電車」

廃止が決まると、最後に乗っておこうとか、写真を撮っておこうという人々が増えてきます。
画像

これはいつの世も同じで、それを営業収益につなげるべく鉄道会社は記念切符やグッズ、廃品を販売したり、乗車ツアーを企画したりします。
画像
昭和53年8月23日付け中日新聞記事の転載画像です。↑

廃止が決定されてから、「思い出のさよなら電車」という企画列車が休日の日中に何回か運転されました。これは定員制で、事前に申し込みをしないと乗車できない列車でした。
画像

私は人ごみもお祭り騒ぎも好きではないので、参加はしませんでしたが、すでに日中の運転が休止されてから数年が経っていましたし、モ560形が全線にわたって重連で運転されること自体が珍しかったので、撮影には出かけました。
画像

終末期の通常ダイヤでは、中津町~美濃福岡間だけにモ560形の重連運用がありましたが、夕方(17:45中津町発)でしたので、夏場でないと撮影は困難でした。

ところで下の画像には、中津町駅ホームに積まれた手小荷物が写り込んでいます。国鉄と北恵那鉄道との間では手小荷物の連絡運輸も行われていたことがわかります。写っているのは運行を終えた後の臨時列車だと思われますので、次の定期列車で運ばれるのでしょう。駅の時刻表からは、日中の運転がなかったことも読み取れます。
国鉄から引き継いだ手小荷物は、16時15分発の列車で運ばれ、途中の美濃福岡駅では車掌が大量のヒヨコが入った箱をホームに降ろすのを見たことがあります。考えてみると、午後一番の列車となるその列車は、私が乗務していた中央西線の荷5043列車(中津川発15時30分頃)に接続する時間帯に当たります。
画像

この重連運用は、中津町と美濃福岡の2か所にあった変電所には相当負担がかかったと思われ、乗った方の話によると、ノッチを入れると室内灯の光量がガクッと落ち、変電所から遠ざかって終点下付知に近付くと速度がかなり落ちたということです。
下は、その終点下付知駅に入って来る列車を撮影した画像ですが、大勢の人が待ち構えていました。別に警備員が配置されている様子もなく、ご覧のように線路内の立ち入りもまったく自由でした。電車の停止位置は分岐器の直前ですが、ホームによじ登ろうとする人が見えますし、線路内で三脚を使用されている方がおられますし今では考えられない光景です。現在、線路部分はホームの高さまで土砂で埋められています。
画像

この「思い出のさよなら電車」は下付知方からモ565+モ564で組成され、下付知側に連結されていたモ565の正面と側面には装飾が施され、定期列車にもそのままの姿で使用されていました。「さようなら560形 鉄道友の会」と書かれたヘッドマークも掲出されていますが、このマークは当初の運転日には取り付けられておらず、後から取り付けられました。
画像

「さようなら北恵那鉄道」でなく「さようなら560形」という文言には違和感がありましたが、実物をよくよく見ましたら「560形」の「5」の字のところは「7」が書かれていた痕跡がありました。(この画像では判別できません)
どうやら直前に行われた名鉄揖斐谷汲線で使用されていた同形車「モ760形」のお別れ運転で使用したマークの使いまわしだったものと推測されました。旧瀬戸電気鉄道ホ103形として誕生した電車は、奇しくもほぼ同じ時期に別々の地で最期を迎えたことになります。
これら2両の前面を飾った「さようなら560形」のマークは、廃止前日と当日には「さよなら北恵那鉄道」と書かれた大型のヘッドマークに付け替えられ、「さようなら560形」のマークはモ565の車体側面に移されました。
廃止当日の画像は来週アップする予定です。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

北恵那鉄道【電子書籍】[ 清水武 ]
価格:1080円 (2016/8/22時点)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 27

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • NAO

    こんばんは。
    中津町駅の写真を拝見しますと、飲食店の看板のようなものが見えますが、構内店舗があったのでしょうか。でしたらターミナルの機能が思っていたよりも充実していたように思えます。
    撮影のモラルも時代を感じます。私もお祭り騒ぎの時期は避ける方ですが、現在のファンのリキの入れ方と昔のそれとはまた質的に違った何かを感じるのですが。
    2016年09月30日 02:46
  • しなの7号

    NAO様 こんにちは。
    画像で、駅舎の車寄右の増築部分(シャッター閉鎖)には喫茶店がありました。直営でなくテナントだと思われます。
    このころはSLブームが終わりブルトレブームが始まったころだと思います。一過性のブームにたかるファンとかマニアとか称される人々を見るにつけ、自分もその渦中にいたことをもちろん否定はしませんが、今も昔も心理面においても行動にしても本質的に変わりはないように思うのですが…。
    2016年09月30日 10:08
  • 門鉄局

     こんばんは、しなの7号様。
    手作りっぽい送別の看板やおおらかな警備体制に時代を感じます。昔は今では考えられない構内に入ってもおとがめなし、逆に「おーいこっち来いよ!」なんて声をかけられたりしました。安全第一は結構なものの社会全体が窮屈になったような気がしてなりません。私はブルトレブーム世代ですが、当時は小学生でカメラを持った子は少なくスマホや高級カメラを持っている現状を見るにつけ驚くばかりです。親に頼みこんでようやく我が家唯一のカメラを借りたことを懐かしく思い出します。
     名鉄に残ったモ760形と北恵那鉄道に転じた車両が同時期に終焉を迎えたのは因縁を感じます。鉄道友の会制作のさよならマークが使いまわしだったとは面白いですね。

    2016年10月05日 19:50
  • しなの7号

    門鉄局様 こんばんは。
    この臨時電車のイベントには参加しませんでしたが、見ているだけでも手作り感が感じられました。会社の役員さん自らマイクを握り沿線案内放送などをされていたようでした。モ560形は製造後50年以上経っていましたから、名鉄残留組ともども引退したのも致し方ないところでしょう。

    昔は腕時計やカメラは貴重品であって、田舎の小学生が持ち歩くことなど考えられませんでしたので、5年生の時の中央西線中津川電化のときには、D51のさよなら運転を友達といっしょに見に行きましたが、カメラは持たず。。。 そのとき父は仕事だったのか、「カメラ貸してやるで撮ってこいと言ってくれたのに、壊したら大変…と思って断ったのが悔やまれます。
    2016年10月05日 20:38

この記事へのトラックバック