【1225】あの年の8月4日《1967年・1973年・1990年・2000年・2007年》

1967年8月4日の連続乗車券
s-804b.jpg
家族で大垣へ行ったときに使ったもので、往路美濃太田経由、帰路名古屋経由でした。岐阜~大垣間の往復は別途購入したのだと思います。父が連続乗車券というのだと教えてくれた記憶もあり、珍しいと思い保存していたものですが、なぜ美乃坂本で下車するときに回収されず手許に残ったか記憶にありません。

゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・

1973年8月4日
s-804-p.jpg
昨日から書いている、初めての九州SL行脚の続きです。
この旅の概要は、【820】撮り鉄12か月…1973年8月「九州一周蒸機巡り」+今思うことで書いたので、8月4日に撮影した中から、その記事に出していない画像を貼っておきます。
s-804-73.jpg
田川線 油須原駅の夕方です。 

゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・

1990年8月4日 
稲沢機関区の公開日でした。
s-804-90.jpg
国鉄分割民営化から3年が経ち、展示された機関車は3両ともJR貨物色です。交流機ED75・ED76は当地で見ることがない珍しい顔ぶれで、このほかにも鷲別から北海道支社の試験塗装機DD51 1059が来ており、広範囲から特色ある機関車を集めた関係者の皆さんの努力の跡が感じられました。

゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・

2000年8月4日
s-804-00.jpg

この年も、鉄道模型ショウを見に行ったようですが、往路に使ったこんな自由席特急券が残っていました。
s-804.jpg
千葉行の「あずさ」で、御茶ノ水の中央線~総武線の渡り線を通過するのが目的でした。


゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・

2007年8月4日
この日から一泊で首都圏へ出かけています。別の用事がある家内のナビ役も兼ね、そのお役目を務めたあとは多摩モノレールに初乗りし、そのあとは余命わずかとなった中央快速線の201系に乗ったり撮ったりして遊んでいました。
s-804-07.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • のぶ

    毎日ご苦労様です、ED76は試験塗装だった様ですそして青系の塗装だったので寝台特急の牽引をしてもらいたかったですこの機関車はD形の動輪ですが中間台車の空気圧力変更で軸重変更出来て南九州のローカル線運用に入れたのですが老朽化と軌道強化で今はEF81が鹿児島や南延岡迄貨物牽引を行っています。
    2020年08月04日 12:37
  • しなの7号

    のぶ様
    ご投稿ありがとうございます。
    JR貨物の青濃淡塗装はEF81にも波及し始めたかと思ったらその後は広まりませんでしたね。
    ブルトレをけん引すると似合ったでしょう。そういえばオリエント急行が日本にやってきたときに、JR九州の配慮によってJR貨物青濃淡塗装のED76が牽いたという写真を雑誌で見たことがありますが、オリエント急行も青系の列車なのでなかなか似合っていると思いました。
    2020年08月04日 20:22
  • 3RT生

    しなの7号様、こんばんは。
    「あの夏の日」が近づいてきました。毎日楽しみに拝見しております。
    門司港の入場券は「みやざき」に乗られた時ですね。小生もこの列車に何度もお世話になりましたが、初めて乗ったのもその1973年の夏休みで、重富にあった母方の実家に移動した時でした。帰る時も上り「みやざき」利用で、その時の切符を載せた拙ブログ
    http://lbxnydr.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-9c2b.html に「みやざき」くずれ?の普通列車の写真がありますが、それは初乗車の下り列車です。お世話になった門司車掌区の乗務員さん方には以後の九州旅行でも再開したのですが、図に乗って大変ご迷惑をおかけしたこともあり、今更ながら赤面の至り、といった思い出があります。

    油須原の写真、いいですね。また、コメントさせていただきます。
    2020年08月04日 20:50
  • ヒデヨシ

    しなの7号様こんにちは
    門司港駅!

    油須原駅!
    田川市は出身なのですが
    小さい頃、田川線は乗ったことが無かったんです
    親戚の話で油須原や勾金とか行橋という地名がでるたび乗ってみたいと思っていました
    9600の石炭や石灰石貨物の補機付き運用が有名だったようですね

    荒尾に越した事もあり
    (なのに親戚は100%大牟田はどうっちゃと言う。これ田川弁、熊本弁だと どがんかとこねと言います)
    もっぱら帰省の時だけで
    日田彦山線、後藤寺線、伊田線、添田線、筑豊本線、篠栗線はよく乗った記憶があります
    2020年08月05日 17:41
  • しなの7号

    3RT生様 こんばんは。
    リンク先の貴ブログ記事拝見しました。
    急行「みやざき」の乗車券類の日付は、この年の8月21日ですから、自分が乗車した下り列車の17日後の上り列車ということですね。

    この日は田川線油須原から行橋経由で急行「みやざき」の始発駅門司港へ向かい、急行「みやざき」の発車時刻22時24分までの待ち時間に買ったのがこの入場券です。せっかくの急行「みやざき」乗車の画像記録が何も残っていません。せめてサボくらい撮影しておけばよかったと思いますが、連日の暑さでくたばっていたのかもしれません。乗車したのはナハ10 90(鹿カコ)という当時のメモが残るのみです。「あの夏」から47年経って、連日猛暑が続いています。そして被災した九州の鉄道網の行く末が気がかりです。
    2020年08月05日 20:18
  • しなの7号

    ヒデヨシ様 こんばんは。
    初めての九州では、いろんなことで日本の広さを感じました。初めての九州弁、どうしても聞き取れなかったこと、初めて見る石炭車「セラ」「セフ」「ホラ」、田川線の「油須原」など地名で「原」の字を「はる」と読むことにも、かなりの違和感を持ち、同行者と「えっ、ゆすばる?これは“あぶらすはら”だわなあ」などと言っていました。田川線には、30年後の12月に再訪しました。平成筑豊鉄道になっていましたが、油須原駅では、この画像の雰囲気が残っていました。
    2020年08月05日 20:30