【1209】あの年の7月19日《1982年・1986年・1998年》

1982年7月19日 この日は岐阜県地方にある旧街道の石道標を探しながら、加子母村~蛭川村~八百津町をクルマで巡っていました。 (加子母村と蛭川村は、のちに中津川市に合併)加子母村万賀で撮影 右 白川街道 志らかわ やをつ 左 南北街道 つけち さか志た とあり、明治年間のものらしいです。 「志らかわ」は高山線の白川口駅が最寄 「やをつ」は名鉄旧八百津線の終点 「つけち」は旧北恵那鉄道の終点だった下付知が最寄 「さか志た」は中央西線の坂下 八百津は木曽川舟運の拠点でした。徒歩交通時代の物や人の流れがわかる遺物ですが、鉄道が開業・延長されるたびに、その流れは変わっていったのでしょう。その鉄道も道路網の発達によって地方では廃れてゆき、常識はいつも変わっていきつつあると感じます。こういうものに出会うと、廃駅跡を発見したのと似た何かが心の中で湧いてきます。 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 1986年7月19日 国鉄の専務車掌時代で、この日は早い勤務明けでした。地酒のラベル収集をしていましたので、家に帰る前に名古屋市中川区内へ酒を買いに出かけました。この日買った酒のラベルです。流通量が少なく地元でしか入手できない酒は、直接蔵元さんを訪ねて買ってくるのがいちばん確実です。よく間違われるのですが、私が入手すべき酒は製造量の少ない高級酒ではなく、地元で消費される一般酒です。鉄道で例えれば乗るべき対象はローカル列車なのであって、あっさり…

続きを読む