【1362】あの年の12月19日《1999年》

1999年12月19日、青春18きっぷを使って保存SL巡りをしてきました。 中央東線茅野駅前に保存されているC12 67 この機関車は中津川機関区で廃車になっています。明知線と中津川での現役時代を知っていますので、懐かしさがあります。ただ、たいていの保存蒸機は、自分が知っているころの装いはまったく違っているので、別物を見ているような気にならないわけではありません。 中津川では炭庫に警戒色が塗られ、一般受けしない姿でしたが、自分としてはあの警戒色こそが懐かしさであり、見たままの67号機に思えます。 続いて下諏訪へ行きました。青少年広場に保存されているC12 171 この機関車は木曽福島機関区で廃車になっているので見たことがあるのですが、現役時代をカメラで記録したことがないように思います。木曽福島ではデフレクタが付いたC12 199のほうに気が向いていたので、そういうことになっているのかもしれません。 この2両とも、上諏訪機関区所属時代がありますので、ゆかりの地の近傍に保存され幸運なほうでしょう。 ところで、このころ保存蒸機の情報収集は今のようにインターネットでチャチャッと調べることはできませんでした。私の情報源は「Rail Magazine」通巻117号(特集:蒸機こそすべて)で、全国の保存蒸機を撮り尽くされた方の記事でした。そこに記された保存場所を分県地図の都市図などから探し出すという方法でした。今回のC12 171号機の保存場所なども、現地に行ってやや迷いましたが、それはそ…

続きを読む

【1361】あの年の12月18日《2010年》

2010年12月18日 実家へ週1回程度通っていました。この日は神領始発、朝の下り一番列車松本行普通列車で出かけました。 この列車で行けば、いったん実家に行ってから冬場に運転される朝の貨物列車に間に合うのです。 中央西線 美乃坂本~中津川 何のために実家に行っているのかわからないようにも思われるかもしれませんが、実家では時間指定ですべきことは限られるので、時間調整さえすれば写真撮影の時間くらいは取れました。帰る時刻も考えておきました。暮れの早い日没より前にやってくる貨物列車の時刻に合わせて実家を離れ、駅の近くで撮影中央西線 美乃坂本~中津川 その足で駅から帰りの列車に乗るのです。 コンデジ1つをポケットに忍ばせての撮影は、撮り鉄活動とは言えないですが、実家のことと会社のこと、双方に一向に進まない問題が山積していましたので、鉄道との接点がせめてもの息抜きでした。 中央西線 美乃坂本 あれから10年たっても未だ解決することなく引きずったままの問題はありますし、新しい悩みの種が次々と発生しつつあるのがこの世の現実です。でも時が解決してくれたことはたくさんあったことは確かですし、これからもそれを信じていくことにしています。 ◆画像はすべて当日の撮影です。

続きを読む

【1360】あの年の12月17日《1978年・2015年》

1978年12月17日 中央西線 神領電車区 中央西線から70系電車が引退した日でした。 こちらは、そのとき神領で撮影したクモエ21800とクモハ40800 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 2015年12月17日 飯田線豊川へ行きました。 この日、日本車両豊川製作所で新製された台湾鉄路管理局「普悠瑪(プユマ)号」用TEMU2000型電車の甲種輸送がありました。 甲種輸送は、豊川~豊橋~笠寺~東港のルートでした。 画像は進行方向が変わる豊橋駅で、東海道本線下り線側に転線するため、いったん東方へ引き上げている場面です。 東海道本線 蒲郡駅

続きを読む

【1359】あの年の12月16日《2011年》

2011年12月16日 中央西線 春日井~勝川 ほかに、アップすべき画像がありませんので、またこれです。 EF65 1083は、際立った特徴がないようで、ありきたりの絵ではありますが、まだJR貨物更新色で2000番台化される前であることや、ワムハチを牽いていること、そして線路沿いの高いフェンスがないことから、それらが9年の時のしわざであることに納得します。

続きを読む

【1358】あの年の12月15日《1981年・1982年》

1981年12月15日 中央西線 美乃坂本~恵那 この日はキヤ191系検測車が中央西線に入線しました。当時は名古屋第一機関区に1編成2両が配置され、中部地方の国鉄線の検測に使用されていました。 ついでに撮影した381系電車 ゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・゚*:。+◆+。・ 1982年12月15日 天気がよく中央アルプスが見えそうだったので、飯田線に行きました。まだ雪が少ないのであまり映えません。 以上2枚は飯田線 田切~伊那福岡 飯田線 七久保~伊那本郷 どこに行っても山があり、峠を越えると街がある信州に通い詰めるうち、すっかり信州ファンになってしまいました。

続きを読む